お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Nagoya

名古屋

052-559-7855

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

動画マーケティングに期待できる3つの効果とは?成功させるための秘訣も

ビジネスに活用できるマーケティング方法にはさまざまな方法があります。

その中でも最近注目を集めているのが「動画マーケティング」です。

新しい通信システムである5Gが2020年から日本でも始まりました。
5Gでは動画がサクサク視聴できるため、動画マーケティングの需要は今後さらに高まっていくことが予想されます。

つまり、動画マーケティングを始めるのは早ければ早いほど良いでしょう。

この記事では、動画マーケティングの概要について紹介しつつ、動画マーケティングに取り組むことで期待できる効果について解説していきます。

自社のビジネスに動画マーケティングを取り入れていきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは?動画マーケティングとは、動画を活用したマーケティング方法を指す言葉です。

例えば、

  • 自社の製品を紹介する動画

  • 自社のサービスを紹介する動画

  • 製品やサービスの活用方法を紹介する動画

など、映像コンテンツを活用するマーケティング方法が動画マーケティングです。

動画マーケティングは、動画で商品やサービスを紹介して、顧客となりうるユーザーの興味・関心を高めることが目的です。

スマートフォンやタブレットなどの端末が広く普及したことや、インターネット環境が整ったことで、動画へのニーズは年々高まってきています。

特にユーザーがスマートフォンからの動画視聴にかける時間は5年間で約4倍に増加しており、今後この流れはさらに加速することが予測されています。

そのため、多くの企業が動画マーケティングに取り組み始めているのです。

動画マーケティングの概要や成功事例などを詳しく知りたい方は、こちらの記事もご一読ください。
>>動画マーケティングとは?概要やメリット、事例、成功のポイントを徹底解説

動画マーケティングの目的

取り組む企業が増えてきている動画マーケティングですが、その目的はさまざまです。
今回は、主に3つの目的について紹介します。

企業や商品の周知・認知度の拡大

目的の1つ目は、企業や商品の周知度をアップさせて認知してもらうことです。
どんなに優れた商品やサービスを提供していても、ユーザーがそれらを知らなければ話になりません。

企業や商品の魅力を端的に凝縮させたインパクトがある動画を制作すれば、効率的に周知・認知度アップができます。

動画はユーザーの視覚や聴覚に直接訴えるので、印象に残りやすい特徴があります。
ユーザーの共感を得られると拡散効果も期待できるので、動画は企業や商品の周知・認知の拡大に最適なツールといえるでしょう。

ブランディングして商品の価値を底上げできる

目的の2つ目は、ブランディングの形成に役立ち、商品やサービスの価値を底上げできることです。

企業や商品の魅力をどれだけ文章で伝えても、世界観や雰囲気まではユーザーに伝わりづらいかもしれません。

一方、動画ならユーザーの視覚・聴覚にダイレクトに訴えるため、世界観や雰囲気といった抽象的な概念も表現できます。
ユーザーは企業や商品のストーリーに共感しやすいので、企業のブランドロイヤリティを高め、ブランド離れを防ぐ効果もあります。

商品の売上促進につなげる

目的の3つ目は、商品やサービスの売上促進につながることです。

商品やサービスの魅力を訴求し、使用方法などを解説した動画を制作します。
ユーザーは自分自身がその商品やサービスを使用しているイメージがしやすく、購買意欲が促進されるでしょう。

動画の説明欄に商品の購入ページへ繋がるサイトや自社のURLを掲載し、ユーザーがすぐに問い合わせや購入ができる動線を作ることも忘れないようにしましょう。

動画は情報伝達力が非常に高いので、商品やサービスの購入を促進するにはピッタリです。

動画マーケティングに期待できる効果

動画マーケティングに期待できる効果とメリット動画マーケティングに取り組むことで期待できる効果にはどういったものがあるのでしょうか?
取り組むことで得られる3つの効果について紹介していきます。

