お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Nagoya

名古屋

052-559-7855

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料
【スマホで動画編集】動画を繋げるのにおすすめのアプリ10選

【スマホで動画編集】動画を繋げるのにおすすめのアプリ10選

最近では、動画を撮影、SNSなどに投稿することが当たり前になってきました。
ただ、短い動画を繋げる場合「どの動画編集アプリを使うべきか…」迷っている方も多いのではないでしょうか。

「初心者でも使いやすいアプリが良い!」
「コストを抑えたいから無料でも機能の整ったアプリが良い!」
など自分の要望にあったアプリがあるかどうか気になりますよね。

今回は、動画を繋げるのにおすすめの動画編集アプリや選び方、動画を繋げる際の注意点をご紹介します。
動画編集アプリを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

画像を繋げるには動画編集アプリを使う

画像を繋げるには動画編集アプリを使う撮影した複数の動画ファイルを繋げて、1つの動画にするには動画編集アプリを使いましょう。

動画編集アプリを使用すれば、動画を繋げるだけでなく、フィルターをかけたり、字幕や音声などのエフェクトと呼ばれるさまざまな機能を使ったりできます。

一般的に動画を繋げるだけのアプリは少なく、どの動画編集アプリにも、何かしらのエフェクトが機能として備わっています。

動画を繋げるのにおすすめの編集アプリ10選

動画を繋げるのにおすすめの動画編集アプリ9選では、動画を繋げるのにおすすめの動画編集アプリ10選をご紹介していきます。

おすすめの動画編集アプリ①:VivaVideo

おすすめの動画編集アプリ①:VivaVideo

引用:Apple Store

世界中に8億人のユーザーを持つ動画編集アプリです。

編集経験が無くても操作が簡単で、初心者向けの説明FAQもあるので、すぐに使いこなせるようになります。

応用ボタンをタップすれば自動でムービーを作ってくれるのも魅力。
また、VIP会員になるとアプリ内の有料機能を全て使用できます。

使い慣れて、物足りなくなったらVIP会員になるのも良いでしょう。

主な搭載機能
文字・ステッカー BGM・効果音 トリミング
動画サイズ・背景 コラージュ 多画面分割
カスタマイズウォーターマーク キーフレーム パラメータ調整
動画を拡大/縮む フィルター トランジション

\\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

\\Androidユーザーはこちらでダウンロード//

おすすめの動画編集アプリ②:iMovie

おすすめの動画編集アプリ②:iMovie

引用:Apple Store

おしゃれなデザインと直感的なマルチタッチ操作を備えたiMovieなら、ハリウッド映画のような予告編やレベルの高いムービーを作成できます。

iPhoneユーザーであれば、デフォルトでインストールされているので、一度使ってみるのもおすすめです。

予告編テンプレートがあるので、簡単におしゃれなムービーが作れます。

また、テーマを選択すれば自動でフレームやBGMが挿入されるので、初心者でもレベルの高い動画に仕上げることができます。

主な搭載機能
予告編テンプレート オリジナルテーマ ビデオフィルタ
スローモーション/早送り ピクチャインピクチャ グリーンスクリーン
キーボード対応 ナレーション挿入 スプリットスクリーン
トランジション アニメーションドロップゾーン  

