株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

動画マーケティングに期待できる3つの効果とは?成功させるための秘訣も

ビジネスに活用できるマーケティング方法にはさまざまな方法があります。

その中でも最近注目を集めているのが「動画マーケティング」です。

新しい通信システムである5Gが日本でも始まりましたが、5Gでは動画がサクサク視聴できるため、動画マーケティングの需要は今後さらに高まっていくことが予想されます。

つまり、今が動画マーケティングを始めるのに最適な時期なのです。

そこでこの記事では、動画マーケティングの概要について紹介しつつ、動画マーケティングに取り組むことで期待できる効果について解説していきます。

自社のビジネスに動画マーケティングを取り入れていきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは?動画マーケティングとは、動画を活用したマーケティング方法を指す言葉です。

例えば、

  • 自社の製品を紹介する動画

  • 自社のサービスを紹介する動画

  • 製品やサービスの活用方法を紹介する動画

など、映像コンテンツを活用するマーケティング方法が動画マーケティングです。

動画マーケティングは、動画で商品やサービスを紹介して、顧客となりうるユーザーの興味・関心を高めることが目的です。

スマートフォンやタブレットなどの端末が広く普及したことや、インターネット環境が整ったことで、動画へのニーズは年々高まってきています。

特にユーザーがスマートフォンからの動画視聴にかける時間は5年間で約4倍に増加しており、今後この流れはさらに加速することが予測されています。

そのため、多くの企業が動画マーケティングに取り組み始めているのです。

>>動画マーケティングとは?概要やメリット、事例、成功のポイントを徹底解説

動画マーケティングの活用事例

動画マーケティングの活用事例注目を集めている動画マーケティングですが、実際はどのように活用されているのでしょうか?

動画マーケティングの有名な3つの事例をみていきましょう。

活用事例1. なるほど1ミニッツ(株式会社LIXIL)

出典:LIXIL Corporation(YouTube)

住宅設備業界最大手の株式会社LIXILは、なるほど1ミニッツ」という映像コンテンツを活用して動画マーケティングを成功させています。

これは、日々の暮らしを快適にするためのヒントを1分ほどの短い動画で解説するというものですが、動画の時間が短く視聴しやすくなっているため再生されやすいという特徴があります。

「日々の暮らしが快適になる」というベネフィットをアピールすることによって自社の製品の購入につなげている事例の一つです。

活用事例2. こどもちゃれんじ(株式会社ベネッセコーポレーション)

こどもちゃれんじ(株式会社ベネッセコーポレーション)出典:しまじろうチャンネル(YouTube)

株式会社ベネッセコーポレーションは、自社が展開している通信講座の「こどもちゃれんじ」のコンテンツの一部や関連したコンテンツをYouTubeにアップしています。

これにより、サービスの認知が広まりやすくなりますし、興味を持ったユーザーがこどもちゃれんじに加入しやすくなります。

活用事例3. リスタチャンネル(株式会社RESTA)

リスタチャンネル(株式会社RESTA)出典:リスタチャンネル(YouTube)

神戸にあるDIYショップ、「RESTA」。

RESTAはYouTubeに「リスタチャンネル」というチャンネルを開設し、自社の製品を使ったDIY動画を複数アップしています。

これらの動画を通してDIYに興味を持っているユーザーを自社サイトへ誘導し、製品の購入につなげることに成功しています。

動画マーケティングに期待できる効果とメリット

動画マーケティングに期待できる効果とメリット取り組む企業が増えてきている動画マーケティングですが、動画マーケティングに取り組むことで期待できる効果やメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

動画マーケティングに取り組むことで得られる3つの効果とメリットについて紹介していきます。

効果とメリット1. より多くの情報を伝えられる

動画マーケティングで活用していく映像コンテンツには、映像と音声によって「視覚と聴覚に訴えることができる」というメリットがあります。

また、映像と音声を活用することによって、より多くの情報を伝えられるのもメリットです。

テキストや画像、イラストだけの場合や音声だけの場合、同じ時間で伝えられる情報は映像コンテンツよりどうしても少なくなってしまいます。

ユーザーにアピールできる機会は決して多くありませんし、ユーザーが興味を持ってコンテンツを見てくれる機会もそう頻繁に訪れるわけではありません。

そのため、短い時間でより多くの情報を伝えられるという点は、動画マーケティングにおける大きなメリットの一つです。

効果とメリット2. 視覚に訴えることでよりイメージしてもらいやすくなる

映像によって視覚に訴えることで「こちらが伝えたいことをよりイメージしてもらいやすくなる」というのも、動画マーケティングに期待できる効果の一つです。

テキストや音声だけで訴求する場合、最終的にはユーザーに想像力をふくらませてもらう手段しかありません。

ユーザーが想像しやすくなるように伝え方を工夫することはできますが、うまくイメージしてもらえない場合も多々あります。

また、イメージしてもらおうとするあまり冗長な表現になってしまうことも珍しくありません。

一方、動画マーケティングに活用する映像コンテンツは、映像によってユーザーの視覚に訴える可能です。

難しい話でも図解のイラストやアニメーションを差し込むことで、ユーザーの理解を高めることができますし、イメージしてもらいやすくなります。

効果とメリット3. 拡散されやすい

動画マーケティングに活用する映像コンテンツには、「拡散されやすい」というメリットもあります。

動画は映像と音声の両方で訴求できる分、テキストだけのコンテンツや画像だけのコンテンツよりもインパクトが強くなり、それらのコンテンツよりも拡散されやすくなっています。

