お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

Youtubeでの収益化には審査が必要!広告表示に必要な審査とは?

YouTubeの収益化について知っているでしょうか?

「え?YouTubeって誰でも収益化できるの?」と思った方は要注意。

YouTubeで収益化しようとすると条件や審査の壁を乗り越えなければなりません。

「YouTubeで収益化するための審査ってどんなもの?」
「YouTubeの審査を通過するにはどうすればいいの?」

といった方に向けて、今回はYouTubeの収益化のための条件や審査について詳しく紹介していきましょう。

YouTubeで収益化を目指している方は最後までチェックしてみてください。

YouTubeでの収益化って

YouTubeでの収益化って

基本的に無料で利用できるYouTubeですが、動画を投稿していてある程度人気のある投稿者になれば、YouTubeでお金を稼げるようになります。

YouTubeは無料で利用できるのになぜ収益が発生するのと疑問に思いますよね?

なぜ、YouTubeで収益化できるのかというと、視聴者が動画ページに表示された広告をクリックするなどすると広告料が広告主から支払われ、その一部が動画投稿者に還元されるというシステムが構築されているからです。

これを聞いて、「動画を投稿するだけでお金がもらえるの?やってみよう!」と思った方は要注意。

実はYouTubeで収益を受け取るには条件を満たした上で、YouTubeからのチャンネル審査をクリアしなければいけません。

誰でもすぐに収益を受け取れるわけではありませんし、YouTubeの審査をクリアするには広告掲載に適した動画を投稿していく必要があります。

大変な作業ですが、収益を受け取れると考えればそこまで大変な作業ではないのでひとつひとつ見ていきましょう。

YouTubeの広告審査を受けるには条件がある

YouTubeの広告審査を受けるには条件がある

YouTubeの広告掲載で収益化しようとすると、まずはじめに条件をクリアしなければなりません。

条件をクリアして初めてYouTubeからの収益化審査を受けることができます。

収益化審査を受けるまでにクリアしなければいけない条件は下記の3つです。

  • 過去12ヶ月の総再生時間4000時間以上
  • チャンネル登録者数1000人以上
  • 18歳以上であること

    順番に解説していきましょう。

    過去12ヶ月の総再生時間4000時間以上

    2つ目の条件は「過去12ヶ月の総再生時間4000時間以上」です。

    これまで投稿した動画の直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上であればこの条件はクリアできます。

    4000時間以上となるとかなり膨大な時間と感じてしまうかもしれませんが、実はこの条件はそれほどクリアするのは難しくありません。

    10分の動画1本を投稿している場合であれば、単純計算で24000回の視聴があれば条件をクリアできます。

    しかし、24000回という視聴回数は動画がある程度ヒットしなければ達成は難しい条件です。

    10分の動画を10本投稿しているのであれば、動画1本当たりの視聴回数は2400回と、動画1本のときに比べて1本の動画当たりの再生回数は1/10で済みます。

    ですので、こちらの条件をクリアするのが目的であれば、動画本数を多めにアップロードすればいいでしょう。

    チャンネル登録者数1000人以上

    2つ目の条件は「チャンネル登録者数1000人以上」です。

    こちらの条件は1つ目の条件に比べてクリアするのが難しくなっています。

    なぜなら、チャンネル登録者数は、ファンの数とも言っていいものだからです。

    そのため、継続的に視聴者に興味を持ってもらえるような動画を投稿し続けなくては、なかなかファンを獲得するのは難しいでしょう。

    1本の動画がヒットしただけでは、チャンネル登録者数は増えにくいというのが悩ましいところです。

    ャンネル登録者数を増やすためには、同じ視聴者に連続して興味を持ってもらえる動画を投稿し続けなければなりません。

    ですので、「キャンプ動画」や「料理動画」といった特定のジャンルに絞って動画を投稿していったほうが、チャンネル登録者は増える傾向にあるでしょう。

    18歳以上であること

    YouTubeで収益化するためには、18歳以上である必要があります。

    「GoogleAdsense」に新しいアカウントを作成するか、既存のアカウントに紐付けをしなければなりません。

    「GoogleAdsense」への登録は原則として、18歳未満はできません。18歳未満の場合は、18歳以上の保護者が登録している「GoogleAdsense」にYouTubeチャンネルを紐付ける必要があるので注意しましょう。

    18歳未満でYouTubeの収益化を目指しているのであれば、予め保護者の同意を得るなどして手を打っておいたほうがいいかもしれません。

    YouTubeの広告審査とは?

    先程紹介した条件をクリアし、収益化の申請をするとYouTubeから広告掲載に適した動画を投稿しているかどうかの審査が入ります。

    審査では基本的に、自動判断システムがYouTubeのポリシーに違反していないかをチェックします。

    万が一、自動判断システムによる審査で、広告掲載に適していない動画だと判断されてしまった場合は人間による審査をリクエストすることも可能です。

    人間による審査をリクエストした場合は、専任の審査担当者が動画を確認し、広告掲載に適しているかどうか判断してくれます。

    そのため自動判断システムの判断が間違っていると思った場合は、人間による審査を依頼できますが、担当者による審査を行ってもなお広告掲載に適していないと判断された場合は収益化できないので注意しましょう。

    一度審査で適していない動画と判断された場合は、再度同じ動画をアップしたとしても結果は変わりません。

    審査にはどれぐらいかかるの?

    広告審査を依頼したのになかなか審査が終わらなければ不安になってしまいますよね。

    YouTubeが審査を設けるようになった直後は、審査完了までに一ヵ月以上を要した場合もあったようですが、最近ではだんだんと審査にかかる時間は短くなってきています。

    審査の完了にはおおよそ一週間みておけばいいでしょう。

    YouTubeは日々膨大な数の動画が投稿されており、一つ一つ審査するのもかなり大変なようです。

    審査については平等に行われるわけではなく視聴回数の多い動画の方が優先されるようです。

    早く審査に通過したいのであれば人気投稿者になってから申請した方が良いと言えるでしょう。

    あまりにも審査に時間がかかりすぎるようなら、問い合わせをすることも必要になってくるかもしれません。

    YouTubeの広告審査に通るためのポイント

    YouTubeの広告審査に通るためのポイント

    YouTubeの広告審査に通過するのはそれほど難しいものではありません。

    基本的にYouTubeのポリシーに違反していない、オリジナリティのある動画であれば問題なく審査には通るでしょう。

    • 著作権を侵害した動画をアップしない
    • 重複コンテンツ動画をアップしない
    • テキスト動画、スライドショー動画をアップしない

      収益化を前提に動画をアップロードするのであれば、上記の3つについては気をつけておきましょう。

      順番に解説していきます。

      著作権を侵害した動画をアップしない

      当然のことではありますが著作権を侵害した動画では、広告審査を通過することができません。

      著作権を侵害した動画とは、テレビ番組をそのまま動画化したものであったり、DVD化されたアニメや映画を動画化したものを指します。

      このような動画はYouTubeでも散見されますが、本来は違法動画なので絶対にアップしないように注意しましょう。

      重複コンテンツ動画をアップしない

      著作権を侵害した動画とほとんど同じですが、既に投稿されている動画と同じ動画を投稿するのも広告審査を通過できませんので注意しましょう。

      一般の方が投稿している動画であっても、丸々コピーして動画を投稿したり、一部を切り取って無断で使用したりするのもいけません。

      独自性のあるオリジナルのコンテンツを投稿するようにしましょう。

      テキスト動画、スライドショー動画をアップしない

      時々見かけるのが、掲示板やSNSの掛け合いをコピー&ペーストしてテキストをスクロールするテキスト動画です。

      スクロールテキストだけでなく、画像のスライドショー動画も収益化の対象とならなくなっているので注意しましょう。

      Youtubeの広告審査の基準は変更になる場合がある

      Youtubeの広告審査の基準は変更になる場合がある

      注意しておきたいのが、今後も広告審査の基準は変更になる可能性があるというところです。

      YouTubeでの収益化に成功したとしても、YouTubeのチャンネル収益化ポリシーが変更になってしまったら、収益化できなくなってしまう可能性もないとはいえません。

      過去には、収益の少ないチャンネルが収益化の対象から外れるといったポリシーの変更もあったことから、YouTubeの収益に頼り切った生活をするというのはリスクが高いでしょう。

      今後もポリシーなどの変更はあり得るので注意しておきましょう。

      ポリシーの内容については下記のURLから確認できますので、チェックしておくことをおすすめします。

      >>YouTubeのチャンネル収益化ポリシーについてはこちらから

      Youtubeの広告審査を通るにはオリジナリティのある動画をアップすることが大切

      Youtubeの広告審査を通るにはオリジナリティのある動画をアップすることが大切

      YouTubeで収益化するには、収益化できるまでの条件や審査が一つの大きな壁となっています。

      頑張って審査を乗り越えて収益化できたとしても、ポリシーの変更で収益化が打ち止めになってしまう可能性もあるかもしれません。

      ただし、収益化の打ち止めが怖くて行動しないままだと、いつまで経っても収益化はできないでしょう。

      ポリシーの変更による影響を受けにくくするためには、オリジナリティのある動画を作っていくことが大切になってきます。

      これからYouTubeで収益化を目指すのであれば、オリジナリティのある動画だと誰でもひと目で分かるようなコンテンツ作りを心がけていきましょう。

      YouTubeの収益化方法については、「【Youtube】投稿動画に広告を設定して収益化するには?」の記事も参考になります。

       

      売上を UP するための『動画 DX®』活用法

      Related Articles

      関連記事

      資料をダウンロード
      24時間受付中!
      動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績