効果1. 視覚に訴えることで文字よりもイメージしやすい

映像コンテンツは、ユーザーの視覚に直接訴えることができ、企業の伝えたいことをよりイメージしてもらいやすくなります。

テキストや音声だけで訴求する場合、最終的にはユーザーに想像力をふくらませてもらう手段しかありません。

ユーザーが想像しやすいように伝え方の工夫はできますが、企業が期待したイメージとユーザーが想像したイメージがかけ離れてしまう場合も多々あります。

また、イメージしてもらおうとするあまり、冗長な表現になることも珍しくありません。

一方、動画マーケティングに活用する映像コンテンツは、ユーザーに端的に訴えられます。

難しい話でも図解イラストやアニメーションを差し込むことで、ユーザーの理解を高めることができますし、イメージしてもらいやすくなります。

効果2. 動画SEOを期待できる

動画SEOとは、制作した動画に対してGoogleなどの検索エンジンに最適化する手法を指します。
近年、キーワードを検索した際に、検索結果の上位に動画が表示されることが多くなってきました。

つまり、動画SEOを実践すれば、GoogleやYouTubeなどの検索結果で上位表示されやすくなります。
上位表示されればされるほど、潜在顧客の目に留まりやすいでしょう。

しかし、動画を制作しWebサイトに投稿しただけでは、上位表示されるものではありません。

ユーザーが商品やサービスを認知し役に立ったと実感して初めて、動画SEO施策ができたといえます。
ユーザーが満足する映像コンテンツを制作する意識を忘れないようにしましょう。

さらに動画SEOについて知りたい方は、こちらの記事をおすすめします。
>>動画SEOとは?期待できる効果と絶対にやっておきたい基本的な7つの対策

効果3.購買・コンバージョン率の促進につながる

人間の五感による知覚の割合は、視覚83%・聴覚11%・その他は1%といわれています。
動画は視覚と聴覚を刺激して、多くの情報をユーザーに訴えることができ、記憶に残りやすい特徴があります。

ユーザーの記憶に残れば、他社ではなく自社に対しての次なるアクションにつながりやすいでしょう。

商品やサービスの購入・申し込み、問い合わせ、資料請求と自社の目的・ゴールに合わせた動画を作成すれば、コンバージョン率を促進する効果があります。

動画マーケティングのメリット

次に、動画マーケティングに取り組むことで得られる2つのメリットについて紹介していきます。

メリット1. 短時間で多くの情報を伝えられる

動画には、映像と音声によって「視覚と聴覚に訴えることができる」というメリットがあります。

また、映像と音声を活用することによって、多くの情報を伝えることも可能です。

テキストや画像、イラストだけの静止画の場合や音声のみの場合、同じ時間で伝えられる情報は動画よりもどうしても少なくなってしまいます。

ユーザーにアピールできる機会は決して多くありませんし、ユーザーが興味を持ってコンテンツを見てくれる機会もそう頻繁に訪れるわけではありません。

短時間でより多くの情報を伝えられるのは、動画マーケティングの最大の魅力と言えるでしょう。

メリット2. SNSで拡散されやすい

動画マーケティングに活用する映像コンテンツには、拡散されやすいメリットもあります。

動画は映像と音声の両方で訴求できる分、テキストだけや静止画のコンテンツよりもインパクトが強く、より拡散されやすいのです。

また、最近はGoogleやYahooなどの検索方法よりも、InstagramやTikTok、YouTubeを含むSNSを活用した検索方法が浸透し始めています。

SNSで拡散されればされるほど、不特定多数のユーザーの目にコンテンツが触れられます。
SNSの拡散は口コミのように影響力も強く、大きな宣伝効果をもたらしてくれるでしょう。

動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングのデメリットさまざまな効果やメリットをもたらしてくれる動画マーケティングですが、デメリットのない魔法のようなマーケティング手法というわけではありません。

