お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
YouTube企業チャンネルの運用で獲得できるビジネスチャンス

YouTube企業チャンネルの運用で獲得できるビジネスチャンス

YouTubeの注目度を考えると、企業PRとして活用しない手はありません。
うまく活用したいところですが、初心者の場合は押さえるべきポイントがなかなかわからないことも。

YouTubeチャンネル運用のコツは、できるだけ訴求をピンポイントに絞ることです。

この記事では、さまざまなYouTube企業チャンネルの活用事例と運用のポイントを解説しています。

内容を確認していただくことで、チャンネル運用のヒントを得られるでしょう。
ぜひ記事をご一読ください。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

YouTube企業チャンネルの運用で得られるビジネスチャンス

俄然注目を集めるYouTubeですが、企業チャンネルの運用で得られるビジネスチャンスは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

4つのポイントをピックアップしてみました。

ビジネスチャンス①幅広い世代へアプローチできる

クロスマーケティングの調査や総務省の報告書によると、若い世代のテレビ離れが加速しており、YouTubeの視聴時間は幅広い世代にわたって一定の数値をキープしています。

今後は、ますますテレビからネットへの流れが加速するでしょう。
YouTube企業チャンネルの運用は、より幅広い世代にリーチできるメディアです。

【参考】
クロスマーケティング
総務省による情報メディア利用時間についての報告書

ビジネスチャンス②ターゲットを絞り、訴求力を上げることも

情報化社会が加速し、ありとあらゆるモノで満たされる現代社会では、個々に合わせたピンポイントで綿密なマーケティングでないと効果が上がりにくくなっています。

大きな集団をターゲットにしたテレビとは違い、YouTube企業チャンネルではTwitterやInstagramなどと連動し、個人に合わせたマーケティングを実践できます。

SNSに集まる反響をもとに新たな訴求をYouTube企業チャンネルで行い、ミックスメディアによる好循環を生み出すことで、より機能的にマーケティングを進めらるでしょう。

ビジネスチャンス③ECサイトや実店舗への集客

YouTube企業チャンネルの運用目標はさまざまですが、実店舗やECサイトへの集客としても効果的に利用できます。
ただ、単に店舗やECサイトを紹介しただけでは、集客が実現することはありません。

ここでも、Webマーケティングの基本であるピンポイントな訴求の考え方が必要です。
来てほしい、買ってほしいユーザーにターゲットを絞り込んだほうが、よい結果を得やすいでしょう。

ビジネスチャンス④ブランディング

YouTube企業チャンネルでCMやPR動画、ストーリー性のあるショートムービーをうまく活用することでブランディングを実行できます。

伝えるべきメッセージをさまざまな切り口から発信して、視聴者へいくつものイメージを抱いてもらう方法が効果的です。

この場合「伝えるべきメッセージにブレがない」という点が大事なポイントです。

>>BtoB企業が動画マーケティングに取り組むべき理由と具体的な4つの活用方法

YouTube企業チャンネルの活用事例

YouTube企業チャンネルの中で、PRからブランディング、企画まで工夫を凝らしている企業を4社ピックアップしてみました。

事例①バンダイ公式チャンネル

登録者数 78,2万人(2021年2月時点)

バンダイのアニメがアップロードされている企業チャンネルです。

再生リストもアニメやコンテンツごとにキレイに分けられており、とても見やすく整理されています。
「バンダイってこんなに版権をもっているんだな」と改めて気づく視聴者も多いことでしょう。

無料公開アニメや一部だけ公開していることも、PR動画など宣伝としても十分です。

バンダイは他にも企業チャンネルを持っていますが、公式チャンネルはPRチャンネルとして、しっかりと機能しています。

事例②サントリー チャンネル

登録者数 25,3万人(2021年2月時点)

缶コーヒーブランドのBOSSやお酒のメーカーとして確固たる地位を築いているサントリーですが、YouTubeチャンネルでは商品のCMにとどまらず多岐に渡る活用を試みています。

各種CMの再生リストがメインで並んでいるのですが、サイドコンテンツとして

  • おいしいお酒のつくりかた
  • サントリーの企業活動
  • 花、野菜の育て方ムービー

 

などがラインナップされています。

お酒の作り方は自宅でゆっくりお酒を飲みたい方にとって、最良のコンテンツなっています。

企業ブランディングや、知識の披露により権威性を高めているよい例です。

事例③トヨタ

チャンネル登録者数 23.3万人(2021年2月時点)

日本を代表する企業のトヨタ企業チャンネルは、CM動画はサイドコンテンツとなっておりメインは新商品トピックと、トヨタの情報発信コンテンツであるトヨタイムスの動画がフィーチャーされています。

