お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

ドローンレンタルサービスの失敗しない選び方!おすすめの業者も紹介

ダイナミックな映像が撮影でき、今や旅行やイベントでも大活躍のドローン。

  • 気になっているけど、予算が足りない…
  • 挑戦してみたいけど、使いこなせるかな…
  • 初心者だから、いきなり購入はちょっと…

などと、躊躇している方も多いのではないでしょうか。

確かに、ある程度スペックがしっかりしているドローンを買うと10万円前後はします。
いきなり高額のドローンを購入するのは、ちょっと勇気がいりますよね。

そんな時に、ドローンのレンタルサービスはとてもありがたい存在です。
安いものであれば、1日1万円くらいでレンタルすることが可能ですよ。

今回は、おすすめのドローンレンタル業者を10社ご紹介します。
失敗しないドローンレンタルサービスの選び方もお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ドローンレンタルサービスの失敗しない選び方

ドローンのレンタルサービスを利用するにあたり、ぜひチェックしていただきたいポイントがあります。

  • 飛行許可の申請を代理で手続きしてくれるか
  • 損害賠償保険をかけられるか
  • 送料の有無
  • 目的に合ったドローンを借りられるか

それぞれ詳しく解説しますね。

飛行許可の申請を代理で手続きしてくれるか

ドローンを含む無人航空機の飛行には、国土交通省によって飛行エリア、飛行条件などのルールが設けられています。

(出典:国土交通省

飛行許可が必要なエリアで撮影したい場合は、事前手続きが必要となります。

ドローンレンタル業者によって、飛行許可の申請を代理で手続きしてくれる業者と、代理手続きに対応していない業者がありますのでチェックしましょう。

損害賠償保険をかけられるか

ドローンは障害物や風などの気象条件等により、落下するリスクがどうしても伴います。

ドローンが落下して他人の所有物を損壊してしまったり、ドローン自体が破損してしまった場合の弁償はケアしておくべきポイントです。

損害賠償保険は、必ずかけるようにしましょう。

保険加入の手続きも代行してくれるドローンレンタル業者だと便利ですよ。

業者によっては無償で保険をつけているケースもありますが、補償の条件や、いくらまで補償してもらえるのか等の内容もチェックしておくと安心です。

送料の有無

送料の有無は、ドローンレンタル業者によって異なります

ドローンは部品も含めると、それなりに大きな荷物になりますので、送料別の場合は3000円以上の送料が発生する可能性もありますよ。

送料込みの価格なのか、送料別の場合はいくら位になるのかは、最初にチェックしておくと「こんなに送料がかかるなんて知らなかった…」というショックを受けずに済みます。

目的に合ったドローンを借りられるか

ドローンには、おもちゃ感覚で遊べる軽量・短時間飛行・ロースペックのドローンから、大型で高性能カメラも付帯した産業用ハイスペックドローンまで、様々な種類があります。

もちろん、レンタル料金にも差がありますよ。

自分の目的に合うドローンをレンタルできる業者を選びましょう。

なお、法人向けのドローンレンタル業者も多いので、個人でレンタルサービスを利用したい方は注意してください。

レンタルできるおすすめのドローン機種

「自分の目的に合うドローンが分からない…。」

そんな方のために、おすすめのドローン機種を使用用途別にご紹介します。

旅行先での気軽な空中ドローン撮影におすすめ!DJI Mini

DJIは中国のシリコンバレーとも呼ばれる広東省・深圳に拠点を置くドローンメーカーで、一般向けドローン市場の7割を占有するトップメーカーです。

DJIのMavic Miniは、折りたたんでポケットで持ち運べるほど軽量・小型。

機体が200g未満なので、現時点では航空法の適用外となり、申請不要で飛ばすことができます。

動画クリエイターの空中4K撮影におすすめ!Parrot ANAFI


Parrotはドローン市場シェア2位を誇る、フランスの老舗ドローンメーカーです。

こちらのANAFIは、4KHDRビデオと2100万画素の写真撮影ができるカメラを搭載したドローン。
最大25分間の飛行が可能です。

ブレ補正機能も付いているので、広大で美しい動画を撮影できますよ。
動画クリエイターの方にもおすすめです。

マリンスポーツのドローン撮影におすすめ!Power Dolphin

PowerVision社は北京に本社を置き、世界各国に拠点を持つロボティックデバイス企業です。

製品のひとつ「Power Dolphin」は、水面を走りながらサーフィンやヨットなどのマリンスポーツも撮影できる水中ドローン

水面から、水面化を撮影することもできますよ。

水中も4Kでドローン撮影できる!FIFISH

QYSEA社は、2016年に中国の深センで設立された水中ロボットのリーディングカンパニー。

完全水没型ドローンのFIFISHは、水中を4K映像で撮影することができます

2019年度グッドデザイン賞を受賞した機体は、直感的に制御できる操作性も魅力ですよ。

船上のレジャーや、ダイビングのお供に、いかがでしょうか?

