株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

5Gの普及で動画マーケティングはどう変わる?3つのポイントを解説

5Gサービスの提供が開始され以降、5Gというワードを目にする機会が増えてきました。

5Gの普及によって、私たちの生活は大きく変わっていくと予測されています。

そのため動画マーケティングに力を入れようと考えている方も多いでしょう。

しかし、「何から取り組むべきか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

本記事では上記のような方のために、5Gが動画マーケティングに与える影響について解説します。

5Gと動画マーケティングの関係について、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

5Gとは?

5Gとは?5G(5th Generation)とは、第5世代移動通信システムを指します。

国内では2020年から5Gサービスの提供が始まりました。

1世代前の4G回線との大きな違いは、高速通信を実現しつつ、電波が飽和状態にならないように高周波数帯の帯域を活用している点です。

4Gの普及によってビジネスに動画が活用されるケースが増加しましたが、5Gの普及はさらに動画マーケティングの重要性を高めると考えられています。

4Kや8Kなどの大容量動画をスムーズに視聴できるだけでなく、仮想現実(VR)やAR(拡張現実)、MR(複合現実)の普及を後押しする可能性もあります。

5Gの特徴3つ

5Gの特徴5Gには、「大容量・超高速」「超低遅延」「多数同時接続」という3つの特徴があります。

それぞれの特徴について詳しく解説します。

特徴①大容量・超高速な通信が可能

5Gは、4Gよりも大容量で高速な通信が可能です。

4Gの通信速度は1Gbps程度ですが、5Gでは10~20Gbpsの通信が可能です。

通信可能なデータ量が飛躍的に増加するため、容量の大きなデータのやり取りも短時間で済みます。

加えて、大容量通信も可能なため、高画質動画やVRなどのライブ配信をストレスなく視聴できます。

特徴②タイムラグが少ない

5Gには、超低遅延という特徴もあります。

インターネットを使用した通信では、送信側の機器からユーザーのデバイスへデータが届くまでに、タイムラグが発生します。

5Gは、4Gと比較してタイムラグが非常に少なく、遅延は10分の1程度です。

リアルタイムで動画を中継できるので、遠隔手術や機械制御への活用が期待されています。

特徴③多数同時接続

4Gの同時接続数が1平方kmあたり、最大10万台程度だったのに対し、5Gでは10倍の100万台接続できます。

とりわけ都市部での恩恵は大きく、人口密集地域でも快適な通信が可能です。

今後、インターネットに接続される機器は増加すると考えられており、5GはIoT(モノのインターネット)の普及に不可欠といわれています。

5Gがユーザーに与える影響

5Gがユーザーに与える影響ここからは、5Gがユーザーに与える影響について解説します。

影響①高画質動画の普及

5Gは、高画質動画の普及を後押しすると考えられます。

4G回線でもHD動画を快適に視聴できますが、5Gが一般的になり、大容量・超高速が可能になれば、8Kなどの高画質な動画コンテンツの数も増加します。

加えて、高フレームレート動画も増えると予測されており、高いフレームレートが求められるスポーツ動画を視聴する機会も増加するでしょう。

影響②動画視聴時間の増加

ニールセンの調査(全世代でスマートフォンがネット利用のメインデバイスに~ニールセン 2019年上半期のデジタルメディアの利用動向をまとめた「Digital Trends 2019上半期」を発表~)によると、2015年から2019年までの間にスマートフォンでの動画視聴時間が4倍になったことが明らかになりました。

2020年以降も新型コロナウイルスの影響で、動画の視聴時間は増加傾向にあります。

5Gの普及に伴い、動画の視聴時間がさらに延びると考えられ、マーケティングにおける動画の重要性はますます高まるでしょう。

影響③動画の回遊性が高まる

動画の読み込みが再生速度に間に合わず、動画が止まるとユーザーはストレスを感じ、離脱してしまいます。

5Gでは、大容量・超高速な通信が可能なため、快適な動画視聴が可能です。

読み込み時間が短くなれば、ユーザーは次々に別の動画を視聴する可能性が高まり、回遊性も高まるでしょう。

回遊性が高まればユーザーとの接触機会も増加し、マーケティングにも寄与すると考えられます。

影響④高画質・低遅延なライブ配信

動画投稿とは異なり、ライブ配信には配信者と視聴者が双方向のコミュニケーションを取れるメリットがあるものの、4Gではタイムラグによって若干のズレが生じていました。

5Gでタイムラグが小さくなれば、音声や映像をほぼリアルタイムでやり取りできるため、円滑なコミュニケーションが実現します。

また、通信可能なデータ量も5Gで増加するため、ライブ配信の画質も向上します。

5Gによって動画マーケティングはどう変わるかの?

