お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
タイムラプス動画をiPhoneで撮影する方法やコツ、おすすめのアプリ

タイムラプス動画をiPhoneで撮影する方法やコツ、おすすめのアプリ

「タイムラプスってiPhoneで撮影できるのかな……」

と考えている人は多いのではないでしょうか。

iPhoneでもタイムラプス動画を撮影することは可能です。

また「充電をフルにしておく」「iPhoneを三脚で固定する」など撮影するコツを知っていれば、さらにクオリティの高い動画を撮ることができます。

とはいえ、具体的な撮影方法やどんな動画が撮れるのかは、なかなかイメージしにくいですよね。

そこで今回は、

  • タイムラプスの概要と使い方
  • うまく撮影するコツ
  • タイムラプス撮影でよくある悩みと対策
  • タイムラプス動画の編集におすすめのアプリ

 

を順に紹介します。

今回の記事を参考に、タイムラプスの撮影方法をマスターして、クオリティの高い動画を作っていきましょう!

動画編集を仕事にしたいなら
動画クリエイターに登録する
サムシングファンで
一緒に働きませんか?

タイムラプスはiPhoneでも撮影できる!まずは使い方を知ろう

タイムラプスをiPhoneで撮影する1

最初に、iPhoneにそなわっているタイムラプス機能について、

  • タイムラプスの概要
  • iPhoneでタイムラプスを撮影する方法
  • タイムラプスで撮影した動画を確認する方法
  • タイムラプス動画の長さについて
  • タイムラプス動画のサンプル

 

を順に解説しますね。

タイムラプスとは、静止画をつなげて早回しの動画のようにする撮影モード

タイムラプスとは、一定の秒数や分数で撮影された静止画をつなげて、長時間の動画を短く再生する撮影モードです。

タイムラプスで撮影した動画を確認すると、1時間を超える動画が数分に短縮されることもあります。
映画やテレビ番組を早送りしている映像をイメージしてもらうと、分かりやすいかもしれませんね。

ちなみにタイムラプスを撮影できるのは、iPhoneだけではありません。

Androidなど他の端末、そしてGoProなどアクションカメラでも撮影することができます。

iPhoneのタイムラプスで撮影した動画のサンプル

iPhoneのタイムラプスを使うと、以下のような動画を撮影できます。

 

こちらはiPhoneで撮影したものではありませんが、イメージは同じだとお考えください。

タイムラプスはiPhoneのカメラで撮影できる!その方法とは?

タイムラプスはiPhoneなどスマホで撮影できます。

撮影方法は、以下の通りです。

タイムラプスの使い方1

(1)iPhoneの標準カメラを起動すると、赤いボタンの上にある項目で撮影方法を選べるようになっています。
撮影方法の項目を右に動かすと、「タイムラプス」という項目があるので合わせます。

タイムラプスの使い方2

(2)そのまま赤い撮影ボタンをクリックすると、撮影がスタートします。すると、赤いボタンがクルクルと回り始めます。

(3)撮影できたら、もう一度赤いボタンをクリックしてください。動画はそのまま自動的に保存されます。

(4)写真フォルダから撮影した動画を確認し、問題なければ完了です。

Apple公式:タイムラプスの撮影方法を解説した動画

ちなみにiPhoneでのタイムラプスの撮影方法は、Appleの公式YouTubeチャンネルで解説してくれています。

こちらも合わせて確認すると、より分かりやすいかと思います。

【Apple】

ちなみに、一眼レフなどで撮影したものは以下です。iPhoneとの違いを比べてみてください。

【Filmora】

タイムラプス動画の長さは自動で決められる

ここまで紹介したタイムラプス動画は、長さが自動的に決められています。

例えば、以下の通りです。

  • 1分の撮影:4秒の動画
  • 5〜20分の撮影:20秒の動画
  • 30分以上の撮影:30秒の動画

 