クボタの農薬散布用ドローン!T20K

クボタは、言わずと知れた日本が誇る産業用重機メーカーです。

クボタが開発した農業用ドローン「T20K」は、設定したコースで農薬を自動散布し、別デバイスで進捗も管理できるハイスペックドローン。

人が手作業で農薬散布するよりも速く、効率良く作業可能です。

産業用ドローンはスペックが高いので、どうしてもレンタル料金が10万〜20万円と高額に設定されがちですが、高齢化が進んでいる地域や、猛暑が危険な季節は、ぜひ自治体などでレンタルしていただき、活用いただきたいドローンです。

【全国対応】おすすめのドローンレンタルサービス10選

【全国対応】おすすめのドローンレンタルサービス11選ドローンのレンタルサービスを提供している業者は、「ドローン専門」「電化製品などのガジェット類」「総合レンタル」の3つに分かれます。

  • ドローン専門のレンタルサービス
  • 電化製品やガジェット類のレンタルサービス
  • 総合レンタルサービス

今回はこの3つに分けてそれぞれのおすすめの業者をご紹介します。

【ドローン専門】おすすめレンタルサービス1:ドローンレンタルセンター

【ドローン専門】おすすめレンタルサービス1:ドローンレンタルセンター引用:ドローンレンタルセンター公式サイト

ドローンレンタルセンターの特徴

ドローン専門のレンタルサービス。

空撮だけでなく水中撮影のドローンも取り扱っています。

また、ドローン本体の貸し出しだけではなく、パーツのみの貸し出しも行っているのでパーツを試してみたい方にもおすすめ。

  • 保険:あり
  • 送料:別途
  • 海外での使用:可能

    詳細はこちら

    ドローンレンタルセンターの店舗情報

    店舗 東京
    受付時間 10:00~19:00
    (土日祝日は除く)
    対応範囲 日本全国

     

    ドローンレンタルセンターの公式サイト

    【ドローン専門】おすすめレンタルサービス2:ドロレン

    【ドローン専門】おすすめレンタルサービス2:ドロレン引用:ドロレン公式サイト

    ドロレンの特徴

    ドローン専門のレンタルサービス。
    必要なアイテムはすべてレンタル機材に含まれているので、届いたらすぐに撮影が可能です。

    また、マニュアルも同封されているので、初めての方でも簡単に操作ができます。

    • 保険:あり
    • 送料:無料(北海道・沖縄・離島は片道別途1,000円)
    • 海外での使用:記載なし

      ドロレンの店舗情報

      店舗 東京
      受付時間 11:00~20:00
      (土日祝日は除く)
      対応範囲 日本全国

       

      ドロレンの公式サイト

      【ドローン専門】おすすめレンタルサービス3:セキドドローンレンタル

      【ドローン専門】おすすめレンタルサービス3:セキドドローンレンタル引用:セキドドローンレンタル公式サイト

      セキドドローンレンタルの特徴

      ドローン専門のレンタルサービス。
      DJI正規代理店のため、常に最新のDJI機材をレンタルできます。

      レンタルした機材を5%OFFで購入することもできるので、お試しレンタルにもおすすめ。

      • 保険:あり
      • 送料:別途(2万円以上は配送無料)
      • 海外での使用:可能(保険は自身で加入が必要)

        セキドドローンレンタルの店舗情報

        店舗 横浜ベイサイド
        受付時間 11:00~13:00・14:00~17:00
        (土日祝日は除く)
        対応範囲 日本全国

         

        セキドドローンレンタルの公式サイト

        【ドローン専門】おすすめレンタルサービス4:ドロサツ

        【ドローン専門】おすすめレンタルサービス4:ドロサツ引用:ドロサツ公式サイト

        ドロサツの特徴

        ドローン専門のレンタルサービス。

        空撮だけでなく水中撮影のドローンや産業用で使える赤外線カメラ搭載、高精度の測定が可能なモデルまで幅広く取り扱っています。

        国土交通省への申請や、海外持ち出し可能機体などの用意があったりと、シーンごとに臨機応変な対応が魅力です。

        また、航空法対象エリアや気象情報を調べられるシステムを無償で提供してくれるので、初心者でも安心してレンタルできます。

        • 保険:あり
        • 送料:別途
        • 海外での使用:可能

          詳細はこちら

          ドロサツの店舗情報

          店舗 東京中央センター
          受付時間 10:30~16:30
          (土日祝日は除く)
          対応範囲 日本全国

           

          ドロサツの公式サイト

          【ドローン専門】おすすめレンタルサービス5:ドローンレンタルネット

          【ドローン専門】おすすめレンタルサービス5:ドローンレンタルネット引用:ドローンレンタルネット公式サイト

          ドローンレンタルネットの特徴

          ドローン専門のレンタルサービス。

          15時までの注文で即日配送ができたり、1カ月以上の長期のレンタルも可能と臨機応変な対応が魅力です。

          また、レンタルできるドローンは21種類と豊富、ドローン以外にも今話題のカメラスタビライザーなどのレンタルも行っています。

          さまざまなガジェットを試してみたい方におすすめ。

          • 保険:あり
          • 送料:無料
          • 海外での使用:記載なし

            詳細はこちら

            ドローンレンタルネットの店舗情報

            店舗 東京
            受付時間 記載なし
            対応範囲 日本全国

             

            ドローンレンタルネットの公式サイト

            【ドローン専門】おすすめレンタルサービス6:Sky Seeker

            【ドローン専門】おすすめレンタルサービス6:Sky Seeker引用:Sky Seeker公式サイト

            Sky Seekerの特徴

            ドローン操縦者育成や機体の販売・レンタルを行っているスカイシーカー。

            ドローンの育成スクールやセミナーも実施していて、スカイシーカーの講習を受講するとレンタル料金が割引になります。

            レンタルに関しては一般用のドローンや産業用のドローンを取り扱っています。

            付属のカメラやオプションも充実しているので目的に合わせたレンタルが可能です。

            • 保険:あり
            • 送料:別途
            • 海外での使用:可能

              詳細はこちら

              Sky Seekerの店舗情報

              店舗 東京
              受付時間 記載なし
              対応範囲 日本全国

               

              Sky Seekerの公式サイト

              【ガジェット類専門】おすすめレンタルサービス7:協和産業

              【ガジェット類専門】おすすめレンタルサービス7:協和産業引用:協和産業公式サイト

              協和産業の特徴

              CDプレスやコピー、カメラ、ドローンレンタルをなど幅広く事業を行っている協和産業。

              ドローンのレンタルだけでなく、撮影依頼も可能です。

              また、ドローン初心者の方に嬉しい、ドローン操縦体験も実施しています。
              気になるモデルを専属スタッフのもと、その場で試せる貴重なチャンスです。

              加えて、飛行許可・申請も代行で行ってくれるので、面倒な手間を省くことができます。

              • 保険:あり
              • 送料:無料(北海道・沖縄・離島は送料発生)
              • 海外での使用:記載なし

                協和産業の店舗情報

                店舗 大阪本社・東京
                受付時間 9:00~18:00
                (日祝日は除く)
                対応範囲 日本全国

                 

                協和産業の公式サイト

                【ガジェット類専門】おすすめレンタルサービス8:ACEレンタル

                【ガジェット類専門】おすすめレンタルサービス8:ACEレンタル引用:ACEレンタル公式サイト

                ACEレンタルの特徴

                カメラ機材のレンタル・配達を行っているACEレンタル。

                DJIとParrotのモデルのレンタルが可能です。

                初心者でも安心して操縦できるようにオペレーターによる空撮サポート制度を導入しています。

                • 保険:なし
                • 送料:東京23区は送料無料
                • 海外での使用:記載なし

                  ACEレンタルの店舗情報

                  店舗 東京
                  受付時間 9:30~24:00
                  対応範囲 日本全国

                   