5Gによって動画マーケティングはどう変わるかの?続いては、5Gが動画マーケティングに与える影響について解説します。

他社と差別化した動画コンテンツ

今後もインターネット上での情報発信に、動画を活用する企業は増えると考えられます。

動画を活用したマーケティングが一般的になるにつれ、公開されるコンテンツの数も飛躍的に増加するでしょう。

一方で、インターネット上に動画コンテンツが溢れ、従来の動画では他社のコンテンツに自社の動画が埋もれてしまう恐れもあります。

5G普及後は、他社と差別化した動画の作成が必須です。

リッチ動画の商用利用

5Gの普及によって高画質動画やVR動画などのリッチ動画を、ストレスなく視聴できる環境が整います。

今後の動画マーケティングでは、差別化が必須である点を先に解説しました。

リッチ動画の活用は、自社の動画を他の動画コンテンツと差別化する方法の1つです。

観光地のプロモーションでは、8Kの高精細な動画で紹介すれば、風景や街並みの美しさを訴求できるでしょう。

360度動画やVR動画などのインタラクティブなコンテンツを、ショールームの紹介に活用すれば、従来の動画よりもユーザーの興味を引ける可能性が高まります。

ライブ配信者の増加

5Gの利用が一般的になれば、ライブ配信もこれまで以上に盛んになり、ライブ配信者も増加するでしょう。

高画質・低遅延で配信できる環境が整えば、影響力を持つ配信者も次々と現れるでしょう。

ターゲットへの影響力が高いライブ配信者を、製品のプロモーションに起用する企業も増加すると考えられます。

4Gによってライブ配信が身近になりましたが、5Gの普及でより活発になるでしょう。

>>BtoB企業が動画マーケティングに取り組むべき理由と具体的な4つの活用方法

5G時代の動画マーケティングで押さえておきたい3つのポイント

5G時代の動画マーケティングで押さえておきたい3つのポイント5G時代の動画マーケティングで押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

ポイント①適切な媒体選び

動画マーケティングで成果を出すためには、媒体選びが重要です。

SNSで動画を配信する場合、ターゲットとなるユーザーが多い媒体を選ぶ必要があります。

代表的なSNSの特徴は以下の通りです。

Facebook 30~40代の利用が多い。実名登録制のため実際の人間関係に近い関係を構築でき、投稿される情報の信頼度も高い。
Twitter 10~30代の利用が多い。リアルタイムの情報発信ができ、リツイートによる拡散性も高い。
Instagram 20~30代の女性の利用が多い。動画や写真の投稿がメインで、視覚に訴えるコンテンツの発信に適している。
Line 幅広い年齢層が使用。クローズドなSNSで、Twitterのような拡散性はないものの、一対一のコミュニケーションが可能。
TikTok 10~20代の利用が多い。ほかのSNSと比較すると、利用している企業は少ないとされ、うまく活用できれば他社と差別化できる可能性も。

SNSの種類によって、メインユーザーの年齢層は異なります。

ターゲットの年齢や性別などを考慮して適切な媒体を選択しましょう。

ポイント②ツールを活用する

動画マーケティングを行う際は、専用のツールを活用しましょう。

動画を作成してただ公開するだけでは、成果に繋がらない可能性があります。

動画を公開した後は、クリック・アクセス解析、エンゲージメント分析など、動画のパフォーマンスを確認しながら改善することが重要です。

サムシングファンでは、動画マーケティングに特化した戦略・支援ツール「DOOONUT」を提供しています。

DOOONUTには強力な分析機能に加えて、動画内にCTAを設置できる機能や動画を複数の SNS に一括配信できる機能もあります。

また、一部のプランは「IT導入補助金」の導入対象ツールに認定されているため、導入費を抑えることも可能です。

ぜひ気軽にご相談ください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

ポイント③ユーザーの興味を引くコンテンツ

動画マーケティングを成功させるためには、ユーザーの興味を引くコンテンツを作成しなければなりません。

例えば、YouTubeで動画再生時に流れるインストリーム広告は、ユーザーの興味を引けなければスキップされてしまいます。

最後まで動画を見てもらうには、再生から5秒でユーザーに興味を持ってもらえるかどうかがポイントです。

また、1つの動画を使い続けると、ユーザーが飽きてしまう場合もあります。

ユーザーを飽きさせないためにも複数のパターンの動画を用意しておきましょう。

>>動画マーケティングの市場は今後どうなる?最新のトレンドとあわせて解説

まとめ:5Gの普及で動画マーケティングの重要性はさらに高まる

まとめ:5Gの普及で動画マーケティングの重要性はさらに高まる5Gの普及が動画マーケティングに、どのような影響を与えるのかについて解説しました。

5G時代の動画マーケティングは、いかに他社と差別化したコンテンツを作成できるかが重要です。

サムシングファンでは、動画マーケティング支援ツール「DOOONUT」の提供のほか、「映像制作サービス」も提供しています。

動画を活用したマーケティングを検討中の方は、お気軽にご相談ください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)
動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×