ここからは、動画マーケティングに取り組み始める前に確認しておきたい3つのデメリットについて紹介していきます。

デメリット1. 1本の動画を制作するのに時間と手間がかかる

動画マーケティングで活用する映像コンテンツを制作する際は、時間と手間がかかります。

ビジネスに活用する場合は台本もしっかりと作り込まなくてはいけません。
撮影にもそれなりに時間がかかります。

ユーザーに興味・関心をもってもらう必要があるため、編集にも力を入れなくてはいけません。

映像や音声にもこだわる場合は、納得のいくクオリティの映像が撮影できるまで何度も撮影し直す必要があります。

求めるクオリティや外注の有無にもよりますが、1本の動画を制作するのに1週間以上かかってしまうことも珍しくありません。

制作に時間と手間がかかりますし、分析や改善といった作業にも影響が出てくるので、この点は動画マーケティングならではの大きなデメリットだと言えるでしょう。

デメリット2. コストがかかる

コストがかかるという点も動画マーケティングのデメリットの1つです。

動画は1本制作するのに結構なコストがかかります。

動画の制作には、

  • 台本の作成

  • 撮影

  • 編集

といった工程があると紹介してきましたが、仮にこれらすべての工程を外注すると、動画を1本制作するのに最低でも数万円のコストがかかります。

また、動画を撮影するための環境を整える初期費用にも結構な金額がかかります。

個人で撮影するのであればスマートフォンだけで撮影できますが、ビジネスに活用する動画となるとそうもいきません。

そのため、機材を揃えるための経費として数十万円以上を見込んでおく必要があります。

デメリット3. 専門的な知識やスキルを持ったスタッフが必要になる

自社で動画を制作する場合は、動画制作に関する知識やスキルを持ったスタッフが必要です。

もし自社内にそういった知識やスキルを持ち合わせているスタッフがいない場合は、募集するか、今いる従業員に必要な知識やスキルを身につけてもらう必要があります。

ただ、動画制作に関する知識やスキルは短期間で身につくものではありません。

ビジネスレベルの動画を制作するための知識やスキルとなるとなおさらです。

この点についても、動画マーケティングを実践していく際の大きなデメリットの1つになると言えます。

自社に動画制作スキルを持つ人材がいない場合は、動画制作会社への依頼がおすすめです。

専門的なスキルと豊富な経験を持つプロによる「質の高い動画」が入手できますし、動画制作にかかる時間を大幅にカットできるので、効率よくマーケティングが実践できます。

動画マーケティングに強い会社をお探しなら、こちらの記事もご覧ください。
>>【2022年最新】動画マーケティングに強いおすすめの大手会社10選

動画マーケティングの活用事例

動画マーケティングの活用事例注目を集めている動画マーケティングですが、実際はどのように活用されているのでしょうか?
有名な3つの事例をみていきましょう。

活用事例1. なるほど1ミニッツ(株式会社LIXIL)

出典:LIXIL Corporation(YouTube)

住宅設備業界最大手の株式会社LIXILは、なるほど1ミニッツ」という映像コンテンツを活用して動画マーケティングを成功させています。

日々の暮らしを快適にするためのヒントを1分ほどの短い動画で解説しています。
動画の時間が短く視聴しやすくなっているため、再生されやすいという特徴があります。

「日々の暮らしが快適になる」というベネフィットをアピールすることによって、自社の製品の購入につなげている事例の1つです。

活用事例2. こどもちゃれんじ(株式会社ベネッセコーポレーション)

こどもちゃれんじ(株式会社ベネッセコーポレーション)出典:しまじろうチャンネル(YouTube)

株式会社ベネッセコーポレーションは、自社が展開している通信講座の「こどもちゃれんじ」のコンテンツの一部や関連したコンテンツをYouTubeにアップしています。

ユーザーの目に留まりやすいアニメーション動画により、サービスの認知が高まり、興味を持ったユーザーが加入しやすい効果があります。

活用事例3. リスタチャンネル(株式会社RESTA)

リスタチャンネル(株式会社RESTA)出典:リスタチャンネル(YouTube)

神戸にあるDIYショップ「RESTA」。

RESTAはYouTubeに「リスタチャンネル」というチャンネルを開設し、自社の製品を使ったDIY動画を複数アップしています。

これらの動画を通してDIYに興味を持っているユーザーを自社サイトへ誘導し、製品の購入につなげることに成功しています。

動画マーケティングを成功させる4つのポイント

実際に自社で動画マーケティングを導入した際に、成功するために注意しておきたいポイント4点を紹介します。

ポイント1. 動画マーケティングの目的を明確にする

まずは、動画マーケティングの目的を明確に設定しましょう。

  • 商品やサービスの認知をしてもらいたい
  • 集客をアップしたい
  • 企業ブランディングをしたい

目的より、動画広告の表現の仕方やフォーマットが変わります。
最初に動画マーケティングの目的を明確にすれば、効率的に動画を制作できるでしょう。

ポイント2. 適切な配信プラットフォームを選ぶ

動画広告を配信する際に、適切なプラットフォームを選ぶことは重要です。

例えば、Facebookでは10代の利用率は極端に低いですが、40〜60代の男性のユーザー利用率は他のSNSよりも高めです。
自社の商品やサービスのターゲット層が10代男女の場合、Facebookでの動画広告が適しているとは言えないでしょう。