                  ACEレンタルの公式サイト

                  【総合レンタル】おすすめレンタルサービス9:DMMいろいろレンタル

                  【総合レンタル】おすすめレンタルサービス10:DMMいろいろレンタル引用:DMMいろいろレンタル公式サイト

                  DMMいろいろレンタルの特徴

                  DMM.comが提供しているレンタルサービス。

                  ドローンだけでなく、生活に必要な商品をレンタルできる総合レンタルサービスです。

                  主にトイドローンのレンタルを行っています。

                  レンタル可能日や日数別の価格がすぐに確認できるのも、DMMいろいろレンタルの良いところです。

                  • 保険:あり
                  • 送料:無料
                  • 海外での使用:記載なし

                    DMMいろいろレンタルの店舗情報

                    店舗 東京
                    受付時間 24時間・365日
                    対応範囲 日本全国

                     

                    DMMいろいろレンタルの公式サイト

                    【総合レンタル】おすすめレンタルサービス10:Rentio

                    【総合レンタル】おすすめレンタルサービス11:Rentio引用:Rentio公式サイト

                    Rentioの特徴

                    レンティオはカメラ、家電、ガジェットなどの総合レンタルサービスを提供しています。

                    レンタルして気に入ればそのまま購入も可能なので、お試しのレンタルにピッタリです。

                    1日単位はもちろん、月額プランの場合、返却期限なしで使い放題。

                    あなたの都合に合わせてレンタルできるのが魅力です。

                    • 保険:あり
                    • 送料:無料
                    • 海外での使用:可能

                      詳細はこちら

                      Rentioの店舗情報

                      店舗 東京
                      受付時間 10:00~18:00
                      対応範囲 日本全国

                       

                      Rentioの公式サイト

                      ドローンを飛ばす際の注意点

                      ドローンを飛ばす際の注意点ドローンを飛行させる際には規制があります。

                      飛行時の規制を守らないと罰則が科せられる可能性もあるので、これからドローンを飛ばす予定のある方はしっかりと規制を把握しておきましょう。

                      • 航空法によるドローン規制地域・条件がある
                      • 航空法で飛行が禁止されているエリアがある
                      • 航空法で承認が必要な飛行方がある
                      • 小型無人機等飛行禁止法により飛行が禁止されているエリアがあり
                      • 道路交通法で道路使用許可書が必要な場合がある
                      • 民法により土地の所有者の許可が必要な場合がある

                      などと、さまざまなルールがあります。

                      ドローン規制に関しての詳細はこちらの記事でも確認できます。

                      ドローンでの撮影をお願いするのもアリ

                      ドローンでの撮影をお願いするのもアリ自分でドローンを飛ばして撮影をするのも1つの方法ですが、本格的な空撮をしたい方は、ドローンでの撮影を依頼するという方法もあります。

                      • ドローン規制が厳しくて、どこで飛ばしていいのかよくわからない…
                      • 本格的な空撮をしたいけど、素人では限度がある…

                      などと、困っている方には空撮依頼もおすすめです。

                      サムシングファンなら動画の編集はもちろん、撮影中に映像のチェックもしていただけるので、より希望に近い空撮ができます。

                      まとめ:ドローンレンタルはモデルだけでなくオプションも確認!

                      まとめ:モデルだけでなくオプションも確認!この記事では、失敗しないドローンレンタル業者の選び方と、おすすめのドローンレンタルサービス業者をご紹介してきました。

                      業者によって取り扱っているメーカーやモデルが異なるのはもちろんのこと、オプションサービスも異なります。
                      例えばサポートがしっかりしていたり、延長システムが臨機応変だったり等、あなたが必要だと思うオプションを選んでくださいね。

                      映像制作会社「サムシングファン」では、動画クリエイターとして案件を獲得するコツもご紹介しています。

                      動画編集の仕事に興味がある方は、ぜひ以下バナーからチェックしてみてください。

                      この記事の監修者

                      近久 孝太

                      株式会社サムシングファン/動画戦略部 エディター 1991年生まれ。1児の父。学生時代の軽音サークルで音響を始め、裏方に目覚める。その後はライブハウススタッフとして音響・照明・配信オペレーターとして勤務しながら、レコーディング・ミックス・マスタリングエンジニアとしてもミュージシャンの楽曲制作に携わる。2021年よりサムシングファンにジョイン。ライブ配信事業の技術オペレーター(映像・音声・配信)を主に担当し、動画編集も行っている。

                      無料動画・稼ぐ!動画クリエイターになる方法

                      Related Articles

                      関連記事

                      資料をダウンロード
                      24時間受付中!
                      動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエイター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績