拡散されればされるほどより多くのユーザーの目にコンテンツが触れることになり、大きな宣伝効果をもたらしてくれるので、非常に魅力的なメリットだと言えるでしょう。

動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングのデメリットさまざまな効果やメリットをもたらしてくれる動画マーケティングですが、デメリットのない魔法のようなマーケティング手法というわけではありません。

ここからは、動画マーケティングに取り組み始める前に確認しておきたい3つのデメリットについて紹介していきます。

デメリット1. 1本の動画を制作するのに時間と手間がかかる

動画マーケティングで活用する映像コンテンツを制作する際は、時間と手間がかかります。

ビジネスに活用する場合は台本もしっかりと作り込まなくてはいけません。
撮影にもそれなりに時間がかかります。

ユーザーに興味・関心をもってもらう必要があるため、編集にも力を入れなくてはいけません。

映像や音声にもこだわる場合は、納得のいくクオリティの映像が撮影できるまで何度も撮影し直す必要があります。

求めるクオリティや外注の有無にもよりますが、1本の動画を制作するのに1週間以上かかってしまうことも珍しくありません。

制作に時間と手間がかかりますし、分析や改善といった作業にも影響が出てくるので、この点は動画マーケティングならではの大きなデメリットだと言えるでしょう。

デメリット2. コストがかかる

コストがかかるという点も動画マーケティングのデメリットの一つです。

動画は一本制作するのに結構なコストがかかります。

動画の制作には、

  • 台本の作成

  • 撮影

  • 編集

といった工程があると紹介してきましたが、仮にこれらすべての工程を外注すると、動画を一本制作するのに最低でも数万円のコストがかかります。

また、動画を撮影するための環境を整える初期費用にも結構な金額がかかります。

個人で撮影するのであればスマートフォンだけで撮影できますが、ビジネスに活用する動画となるとそうもいきません。

そのため、機材を揃えるための経費として数十万円以上を見込んでおく必要があります。

デメリット3. 専門的な知識やスキルを持ったスタッフが必要になる

自社で動画を制作する場合は、動画制作に関する知識やスキルを持ったスタッフが必要です。

もし自社内にそういった知識やスキルを持ち合わせているスタッフがいない場合は、募集するか、今いる従業員に必要な知識やスキルを身につけてもらう必要があります。

ただ、動画制作に関する知識やスキルは短期間で身につくものではありません。

ビジネスレベルの動画を制作するための知識やスキルとなるとなおさらです。

そのため、この点についても、動画マーケティングを実践していく際の大きなデメリットの一つになると言えます。

自社に動画制作スキルを持つ人材がいない場合は、動画制作会社への依頼がおすすめです。

専門的なスキルと豊富な経験を持つプロによる「質の高い動画」が入手できますし、動画制作にかかる時間を大幅にカットできるので、効率よくマーケティングが実践できます。

>>【2021年最新】動画マーケティングに強いおすすめの大手会社10選

動画マーケティング成功には効果分析「DOOONUT」!

動画マーケティングを成功させるためには効果分析をしっかりとおこなうことが大切です。

効果分析をおこなわないと今おこなっている施策が正しい施策なのかがわかりませんし、効果的な次の施策を考えることもできません。

そのため、しっかりと効果分析をおこない、データに基づいて改善を進めていく必要があるわけです。

サムシングファンでは、動画の効果分析をおこなえる「DOOONUT」というマーケティングツールを提供しています。

DOOONUTでは、ユーザーの反応率をより高めることができるインタラクティブ動画の作成が簡単におこなえますし、アクセス解析機能を駆使して公開した動画の効果分析をおこなうことも可能です。

DOOONUTを活用すれば、より効率的・効果的に動画マーケティングを進められるようになりますので、ぜひ導入を検討してみてください。
>>DOOONUT(ドーナツ)

>>YouTubeとDOOONUTを徹底比較!動画マーケティングツールでさらなる集客を

まとめ:動画マーケティングはこれからの時代に欠かせないマーケティング手法

動画マーケティングはこれからの時代に欠かせないマーケティング手法動画マーケティングは、いくつかデメリットはあるものの、非常に魅力的なマーケティング方法です。

何より、これからの時代に適したマーケティング方法なので、率先して取り組むメリットは十分にあるでしょう。

現在おこなっているマーケティング活動で思うような効果を得られていない場合は、ぜひ動画マーケティングに挑戦されてみてはいかがでしょうか?

動画制作の依頼なら、動画制作会社「サムシングファン」にお任せください。

また、動画マーケティングを成功させるためには効果分析が必須になってくるので、動画の効果分析がおこなえるDOOONUTの導入もあわせて検討してみてください。
>>DOOONUT(ドーナツ)

>>【2021年最新】動画マーケティングが学べるおすすめの本10選

>>AdobeとDOOONUTを徹底比較!自社に合う動画マーケティングツールで集客につなげる

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)
動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×