\\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

おすすめの動画編集アプリ③:俺の編集

おすすめの動画編集アプリ③:俺の編集

引用:Apple Store

俺の動画編集はシリーズ化されていて、目的ごとに使いやすいアプリです。

  • 俺の編集:基本的な動画編集用のアプリ
  • 俺の字幕動画:字幕を付けるためのアプリ
  • 俺のアフレコ:アフレコ専用のアプリ

    など用途に合わせてダウンロードしてみましょう。

    俺の編集ではアプリ内の課金が一切ありません。

    簡単に操作できる機能がたくさん搭載されているので、編集も詰まることなくできます。

    編集操作に困った場合も、チュートリアル動画で基本的な操作方法を確認することができるので、初心者にもおすすめのアプリです。

    主な搭載機能
    再生速度調整 音量調整 逆再生
    トランジション トランジションの長さ調整 動画の連結順番変更
    トリミング チュートリアル  

    \\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

    おすすめの動画編集アプリ④:FilmStory

    おすすめの動画編集アプリ④:FilmStory

    引用:Apple Store

    エフェクトの1つであるトランジションの種類が多いのが特徴です。

    トランジションにより、視聴者に動画の繋ぎ目に対してストレスを与えずとも印象的に見せられます。

    使い方は動画を選択して、好きなBGMを挿入するだけ

    編集にこだわりたい方は加工フィルターを使えば、一瞬でおしゃれなムービーに仕上がります。

    使い慣れてきたら、FilmStory Proの有料版もおすすめです。

    主な搭載機能
    トランジション 字幕 フィルター
    音楽 動画の並び替え 表示時間の設定

    \\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

    \\Androidユーザーはこちらでダウンロード//

    おすすめの動画編集アプリ⑤:InShot

    おすすめの動画編集アプリ⑤:InShot

    引用:Apple Store

    InShotがあれば、オールマイティーで動画編集を楽しめます。

    機能の多さが魅力のInShotでは、作成する動画の中に画像を入れ込むことも可能です。

    また、アプリにありがちなウォーターマーク(InShotのロゴ)も自由に消すことができます

    いろいろな編集に挑戦してみたい方にはおすすめのアプリです。

    主な搭載機能
    トリミング 動画の順番の変更 スプリット
    ズームインアウト フィルター 速度調整
    音楽 エフェクト ナレーション
    テキスト&絵文字 動画の回転&反転  

    \\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

    \\Androidユーザーはこちらでダウンロード//

    おすすめの動画編集アプリ⑥:BeeCut

    おすすめの動画編集アプリ⑥:BeeCut

    引用:Apple Store

    BeeCutは、初心者ために開発された動画編集アプリです。

    インターフェース(編集画面)がシンプルで分かりやすく、数回のタップのみでレベルの高いムービーができます。

    アプリ内の説明はすべて英語ですが、直感的に使える機能が多いので、戸惑うことなく操作できるでしょう。

    動画編集を経験したことない初心者向けのおすすめアプリです。

    主な搭載機能
    フィルタ トランジション トリミング
    切り取り 回転/反転 速度変更
    音楽 逆再生 ズームインアウト
    文字入れ    

    \\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

    \\Androidユーザーはこちらでダウンロード//

    おすすめの動画編集アプリ⑦:Perfect Video

    おすすめの動画編集アプリ⑦:Perfect Video

    引用:Apple Store

    基本的なカット編集はもちろん、BGMの挿入やテキスト、トランジション、フィルターなど動画編集に必要な機能をほぼすべて揃えています。

    ただし無料版では動画の長さは30秒までなので、長めの動画を編集したい場合は有料版のダウンロードが必要です。

    無料版を試しに使用してみて、気に入ったら有料版に移るのがベターでしょう。

    主な搭載機能
    カット編集 音楽 テキスト
    フィルタ 自動編集 ピクチャインピクチャ
    クリップの切り取り・結合 分割 逆再生
    回転/反転 モザイク トランジション

    \\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

    おすすめの動画編集アプリ⑧:キネマスター

    おすすめの動画編集アプリ⑧:キネマスター

    引用:Apple Store

    キネマスターは、シンプルな作りながらも本格的な機能が揃っています。

    動画の中に写真を取り込めたり、ぼかしなどのエフェクトやテキスト機能などを使用して洗練された動画を作ったりできます。

    無料版でも満足の行く動画を作成できますが、さらに編集にこだわりたい方は有料版がおすすめです。

    有料版では、高画質での書き出しができるため、こだわりが強い方向けといえるでしょう。

    主な搭載機能
    色調整ツール 反転 音楽
    速度調整 フィルター テキスト
    トリミング トランジション キーフレームアニメーションツール

    \\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

    \\Androidユーザーはこちらでダウンロード//

    おすすめの動画編集アプリ⑨:Magisto

    おすすめの動画編集アプリ⑨:Magisto

    引用:Apple Store

    1.2億人以上のユーザーがMagistoで動画制作を楽しんでいます。

    動画を選択して、アプリ内でBGMを選ぶだけで編集・加工を自動で行ってくれる優秀なアプリです。

    作成した動画をそのままSNSなどにアップロードも可能。
    さらに、動画がどのくらい見られているのかをグラフで可視化することもできます。

    Magistoは、ビデオマーケティングにピッタリです。
    また、物足りなさを感じ始めたら、有料版に切り替えるのもおすすめです。

    有料版では、保存できる動画の数や長さも増えます。

    主な搭載機能
    BGM テーマ 再生プレーヤー

    \\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

    \\Androidユーザーはこちらでダウンロード//

    おすすめの動画編集アプリ⑩:VITA

    引用:Apple Store

    VITAは、カメラアプリとしてお馴染みのSNOWやLINE Cameraが開発したSNOW Japan株式会社が開発した無料動画編集アプリです。

    完全無料にもかかわらず、広告表示や機能制限は一切ないので、ストレスを感じずに動画編集ができるのが特徴。

    100種類以上ある多彩なテンプレ機能を利用すれば、誰でも簡単にお洒落なプロ並みの動画が作成できます。
    特に数十秒〜3分のショートムービー向けのテンプレートが豊富。

