お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
動画マーケティングの市場は今後どうなる?最新のトレンドとあわせて解説

動画マーケティングの市場は今後どうなる?最新のトレンドとあわせて解説

ビジネスをおこなっていく上で活用できるマーケティング方法にはさまざまな種類があります。

その中でも最近注目されているのが動画マーケティングです。

取り入れる企業も増えてきているため、注目している方も多いのではないでしょうか?

ただ、実際に動画マーケティングを取り入れるとなると、気になるのが「市場が今後どのように変化していくのか」でしょう。

そこでこの記事では、動画マーケティングの市場について紹介していきます。

「動画マーケティングの市場が今後どう変化していくのか」に触れつつ、動画マーケティングのトレンドについても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは?動画マーケティングとは、その名のとおり動画をメインとしたマーケティング方法です。

ただ、最近の動画マーケティングはテレビなどのマスメディアを活用したものではなく、インターネットを活用したものを指すことがほとんどです。

これまでインターネットでのマーケティングは、テキストや画像がメインでした。

しかし、環境やユーザーの変化によって動画が生活の中に浸透し始めたことで、動画が企業のマーケティング活動に活用されるようになってきました。

また、動画マーケティングは、動画を制作して公開するだけといった単純なものではなく、

  • 誰に向けて動画を発信していくか
  • どういった動画を制作し発信していくか
  • 動画を発信した後の効果測定はどのようにおこなうか

 

など、動画を公開する前や公開した後の活動など、施策全体を含めたものになります。

>>【2021年最新】動画マーケティングに強いおすすめの大手会社10選

動画マーケティングの市場動向

動画マーケティングの市場動向気になる動画マーケティングの市場動向についてですが、動画マーケティングの市場は今後も順調に拡大していくと予想されています。

日本を代表する企業の一つである株式会社サイバーエージェントがおこなった調査によると、2018年の時点で1,800億円程度だった動画マーケティングの市場規模は、2023年には5,000億円の規模にまで成長すると予想されています。

後数年で3倍近い規模にまで市場が成長すると予想されているわけです。

もちろんあくまで予想ですので必ずしもこの通りに成長していくわけではありませんが、逆に予想以上のスピードで成長する可能性も否めません。

そのため、企業は動画をマーケティング活動に積極的に取り入れていくべきだと言えるでしょう。

>>動画マーケティングとは?概要やメリット、事例、成功のポイントを徹底解説

>>動画マーケティングに期待できる3つの効果とは?成功させるための秘訣も

動画マーケティングの市場が今後も成長していくと予想される3つの理由

動画マーケティングの市場が今後も成長していくと予想される3つの理由動画マーケティングの市場は後数年で今の3倍近い規模にまで成長すると予想されているわけですが、それにはいくつかの理由があります。

動画マーケティングの市場が今後も成長していくと予想される3つの理由についてみていきましょう。

理由1. デジタルデバイスが一般的なものになってきているから

動画マーケティングの市場が成長してきた理由の一つとしてあげられるのが、スマートフォンなどのデジタルデバイスの普及です。

iPhoneやiPadといった人気機種の影響もあって、スマートフォンやタブレット端末などのデジタルデバイスは今や一般的なものになったと言っても過言ではありません。

「ガラケー」と呼ばれる従来の携帯電話はお世辞にも動画の視聴を快適におこなえる端末ではありませんでしたが、スマーフォンやタブレットでは動画の視聴が快適におこなえます。

そのため、ユーザーが動画に触れる機会が増え一般的なものになりました。

今後もスマートフォンやタブレットの普及率は高まっていくことが予想されているため、動画マーケティングの市場はさらなる成長が見込まれています。

理由2. インターネット環境が整ってきたから

インターネット環境が整ってきている点も、動画マーケティングの市場が今後も成長していくと考えられている理由の一つです。

動画は受信するデータの量が多いため、高速かつ安定して接続できるインターネット環境が必要不可欠です。

ADSLなどの通信方法が一般的だった数年前までは、この「高速かつ安定して接続できるインターネット環境」を実現するのが難しかったため、動画は一般的なものではありませんでした。

しかし、光回線が登場して以降、住宅はもちろん商業施設などでも高速かつ安定的なインターネット通信が実現できるようになってきています。

また、より高速でインターネットに接続できる5Gも始まりました。

今後はこれまで以上にインターネット環境が整備されていき、より快適に動画を視聴できるようになる環境がどんどん整っていくため、動画マーケティングの市場がより成長していくと考えられます。

理由3. インターネットで動画を視聴するのが当たり前になってきているから

動画マーケティングの市場の拡大には、ユーザーの心境や考え方の変化も大きく影響しています。

今の時代、デジタルデバイスの普及やインターネット環境が整ってきたことで動画が一般的なものになってきているわけですが、それによりインターネットで動画を視聴するのが当たり前になりました。

