お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
YouTubeの年齢制限機能とは?設定方法や解除方法、注意点について解説!

YouTubeの年齢制限機能とは?設定方法や解除方法、注意点について解説!

人気の動画配信プラットフォームであるYouTubeには、年齢制限機能が備わっています。

これは小さなお子さんや青少年に過激な動画を視聴させないようにするための機能で、YouTubeはこの辺りの規制が年々厳しくなってきていることで知られています。

そのため、YouTubeに動画をアップする場合は、これからアップする動画やすでにアップされている動画が年齢制限の対象になっているかどうかしっかりと把握しておかなくてはいけません。

この記事では、YouTubeの年齢制限機能について紹介していきます。

年齢制限機能がどのような機能かという点についてだけでなく、「どういったコンテンツが年齢制限の対象になるのか」についても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ホワイトペーパー無料ダウンロード

YouTubeの年齢制限機能とは?

YouTubeの年齢制限機能とは?YouTubeの年齢制限機能は、小さなお子さんや青少年がYouTubeで視聴できる動画を制限するための機能です。

具体的には、18歳未満のユーザーに対し、視聴するコンテンツに制限をかけられます。

YouTube自体は18歳未満であっても視聴できますが、年齢制限のかかっているコンテンツは視聴できません。

年齢制限のかかっているコンテンツを表示するためには、18歳以上で登録してあるGoogleのアカウントにログインした状態でYouTubeを利用する必要があります。

年齢制限の機能には、過激なコンテンツが表示されなくなるというメリットがあります。

「子どもにYouTubeを見せてあげたいけど、悪影響がありそうなコンテンツは見せたくない…!」という親御さんにとっては非常にありがたい機能だと言えるでしょう。

また、動画をアップする運営者側としても、適切でないユーザーに対して動画が配信されないように設定できるというメリットがあります。

YouTubeで年齢制限の対象になるコンテンツはどんなコンテンツ?

YouTubeで年齢制限の対象になるコンテンツはどんなコンテンツ?ユーザーにとってもはもちろん、チャンネル運営者側にもメリットがあるYouTubeの年齢制限機能。

ただ、年齢制限機能は自動的に適用されるものではないため、動画をYouTubeにアップする際やすでにアップしている動画に対してこちらで設定をおこなわなくてはいけません。

そこで確認しておきたいのが、「どういったコンテンツが年齢制限の対象になるのか」について。

YouTubeのヘルプページでは、以下のようなコンテンツが年齢制限の対象になるとしています。

  • 子どもの安全
  • 有害または危険なアクティビティ(規制されている薬物やドラッグなどを含む)
  • 性的内容を示唆するコンテンツ
  • 暴力的で生々しいコンテンツ
  • 下品な言葉

 

「子どもの安全」に当てはまるコンテンツとしては、未成年が気軽に真似できる可能性のある「危険なアクティビティ」を紹介したコンテンツなどがあげられます。

「有害または危険なアクティビティ(規制されている薬物やドラッグなどを含む)」に該当する動画は、あまりにリアルで視聴者がフェイクだと気づけないような「いらずら系の動画」や薬物を紹介するような動画です。

動画内の服装やポーズによって視聴者に性的な興奮を引き起こさせる動画は「性的内容を示唆するコンテンツ」に該当しますし、事故の様子を撮影した動画や刺激の強いゲームのシーンを録画した動画などは「暴力的で生々しいコンテンツ」に該当します。

また、タイトルやサムネイルに冒とく的な表現を含む動画は、「下品な言葉」に該当します。

これらに該当する可能性のある動画は、年齢制限をかけた状態でYouTubeにアップし、公開するようにしなくてはいけません。

YouTubeにアップした動画に年齢制限を設定する方法

YouTubeにアップした動画に年齢制限を設定する方法YouTubeで公開する動画に年齢制限を設定する方法には、

  • これからアップする動画に年齢制限を設定する方法
  • すでにアップしている動画に年齢制限を設定する方法

 

といった2つの設定方法があります。

また、YouTubeでライブ配信をおこなう場合も、その内容が先ほど紹介した「年齢制限の対象になるコンテンツ」に該当するのであれば年齢制限を設定しなくてはいけません。

それぞれの設定方法についてみていきましょう。

これからアップする動画に年齢制限を設定する方法

これからYouTubeにアップする予定の動画が年齢制限の対象になる可能性がある内容の動画の場合、アップする際に年齢制限の設定をおこなう必要があります。

これからYouTubeにアップする動画に年齢制限を設定する際の手順は以下のとおりです。

  1. YouTube Studioにアクセスする
  2. 画面右上のビデオカメラのアイコンをクリックする
  3. ファイルを選択して動画をアップロードする
  4. 動画の詳細と視聴者設定の入力をおこなう
  5. 「年齢制限」の横にあるプルダウンをクリックして、「はい、動画を 18 歳以上の視聴者向けに制限します」を選択する
  6. 動画のアップロードを完了させ、動画を公開する

すでにアップしている動画に年齢制限を設定する方法

年齢制限の設定は、これからアップする動画にだけでなく、すでにアップしている動画に対してもおこなえます。

すでにアップしている動画に年齢制限を設定する方法は以下のとおりです。

  1. YouTube Studioにアクセスする
  2. メニューの「コンテンツ」をクリックする
  3. 設定を変更したい動画の編集アイコンをクリックする
  4. 「年齢制限」の横にあるプルダウンをクリックして、「はい、動画を 18 歳以上の視聴者向けに制限します」を選択する
  5. 「保存」をクリックする

ライブ配信に年齢制限を設定する方法

ライブ配信をおこなう際、そのライブ配信の内容が年齢制限の対象となる可能性がある場合はライブ配信でも年齢制限の設定をおこなわなくてはいけません。

ライブ配信に対して年齢制限を設定する方法は以下のとおりです。

  1. YouTube Studioにアクセスする
  2. 画面右上のビデオカメラのアイコンをクリックする
  3. 「ライブ配信を開始」をクリックする
  4. ライブ配信の詳細情報と視聴者設定を入力する
  5. 「年齢制限」の横にあるプルダウンをクリックして、「はい、動画を 18 歳以上の視聴者向けに制限します」を選択する
  6. ライブ配信を実施する

 

※YouTubeで動画を投稿する基本的な方法を知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

>>【徹底解説】YouTubeで動画を投稿する方法と注意点

YouTubeの年齢制限を解除する方法

YouTubeの年齢制限を解除する方法年齢制限の対象でない動画に対して年齢制限をかけてしまうなど、年齢制限を後から解除したくなる場合もあるかと思います。

その場合は、以下の手順で解除をおこなうようにしてください。

  1. YouTube Studioにアクセスする
  2. メニューの「コンテンツ」をクリックする
  3. 設定を変更したい動画の編集アイコンをクリックする
  4. 「年齢制限」の横にあるプルダウンをクリックして、「いいえ、18 歳以上のみの視聴者に制限しません」を選択する
  5. 「保存」をクリックする

年齢制限の対象でない動画に年齢制限がかかってしまった場合の対処法

年齢制限の対象でない動画に年齢制限がかかってしまった場合の対処法YouTubeの年齢制限の設定は動画をアップする際やすでにアップしている動画に対してこちらでおこなうものですが、YouTubeの審査担当チームによって自動的に設定されてしまう場合もあります。

この際、本来であれば年齢制限の対象でない動画が「年齢制限が必要な動画」として認識されてしまうことがよくあります。

もし年齢制限の対象となるコンテンツでない動画であるにもかかわらず年齢制限が設定されてしまった場合は、異議申し立てをおこない、動画を再度審査してもらうようにしましょう。

YouTubeによって年齢制限がかけられてしまった場合、YouTubeからメールが送られてきます。

そのメールには異議申し立てをおこなうためのフォームへのリンクが記載されているので、そのリンクからフォームにアクセスし、異議申し立てをおこなうようにしてください。

YouTubeにアップした動画に年齢制限を設定する際の注意点

YouTubeにアップした動画に年齢制限を設定する際の注意点これからYouTubeにアップする動画やすでにアップしている動画に対して年齢制限を設定する場合、注意しておきたいポイントが2つあります。

これらのポイントについて理解しておかないまま年齢制限をかけてしまった場合、思わぬトラブルにつながってしまいかねません。

必ずチェックした上で年齢制限の設定をおこないましょう。

注意点1. 視聴者が制限され再生数が少なくなってしまう可能性がある

YouTubeにアップする動画やすでにアップしている動画に対して年齢制限の設定をおこなってしまうと、その動画は視聴が制限されてしまいます。

年齢制限をかけてしまうと、小さなお子さんがその動画を見られなくなってしまうのはもちろん、青少年など18歳未満のユーザーすべてがその動画を見られなくなってしまうことになります。

総務省情報通信政策研究所が発表した「平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」では、10代の約93%がYouTubeを利用しているとされています。

そういったYouTubeを最もネイティブに利用するユーザーに対して動画をリーチできなくなるというのは非常にもったいないと言えるでしょう。

それらの年代をターゲットにしたい場合や実際ターゲットにしている場合は、特に痛手が大きいと言えるので、年齢制限の対象になってしまう動画をアップすること自体を見直さなければいけないかもしれません。

また、10代のユーザーは動画を視聴する際に広告が流れることを日常的に経験しているため、広告への抵抗が最も少ない世代でもあります。

年齢制限のかかっている動画にはYouTubeの広告を貼ることはできませんが、自分で広告を挟んでサービスや商品の宣伝をおこなうことは可能です。

そういった宣伝もおこなえなくなってしまうということを考えると、大きな機会損失になってしまいかねないと言えるでしょう。

注意点2. 年齢制限が設定されている動画には広告を貼れない

年齢制限が設定されている動画には、YouTubeで配信されている広告を貼れません。

そのため、その動画がいくら再生されたとしても、その動画経由で広告収益が入ってくることはありません。

広告収益でマネタイズしている方にとっては死活問題になってしまうため、この点についても注意する必要があると言えるでしょう。

※YouTubeでの収益化の審査については、こちらの記事もチェックしてみてください。

>>YouTubeでの収益化には審査が必要!広告表示に必要な審査とは?

まとめ:YouTubeの年齢制限の設定を活用して健全なチャンネル運営を

YouTubeの年齢制限の設定を活用して健全なチャンネル運営をYouTubeの年齢制限に関する設定は、「YouTubeを利用する小さなお子さんや青少年に対してYouTubeにアップされている動画が悪い影響をあたえてしまわないように」と設けられた措置です。

そのため、多少手間はかかってしまいますが、年齢制限の対象になってしまいそうな動画をアップする場合やすでにそういった動画がアップされてしまっている場合は、必ず年齢制限の設定をおこなうようにしてください。

年齢制限の機能をうまく活用し、健全なチャンネル運営をおこなっていくようにしましょう。

ホワイトペーパー無料ダウンロード

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! セミナー開催中