どの性別や年代のターゲットに伝えたい動画広告なのかを踏まえたうえで、配信プラットフォームを選択しましょう。

ポイント3. ターゲットや目的に合った動画広告フォーマットを選ぶ

多くのターゲット層に響く動画を制作するためには、ターゲットに合った広告フォーマットを選びましょう。
主な広告フォーマットは大きく分けると2つです。

  • インストリーム広告:YouTubeなどの動画の再生中に流れる
  • アウトストリーム広告:Webサイトやアプリ画面のコンテンツ内に動画広告を埋め込む

それぞれの特徴をさらに解説していきます。

インストリーム動画

動画再生前後または再生途中に流れる動画広告を指します。

  • 配信場所例:YouTubeを代表とする動画サイト

5秒視聴すれば任意で広告をスキップできるため、ユーザーが不快にならない程度でテレビCMのように動画を最後まで見てもらえるのが特徴です。

アウトストリーム広告の主な3種類と特徴は以下の通りです。

インバナー動画広告

バナー広告枠に配信する動画広告を指します。

  • 配信場所例:Webサイトやアプリのバナー広告枠

Webサイト内に広告が表示されるので、動画サイトに関心がない層にアプローチ可能です。

インリード動画広告

コンテンツとコンテンツの間に挿入される動画広告を指します。

  • 配信場所例:ニュース系サイトなど

ユーザーがWebページをスクロールして、動画広告が画面上に表示されたタイミングで自動再生されるので、印象に残りやすいのが特徴です。

インタースティシャル動画広告

Webサイトやアプリのページの切り替えや遷移のタイミングで、強制的に画面を覆って表示される動画広告を指します。

  • 配信場所例:スマホのゲームやマンガのアプリ、ニュース系サイト

多くのユーザーにリーチできるが、遷移のタイミングで急に動画広告が再生されるため、ユーザーに不快感を与える可能性もあります。

ポイント4. 動画冒頭「5秒」で視聴者を惹きつける

動画広告は再生後の5秒でスキップされることが多いため、いかに冒頭5秒でユーザーにインパクトを与えるかが重要です。

訴求したい商品やサービスを多くのユーザーに知ってもらうためにも、「続きが見たい」と注目してもらえる動画構成にしましょう。

動画マーケティング成功には効果分析「DOOONUT」!

動画マーケティングを成功させるためには効果分析をしっかりとおこなうことが大切です。

効果分析をおこなわないと今おこなっている施策が正しい施策なのかがわかりませんし、効果的な次の施策を考えることもできません。

そのため、しっかりと効果分析をおこない、データに基づいて改善を進めていく必要があるわけです。

サムシングファンでは、動画の効果分析をおこなえる「DOOONUT」というマーケティングツールを提供しています。

DOOONUTでは、ユーザーの反応率をより高めることができるインタラクティブ動画の作成が簡単におこなえますし、アクセス解析機能を駆使して公開した動画の効果分析をおこなうことも可能です。

DOOONUTを活用すれば、より効率的・効果的に動画マーケティングを進められるようになりますので、ぜひ導入を検討してみてください。

DOOONUTを活用した動画マーケティングの特徴について詳しく知りたい方は、こちらの記事をおすすめします。
>>YouTubeとDOOONUTを徹底比較!動画マーケティングツールでさらなる集客を

まとめ:動画マーケティングはこれからの時代に欠かせない効果的な手法

動画マーケティングはこれからの時代に欠かせないマーケティング手法動画マーケティングは、いくつかデメリットはあるものの、非常に魅力的なマーケティング方法です。

何より、これからの時代に適したマーケティング方法なので、率先して取り組むメリットは十分にあるでしょう。

現在おこなっているマーケティング活動で思うような効果を得られていない場合は、ぜひ動画マーケティングに挑戦されてみてはいかがでしょうか?

動画制作の依頼なら、動画制作会社「サムシングファン」にお任せください。

自社の売り上げアップが期待できる動画DX活用法を絶賛公開中です。興味がある方はぜひ下記バナーよりダウンロードしてみてください。

 

この記事の監修者

戸山泰斗

株式会社サムシングファン/マーケティング部 2019年より動画ディレクター、動画マーケターとして動画広告視聴率の伸長に貢献と実績を残し、その後サムシングファンのマーケティング部としてジョイン。現在はサムシングファンのSaaSシステム「DOOONUT」を開発から展開や提供までを一気通貫で実施。また動画施策プランナーとして動画活用提案なども行っている。

企業での動画配信に必要なプラットフォーム

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエイター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績