お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

プロモーションビデオとは?MVとの違いや作り方のポイント、事例をご紹介!

プロモーションビデオはPVと言われることも多いですが、企業だけでなく個人でもプロモーションビデオを作る人が増えています。

SNS上で自身が作ったプロモーションビデオを配信し、多くの支持を得ている人もいますよね。
お洒落で素敵なプロモーションビデオはSNSでたちまち拡散されて、人気となることもあります。

プロモーションビデオはMVと間違えられやすいですが、この2つは違う特徴があります。

そこで、今回はMVとの違いに触れながら、プロモーションビデオとはどのようなものなのか、作り方と実例についてご紹介します。

目次

プロモーションビデオとは?

まずプロモーションビデオとはどのようなものなのでしょう?

  • プロモーションビデオの特徴
  • プロモーションビデオの効果
  • プロモーションビデオ事例 

これらの3つの観点からプロモーションビデオについて解説していきます。

プロモーションビデオの特徴

  1. 沢山の人に認知してもらう
  2. 商品製品の良さを伝える
  3. 販売促進が目的

    特徴①:沢山の人に認知してもらう

    プロモーションビデオの特徴は、商品のことや企業のことをたくさんの人に知ってもらえることです。
    伝えにくい商材などもプロモーションビデオを使うことで伝えやすくなります。

    さらに、商品は知っていても作っている企業のことがわからない人も意外と多いです。
    商品だけでなく会社の情報も入っていれば、より安心して商品の購入に繋がります。

    特徴②:商品製品の良さを伝える

    プロモーションビデオは、短い動画の中に商品やサービスの良さを凝縮しなければなりません。
    プロモーションビデオはわかりやすく端的に商品の良い所を伝えます。

    実際に手に触れることができなくても、プロモーションビデオを見ることで、商品のことがわかるのも良い点ですね。

    特徴③:販売促進が目的

    プロモーションビデオは、作成時から販売に繋げるように構成します。
    映像や音楽、美しい景色などを取り入れ、見る側にインパクトをあたえます。

    良いプロモーションビデオは見終わった後に、見た人の脳裏に商品のことがインプットされているはずです。
    見た人は商品に対し興味を示し、自然と購入へと誘導されることも少なくないでしょう。

    プロモーションビデオの効果

    1. 顧客の確保
    2. ブランドイメージの向上
    3. 売り上げアップ

      効果①:顧客の確保

      プロモーションビデオを作ることで得られる効果は、顧客の確保です。
      また、既存の顧客のリピートを促す効果もあります。

      プロモーションビデオを見た人の頭に商品の情報がインプットされ、購入に繋がりやすくなります。

      効果②:ブランドイメージの向上

      プロモーションビデオは、商品だけではなく企業やブランドのイメージアップにも効果があります。

      例えば、商品は知っていても作っている会社やブランドのことを知らなかった人が、プロモーションビデオを見ることで、そのブランドのファンになる場合もあります。

      効果③:売り上げアップ

      プロモーションビデオの効果は、売り上げ向上です。
      プロモーションビデオを通して商品の魅力を伝え、購入に結び付けることができます。

      見る人は、店舗に行かなくてもSNS上で情報を見て、ネットでの購入を決める場合もあるでしょう。
      プロモーションビデオは幅広い顧客の開拓にも貢献しています。

      プロモーションビデオの実例

      プロモーションビデオのことを知ってもらうために実例をご紹介します。

      • CHANEL
      • マンダリン オリエンタル バンコク
      • 栗田工業

        この3つのプロモーションビデオを実例に見てみましょう。

        プロモーションビデオ実例①:CHANEL

        ハイブランドのCHANEL(シャネル)
        化粧品メーカーとしても認知度がとても高いブランドです。

        プロモーションビデオでは新作商品の発表について発信されています。
        人物と音楽、そして宣伝したい商品を的確に伝えているビデオですね。

        プロモーションビデオ実例②:マンダリン オリエンタル バンコク

        日本でも人気のタイのマンダリン オリエンタル バンコクのプロモーションビデオです。

        オリエンタルな雰囲気の映像と、ホテルや周りの景色を盛り込んだ、女性目線の素敵なプロモーションビデオになっていますね。

        プロモーションビデオの実例③:栗田工業

        栗田工業は水の処理をする会社です。

        無形商材を伝えるために、優しい音楽と映像を用いたプロモーションビデオで、環境を考えた会社だということが伝わってきますね。

        MVとはどのようなものなの?