30分や1時間を超える動画は、自動的に30秒まで短縮されますのでご注意ください。

ここまでタイムラプスについて解説しました。

次は、iPhoneのタイムラプス撮影でよくある悩みやうまく撮影するコツを紹介します。

iPhoneのタイムラプスモードでうまく撮影する3つのコツ

タイムラプスをiPhoneで撮影する2

iPhoneのタイムラプスをうまく撮影するコツとして、

  • iPhoneの充電が十分にあるか確認する
  • iPhoneを三脚などで固定して撮影する
  • 撮影ボタンを押す前に構図をチェックしておく

 

の3つを解説しますね。

コツ1:iPhoneの充電が十分にあるか確認する

1つ目は「iPhoneの充電が十分にあるか確認する」です。

タイムラプス撮影は長い動画を短くできる機能なので、どうしても撮影は長時間になることが多いです。
しかし長い間、連続で撮影していると、iPhoneはどんどんバッテリーを消耗します。

その結果、撮影中にiPhoneの充電が切れて、撮影できていないことも少なくありません。

長時間の撮影を予定しているときは、iPhoneのバッテリーが80%以上残っているか確認しましょう。
もしくは、モバイルバッテリーなどに接続しておくのがおすすめです。

コツ2:iPhoneを三脚などで固定して撮影する

2つ目は「iPhoneを三脚などで固定して撮影する」です。

タイムラプス撮影は長くなりやすいので、長時間iPhoneを手で持ちながら撮影するのは大変です。
手が疲れるのはもちろん、手ブレが発生してしまい、揺れの多い動画になってしまうことも少なくありません。

手の疲れや手ブレを防ぐには、iPhoneを三脚などで固定しましょう。

固定すると両手は自由になるうえに、iPhoneが揺れるのを防いでくれます。

最近は1,000円以下で売られていることも多く、機能を求めなければ安いものでも問題ありません。

コツ3:撮影ボタンを押す前に構図をチェックしておく

3つ目は「撮影ボタンを押す前に構図をチェックしておく」です。

タイムラプス撮影以外でも当てはまることですが、撮影ボタンを押す前に動画の構図を確認しておきましょう。

構図を事前にチェックしておくことで、自分がイメージしている動画と合っているかどうか、照らし合わせることができます。

iPhoneでタイムラプスを撮影するときによくある悩みと対策

タイムラプスをiPhoneで撮影する3

次は、iPhoneのタイムラプス撮影でよくある悩みとして、

  • タイムラプスで撮影した動画が保存できない
  • 動画が途中で切れる
  • 撮影した動画の速度調整をしたい

 

の3つを、その対策も合わせて解説します。

悩み1:タイムラプスで撮影した動画が保存できない

1つ目は「タイムラプスで撮影した動画が保存できない」です。

先ほどiPhoneで撮影したタイムラプス動画は、自動的に写真フォルダに保存されるとお伝えしました。
しかしたまに、「写真フォルダを見返すと動画が保存されていなかった……」ということがあります。

長時間の撮影なら特に、せっかく撮影した動画が保存されていないのはショックです。

対策:iPhoneの容量を減らす

対策は「iPhoneのデータ容量を確認し、多ければ減らすこと」です。

写真フォルダに動画が保存されない原因は、「iPhoneの容量がいっぱいで保存できるスペースがないこと」。

iPhoneの容量は決まっているうえに、写真や動画、アプリがたくさんあると使い切ってしまいます。

あらかじめ5GBほどの余裕を持たせたうえで、タイムラプス動画を撮影しましょう。

悩み2:動画が途中で切れる

2つ目は「動画が途中で切れる」です。

数時間など長い動画を撮影しても、タイムラプス動画を確認すると途中で切れていることがあります。

自然の風景などは二度と同じものを撮影できないことが多いので、こちらも気付いたときにショックを受けてしまいそうですよね。

対策:夜間などiPhoneを使わない時間帯に撮影する

対策は「夜間などiPhoneを使わない時間帯に撮影すること」です。

動画が途中で切れる原因は「iPhoneのバッテリーが切れてしまったこと」。もしくは「途中で電話がかかってきたこと」もあります。

長時間の撮影は特にバッテリーが切れやすいうえに、日中の撮影は連絡がくる可能性も高いです。

せっかく撮影した動画が切れないようにするには、連絡頻度の少ない夜中に、充電をフルにした状態で撮影しましょう。
それだけでも最後までしっかり撮影できることが多いです。

