お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
BtoB企業が動画マーケティングに取り組むべき理由と具体的な4つの活用方法

BtoB企業が動画マーケティングに取り組むべき理由と具体的な4つの活用方法

さまざまなビジネスの分野で活用され始めている動画マーケティング。

動画マーケティングはさまざまなメリットが期待でき、さらに今後主流のマーケティング手法になっていくと予想されていることもあって、力を入れる企業が増えてきています。

そして、それはBtoB企業も例外ではありません。

そこでこの記事では、BtoB企業の動画マーケティングについて紹介していきます。

BtoB企業が動画マーケティングを取り入れるべき理由や活用方法、動画を活用するときのポイントなどについて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは?動画マーケティングは、動画をメインに展開していくタイプのマーケティング方法です。

動画をメインにしたマーケティング方法と言っても「テレビでCMを流す」といったものではなく、主にインターネット上で展開していくタイプのマーケティングです。

スマートフォンやタブレットが普及しインターネット環境が整ってきたことで、誰もがいつでもどこでもインターネットを楽しめるようになりました。

その影響もあって、より多くの情報をわかりやすく伝えられる「動画」を活用した動画マーケティングに取り組む企業が増えてきているのです。

今後は5Gによる影響で、動画マーケティングに取り組む企業はさらに増え続けていくと予想されています。

>>動画マーケティングとは?概要やメリット、事例、成功のポイントを徹底解説

BtoB企業が動画マーケティングに取り組むべき2つの理由

BtoB企業が動画マーケティングに取り組むべき2つの理由今後企業のマーケティング活動において主流になっていくと予想される動画マーケティング。

BtoB企業が動画マーケティングに取り組むべき2つの理由について解説していきます。

理由1. 情報が伝わりやすいから

取り扱っている製品やサービスにもよりますが、企業に対して製品やサービスを販売する特性上、BtoB企業が取り扱う製品やサービスは専門的なものになりがちです。

そのため、どれだけ伝える情報を簡素化したとしても、テキストや画像のみでは情報が伝わりにくくなってしまいます。

一方、テキストや画像だけでなく、アニメーションや音声といった情報もプラスして伝えられる動画の場合はより情報が伝わりやすくなります。

テキストや画像にアニメーションや音声がプラスされることで、受け取る側がよりイメージしやすくなるわけです。

情報が相手に伝わらないと、どれだけいい製品やサービスであっても興味を持ってもらえません。

動画を活用した動画マーケティングは、顧客に興味を持ってもらうための手段として非常に有効なので、BtoB企業こそ活用するべきでしょう。

理由2. より多くの情報を伝えられるから

先ほど解説したとおり、BtoB企業で取り扱う製品やサービスは複雑なものになりがちです。

伝えるべき情報量も一般的な製品やサービスよりも多くなってしまう傾向にありますが、そこで活躍してくれるのが動画です。

動画には、テキストや画像だけで伝える場合よりも、より多くの情報を伝えられるメリットがあります。

より多くの情報を伝えられるということは、より製品やサービスの魅力をアピールできるということにもつながります。

この点は、マーケティング活動においてかなり大きなメリットです。

BtoB企業におすすめの動画マーケティングの活用方法

BtoB企業におすすめの動画マーケティングの活用方法製品やサービスがより専門的なものになってしまいがちなBtoB企業こそ動画マーケティングを活用していくべきだと紹介してきました。

ここからは、BtoB企業における具体的な動画マーケティングの活用方法を4つ紹介していきます。

活用方法1. 製品やサービスを紹介する動画

BtoB企業が動画マーケティングを活用する場合、ぜひ取り組んでいただきたいのが製品やサービスを紹介する動画の制作です。

先ほども紹介したように、BtoB企業の製品やサービスは専門性の高いものになりがちです。
テキストや画像で紹介するだけでは内容や魅力が伝わりにくいでしょう。

一方、動画だと伝えられる情報がより多くなりますし、情報の伝わりやすさも向上するので、製品やサービスの内容や魅力を顧客にアピールできます。

顧客により興味をもってもらいたい場合は、最近取り入れる企業が増えてきているインタラクティブ動画の活用がおすすめです。

インタラクティブ動画は、動画内に選択肢や入力フォームを設置して視聴者に参加をうながすタイプの動画で、より興味をもってもらいやすくなるメリットがあります。

サムシングファンで提供している「DOOONUT」を活用すれば、インタラクティブ動画を簡単に制作できるようになるので、ぜひ活用を検討してみてください。
>>DOOONUT(ドーナツ)

活用方法2. 製品やサービスの導入事例の動画

製品やサービスを利用してもらいたい場合、その製品やサービスを利用するとどういったメリットが得られるようになるのかをイメージしてもらうことが大切です。

そのため、製品やサービスの導入事例を紹介する動画も積極的に制作していきましょう。

その製品やサービスを導入したことでどういったメリットや効果が得られたのかを顧客の感想を交えながら紹介できると、より説得力が増して興味を持ってもらいやすくなります。

活用方法3. よくある質問への回答動画

最近はよくある質問とその質問への回答をWebサイトに掲載する企業が多くなってきています。

しかし、BtoB企業の場合、質問内容や回答が複雑になることもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、よくある質問への回答動画です。

より情報が伝わりやすい動画でよくある質問への回答を用意することで、顧客の疑問点をしっかりと解消できるようになります。

活用方法4. インタビュー動画や採用動画

動画は企業の採用活動にも活用され始めています。

何度も紹介しているとおり、動画はより多くの情報を提示できますし、情報も伝わりやすいので、就活生や転職希望者に自社の魅力を伝えるのに最適です。

社長や先輩社員への「インタビュー動画」や仕事の内容などについて解説する「採用動画」を制作して、採用活動に活用していきましょう。

>>【2021年最新】動画マーケティングに強いおすすめの大手会社10選

BtoBマーケティングで動画を活用するときのポイント3選

BtoBマーケティングで動画を活用するときのポイント3選BtoB企業がマーケティングで動画を活用する場合、いくつかおさえておきたいポイントがあります。

それぞれを詳しくチェックしていきましょう。

ポイント①得られるメリットをわかりやすく的確に伝える

BtoB企業の製品やサービスを購入してくれる顧客は、当然ながら一般消費者ではなく企業です。

マーケティングをおこなう対象も一般消費者ではなくビジネスパーソンになります。

ビジネスパーソンは、どういったメリットが得られるのかについて一般消費者よりもシビアに判断します。

動画の内容がわかりにくいとすぐに見切りを付けられてしまう可能性があります。

そのため、BtoB企業が動画マーケティングに活用する動画では、メリットをよりわかりやすく、かつ的確に伝える必要があるのです。

ポイント②製品やサービスごとのターゲットを明確に決めておく

BtoB企業が動画マーケティングをおこなう場合、ターゲットを明確に決めておきましょう。

この点も一般消費者向けの動画よりシビアになってくる点の一つだと言えます。

事前にターゲットを明確にした上で動画を制作しないと動画の内容がブレてしまいがちですし、誰にも刺さらない動画ができてしまいかねません。

そのため、その製品やサービスを利用するであろう架空の人物像である「ペルソナ」をしっかりと設定し、そのペルソナに向けた動画を制作する必要があります。

製品やサービスが複数ある場合は、それぞれの製品やサービスでのペルソナ設定が必要なので、注意しながら動画の制作を進めていきましょう。

ポイント③裁量権のある人に刺さる動画を意識する

企業が顧客となるBtoB企業のマーケティングでは、裁量権のある人を意識しながら動画を制作することが大切です。

BtoB企業の製品やサービスを導入するかどうかを決めるのは、会社を経営する社長など裁量権を持つ人物です。

いくら社員の方に興味を持ってもらったり、魅力を感じてもらったりしても、裁量権を持つ方が導入を許可しなければ意味がありません。

あくまで一例ではありますが、「日々の業務効率が上がります」といった形でメリットを伝えるよりも、「業務効率化によってコストの削減が実現できます」といった形でメリットを伝える方が裁量権を持っている方に興味を持ってもらいやすくなります。

裁量権を持っている方に興味を持ってもらうことで、製品やサービスを導入してもらえる可能性が高まるので、ぜひ意識しながら制作してください。

まとめ:BtoB企業こそ動画マーケティングに取り組むべき

BtoB企業こそ動画マーケティングに取り組むべき情報が伝わりやすく、より多くの情報が伝えられる「動画マーケティング」は、BtoB企業こそ取り組むべきマーケティング方法です。

動画にはさまざまな活用方法がありますし、動画をマーケティングに活用することでさまざまな効果をもたらしてくれます。

また、今後は動画を活用した動画マーケティングが主流になってくるため、今からその分野に力を入れておくことも大切です。

実際に動画マーケティングのための動画を制作する場合は、今回紹介した3つのポイントが重要になってきますので、ぜひそれらのポイントを意識しながら動画を制作してください。

映像制作会社「サムシングファン」は、動画マーケティングに強い会社です。

サムシングファンのオリジナルツール「DOOONUT」を活用すれば、インタラクティブ動画を簡単に制作できます。

動画マーケティングに注力したい企業関係者の方は、ぜひ気軽にご相談ください。

>>動画マーケティングの市場は今後どうなる?最新のトレンドとあわせて解説

>>動画マーケティングに期待できる3つの効果とは?成功させるための秘訣も

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)
動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! お問い合わせする 資料請求 セミナー開催中