Netflixを始めとする有料動画配信サービスの利用者は年々増加していますし、YouTubeを利用するユーザーも増え続けています。

この流れは今後も加速し、動画がより一般的なものになっていくため、それにともなって動画マーケティングの市場も拡大していくと予想できます。

動画マーケティングの市場の今後のトレンド

動画マーケティングの市場の今後のトレンド今後も伸びていくことが予想されている動画マーケティングの市場ですが、そんな動画マーケティングを取り入れる際に意識しておきたいのが今後のトレンドについて。

動画マーケティングの市場で今後流行ることが予想される3つのトレンドについてみていきましょう。

トレンド1. インタラクティブ動画

動画マーケティングの市場においてすでに取り入れる企業が増えてきているのが、この「インタラクティブ動画」です。

インタラクティブ動画は、動画内に選択肢などの操作をおこなえる要素を配置し、ユーザーに参加をうながすタイプの動画です。

これまで動画と言えばただ視聴しているのが一般的でした。

しかし、デジタル技術が発展したことによって動画内に選択肢や入力フォームを配置できるようになりました。

ユーザーはただ単に動画を視聴するだけでなくコンテンツに参加できるようになったわけですが、これにより得られる主なメリットとしては、

  • 操作をうながすことでより強い印象をあたえられる
  • 視聴時間やシェア数などのエンゲージメント率が高くなる
  • PRなどに活用しやすく、宣伝効果も高い

 

などがあげられます。

今後はこういったユーザーが参加できる動画が増えていくことが予想されているので、これから動画マーケティングに取り組むのであればぜひ取り入れていきたいトレンドの一つだと言えるでしょう。

>>インタラクティブ動画の作り方と作成におすすめのプラットフォーム7選

>>インタラクティブ動画とは?メリットや事例、作り方を徹底解説

インタラクティブ動画作成なら「DOOONUT」がおすすめ

インタラクティブ動画はツールを活用すれば簡単に作成できます。

インタラクティブ動画の作成にはサムシングファンの「DOOONUT」がおすすめです。

DOOONUTはインタラクティブ動画の作成が簡単におこなえるツールで、作成した動画の効果測定などもおこなえるようになっているので、ぜひ導入を検討してみてください。
>>DOOONUT(ドーナツ)

トレンド2. ライブストリーミング

ライブストリーミングも、動画マーケティングの市場で今後伸びていくことが予想されているものの一つです。

ライブストリーミングは録画ではなくライブ配信されるタイプの動画です。

テレビの生放送をイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

ライブストリーミングのビジネスへの代表的な取り入れ方としては、ライブコマースがあげられます。

ライブコマースでは、テレビの通販番組のように商品を紹介する様子を生配信していきます。

ライブコマースではユーザーからのコメントを受け付けながら配信をおこなうため、ユーザーからの疑問や質問にリアルタイムで答えることが可能です。

その場で疑問や不安を解消してあげるため購買率も上がりますし、リアルタイムで商品の紹介をおこなうことによってユーザーの購買意欲を高めることもできます。

トレンド3. VR・AR動画

動画マーケティングのトレンドの中でも最先端の技術を活用しているのが、VR動画やAR動画です。

VRは「Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)」の略称で、仮想現実とも呼ばれます。

VR動画は、これから登場するサービスや製品を仮想空間でユーザーに体験してもらうために用いられます。

一方、ARは「Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)」の略称で、拡張現実と呼ばれる技術です。

チラシやパンフレットなどにスマートフォンなどのデジタルデバイスをかざすと動画が再生されるといった手法で用いられることが多くなっています。

まとめ:動画マーケティングは今度も順調に伸びていく魅力的な市場

動画マーケティングは今度も順調に伸びていく魅力的な市場動画マーケティングの市場は今後も伸びていく魅力的な市場です。

2023年には今の3倍近い規模になっていることが予想されていますが、5Gなど新しい技術が普及するスピードによってはさらに大きな規模になる可能性もあります。

ただ、市場が成長し人気が高まっているとはいえ、本格的に参入している企業はまだ多くありません。

そのため、動画マーケティングの活用を検討しているのであれば、今すぐにでも取り組み始めるべきです。

逆に今動画マーケティングを取り入れなければ大きなビジネスチャンスを逃しかねないので、ぜひ前向きに検討してみてください。

動画マーケティングを検討中の方は、動画制作会社へ依頼するのもおすすめです。

動画制作会社「サムシングファン」では、本格的な映像制作サービスを提供しています。
気軽にご相談ください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)
動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! お問い合わせする 資料請求 セミナー開催中