株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

動画編集用のパソコンの選び方!注目するべきスペックは4つ

動画広告をビジネスに活用していく場合は、撮影した動画を編集しなくてはいけません。

スマートフォンやタブレットでも動画編集はできますが、より効率的に編集するのであればやはりパソコンの方がよいでしょう。

ただ、動画の編集作業はパソコンに大きな負担がかかるので、パソコンであれどれでもいいというわけではありません。
それなりのスペックをもち合わせたパソコンが必要です。

そこで今回は、動画編集用のパソコンの選び方について紹介していきます。

動画編集用のパソコンを選ぶ際に注目するべきスペックや、それらのスペックを満たしているおすすめのパソコンを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

受講無料!サムシングファン動画活用セミナー

動画編集用のパソコンを選ぶときに注目するべき4つのスペック

動画編集用のパソコンを選ぶときに注目するべき4つのスペック動画編集用のパソコンを購入する場合、注目するべきスペックは、次の4つです。

  • CPU

  • メモリ

  • ストレージ

  • グラフィックボード

それぞれのパーツでどれくらいのスペックが必要になってくるのか、見ていきましょう。

スペック1. CPU

「CPU」は人間にとって「脳」にあたるPCパーツです。

他のパーツの性能がどれだけよくても、それを処理する頭脳であるCPUの性能が低い状態では、それらの性能を十分に発揮することはできません。

そのため、パソコンを選ぶ際は、CPUのスペックに注目する必要があります。

CPUはintel製のものと、AMD製のものが有名です。

intel製のCPUを搭載したパソコンを購入するのであれば、最低でもCore i5以上、可能であればCore i7のものを購入するようにしましょう。

AMD製のCPUを搭載したパソコンを購入するのであれば、最低でもRyzen5以上、可能であればRyzen7以上のものを購入するようにしてください。

スペック2. メモリ

「メモリ」は作業スペースに例えられることが多いパソコンのパーツです。

メモリの容量が増えて作業スペースが広くなれば広くなるほど、快適に動画編集ができるようになります。

動画編集用のパソコンを購入する場合は、最低でも8GB以上のメモリを搭載したものを購入するようにしましょう。

ただ、動画編集用のソフトとその他のアプリを同時に開いて作業をおこなう場合、8GBだと容量が足りなくなってしまうことがあります。

そのため、可能であれば余裕をもって16GB以上のメモリを搭載したパソコンを、さらに快適に動画編集をおこないたいのであれば32GB以上のメモリを搭載したパソコンを購入されることをおすすめします。

スペック3. ストレージ

パソコンのデータを保存しておくパーツ、「ストレージ」。

今現在販売されているパソコンのストレージはHDDとSSDに分けることができますが、動画編集用のパソコンを購入するのであればSSDを搭載したパソコンがおすすめです。

SSDはHDDよりも処理速度が速いため、動画編集用に向いています。

SSDの容量は最低でも256GB、可能であれば500GB以上の製品がおすすめです。

ただし、SSDの容量を増やすとかなり高額になってしまうので、256GBのSSDと1TBなどの大容量HDDを組み合わせたパソコンを購入するという方法も検討してみてください。

スペック4. グラフィックボード

動画編集時の作業においてグラフィックボードは、次の3つです。

  • 動画の出力(エンコード)

  • データの最適化(レンダリング)

  • プレビュー

グラフィックボードが搭載されていてもほとんど意味をなさない動画編集ソフトもあります。
ただ、AdobeのPremiere Proを始めとする人気ソフトは、グラフィックボードが搭載されている方がより快適に動作します。

そのため、より快適な環境で動画の編集作業をおこなっていきたいのであれば、グラフィックボードを搭載したパソコンがおすすめです。

グラフィックボードはNVIDIA社のGeForceが有名です。
特にこだわらないのであればGeForceが搭載されたパソコンを購入しましょう。

スペックについては、最低でも6GB以上のメモリの製品を選んでください。

>>スペックが重要!動画編集に向いているパソコンを徹底解説!

WindowsとMac、動画編集におすすめなのはどっち?

WindowsとMac、動画編集におすすめなのはどっち?動画編集用のパソコンを購入する場合、WindowsのパソコンかMacのパソコンかで悩む方が少なくありません。

一昔前までであれば動画編集ソフトの対応状況に違いがあったのでMacを使用するのが一般的でした。

しかし、今はWindowsのパソコンでもほとんどの動画編集ソフトを使用できるようになってきています。
そのため、Windowsのパソコンを選んでも問題ありません。

また、WindowsのパソコンはMacのパソコンよりも価格が安くコストパフォーマンスが高いため、特にこだわりがないのであればWindowsのパソコンを選ぶことをおすすめします。

ただ、「どちらをより使い慣れているか」の方がより重要になってくるので、使い慣れている方のパソコンを購入しましょう。

>>動画編集のパソコンはMac?Windows?どちらがよいかを解説

デスクトップパソコンとノートパソコン、動画編集におすすめなのはどっち?

動画編集におすすめ!ハイスペックなデスクトップパソコン3選パソコンにはデスクトップタイプとノートタイプがありますが、どちらのパソコンがおすすめかについては作業環境によって異なります。

デスクトップパソコンは価格が安くコストパフォーマンスが高いので、コストパフォーマンスを重視するのであればデスクトップタイプのパソコンをおすすめします。

一方、ノートパソコンは携帯性に優れているので、外でも作業したい場合はノートパソコンがおすすめです。

デスクトップパソコンとノートパソコンのどちらを選ぶかについては、「外で作業することがあるかどうか」で選ぶようにするといいでしょう。

動画編集におすすめ!ハイスペックなデスクトップパソコン3選

動画編集におすすめ!ハイスペックなデスクトップパソコン3選動画編集用のパソコンとして、ハイスペックでコストパフォーマンスの高いパソコンを購入したいのであればデスクトップタイプのパソコンがおすすめです。

ここからは、動画編集におすすめのデスクトップタイプのパソコンを3つほど紹介していきます。

おすすめのデスクトップパソコン1. DAIV A5(マウスコンピューター)

DAIV A5(マウスコンピューター)出典:マウスコンピューター

BTOパソコンが購入できるマウスコンピューター。

そんなマウスコンピューターにはクリエイター向けのパソコンである「DAIV」というパソコンがあります。

そんなDAIVシリーズのデスクトップパソコンでおすすめなのが、この「DAIV A5」です。

DAIV A5のスペックは以下のとおりです。

  • CPU:AMD Ryzen 7 3700X
  • グラフィックス:GeForce GTX 1650 SUPER(4GB)
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD(256GB)、HHD(1TB)

DAIV A5は、これだけのスペックを備えていて114,800円(税別)から購入できるようになっています。

上記のスペックの場合グラフィックスこそ4GBのものと少し物足りませんが、6GBのものにカスタマイズすることも可能です。

おすすめのデスクトップパソコン2. Dell G5 5000(DELL)

Dell G5 5000(DELL)出典:DELL

マウスコンピューター同様BTOのパソコンメーカーとして有名な、「DELL(デル)」。

そんなDELL製のパソコンの中でも特におすすめなのが、「Dell G5 5000」です。

Dell G5 5000のスペックは以下のとおりで、

  • CPU:インテル Core i7
  • グラフィックス:GeForce GTX 1660 Ti 6GB GDDR6
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD(512GB)

このスペックで148,980円(税別)とコストパフォーマンスに優れています。

モニターこそついていませんが、モニターをつけても17万円以下で購入することが可能です。

おすすめのデスクトップパソコン3. raytrek Spec.S(ドスパラ)

raytrek Spec.S(ドスパラ)出典:ドスパラ

老舗のパソコン専門店、「ドスパラ」。

そんなドスパラ製のデスクトップパソコンの中でも動画編集用としておすすめなのが、raytrek Spec.Sです。

raytrek Spec.Sのスペックは以下のとおりです。

  • CPU:インテル Core i7
  • グラフィックス:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD(512GB)

モニターはついていませんが、このスペックで109,980円(税別)で購入可能なので、かなりコストパフォーマンスの高いデスクトップパソコンだと言えます。

動画編集もできる!スペック十分で安いノートパソコン3選

動画編集もできる!スペック十分で安いノートパソコン3選携帯できる動画編集用のパソコンを購入したいのであればノートタイプのパソコンがおすすめです。

ここからは、動画編集も余裕でこなせるおすすめのノートパソコンを3つほど紹介していきます。

おすすめのノートパソコン1. DAIV 5N(マウスコンピューター)

DAIV 5N(マウスコンピューター)出典:マウスコンピューター

動画編集用のノートパソコンでイチオシなのが、マウスコンピューター製の「DAIV 5N」です。

こちらもクリエイター向けのパソコンでスペックが高く、基本的なスペックは以下のとおりとなっています。

  • CPU:インテル Core i7
  • グラフィックス:GeForce RTX 2060 6GB
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD(512GB)

これだけのスペックを備えていて179,800円(税抜)と20万円以下で購入できるので、かなりコストパフォーマンスの高いノートパソコンだと言えるでしょう。

おすすめのノートパソコン2. Dell G3 15 3500(DELL)

Dell G3 15 3500(DELL)出典:DELL

Dell G3 15 3500は、113,618円(税抜)で購入できるリーズナブルなノートパソコンです。

スペックは以下のとおりで、

  • CPU:インテル Core i7
  • グラフィックス:GeForce GTX 1660 Ti 6GB GDDR6
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD(512GB)

快適な動画編集に十分なスペックを備えています。

おすすめのノートパソコン3. raytrek R5(ドスパラ)

raytrek R5(ドスパラ)出典:ドスパラ

raytrek R5はドスパラのクリエイター向けノートパソコンです。

raytrek R5の基本的なスペックは以下のとおりです。

  • CPU:インテル Core i7
  • グラフィックス:GeForce RTX 2060 6GB
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD(1TB)

動画編集用として十分すぎるほどのスペックを備えています。

また、価格も124,980円(税抜)とノートパソコンとしては格安で、価格重視の方におすすめのノートパソコンとなっています。

>>10万円で購入可能!動画編集に使える安いパソコン4選

まとめ:必要なスペックを満たしたパソコンで快適な動画編集を

必要なスペックを満たしたパソコンで快適な動画編集を動画編集用のパソコンは最低限必要なスペックを備えている必要があります。

今回紹介したスペックに満たないパソコンでも動画編集をおこなえなくはありません。

しかし、一つ一つの作業に時間がかかり、ストレスを感じながら作業することになってしまいます。

そうなってしまわないためにも、今回紹介したスペックを満たしているパソコンを購入するようにしてみてください。

動画制作会社「サムシングファン」では、定期的に動画にまつわるセミナーを実施しています。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

受講無料!サムシングファン動画活用セミナー
動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×