お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Nagoya

名古屋

052-559-7855

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料
インストリーム広告とは?種類や料金、制作・運用のコツを解説

インストリーム広告とは?種類や料金、制作・運用のコツを解説

近年動画広告市場は拡大しており、今後も拡大傾向は続くと予想されています。

企業の広報担当の方の中には、「自社でも動画広告を出稿したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、以下のような悩みを抱えていませんか?

  • 動画広告にはどんな種類があるの?
  • 動画広告の出稿方法は?
  • 動画広告で成功するコツはあるの?

そこで今回は、動画広告の代表的な形式である「インストリーム広告」について解説します。
具体的には、インストリーム広告の特徴やメリット、成功のコツを紹介します。

動画広告の制作を依頼するのにおすすめの会社も紹介するので、ぜひ最後まで目を通してください。

インストリーム広告の概要

インストリーム広告の概要まずは、インストリーム広告とは何かについて解説します。

インストリーム広告とは

インストリーム広告とは、YouTubeやSNSで表示される動画広告のことです。

YouTubeで動画を再生すると、動画の最初や途中で広告が始まることがありますよね。
あの広告がインストリーム広告です。

動画を再生すると必ず視聴者の目に入るため、アピール度が高いことが特徴。
ターゲットを絞って運用すると、効果的なアプローチが可能です。

バンパー広告との違い

インストリーム広告と似た広告に、バンパー広告があります。

インストリーム広告とバンパー広告には、以下のような違いがあります。

スキップ 課金方法
インストリーム広告 できるもの、できないものがある 制限なし CPV課金・CPM課金
バンパー広告 不可 6秒以内 CPM課金

バンパー広告はスキップできないため、多くの視聴者に訴求できます。

尺も6秒と短いため、視聴者に不快感を与えにくいのもメリット。
短い時間でインパクトを残せるため、認知度の向上におすすめです。

インストリーム広告の種類

インストリーム広告の種類インストリーム広告には、以下の5種類があります。

  • スキッパブル広告
  • ノンスキッパブル広告(完全視聴型広告)
  • プレロール広告
  • ミッドロール広告
  • ポストロール広告

それぞれについて、詳しく解説します。

スキッパブル広告

スキッパブル広告は、途中でスキップできる動画広告です。

一般的に「◯秒後にスキップ可能」と字幕が表示され、その時間が経過するとスキップできるようになります。
現在は、5秒経つとスキップ可能となるスキッパブル広告が主流となっています。

スキッパブル広告は、「30秒以上試聴された」または「30秒未満の動画の場合はすべて試聴された」場合に課金されます。

つまり、スキップされた場合は課金されません。

そのため、最初の数秒に伝えたいことを詰め込んでおけば、お金をかけずに認知拡大を狙えます。

予算が限られている企業におすすめの動画広告です。

ノンスキッパブル広告(完全視聴型広告)

ノンスキッパブル広告は、スキップできない動画広告です。

スキッパブル広告と違い、動画が1,000回試聴されると課金される仕組みになっています。

最後まで動画を見てもらえるため、スキッパブル広告に比べてクリック率が高いことが特徴。
しっかりと作り込んで、視聴者の印象に残る工夫を凝らすことがポイントです。

一方で、再生された時点でお金がかかる、視聴者によってはスキップできないことにストレスを感じる、といったデメリットもあります。

プレロール広告

プレロール広告とは、動画が再生される前に流れる動画広告です。

動画の再生前に必ず流れるため、視聴者に必ず見てもらえるというメリットがあります。

また、プレロール広告を付けられる動画の尺は決まっていないため、短い動画でも配信できる点も魅力です。

ミッドロール広告

ミッドロール広告とは、動画の再生途中に流れる動画広告です。
長い動画を見ていると「途中で複数回動画広告が流れた」という経験がある方も多いでしょう。

ミッドロール広告は、8分以上の尺の動画で配信できます。
複数回挿入できる点も魅力です。

また、視聴者に見てもらいやすいことも特徴。
視聴者は最後まで動画を見たいと思っており、たとえ途中で動画広告が流れても、視聴を続けるためです。

ポストロール広告

ポストロール広告とは、動画の再生終了後に流れる動画広告です。

プレロール広告と同じく、尺の長さに関係なく配信できます。

ポストロール広告は、動画の最後に流れるため、視聴を邪魔しないのがメリットです。

動画広告を何度も見せると、視聴者に不快に思われてしまう恐れがあります。
再生後に流れるポストロール広告であれば、自社の印象を悪くすることも少ないでしょう。

一方で、広告を見ずに離脱されやすいというデメリットもあります。

インストリーム広告の長さ

インストリーム広告の長さは?インストリーム広告の長さに制限はありません。
しかし、YouTubeを運営しているGoogleは、12秒~3分の長さを推奨しています。

実際に世に出ている動画広告を見ると、15~30秒のものが多くなっています。

これは、広告が12秒に満たないとYouTube上で再生回数にカウントされず、逆に長すぎると視聴者に離脱されてしまう確率が上がるためです。

なお、YouTubeの制約上、15秒を超える長さのノンスキッパブル広告は流せません。

インストリーム広告の料金

インストリーム広告の課金体系ここで、インストリーム広告の課金体系について解説します。
先ほども少し触れましたが、インストリーム広告はスキップできるかどうかで、課金体系が異なります。

CPV課金|1回の視聴ごとに課金

CPV(Cost Per View)課金とは、動画広告を1回視聴するごとに課金が発生する料金形態です。
主に、以下の場合に課金されます。

  • 動画が30秒以上視聴された場合
  • 30秒未満の動画であれば、すべて視聴された場合
  • 動画広告がクリックされた場合

先ほど紹介したインストリーム広告の中では、スキッパブル広告がCPV課金に該当します。

CPV課金は、冒頭に伝えたいことを入れておけば、スキップされても認知拡大を狙えるというメリットがあります。
また、スキップされると課金されないので、コストを抑えた認知拡大も可能です。

ただし、SNSなどで拡散されると予想以上のコストがかかる場合があるので注意しましょう。

CPM課金|1000回のインプレッションに対して課金

CPM(Cost Per Mille)課金とは、動画が1,000回表示されるごとに課金される料金形態です。
インストリーム広告の中では、ノンスキッパブル広告がCPM課金に該当します。

出稿する側が表示回数を調整したり、入札単価を変えたりできるため、広告予算をコントロールしやすいことがメリット。
広告費の変動を抑えて、毎月の予算を立てやすくなります。

インストリーム広告のメリット

インストリーム広告のメリットここからは、インストリーム広告のメリットとして、以下の2点を紹介します。

  • 費用対効果が高い
  • 認知拡大を狙いやすい

費用対効果が高い

前述したように、インストリーム広告の中でもスキッパブル広告は、CPV課金であるため費用対効果が高いというメリットがあります。

動画が30秒以上視聴される(30秒未満の動画の場合は最後まで視聴される)かクリックされない限り、課金されないからです。

そのため、コストを抑えて認知拡大を狙えます。

認知拡大を狙いやすい

多くの媒体では、インストリーム広告を出稿するときに、ターゲットにしたい視聴者像(年齢や性別、興味関心など)を設定できます。

つまり、潜在顧客に対してアプローチできるのです。
また、視聴者のリアクションから、見込み顧客かどうかも判断できます。

そのため、インストリーム広告は効果的な認知拡大を狙いやすいのです。

インストリーム広告の注意点

インストリーム広告の注意点一方で、インストリーム広告を出稿する際は注意すべきポイントもあります。
具体的な注意点として、以下の3点を紹介します。

  • 最初の5秒で視聴者の関心を引く演出が必要
  • 逆効果になるおそれがある
  • 出稿媒体によって規定が異なる

最初の5秒で視聴者の関心を引く演出が必要

インストリーム広告を制作する際は、最初の5秒間に視聴者の関心を引く演出を入れましょう。

スキッパブル広告の場合、多くユーザーは動画広告が5秒再生されるとスキップしてしまいます。
そのため、認知拡大を狙うためには、最初の5秒でいかにしてインパクトを残すかが重要です。

また、ただインパクトを残すだけでなく、伝えたい情報をまとめて簡潔に訴求するのもポイント。

もし「具体的なイメージが浮かばない」という方は、他社の動画広告をたくさん見るのがおすすめ。
冒頭部分で、視聴者に「おや?」と思わせる演出を入れているはずです。

言葉や演出、構成といったクリエイティブを工夫して、印象に残る冒頭を作りましょう。

逆効果になるおそれがある

視聴者の目的は、動画広告を見ることではありません。
YouTubeやSNSの動画コンテンツを楽しむことが目的です。

動画広告は、視聴者が動画を見ている最中に強制的に挿入されるため、視聴者に不快感を与えることがあります。
「認知を広げたい」といってとにかく拡散していると、逆効果になるでしょう。

対策としては、動画広告を見てもらいたい視聴者をターゲティングして配信することが有効です。
興味や関心を持ってくれそうな潜在顧客にアプローチできれば、自社の印象を悪くすることなく、認知拡大が狙えます。