    動画の比率変更もシンプルな操作で可能なため、YouTubeやTikTokなどSNSにも簡単に投稿できます。

    主な搭載機能
    トリミング トランジション フィルター
    音楽 テキスト 動画合成

    \\iPhoneユーザーはこちらでダウンロード//

    \\Androidユーザーはこちらでダウンロード//

    動画編集アプリの選び方


    自分の要望に合った動画を作成するために、最適な動画編集アプリを選ぶポイントについてご紹介します。

    料金・課金の有無

    動画編集アプリには、無料と有料のものがあります。
    初心者や簡易的な動画編集であれば、無料のアプリでも十分でしょう。

    しかし、無料のアプリは編集機能が少なかったり、広告が頻繁に出たりと不便な点もあります。

    また、動画編集にこだわりたいなら、アプリ内の課金の有無を確認しましょう。
    特殊なフィルターや機能を利用しようとして、思わぬ出費が発生する可能性もあります。

    アプリをダウンロードする前に、課金の有無を必ずチェックしましょう。

    繋げて作成できる動画の長さ

    編集できる動画の長さはアプリによって違います。
    数分の動画しか作成できないものから時間無制限、課金すると時間無制限に変更可能とさまざまです。

    まずは、自分の作成したい動画の長さを確認してアプリを選びましょう。

    アプリのロゴの有無

    アプリによっては、作成した動画にウォーターマーク(透かし)と呼ばれるロゴが入ることがあります。

    ロゴが入れば、せっかく作成した動画の見た目が損なわれてしまう可能性があります。

    課金や広告動画を視聴すれば、ロゴが削除できる場合がほとんどですが、動画の見栄えを気にするなら必ず確認しましょう。

    エフェクトやフォントの種類

    トランジションやモザイクなどエフェクトがどれだけあるか確認しましょう。

    エフェクト機能を活用すれば、SNS映えする動画からスライドショーのような簡素な動画まで幅広く作成できます。

    また、会話を字幕にする、強調したい部分をテロップにすると可読性や視認性がアップします。

    テロップのフォントの違いで視聴者に与える動画の印象は大きく変わるので、アプリ内にどれだけのフォントが搭載されているか確認しましょう。

    エフェクトやフォントにこだわれば、動画の訴求力を高めるメリットもあります。

    アプリで動画を繋げる際の注意点


    ここからは、アプリで動画を繋げる際の注意点をご紹介します。

    動画の内容を詰め込み過ぎない

    複数の動画を繋げれば多くの情報を入れられますが、詰め込み過ぎには注意しましょう。

    動画は、一度に多くの情報を伝えられるメリットがある一方で情報過多になれば、視聴者に何の印象も残らない危険性もあります。

    動画の目的に合わせて、伝えたい内容を明確にして1つに絞りましょう。

    滑らかに動画を編集・繋ぐ

    動画をただ繋げるだけでは、視聴者に違和感を与える可能性があります。

    カットとカットの遷移する際の繋ぎ目をスムーズかつ印象的に見せる役割の「トランジション」を挟むことをおすすめします。

    また、動画を最後まで視聴してもらえるよう、動画全体の長さやテンポにも注意しましょう。
    サウンドエフェクトで効果音をつければ、視聴者は動画の世界感に感情移入しやすく惹き込まれやすいです。

    編集内容別のおすすめアプリはこちらもチェック

    編集内容別のおすすめアプリはこちらもチェック今回は、動画を繋げるなどの基本的な動画編集ができるアプリをご紹介しました。

    動画編集アプリには、「ぼかし」「合成」「スライドショー」なども作成ができるアプリもあります。
    下記の別の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

    【動画編集】モザイクやぼかしを入れられるアプリ8選!
    スマホで本格的に動画の合成を楽しめるおすすめアプリ9選!
    スライドショーを簡単に作成できる本格的動画アプリ10個を紹介!

    まとめ:動画を繋げるアプリの無料版を試してみよう

    まとめ:気になるアプリの無料版を試してみる動画を繋げる機能のある動画編集アプリをご紹介してきました。

    使いやすさは人によって異なるので、気になるアプリがあれば一度無料版をダウンロードして使ってみましょう。

    無料版であれば、気軽に別のアプリに切り替えることもできます。
    使いやすければそのまま使い続け、有料版を試してみるのもおすすめです。

    サムシングファンでは、稼ぐ動画クリエイターになる方法を無料で公開しています。
    気になる方は下記バナーよりぜひご覧ください。

    この記事の監修者

    若林 農

    株式会社サムシングファン/大阪動画戦略部 マネージャー 1978年 京都生まれ。 関西大学・マスコミュニケーション学専攻。 卒業後、現在に至るまで映像業界で20年以上のキャリアを積み、 企画から演出、編集までをこなす。 また、ジャンルを問わず企業動画からコマーシャルまで幅広く対応出来る、 万能ディレクター。

    無料動画・稼ぐ!動画クリエイターになる方法

    Related Articles

    関連記事

    資料をダウンロード
    24時間受付中!
    動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエイター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績