        MVとプロモーションビデオとは似ているようで全く違った性質を持っています。
        それでは、MVとはどのようなものなのでしょうか。

        • MVとプロモーションビデオの違い
        • MVの効果
        • MVの事例

          MVについて、この3つの観点から見てみましょう。

          MVとプロモーションビデオとの違い

          1. プロモーションビデオに比べて音源が多い
          2. MVの方が芸術性がある
          3. MVはプロモーションビデオのように宣伝が目的ではない

            違い①:プロモーションビデオに比べて音源が多い

            MVは音楽を伝えることが多いため、音源が多いです。
            会話が入ったり、テキストで説明することがありません。

            音源と映像がメインの内容になります。

            違い②:MVの方が芸術性がある

            MVは感覚的な要素が重要視される場合が多いため、プロモーションビデオよりも芸術性のあるものが多いのが特徴です。

            また、基本的にアーティストが自身の音楽性や考えを伝える目的で制作されることもあり、結果的に○○(人物)の作品として仕上がります。

            違い③:MVはプロモーションビデオのように宣伝目的ではない

            プロモーションビデオは初めから集客を目指すものです。
            沢山の人に拡散され、売り上げに繋げなくてはなりません。

            一方でMVはミュージックビデオであり、販促動画ではありません。
            そのため、動画を見る側が楽しんでくれる内容を目指しています。

            MVの効果

            1. アーティストの世界観が共有できる
            2. ストーリーが楽しめる
            3. 結果的に販売に繋がる

              効果①:アーティストの世界観が共有できる

              MVを見る人にはアーティストの世界観が共有できるメリットがあります。
              MVを見ることでアーティストとの距離感が縮まり、より身近な存在になることも。

              また、作り手にとってはファンの獲得となり、認知度が高まります。

              効果②:ストーリーが楽しめる

              MVはアーティストの作る芸術性を楽しむ目的があるため、ストーリ性があります。
              ショートムービー仕立ての作品も多いため、映画やドラマのようなストーリーにハマる人もいるほどです。

              また、音楽と映像が連動しているため、より感情移入しやすいという効果があります。

              効果3:結果的に販売に繋がる

              MVはプロモーションビデオと異なり、商業的な要素は動画中に含まれていません。
              あくまでも作品を楽しんでもらうのが目的です。

              しかし、作品やアーティストを好きになってもらい、結果的に音源の売り上げに繋がるという効果もあります。

              MVの実例

              MVについて理解してもらうために、素敵なMVの実例を見ていきたいと思います。

              以下の3つがMVの実例です。

              • 米津玄師 – Lemon
              • Official髭男dism – HELLO
              • エド・シーラン – パーフェクト

                MV実例①:米津玄師 – Lemon

                独特の世界観を持つ米津玄師。
                代表作の「Lemon」では米津ワールドが満載ですね。

                MV実例②:Official髭男dism – HELLO

                大人気のOfficial髭男dism の「HELLO」ののMVです。

                朝の報道番組でのテーマソングにもなっています。
                さわやかな音楽と映像が元気をもらうMVですね。

                MV実例③:エド・シーラン – パーフェクト

                海外アーティストのMVも人気です。
                グラミー賞を獲得したエド・シーランのMVはゆったりとした景色と彼の歌声が心に染みわたる内容で人気です。

                プロモーションビデオの作り方のポイント3つ!

                プロモーションビデオを作るためにはどのようなことに気を付けると良いのでしょう。

                以下の3つがプロモーションビデオを作るときのポイントです。

                • プロモーションビデオを作る目的を明確にする
                • 発信したいターゲットを決める
                • 構成をしっかり決める 

                  それぞれ詳しく見ていきましょう。 

                  ポイント①:プロモーションビデオを作る目的を明確にする

                  プロモーションビデオを作るときは、何のために作るのかを明確にしておくことが大切です。

                  例えば、リニューアルした商品をアピールするためのプロモーションビデオなら、見る側が知りたい商品の情報を詰め込んだ内容にしなくてはいけません。

                  この場合、既存の商品より更に良い内容になっていることを重点的に伝えることが目的ですよね。

                  色んなことを詰め込みすぎると、伝えたいことがぼやけてしまいます。
                  目的をしっかり伝えることが訴求力のあるプロモーションビデオになります。