出稿媒体によって規定が異なる

インストリーム広告を出稿できる媒体は多くありますが、必ず事前に出稿規定を確認しておきましょう。

規定に沿わなかった場合、せっかく作ったインストリーム広告を出稿できません。

次のトピックで主な媒体の出稿規定を紹介しているので、広告制作の前に、目を通しておいてくださいね。

インストリーム広告の入稿規定と出稿方法

インストリーム広告の入稿規定と出稿方法ここからは、以下の媒体について、入稿規定や出稿方法を簡単に紹介します。

  • YouTube
  • Facebook
  • Instagram

YouTubeの場合

Youtube出典:App Store

まずはYouTubeの入稿規定と出稿方法を紹介します。

入稿規定

YouTubeのインストリーム広告の入稿規定は以下の表の通りです。

解像度 最大:3840×2160(4K)
推奨:1920×1080(フルHD)
最小:426×240
アスペクト比 16:9
推奨ファイル形式 MP4
最大容量 256GBまたは12時間のいずれか小さい方
最大動画再生時間 デフォルトでは15分
※Googleアカウントの認証を行えば、12時間までの動画のアップロードが可能
コーデック H.264
フレームレート 最大60fps

※コーデック:動画の圧縮・変換・復元を行うためのプログラム
※フレームレート:1秒間の動画が何枚の画像で構成されているかを示す値

出稿方法

YouTubeにインストリーム広告を出稿する場合、以下の手順で進めてください。

  1. Google広告にログインする
  2. 新しいキャンペーンを作成し、「ブランド認知度とリーチ」を選択
  3. キャンペーンタイプで「動画」を選択
  4. キャンペーンのサブタイプで「動画リーチキャンペーン」か「広告シーケンス」を選択
  5. スキップの可否を選択
  6. 予算、日程、配信する地域などを決める
  7. 広告グループ名を決める
  8. ターゲットユーザーの属性を決める
  9. 広告を表示する場所を決める
  10. 配信する動画広告を選択し、設定を保存して完了

これで、広告審査に通ると、インストリーム広告が出稿されます。

なお、YouTubeの動画広告については、こちらの記事で詳しく解説しています。
運用のコツや具体的な効果、悪い例などが紹介されているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの関連記事:YouTubeの広告は効果なし?運用のコツや出し方など徹底解説

Facebookの場合

Facebook出典:App Store

次に、Facebookにインストリーム広告を出稿する際の規定と方法です。

入稿規定

Facebookのインストリーム広告の入稿規定は以下の表の通りです。

解像度 1080×1080以上
アスペクト比 推奨:16:9
縦型:1:1
推奨ファイル形式 MP4・MOV・GIF
最大容量 4GB
再生時間 5秒~10分
コーデック H.264
フレームレート 最大30fps

この他に、テキストの推奨事項も明記されています。

  • メインテキスト:125文字以内
  • 見出し:40文字以内

参考:Facebook広告ガイド(Meta)

出稿方法

Facebookにインストリーム広告を出稿する場合、以下の手順で進めてください。

  1. Facebook広告マネージャーにアクセスする
  2. 新しいキャンペーンを作成する
  3. 目的を設定する
  4. キャンペーン名・予算を設定する
  5. 広告セットの「配置」を「手動配置」に設定し、プラットフォームで「Facebook」をチェックする
  6. 「Facebookのインストリーム動画」をチェック
  7. クリエイティブの項目で、メディアの「編集」をクリック
  8. 動画をアップロードして完了

これで、広告審査に通ると、インストリーム広告が出稿されます。

なお、Facebookでは、他にもさまざまな種類の動画広告を出稿できます。

以下の記事では、Facebookの動画広告について詳しく解説しています。
メリットや効果を高めるポイントなどを紹介しているので、Facebookの広告運用を検討中の方はぜひご覧ください。
おすすめの関連記事:Facebook動画広告の種類は?課金方法やメリットを徹底解説

Instagramの場合

instagram出典:App Store

次に、Instagramにインストリームを出稿する際の規定と方法を紹介します。

入稿規定

Instagramのインストリーム広告の入稿規定は以下の表の通りです。

解像度 アスペクト比によって推奨解像度が異なる
正方形(1:1)の場合:600×600
横型(1.91:1)の場合:600×315
縦型(4:5)の場合:600×750
ストーリーズ(9:16)の場合:1080×1920
アスペクト比 正方形:1:1
横型:1.91:1
縦型:4:5
ストーリーズ:9:16
推奨ファイル形式 MP4・MOV
最大容量 フィード広告・発見タブ広告:250MB
ストーリーズ広告・リール広告:4GB
最大動画再生時間 フィード広告:60分
ストーリーズ広告:60秒
発見タブ広告:60秒
リール広告:30秒
コーデック H.264
フレームレート 最大30fps

