お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

【撮影前から完成まで】押さえておきたい動画制作の流れと依頼時の注意点

「プロモーション動画を作ってみたいけど、具体的な制作の流れがわからない」
「動画制作の依頼手順や制作の流れが知りたい」

動画制作は専門性の高い分野なので、このような疑問や悩みをお持ちの方も多くいらっしゃることでしょう。

かっこいい動画のイメージは頭の中にあるものの、本格的な撮影となると素人には難しいですよね。
自分での撮影が難しい場合は、依頼するのも手段の一つです。

この記事では、依頼から撮影前、撮影後など動画制作の流れを記事にしています。

動画制作を依頼するにしても、全体的な流れを押さえておきたい、という方はぜひ内容をご確認ください。

 

動画制作の流れ

動画制作は撮影前のプランニングが大事です。
撮影前から完成までのフローを簡単にまとめてみました。

撮影前の流れ

撮影前の打ち合わせで決めておくことは次の5つです。

撮影前の流れ①目的の決定

まず決めるべきことは動画の目的、ゴール地点です。
ここを決めておかなければ、いい動画を制作することはできません。

動画の目的により取るべき戦略が大きく変わります。
動画の目的は主に以下の3種類です。

  • 企業名やサービスの周知を目指す
  • 企業価値を高めるブランディング
  • サイトへの誘導や購入促進、採用などの集客

この中から軸を一つ選びます。

撮影前の流れ②予算の決定

動画にかけられる予算を事前に決めておくことは、動画の出来栄えにも影響します。
予算が曖昧だと、制作会社がどのように動画制作を進めていいかわからず、依頼側と意見の食い違いが発生してしまうでしょう。

制作の段階で追加料金が発生することがあるので、上限を決めておかないと制作会社との間でトラブルが発生するかもしれません。

予算をはっきり決められない場合は、動画イメージを制作会社へ伝え、どの程度の予算がかかるのか確認しましょう。

撮影前の流れ③納期の決定

日程に余裕がある場合でも、しっかりと納期を決めておきましょう。
動画制作をスムーズに進めるためには、明確な納期の設定が必要です。

修正が発生することを考慮して、少し余裕を持って設定しましょう。

事業によっては納期の延期ができないケースもあると思いますが、そのような背景も制作会社へ伝えておくと協力してもらいやすくなります。

撮影前の流れ④ターゲットの選定

動画の目的と合わせて視聴ユーザーのターゲットをはっきり決めておきましょう。

ティーン向けと、シニア向けでは全然方向性が違いますよね。
見てもらいたい相手に、しかるべき内容の動画を届けることで訴求力が高まります。

撮影前の流れ⑤配信プラットフォームの選定

ターゲットの選定が決まったら、動画のプラットフォームを決めましょう。
YouTubeは幅広い世代へ向けて届けられるという強みがあり、TikTokはティーンから20代前半の若者向けに特化しています。

自社サイトのコンテンツの一部や、ECサイトのランディングページに入れるなど、対象ターゲットや目的に合ったプラットフォームを選びましょう。

撮影までのフロー

ヒアリング、打ち合わせのあとは、撮影の準備に移ります。
ここでは、動画内容の共有、ロケハンや機材設定を進めていきます。

以下、撮影フローの手順をまとめてみました。

撮影までのフロー①絵コンテ作成

動画のイメージを具現化するために、絵コンテを作成します。
絵コンテは台本に絵を差し込んでよりわかりやすくしたものです。

動画の基本となる大事な設定のため、入念な打ち合わせを行い、必要に応じて修正を行います。
場合によってはビデオコンテという、仮の映像で共有することもあります。

撮影までのフロー②機材の選定

カメラ、照明、音声などの機材調達を行います。
機材調達の際は、小道具や大道具、撮影現場の確保などと合わせて行うのが一般的です。

動画の質に妥協したくない場合は、高画質用カメラ、ドローン、クレーンなど機材の調達をしっかりと行う必要があります。

撮影までのフロー③ロケハン

ロケハンはロケーション・ハンティングの意味で、いわゆる現場の下見です。
場所の確認だけでなく、撮影許可、日光の確度など撮影する環境、様々な状況を確認します。

公共期間は許可の取得に時間がかかりますので、余裕を持って下見をしましょう。
ロケハンまで行う場合は、人件費や交通費がかかるので制作費も大がかりとなります。

撮影までのフロー④キャスティング

出演者は社内で起用するか、プロの演者さんに依頼するか、何人で撮影を行うかなど撮影の前にあらかじめ決めてから、依頼します。

完成までの流れ

事前の入念な準備ができたら、計画に沿って撮影を進めるだけです。
撮影は規模にもよりますが、半日から1日で終わることもあれば、数日かかることもあります。

以下、撮影以降の流れを解説します。

完成までの流れ①編集

撮影が終わったあとは編集作業です。
この工程は動画の質が決定する大事な作業です。

流れは、映像、写真、ロゴ素材、イラストなどを用いて動画を磨き上げていき、クライアントの要望通りになっているか、内容の確認を行い、コンテ通りにシーンをつなぎます。

必要に応じて、テロップや必要なBGMの挿入を行います。

編集作業は動画の時間や表現方法によって左右されるので、時間に余裕を持って取りかかりましょう。

完成までの流れ②試写

完成した動画をクライアントへ送り、最終チェックをしてもらいます。
動画全体の構成やテロップなどフィードバックをもとに修正があれば対応します。

修正のやり取り込みで考えると、編集期間は約2週間ほどです。

完成までの流れ③MA

クライアントのチェックが完了すると、最後に録音スタジオでのナレーション収録やBGM、SEの挿入を行います。

録音スタジを借りて行う場合は、制作費数百万の規模となりますが、制作費をそれほどかけていない場合は録音スタジオを使うことはありません。

スタジオでのMAは、基本的にクライアント立ち会いのもとで行います。
MAが終わると動画の完成です。

動画編集の詳しい内容について知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

>>動画編集を仕事にしたい人必見!動画編集の仕事内容とメリット・デメリット

動画制作を依頼するメリット

動画制作の依頼には、時間と多額の制作コストがかかります。
時間とコストがかかる動画制作ですが、制作会社へ依頼するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット①クオリティの高い作品ができる

動画制作を依頼する最大のメリットは、クオリティの高い作品ができるという点です。
動画は撮影して編集するだけがすべてではありません。

対象へのカメラワークや動画らしい躍動感が出るような撮影を行い、オープニングから最後まで貫して作り込まないと、単調でメリハリのない動画で終わってしまいます。

制作会社は、アングルなど細かいところまで作り込み、対応できる撮影技法を取り入れつつ、メリハリのある動画を作成してくれます。

視聴者を引き込むノウハウを持っているので、安心して任せられます。

メリット②無駄なコストや時間がかからない

先述のとおり、動画作成には膨大な時間とコストがかかります。
簡単な10分程度の動画であっても、細かい編集や間違いの確認、音入れなどを行うのでアップできるまでに最低数時間はかかります。

専門部署がない場合は、広報部などが代わりに行うため、本来の業務がおろそかになってしまうかもしれません。
制作会社への依頼は、労力と結果的にコストの削減にもつながるのです。

時間の削減は、トータルでみると大きなメリットとなるでしょう。

メリット③高い企画力と構成力が期待できる

動画は短時間ですが、制作工程は映画と同じで企画、構成を行わないと魅力のある作品が作れません。
制作会社では、撮影前から動画のコンセプトを明確にし、それに基づいて動画制作を進める企画力と構成力を持っています。

こういった実績が、経験や知識のないアマチュアでは作り込めない世界を無駄なく表現してくれるのです。

動画は映画やドラマに比べると短時間なコンテンツですが、企画、構成をしっかり行わないと魅力のある作品に仕上げることができません。

制作会社にはクライアントのイメージ、コンセプトを明確にし、それを具現化させる実力のあるスタッフがそろっています。

経験や知識が浅いアマチュアでは難しい映像の世界を、ふんだんに表現してくれるでしょう。

動画制作を依頼する時の注意点

動画制作を依頼する際に、必ず押さえておきたい3つのポイントを解説します。

注意点①明確な撮影目的を伝える

撮影前の項目でもお伝えしましたが、制作会社に撮影の目的を明確に伝えておきましょう。
依頼する時にはっきり伝えることで、制作会社側も「できること」「できないこと」を教えてくれるでしょう。

あわせて予算、納期も伝えておくと、料金プランが組みやすくなりますし、計画の見通しも立てやすくなります。

動画に盛り込む情報量の設定まで明確にできれば、キャスティングやナレーションをどうするかまで決められます。

注意点②制作会社の実績と得意分野の確認

制作会社によって得意分野が異なります。
よりクオリティの高い動画を作成したい場合は「作りたい動画のイメージ」「目的」が制作会社の得意分野にマッチするかどうか、確認しておきましょう。

アニメーションが得意な制作会社もあれば、実写に強みをもつ制作会社もあります。

事前に制作会社がどのような実績があり強みをもっているのか、それぞれのポートフォリオを確認して選別しましょう。

注意点③見積もりの内訳を確認

見積もり金額の内訳は最初に確認しておきましょう。
しっかりと確認ができていないと、予想外に追加料金を支払うことになるかもしれません。

見積もりにはぱっと見、よくわからない項目が書かれていることがあります。
編集時に利用するロゴ作成、画像データ料、修正などが含まれた料金になっているのか、追加料金となるのか、きちんと確認しておきましょう。

まとめ:動画制作は専門の会社に任せよう

本格的に動画を作成し、内外に向けて自社をPRしたい、ECサイトに誘導したい、CVを上げたいなど動画制作には様々な目的があると思いますが、特段のこだわりがなければ動画制作会社へ依頼しましょう。

時間、労力を大幅に削減できますし、依頼したほうが結果的にコストを抑えることになる可能性もあります。
制作会社は多くの実績を積み上げており、確かなノウハウを持っています。

適切に依頼すれば驚くほどのクオリティの動画に仕上げてくれるでしょう。

動画編集をこれから始める方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

>>フリーランス動画編集者の始め方&仕事を得る方法を解説

サムシングファンは映像を活用する提案も行っています

サムシングファンの動画制作実績は、数々の実績によりすでに確立されています。
皆様により満足していただくため、依頼を受けて動画を作成するだけでなく、実際の活用方法まで提案しています。

「動画を使ったWebマーケティングに活路を見出したい」という方へ向けて動画マーケティングの導入方法や施策をまとめた資料もご用意したので、ぜひ以下のバナーからダウンロードしてご活用ください。

売上を UP するための『動画 DX®』活用法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績