                  ポイント②:発信したいターゲットを決める

                  プロモーションビデオを作るときは、見て欲しいターゲットを絞ることも大切です。

                  沢山の人に見てもらおうとすると、本当に見て欲しい人には伝わらない内容になってしまうでしょう。

                  商品のターゲットがどのような年齢層でどのようなタイプなのか、しっかり決めて作り込むほうが、内容が充実したビデオになります。

                  ポイント③:構成をしっかり決める

                  プロモーションビデオを作るときは、構成が決め手です。

                  ダラダラと山場がないまま、おしゃれな音楽や景色を流していても、見る人には何も響いてきません。

                  誰がどこで、何をどうしたいのか?なぜそのようになったのか?という5W1Hを考えながら作り込みをしましょう。

                  そうすることで、短い時間の中でもしっかりとした物語ができます。

                  プロモーションビデオを作るならプロにお任せ!

                  プロモーションビデオをセルフで作るのも良いですが、予算があるのならプロにお任せするのもおすすめです。

                  企画から構成まで任せることができるので、負担は少なくなります。

                  プロモーションビデオの制作をプロに任せたい人のために、おすすめの動画制作会社のご紹介します。

                  • サムシングファン
                  • LOCUS(ローカス)
                  • ボーダレス

                    この3つの動画制作会社についてどのような会社なのか見ていきましょう。

                    プロモーション動画を依頼したい会社:サムシングファン

                    引用:サムシングファン

                    プロモーションビデオをプロに依頼すると、さらにクオリティーの高いものになります。

                    動画制作会社の中でも最もあすすめの会社サムシングファン。

                    サムシングファンは、クレーンやレール、高速度カメラなどを使い、人の目線ではとらえることができないような撮影ができます。

                    また、スタジオ設備が整っているため、現場に行かなくてもリアルな映像や3DCG、アニメ―ションなどの優れた技術力も提供します。

                    サムシングファンの実績:甲南女子大学

                    \\サムシングファンの実績をもっと知りたい人はこちらから//

                     

                    プロモーション動画を依頼したい会社:LOCUS(ローカス)

                    引用:LOCUS

                    プロモーション動画を依頼するなら年間1000本以上の動画制作実績があるLOCUS(ローカス)がおすすめです。

                    LOCUSは活用シーンを見据えた企画の提案、高品質で幅広い技術力の提供、予算に合わせた価格設定、実績数の多さなどからイメージ通りのプロモーション動画制作を行ってくれるでしょう。

                    LOCUSの実績:ワークポート

                    \\LOCUSの実績をもっと見たい人はこちらから//

                    プロモーション動画を依頼したい会社:ボーダレス

                    引用:ボーダレス

                    ボーダレスは動画制作や映像をスピーディーに対応・制作してくれる動画制作会社です。
                    お客様の要望に応えるために24時間受付のサービスも行っています。

                    日本や海外での受賞歴のあるクリエーターが揃っているのも人気の秘訣です。

                    クリエーターが企画から制作まで簡潔に行ってくれたり、代理店を挟まないため低予算で制作が可能です。

                    ボーダレスの実績:SEAOS

                    \\ボーダレスの実績を見たい人はこちらから//

                    まとめ:プロモーションビデオは短くてもストーリー性が必要

                    プロモーションビデオは商品の良さや作り手の想いを理解してもらい、購入に繋げることが目的です。

                    MVは作り手の感性や感覚を見る側に共有することが目的で、その結果、作品が売れたりと支持してもらうことになります。

                    プロモーションビデオを作るときは、言いたいことがぼやけてしまわないように、ターゲットを絞り込むことや、短い時間内にストーリーを作ることが重要です。

                    短い時間の中でもしっかりと物語があるものは見る側を惹きつけます。
                    知らず知らずのうちに、心や頭にインプットされていることが効果的なプロモーションビデオだといえるでしょう。

                    【おすすめの関連記事】
                    印象に残るPR動画の作成方法について知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。
                    印象に残るPR動画の作り方のポイントは?効果と実例もご紹介!

                    動画広告を含む動画マーケティングについてさらに詳しく知りたい方は下記もご確認ください。

                    売上を UP するための『動画 DX®』活用法

                    Related Articles

                    関連記事

                    資料をダウンロード
                    24時間受付中!
                    動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績