他にも、Instagramならではの入稿規定があります。

  • キャプションの最大文字数:2,200文字
  • 最大ハッシュタグ数:30

出稿方法

Instagramにインストリーム広告を出稿する場合、以下の手順で進めてください。
なお、InstagramはFacebookを運営しているMeta社のSNSなので、同じ広告マネージャーから出稿します。

  1. Facebook広告マネージャーにアクセスする
  2. 新しいキャンペーンを作成する
  3. 目的を設定する
  4. キャンペーン名・予算を設定する
  5. 広告セットの「配置」を「手動配置」に設定し、プラットフォームで「Instagram」をチェックする
  6. 「Instagramのインストリーム動画」をチェック
  7. クリエイティブの項目で、メディアの「編集」をクリック
  8. 動画をアップロードして完了

これで、広告審査に通ると、インストリーム広告が出稿されます。

インストリーム広告で結果を出すコツ

インストリーム広告で結果を出すコツここまで、インストリーム広告の概要や特徴について紹介してきました。
インストリーム広告がどんな広告なのか、イメージできたでしょうか?

ここからは、具体的なノウハウとして、インストリーム広告で結果を出すポイントを5つ紹介します。

自社でインストリーム広告を制作する場合も、制作会社に依頼する場合も、以下の5点を意識してくださいね。

  • ターゲットを明確にする
  • 一番伝えたいことを最初に出す
  • アクションを促す
  • KPIを設定する
  • PDCAサイクルを回す

ターゲットを明確にする

まずはどんな人にインストリーム広告を見てほしいか、ターゲットを明確にしましょう。

紹介する商品・サービスにまったく関心のない人に動画広告を流してしまうと、「動画の視聴を邪魔された」と、逆効果になります。

一方で、興味関心や嗜好性が近い人に見てもらえると、認知拡大やコンバージョンにつながりやすくなります。

ターゲットを決める際は、性別や年代だけでなく、興味関心や居住地域など、細かく設定するのがポイント。
効果的に潜在顧客にアプローチできるように、具体的なターゲット像を描いておきましょう。

一番伝えたいことを最初に出す

動画広告は、最初の数秒が最も大切です。

これは、スキップの可否を問いません。
ノンスキッパブル広告でも、最初の数秒で視聴者の関心を引けなければ、その後のアクションにつながらないからです。

ターゲットとなる人の気を引けるように、一番伝えたいことを最初に入れるようにしましょう。

アクションを促す

インストリーム広告の最後には、必ずアクションを促す内容を入れましょう。

例えば、以下の方法がよく使われています。

  • 「〇〇で検索」など、検索方法を紹介する
  • 動画にクリック可能なリンクを埋め込み、「3ステップで簡単登録」など、視聴者に取ってほしいアクションを分かりやすく伝える

視聴者に取ってほしいアクションを明確に紹介することで、コンバージョンにつながる確率が高まります。
忘れやすいポイントなので、注意してくださいね。

KPIを設定する

インストリーム広告をはじめとする動画広告を運用する際は、必ずKPIを設定してください。
KPIを設定することで、その動画広告によってどのような効果があったのか、知ることができます。

KPIは、動画広告の目的に合わせて必要なものを設定しましょう。
具体例には、目的ごとに、以下の指標が設定されやすいです。

  • 認知拡大:インプレッション、リーチ数、再生回数
  • ブランディング:視聴率、視聴時間
  • 販売促進・Webサイトへの誘導:クリック率、コンバージョン率

PDCAサイクルを素早く回す

インストリーム広告の効果を高めるためには、PDCAサイクルを素早く回し、改善と実行を繰り返すことが重要です。

インストリーム広告は、一度出稿して終わりではありません。
分析して課題を抽出し、改善したものを再度出稿することで、効果を高められます。

さらなるビジネスの拡大のためにも、PDCAサイクルを回すことを習慣化しておきましょう。

インストリーム広告を作る手順

インストリーム広告を作る手順ここで、インストリーム広告を作る手順を簡単に紹介します。

一般的に、インストリーム広告は以下の手順で制作します。

  1. 目的を決める
  2. ターゲットを設定する
  3. 動画の種類を決める(スキッパブル広告か、ノンスキッパブル広告か決める)
  4. 配信する媒体を決める
  5. 予算を決める
  6. 制作方法を決める(自社で行うか、制作会社に依頼するか)
  7. 構成を考える
  8. 撮影する
  9. 編集する

「手順が多い」と感じたかもしれませんが、インストリーム広告で成果を出すためには、1つ1つ丁寧に進めることが重要です。

動画制作会社に依頼するのもおすすめ

動画制作会社に依頼するのもおすすめここまでの説明を読んでいざインストリーム広告を作ろうと思っても、初めての方にはかなりハードルが高いと思います。

そんなときは、動画制作サービスを提供している会社に外注するのがおすすめです。

最後に、おすすめの制作会社として、以下の3社を紹介します。

  • 株式会社サムシングファン
  • CREVO株式会社
  • 株式会社プルークス

株式会社サムシングファン

サムシングファン出典:サムシングファン

弊社サムシングファンでは、SNS動画広告の制作・運用を行っています。

「価値を映す」というコンセプトの元、目的やターゲットなどを丁寧にヒアリングし、運用を見据えた動画広告を制作します。

また、運用代行サービスや動画分析ツール「DOOONUT」の提供など、ニーズに応じた対応ができるのもポイント。

動画広告の運用が初めてという方、SNSを活用してビジネスを広げたい方は、ぜひご検討ください。

社名 株式会社サムシングファン
所在地・問い合わせ

東京オフィス
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 FAX:03-6261-5376

大阪オフィス(自社スタジオ・編集室)
〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 FAX:06-6455-3688

リンク ホームページ過去の実績

Crevo株式会社

Crevo株式会社出典:Crevo株式会社

Crevo株式会社は、アニメーション動画の制作を得意とする制作会社です。

国内だけでなく、海外も含めた広いクリエイターネットワークを活かして、様々なアニメーション表現ができるのが特徴。
シンプルな表現はもちろん、3DCGやホワイトボードアニメーションにも対応しています。

また、独自の制作管理ツールによって大幅な工数削減を実現し、コストを抑えられる点も魅力です。

アニメーションを使った動画広告で視聴者の目を引きたい方は、ぜひチェックしてみてください。

社名 Crevo株式会社
所在地 東京都目黒区中目黒2-10-15 フロンティア中目黒3F
問い合わせ TEL:03-6851-4881
Mail:info@crevo.jp
リンク ホームページ過去の実績

株式会社プルークス

株式会社プルークス出典:株式会社プルークス

株式会社プルークスは、マーケティングに強い動画制作会社です。

経営コンサルティング会社出身のメンバーによって設立されたため、専門的な知識を持っているのが特徴。
そのノウハウを活かし、多様な業界で実績を上げています。

また、動画の制作だけでなく、運用までワンストップで提供している点も魅力。

信頼と実績のある制作会社を探している方におすすめです。

社名 株式会社プルークス
所在地 東京都中央区日本橋大伝馬町14-17 大伝馬町千歳ビル4F
問い合わせ 03-6260-6882
リンク ホームページ過去の実績

なお、動画広告の制作会社については、以下の記事で詳しく紹介しています。
今回紹介した会社以外も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
おすすめの関連記事:動画広告の制作・運用をサポートしてくれるおすすめの会社9選

まとめ:インストリーム広告を制するものは動画広告を制す!

まとめ:インストリーム広告を制するものは動画広告を制す!今回は、インストリーム広告について解説しました。
インストリーム広告は、急成長を遂げている動画広告市場の中で、最も注目されている広告フォーマットです。

出稿する際は、特徴をしっかり理解したうえで活用することが非常に重要です。
インストリーム広告を正しく理解して、動画広告全盛期の波に乗っていきましょう!

<おすすめの関連記事>
初心者向け動画広告の仕組み|主な種類やメリットなどを詳しく解説!
動画広告は効果あるの?成功事例やポイントを徹底解説
【YouTube】投稿動画に広告を設定して収益化するには?

なお、弊社サムシングファンでは、動画DXに関する資料を公開しています。
今回紹介したインストリーム広告など、動画を使って売り上げを伸ばしたい方向けのノウハウを詰め込んでいます。

ダウンロードは無料なので、お気軽にご活用ください。

この記事の監修者

薮本 直樹

株式会社サムシングファン代表取締役/立命館大学経営学部客員教授 1976年大阪生まれ。 司会・ナレーターなどの仕事に携わる中、映像メディアに出会い、その可能性に魅せられ03年に代表取締役として株式会社サムシングファンを設立。 経営的視点からの動画活用を早くから提案し、「顧客創造」「人材育成」に繋がる「企画」「映像制作」を数多く手がける。その他、ITビジネスに携わる経営者・ビジネスパーソンが集う「IT飲み会」を主催。 立命館大学経営学部客員教授として「企業・組織における映像の有効活用に関する研究」をテーマに大学との共同研究を実施。

売上を UP するための『動画 DX®』活用法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエイター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績