悩み3:撮影した動画の速度調整をしたい

3つ目は「撮影した動画の速度調整をしたい」です。

最初にタイムラプス動画の速さは、撮影した時間によって自動的に決まるとお伝えしました。
しかし状況によっては、もう少し短くしたい、長くしたい、区切りの良いところで終わるために数秒単位で調整したいこともあるかと思います。

対策:編集アプリで速さを変える

対策は「編集アプリで速さを変えること」です。

iPhoneの写真アプリでは速さを変えることは難しいですが、編集専門のアプリを使えば速さの微調整は可能です。
新たにアプリをダウンロードする必要はありますが、よりクオリティの高い動画になることも少なくありません。

とはいえ、どのようなアプリを使えば良いのかは、なかなか分かりにくいですよね。

そこで次は、iPhoneで撮影したタイムラプス動画の編集におすすめのアプリをいくつか紹介します。

【iPhoneカメラ以外】タイムラプス動画の撮影や編集におすすめのアプリ3つ

タイムラプス動画の編集におすすめのアプリとして、

  • imovie
  • Musemage
  • Hyperlapse from Instagram

 

の3つを紹介しますね。

おすすめアプリ1:imovie

imovie

1つ目は「imovie」です。

imovieはAppleから公式に提供されている編集アプリであり、iPhoneやMacなどApple端末から利用できます。
公式アプリということでiPhoneなどでは操作しやすく、難しく感じることはありません。

また字幕や音楽などを入れることも可能です。

imovieの使い方について、詳しくは以下をチェックしてみてください。

<詳しくはこちら>

「imovieの字幕(テロップ)の入れ方、フォントや色の変更方法を徹底解説!」

「iMovieで動画に音楽を入れてみよう(初心者向け解説)」

おすすめアプリ2:Musemage

musemage

2つ目は「Musemage」です。

MusemageはiOS8.0以降に対応している撮影・編集アプリです。

タイムラプス撮影がアプリからできるのはもちろん、そのままフィルターの追加など編集も可能です。
また手ブレ補正、ノイズ低減など嬉しい機能も少なくありません。

美顔にする機能もあるので、特にタイムラプス撮影をよく使う女性におすすめです。

おすすめアプリ3:Hyperlapse from Instagram

Hyperlapse from Instagram

3つ目は「Hyperlapse from Instagram」です。

Hyperlapse from Instagramは、通常の速度で撮影した動画を希望の速度で保存できるアプリです。
タイムラプス撮影が直接できるわけではありませんが、タイムラプスのような動画に編集することが可能です。

こちらのアプリも手ブレ補正が付いているので、動画の揺れなどを防ぐことができます。

iPhoneのカメラでタイムラプス撮影をし、見応えのある動画を作成しよう

タイムラプスをiPhoneで撮影する4

今回は、iPhoneのタイムラプス機能について解説しました。

おさらいすると、タイムラプスを撮影する方法は以下の通りです。

  1. iPhoneの標準カメラを起動し、赤いボタンの上にある項目で撮影方法を選ぶ
  2. 撮影方法の項目を右に動かし、「タイムラプス」という項目に合わせる
  3. そのまま赤い撮影ボタンをクリック
  4. 撮影できたら、もう一度赤いボタンをクリック
  5. 写真フォルダから撮影した動画を確認し、問題なければ完了

 

またうまく撮影するコツとして、以下の3つを紹介しました。

  • タイムラプスで撮影した動画が保存できない
  • 動画が途中で切れる
  • 撮影した動画の速度調整をしたい

 

最後に紹介した編集アプリなどを活用しながら、クオリティの高いタイムラプス動画を撮影していきましょう!

動画編集を仕事にしたいなら
動画クリエイターに登録する
サムシングファンで
一緒に働きませんか?

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード