お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
ドローンでの撮影|空撮時の注意点とおすすめ機種4選

ドローンでの撮影|空撮時の注意点とおすすめ機種4選

最近はドローンの価格が下がってきて、誰でも簡単に手に入るようになってきました。

とはいえドローンを使っての撮影は、まだまだ技術が問われるもので、撮影には不安がつきものですよね。

「ドローンで空撮する場合の注意点を教えてほしい」
「撮影用のドローンを選ぶ際のポイントを知りたい」
「空撮するのに最適なドローンの機種を知りたい」

といった方に向けて、ドローンでの撮影について詳しく解説していきます。

これからドローン撮影をはじめたいという方は必見です。

動画編集を仕事にしたいなら
動画クリエイターに登録する
サムシングファンで
一緒に働きませんか?

空撮ができるドローンとは

空撮ができるドローンとはドローンといってもいくつかの種類があります。

ドローンの種類は大きく分けて

  • ホビー用
  • 空撮用
  • 産業用

の3つです。

ホビー用のドローンは、 もっとも手に入れやすいドローンで1万円以下でも手に入れられます。

いわゆるラジコンのような存在で、コンパクトで気軽に操作が楽しめる反面、カメラなどは搭載されいない場合が多く、機能性は最も低いドローンです。

撮影はせずドローンの操作のみを楽しみたいという方はホビー用ドローンを購入するといいかもしれません。

空撮用のドローンは最も普及しているタイプのドローンで、ドローンにカメラが内蔵されておりドローンを飛ばすだけで簡単に空撮が可能です。

空撮用のドローンは2万円程度から購入できますが、高価なものほど撮影の性能は高くなり、飛行時の安定性にも優れたものになっていきます。

最後は産業用ドローンです。

産業用ドローンは農薬散布や工業、映画撮影などに使われるドローンで、ものを乗せる場合もあるため、大型なものが多いのが特徴です。

一般人が関わる機会はあまりないドローンと言えるでしょう。価格も大変高価です。

今回は2つ目に紹介した「空撮用のドローン」について詳しく紹介していきます。

空撮用ドローンの選び方のポイント

空撮用ドローンの選び方のポイント最近はドローンメーカーがこぞって空撮用ドローンをリリースしており、たくさんの機種が出回っています。

そんな中で使い勝手のいい空撮用ドローンを選ぶためには、販売されているドローンの性能をしっかりと見極める必要があります。

表面的な性能だけが高く、肝心な機能がイマイチだったという場合も珍しくないので、しっかりと撮影に必要な機能を抑えられるように、選び方のポイントについて学んでいきましょう。

GPS機能

GPSは、人工衛星を使った測位システムのことで、スマホの地図アプリなどに導入されている機能です。

この GPS 機能が搭載されたドローンの場合、 機体の位置を認識し一定の位置でホバリングしてくれます。

反対に、 GPS 機能が搭載されていないドローンの場合は、機体の位置を認識できないのでマニュアル操作で機体のバランスを保つ必要があり、操作が複雑で撮影に集中しにくくなります。

はじめてドローンを操作するのであれば、この GPS 機能が搭載されているドローンを購入した方が無難でしょう。

GPS 機能が搭載されていなければ、撮影どころか機体の位置を安定させるだけでも大変になってしまいます。

ドローンの購入前には GPS 機能を確認しておきましょう。

カメラ画質

ドローンをはじめて購入する場合、カメラの画質は注意して確認しておいた方がいいでしょう。

カメラの画質はドローンの価格に比例するところがあります。

安価なものであればHD画質「1280×720p」
中程度の価格帯であればフルHD画質「1920×1080p」

が一般的です。
一般的なテレビはフルHD画質であることから、HD画質のカメラを備えたドローンの動画は少し粗が目立ってしまうかもしれません。

しかし、撮った映像を SNS などにアップするというだけであれば HD 画質でも十分です。

撮影した動画をそのままテレビやパソコンのモニターで見る場合やYoutubeに投稿するのであれば、フル HD 画質のカメラを備えていれば十分。

高価なドローンになると4K画質 「3840×2160」のカメラを備えている場合もあります。

4Kに対応したテレビやパソコンのモニターでの視聴が前提であれば、活躍するはずです。

また、4K画質の場合は画素数に余裕があるため、撮影した映像を後でトリミングして編集する場合にとても活躍します。そのため、トリミングを多用するという方にもおすすめです。

ジンバル機能

忘れてはならないのがジンバル機能です。

ジンバルがついているとドローンの揺れを軽減してくれます。

ジンバルはカメラのブレを軽減する機構のことで、回転運動によりカメラに加わる振動を相殺してくれます。

搭載されているジンバルの軸数が増えると、ブレを相殺できる方向が増えるので、ブレをできるだけ少なくしたいという方はジンバルの軸数が多いものを選ぶと良いでしょう。

シンバルの軸数が増えるとドローンの価格も高くなるので、予算に合わせて選択してみてください。

空撮におすすめなドローン4選

ここからは空撮におすすめなドローンを4つ紹介していきましょう。

RYZETECH / Tello

RYZETECH / Tello

出典:RyzeRobotics

参考価格:11,660円
重量:81.6g
GPS機能:なし
カメラ性能:HD30FPS
ジンバル機能:なし

とても安価なトイドローンながら撮影ができるモデル。

GPS機能は非搭載ですが、独自のセンサーのおかげで、ドローン初心者の方でも安定した飛行が可能です。

ほかにも宙返りができたりと、トイドローンならではのおもしろさがあるのもいいところ。

とりあえずドローンでの撮影がどんなものなのか確認してみたい方におすすめ。

>>Amazonで購入ページはこちらから

DJI / MAVIC MINI

DJI / MAVIC MINI

出典:DJIオンラインストア

参考価格:46,200円
重量:199g
GPS機能:有り
カメラ性能:2.7K25/30FPS
ジンバル機能:3軸

DJIからリリースされた衝撃の超軽量モデル。

その小さなボディからは想像も出来ない高画質での撮影が可能です。

折りたためば手のひらに乗るほどコンパクトになるため、持ち運びにも大変便利なモデル。

200g以下なので、航空法での規制の対象外なのもグッド。

>>DJI公式オンラインストアはこちら

DJI / MAVIC AIR

DJI / MAVIC AIR

出典:DJIオンラインストア

参考価格:105,820円
重量:430 g
GPS機能:有り
カメラ性能:4K Ultra HD/30FPS
ジンバル機能:3軸

4Kでの本格撮影ができるのがこの「MAVIC AIR」です。

安価なドローンよりも重量があり、風などの抵抗を受けても安定した飛行ができるのが魅力。

また、3方向の障害物検知で、より安全なフライトができるので、より撮影に集中したいという方におすすめです。

>>DJI公式オンラインストアはこちら

PARROT / ANAFI

PARROT / ANAFI

出典:Parrot

参考価格:80,718円
重量:320g
GPS機能:有り
カメラ性能:4K Ultra HD/30FPS
ジンバル機能:3軸

4Kでの撮影と、最高時速55kmという超高速飛行で、独自の画作りが可能です。

ANAFIだけに搭載された180°回転ジンバルで、下からの撮影も楽しめます。

他のドローンでは撮影できない動画を撮影したいという方におすすめです。

>>Amazonで購入ページはこちらから

ドローンでの『空撮』注意ポイントは?

ドローンは誰でも簡単に入手できるのが魅力ですが、注意しなければいけない点も多いのも事実です。

ドローンでの空撮を行う際に気をつけておきたいのは

  • ドローン規制法関連
  • 空撮場所
  • 天候

などです。

順番に解説していきましょう。

ドローン規制法関連

ドローンは様々な法律で飛行が規制されています。

中でも大きなウエイトを占めるのが「航空法」

「航空法」では200g以上のドローンを対象に、飛行に承認が必要なエリアや禁止行為が定められています。

都市部では大半のエリアが飛行の承認が必要なエリアとして定められているので注意。

都市部でドローンを使おうとしている人は「航空法」についてしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

万が一、「航空法」に違反してしまった場合は「50万円以下の罰金」となるので注意してください。

航空法では200g未満の場合は、規制の対象外となるので、 気になる方は軽量なモデルを購入したほうがいいでしょう。

他にも「小型無人機等飛行禁止法」や「電波法」などがドローンを規制する法律にあたります。

これらの法律については下記の記事で詳しく解説しているので、 さらに詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

>>ドローンの法律に関する記事はこちら

空撮場所

ドローン初心者の方が注意しなければならないのが「空撮場所」です。

初心者の場合、細かなドローンの操作に慣れていないこともあり、ドローンの操作時に左右や前後の操作を誤ってしまう可能性が高いです。

木などの障害物にぶつけてしまうという可能性もないとはいいきれません。

そのため、慣れないうちは開けた場所でドローンを飛行させた方がいいでしょう。

もちろん法律に抵触していないかどうかも大切ですので、 ドローンを飛行させる前は接触する可能性のある障害物があるかどうかや、法律で飛行禁止にしていされているエリアかどうかはしっかりとチェックするようにしてください。

天候

ドローンを飛行させる場合、天候の変化にも注意が必要です。

急な風が吹いたり、降ったりする可能性がある場合は、ドローンでの空撮は控えたほうがいいでしょう。

また、小型のドローンほど風の影響を受けやすいため、春先などの突風が吹きやすい季節などはさらに注意が必要です。

あらかじめ天気予報で天候や風を確認しておき、安定した天候の日のみフライトを楽しむようにしてください。

ドローンでの撮影は業者に依頼するのもおすすめ

ドローンでの撮影は業者に依頼するのもおすすめここまでドローンでの撮影について詳しく紹介してきましたが、意外と気にする点が多いと感じた方もいるのではないでしょうか?

ドローンの操作に入って慣れるまでは非常に時間がかかりますし、なにより都市部での撮影では「航空法」の関係から飛行の申請が必要だったりと何かと大変です。

ドローンでの撮影を自分で行うのも楽しいものですが、ドローンで撮影した映像が目的の場合は業者に依頼するというのもおすすめです。

サムシングファンでは、ドローンでの撮影はもちろん、撮影後の編集や加工もワンストップで制作が可能です。

ドローンを使った映像が必要であれば、サムシングファンにご依頼ください。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード