お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
動画広告で期待できる3つの効果とその理由とは?種類や活用法も合わせて解説

動画広告で期待できる3つの効果とその理由とは?種類や活用法も合わせて解説

「動画広告ってどんな効果があるんだろう……」

と考えている人は多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、動画広告は「ターゲット層の拡大」「コスト削減」などの効果があります。
実際に動画広告の市場規模は2019年で約2,592億円にものぼり、これからもさらに増えることが予想されています。

動画広告を配信する媒体をしっかりと見きわめれば、商品やサービスの認知度アップ、売上アップが期待できます。

とはいえ、具体的な効果や購買につながる理由などは、なかなか分かりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 動画広告の効果
  • 動画広告の効果が高い理由
  • 動画広告を使う目的
  • 代表的な動画広告4つ
  • 参考の動画広告

 

を順に紹介します。

最後にサムシングファンで制作した事例も紹介しますので、動画広告のイメージをつかむのにお役に立てれば幸いです。

動画広告を活用したときに期待できる3つの効果

動画広告の具体的な効果

最初に、動画広告の効果として、

  • 自社製品の魅力を映像と音を使って短時間で伝えられる
  • より多くの世代に商品やサービスを知ってもらえる
  • 低価格で広告を作れるのでコスト削減につながる

 

の3つを紹介します。

効果1:自社製品の魅力を映像と音を使って短時間で伝えられる

1つ目は「自社製品の魅力を映像と音を使って短時間で伝えられる」です。

動画広告は映像と音楽を使って、商品やサービスの魅力を伝えますよね。
今までの広告は文章がメインだったので、情報量に限りがありました。

動画なら映像と音楽で多くの情報を、さらには数秒から数分の短い時間で発信できるので、より伝わりやすくなります。

効果2:より多くの世代に商品やサービスを知ってもらえる

2つ目は「より多くの世代に商品やサービスを知ってもらえる」です。

動画広告は、SNSなどWeb上で活用されることが多いです。
そしてSNSは、主に10〜20代の若い世代に使われています。

今までのテレビCMなどでは、発信できる世代に限界がありました。

動画広告であれば若年層にアピールしやすく、自社のターゲット拡大などが期待できます。

効果3:低価格で広告を作れるのでコスト削減につながる

3つ目は「低価格で広告を作れるのでコスト削減につながる」です。

動画広告は、他の広告ほど費用がかかりません。
テレビCMなら80万円ほどかかるところ、例えばYouTubeの動画広告であれば10万円から制作可能です。

コスト削減が実現し、より多くの利益を得ることにつながります。

<詳しくはこちら>
「【2020年版】動画の制作にはどのくらいの費用が必要?相場を大公開」

動画広告の効果はなぜ高い?その理由は?

動画広告が普及した理由はスマホとSNS

続いては、動画広告の効果が高い理由を見ていきましょう。
また動画広告の市場規模や、実際に使われているSNSなども紹介しますね。

スマホでYouTubeやInstagramなどSNS上の動画を見る人が増えた

まずこの10年ほどで、スマートフォンの使用率が高くなりました。

スマートフォンが普及したことで画面が大きくなると同時に、通信速度も早くなっています。
そのぶん動画を見る人や機会も増え、特に10〜20代の若い世代に普及しています。

またスマホと同時に、YouTubeやInstagramなどSNSのユーザー数も増加しました。
その中で動画コンテンツがよく投稿されるようになったことで、広告も文章から動画へと変化しています。

動画広告と静止画広告(テキストバナー)との違いにも理由がある

また今までの静止画広告から動画広告に変わったことでも、効果は高くなっています。
その理由は「動画広告の情報量の多さ」にあります。

動画広告と静止画広告の違いは、以下の2点。

  • 動画広告の方が情報量が多い
  • 作成の難易度は高いが、興味を持たれやすい

 

動画広告は映像と音楽を使うのに対して、静止画広告は文章しか使用できません。
そのぶん動画の方が情報量が多く、商品やサービスの魅力も伝わりやすいです。

広告の作成に時間はかかりますが、効果が高いのは動画になります。

動画広告の市場は約2,592億円にものぼる

先ほど動画の利用率が高まっているとお伝えしましたが、実際に動画広告の市場規模も大きくなっています。

サイバーエージェントの調査によると、2019年における市場規模は約2,592億円でした。

【動画の市場規模】

スマホ 2,296億円
PC 296億円
合計 2,592億円

【出典】株式会社サイバーエージェント「サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施」

上記のように、スマホの方が圧倒的に市場規模は高いことが分かります。

動画広告の活用におすすめのSNS

動画広告は、主に以下のSNSでよく活用されています。

  • YouTube
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

 

またその他にも、キュレーションサイトなどでも使われることがあります。

動画広告を使う目的と具体例

動画広告とは

動画広告とは、映像と音楽を通して自社商品やサービスを伝えることです。
実際にどんな目的で使われるのか、見ていきましょう。

動画広告の目的はブランディングや認知拡大、購入の後押しなど幅広い

動画広告は、主に以下3つの目的で使われることが多いです。

目的 目標 内容
商品のブランディング

商品やサービスの
イメージを植え付ける

富裕層の男性が
高級車を使用している
認知度アップ

興味を引く内容で
商品やサービスを知ってもらう

インフルエンサーに
商品を使ってもらう
購入促進

商品やサービスの使用シーンを流し、
購入をイメージしてもらう

女優やタレントが
商品を使用する

 

動画広告の活用には企業ごとに何らかの目的がありますが、その目的によって動画広告の種類を使い分けることも多いです。
次でその種類を紹介します。

代表的な4つの動画広告と効果が高い種類

動画広告の中から代表的なものを4つ、そして最も効果が高いものを紹介します。

代表的な動画広告

一般的に使われている動画広告として、

  • インストリーム広告
  • インスクロール広告
  • インバナー広告
  • オーバーレイ広告

 

の4つを紹介します。

動画広告の種類1:インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画と同じ画面サイズで表示される広告です。
映像がスタートする前や途中で表示されるので、ユーザーの目には止まりやすいです。

インストリーム広告

代表的なのがYouTube
上記のように、再生したい動画をクリックすると、本編の前に放送されます。

スキップできるものでも数秒間は表示されるので、認知度は高まりやすいです。

動画広告の種類2:インスクロール(インフィード)広告

インスクロール広告とは、Webページや記事を閲覧しているときに表示される広告です。
ユーザーが記事内の広告画面に到達したら自動で再生されます。

代表的なSNSはFacebook、Instagram、Twitter。

例えばFacebookでは以下のように表示されます。

インスクロール広告

注意点として、ユーザーが動画広告のところまで読み進めなければ、広告が再生されることはありません。
また正しく表示される必要があるので、スピーディーな通信環境なども必要となります。

ただし動画コンテンツ以外の場所で表示できるので、ターゲット層の拡大などに役立ちます。

動画広告の種類3:インバナー広告

インバナー広告とは、Webページ内で表示される広告です。
ホームページの左右端など目立たないところに表示されますが、ユーザーの検索ニーズをもとに広告を表示してくれます。

インバナー広告

上記の写真でいうと、右端にある確定申告の広告です。

ニーズに沿って広告を表示できるので、購買率などは高くなりやすいです。

動画広告の種類4:オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、特定のWebページを表示したときに画面下部に表示される広告です。
常に同じ位置に固定されているので、ユーザーの目には止まりやすくなります。

ただしオーバーレイ広告は、数年前から禁止される動きが強まっています。

というのも常に画面に表示されることからユーザーは誤タップすることが多く、「なるべく表示しないでほしい」と感じている人が少なくありません。
ユーザーに嫌がられることが多いので、使用する企業はほとんどいないのが現状です。

最も使われているのは「インストリーム広告」

サイバーエージェントの調査によると、2019年に最も活用されたのは「インストリーム広告」でした。

  金額
インストリーム 1,079億円
インフィード 1,036億円
インバナー 157億円
その他 320億円

【出典】株式会社サイバーエージェント「サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施」

ここまで動画広告について解説しました。

最後に、実際にどのような動画広告が制作されているのか、事例を紹介します。

動画広告で高い効果を得られた企業や活動の事例一覧

動画広告の事例として、サムシングファンで担当させていただいた

  • 婚活フリーパス様
  • Canbus様
  • 甲南女子大学様

 

の3つを紹介します。

事例1:婚活フリーパス様【サービス紹介】

婚活パーティーの定額サービスなどを提供する「machikon JAPAN様」の広告です。
WebページとSNSのふたつの広告を制作し、テンポよく見れる内容にしました。

事例2:Canbus様【サービス紹介】

IT経営促進のクラウドデータベース「Canbus様」のSNS用PR動画です。
サムシングファン所属ライバーを主演に、「経営が見えてくる」というテーマで制作しています。

事例3:甲南女子大学【ブランディング】

甲南女子大学様のブランディング動画を、実際の学生さんをモデルに制作しました。
特定の顕在ユーザーだけに広告を届けることを目的としています。

<その他の実績はこちら!>
「Movie works 制作実績」

効果の高い動画広告によって、自社商品やサービスを広める

動画広告を使って商品やサービスを広める

今回は、動画広告の効果や理由、活用の目的などを解説しました。

おさらいすると、動画広告では以下3つの効果が期待できます。

  • 自社製品の魅力を映像と音を使って短時間で伝えられる
  • より多くの世代に商品やサービスを知ってもらえる
  • 低価格で広告を作れるのでコスト削減につながる

 

動画広告が普及した理由は「スマホとSNSの普及」
特に10〜20代の若者の利用率が高いので、動画広告を活用することで、若年層のターゲットにアプローチできることも少なくありません。

そして動画広告の目的として、以下の3つをお伝えしました。

  • 商品のブランディング
  • 商品やサービスの認知度アップ
  • 購入促進

 

ブランディングや認知度アップなどさまざまですが、自社の目的に合わせて動画広告を活用してみましょう。

またサムシングファンでは、動画マーケティングツール「Dooonut」も提供させていただいております。

「動画を活用するのが初めて」「動画の効果はどうやって分析すれば良いんだろう……」という方は、Dooonutの活用も検討してみてください。

<詳しくはこちら>
「YouTubeとDooonutを徹底比較!動画マーケティングツールでさらなる集客を」

企業向け・動画マーケティングの教科書

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績