トヨタイムスはテレビCMと連携してPR効果を上げている、ミックスメディアの好例です。

他には柴犬とのコラボ動画や、車を擬人化して声を吹き込むネタ動画シリーズもそろっており、自由な発想が目立つ楽しいチャンネルに仕上がっている印象です。

事例④楽待

チャンネル登録者数 18.6万人(2021年2月時点)

国内最大の不動産投資サイト「楽待」が運営する企業チャンネルは、不動産投資や不動産に関するトピックの動画で占められています。

不動産投資に限らず不動産まわりのトピックを追跡する「追跡リポート」や「知っているようで知らないあなたの周りの〇〇投資」など、見ただけで興味がそそられるようなコンテンツを収録。

SNSで取り上げられるレベルの、深いコンテンツを取り扱っている点も特徴の一つです。

メインの不動産投資コンテンツも充実しており、つい見たくなってしまう動画が盛りだくさんの企業チャンネルです。

YouTube企業チャンネルの開設と運用のポイント

YouTube企業チャンネル運用で押さえておきたいポイントを以下にまとめてみました。

ポイント①企業名やブランド名がわかるチャンネル名にする

当たり前のようですが、チャンネル名の重要性は意外と忘れられてしまいがちです。

企業名や商品名など、シンプルなチャンネル名がおすすめです。
凝った名前をつけると、初めて本来の会社名やブランドがわからなくなってしまいます。

Twitterのように公式アカウントがないので、ひと目で企業公式チャンネルとわかるようなチャンネル名にしましょう。

ポイント②公式ブランドチャンネルはGoogleに問い合わせ

YouTubeには公式アカウントがないと述べましたが、公式ブランドチャンネルというものは存在します。
認証条件は登録者数10万人以上です。

その次に、正真性と完全性についての審査が入ります。

公式ブランドチャンネルはなりすまし防止のため、YouTube側が認証する仕組みで特に恩恵はありません。

ただ権威性が大きくアップするので、できれば獲得したいところです。

チャンネル登録者数が10万人を超えたらGoogleへ問い合わせてみましょう。

ポイント③やりたいことを明確にしておく

初期段階のゴール地点や、明確に伝えたいメッセージを決めておくと運用の軸がブレずに、統一感のある動画がアップできます。

先に紹介した各企業チャンネルでも、ハウツー系、エンタメ系、インタビュー系などをうまく組み合わせてチャンネル運用を行っていました。

伝えたいことが定まっていれば、さまざまなコンテンツを交えてもブレることがないのです。

サムネイルの統一したり、内容に一貫性を持たせたりするなど、伝えたいメッセージを明確化しましょう。

ポイント④KPI設定をどこに置くか

YouTubeチャンネル運用の数字といえばすぐに思いつくのは再生数です。

再生数は動画がどの程度注目されているか見る指標の一つで、アピール材料になりますが、動画をちゃんと見てくれているかファンが獲得できているかなどを表す大事な指標が他にもあります。

ファンの獲得については、登録者数の増加率、動画そのものの評価についてはいいね率を確認するとよいでしょう。
内容が評価されていない動画は、グッドもバッドもついていません。

他の動画への遷移率も大事な指標です。

再生数を中心として、どの指標に重きを置くのかあらかじめ決めておくと、運用の軸の一つとなりブレが少なくなります。

>>チャンネル登録者を伸ばす8つの方法とは?人気のチャンネルの特徴とあわせて解説!

YouTube企業チャンネルは新しいチャンスを獲得できる

YouTubeを使った企業チャンネルの運用をうまく活用すれば、いままで縁がなかったユーザー層へリーチできます。

Webマーケティングではターゲットを厳密に絞り込むことで、ピンポイントにマッチする訴求を行えるようになりました。

訴求ポイントは、大きく設定せず可能な限り絞り込むことでより強いメッセージとなり、ユーザーを行動に導けます。

競合が多いYouTube企業チャンネルですが、今から参入しても遅くはありません。
効果的な運用にて、あたらしい販路やビジネスチャンスを獲得しましょう。

動画制作会社サムシングファンでは企業チャンネルの運用を支援しています。

「これから本格的に企業チャンネルを運用したいけど方向性が定まらない」
「動画による本格的なWebマーケティングを始めたい」

という考えのお持ちの担当者や経営者の方はサムシングファンにご相談ください。

運用方針の提案やWebマーケティングに最適なツールなどを用意してお待ちしております。
効果的な運用を実践し、新しいビジネスのステージへ進みましょう。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)
動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード