お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
【初心者にもおすすめ】ドローンの人気モデルを価格別にご紹介!

【初心者にもおすすめ】ドローンの人気モデルを価格別にご紹介!

トイドローンなどの小型タイプも増えて、一般的になってきたドローン。

  • 種類が多すぎてどれを買うべきか迷う…
  • どのメーカーが人気なのか…
  • 何を基準に選べばいいのか…

 

などと、購入で迷っている方は多いのではないでしょうか。

私もはじめてドローンを購入する時はとても迷いました。

そこで、今回は「選び方のポイント」「人気のドローン」「操作時の注意点」をドローン初心者でもわかりやすくご紹介していきます。

これからドローンを購入する予定の方、ドローンが気になっている方はチェックしてみてくださいね。

ドローンの選び方で抑えておくべき3つのポイント

ドローンの選び方で抑えておくべき3つのポイントまずはドローンを選ぶ際の注意点です。

  1. ドローンの重さ
  2. 操作性をチェック
  3. 空撮のクオリティをチェック

 

最低でもこれらの3つはチェックしておくようにしましょう。

ポイント①:ドローンの重さ

ドローンは大きさによって、航空法が適用されます。

基準は200g未満なのか、200g以上なのかです。

200g以上のドローンを飛行させる際は「飛ばすエリアが航空法に該当していないか」をチェックする必要があります。

一方で200g未満のトイドローンであれば、航空法などの規制の対象外になるので、気軽に操縦を楽しむことができます。

とはいえ、トイドローンでも規制は全くないわけではありません。

各自治体が定めた条例や民法などでトイドローンを含むすべてのドローンの飛行を禁止しているので、事前に確認が必要です。

ドローン規制についてはのちほど解説するので、チェックしておきましょう。

ポイント②:操作性をチェック

特にはじめてドローンを購入する場合は操作性もチェックが必要です。

  • 自動帰還機能:電波が途切れても自動で帰還する機能
  • 緊急停止機能:プロペラ接触時に自動で電源が切れる機能
  • 高度維持機能:機体を安定した状態に保つ機能
  • プロペラガード:プロペラを保護するアイテム
  • エリア制限機能:制限区域への侵入を防ぐ機能
  • 障害物検知機能:センサーを使って障害物を回避する機能

 

などと、メーカーやモデルによってさまざまな機能や付属品が付いています。

付いている機能によってもドローンの値段は異なってくるので、予算と相談してみてくださいね。

ポイント③:空撮のクオリティをチェック

ドローンの大きな特徴として「空撮ができる」という点があります。

ただし、トイドローンの一部のモデルにはカメラが搭載されていないことも。

単に操作を楽しむだけのモデルもあるので、トイドローンを購入する際はカメラが搭載されているかをチェックしておきましょう。

また、ドローンによって搭載されているカメラのクオリティが異なります。

  • 4K対応カメラ
  • フルHD対応カメラ

 

など、本格的なカメラを搭載しているドローンも多いので、こちらも予算と相談して選びましょう。

あわせて、FPV(First Person View)という、リアルタイムで映像を見ながらドローンを操作できるモデルもあります。

空撮が目的であるならFPVは必須です!

 

ドローンの人気メーカーは3つ

ドローンの人気メーカーは3つドローンを取り扱っているメーカーはたくさんありますが、ここで紹介する3つのメーカーは特に人気でおすすめです。

  1. DJI(ディージェーアイ)
  2. Holy Stone(ホーリー・ストーン)
  3. Hubsan(ハブサン)

 

それぞれ詳細を見てみましょう。

ドローン人気メーカー①:DJI(ディージェーアイ)

中国に本拠地があり、8割以上の世界シェアを誇る、業界最大手のメーカーです。

取り扱っているモデルは娯楽目的から事業用のドローンまで幅広い層のユーザーに支持されています。

価格も低価格のエントリーモデルからハイエンドモデルまでさまざまなので、目的やレベルに合わせて最適なドローンを選ぶことができます。

ドローン人気メーカー②:Holy Stone(ホーリー・ストーン)

2014年創業の中国のおもちゃメーカーとして知られているホーリー・ストーンはトイドローンメーカーとしても有名な企業です。

コストパフォーマンスに優れていて、かつ日本語のサポートが手厚いところも魅力。

ドローン人気メーカー③:Hubsan(ハブサン)

中国に本拠地がある2010年創業のドローンメーカー。

メインは低価格で売られているトイドローンの製造ですが、一部本格的な空撮のできるドローンも取り扱っています。

本体だけでなく、パーツも低価格で購入できるので、ドローンをカスタマイズして楽しむことも可能です。

【価格別】初心者にもおすすめのドローン人気モデル

【価格別】初心者にもおすすめのドローン人気モデルではドローンの選び方、人気メーカーが知れたので、ドローンの人気モデルを価格別に見ていきましょう。

  • 1万円前後
  • 5万円前後
  • 10万円以上

 

上記の3つの価格帯に分けてご紹介していきます。

【1万円前後】ドローン人気モデル

1万円前後のドローンは、基本的にトイドローンといわれる小さな機体のドローンです。

これからドローンを始める初心者におすすめ。

  • RCドローン KY601S
  • ホーリーストーン HS160
  • ジーフォース Hubsan X4 HD H107C-1
  • Ryze トイドローン Tello Powered by DJI
  • Parrot ドローン Mambo FLY

【1万円前後】人気モデル①:RCドローン KY601S

【1万円前後】人気モデル①:RCドローン KY601S

参考:Amazon

飛行時間20分&広角レンズで風景撮影に最適

WI-FI接続により、スマートフォンでの操作が可能で、リアルタイムで画像を送信することができます。

高度保持機能も兼ね備えているので、初心者の方でも安定した飛行と風景撮影が簡単に。

価格(アマゾン):5,870円

重さ 約426g
サイズ 約33㎝×33㎝×7.5㎝
連続飛行時間 約20分間
ジャイロ機能
写真撮影機能
FPV機能
自動帰還機能
動画撮影機能
充電モード USB充電
その他の機能 WI-FIモバイルコントロール/ヘッドレスモード/LEDライド

 

アマゾンで詳細を見てみる

【1万円前後】人気モデル②:ホーリーストーン HS160 

【1万円前後】人気モデル②:ホーリーストーン HS160 

参考:Amazon

初心者でも手軽に楽しめる、コンパクトで高性能なドローン

ポケットに入るサイズでスタイリッシュなデザインなので、持ち運びにも便利なトイドローンです。

専用送信機での操作とスマホのスワイプ操作の2WAYコントロールであなたにあった操作方法を選べます。

価格(アマゾン):7,920

重さ 約83.5g
サイズ 約17㎝×16㎝×3.4㎝
連続飛行時間 約15分間
ジャイロ機能
写真撮影機能
FPV機能
自動帰還機能
動画撮影機能
充電モード バッテリー式
その他の機能 WI-FIモバイルコントロール/4段階のスピード調整

 

アマゾンで詳細を見てみる

【1万円前後】人気モデル③:ジーフォース Hubsan X4 HD H107C-1

【1万円前後】人気モデル③:ジーフォース Hubsan X4 HD H107C-1

参考:Amazon

操縦性に優れ、手軽にダイナミックな動画が撮影できる

リアルタイムで映像が見れるFPV機能はついていませんが、SDカードが付属されているので、撮影した動画をテレビなどの大画面で見ることができます。

価格(アマゾン):8,573

重さ 約51g
サイズ 約8.3㎝×8.4㎝×3.3㎝
連続飛行時間 約6分間
ジャイロ機能
写真撮影機能
FPV機能
自動帰還機能
動画撮影機能
充電モード USB充電
その他の機能 LEDライド

 

アマゾンで詳細を見てみる

【1万円前後】人気モデル④:Ryze トイドローン Tello Powered by DJI

【1万円前後】人気モデル④:Ryze トイドローン Tello Powered by DJI

参考:Amazon

プログラミングも楽しめるオリジナリティーのあるトイドローン

ドローン界で一番人気のDJIとIntelによるコラボレーションで充実した機能を搭載したドローンです。

ScratchというプログラミングでTello用のアプリケーションの開発も可能。

価格(アマゾン):12,490円

重さ 約81.6g
サイズ 約9.2㎝×9.8㎝×4.1㎝
連続飛行時間 約13分間
ジャイロ機能
写真撮影機能
FPV機能
自動帰還機能
動画撮影機能
充電モード USB充電
その他の機能 WI-FIモバイルコントロール/プログラミング

 

アマゾンで詳細を見てみる

【1万円前後】人気モデル⑤:Parrotドローン Mambo FLY

【1万円前後】人気モデル⑤:Parrotドローン Mambo FLY

参考:Amazon

付属品を追加すればオリジナルのドローンを楽しめる

空撮は垂直カメラで直下の撮影も可能です。

自動操作機能など高性能な操作システムで安定したフライトを楽しめるので、初心者にもおすすめです。

価格(アマゾン):13,800円

重さ 約63g
サイズ 約18㎝×18㎝
連続飛行時間 約10分間
ジャイロ機能
写真撮影機能
FPV機能
自動帰還機能
動画撮影機能
充電モード 充電式
その他の機能 フリーフォールテイクオフ/オートホバリング/カットアウトシステム

 

アマゾンで詳細を見てみる

 

【5万円前後】ドローン人気モデル

5万円前後は機体の重さはトイドローンよりも重く、200gを超えるモデルがメインになります。

中級レベルの方や、トイドローンよりも本格的なものに挑戦したい方におすすめです。

  • Mavic Mini
  • PARROT「ANAFI」PF728005

【5万円前後】人気モデル①:Mavic Mini

【5万円前後】人気モデル①:Mavic Mini

参考:Amazon

滑らかな映像が魅力!こだわった空撮ができる

カメラの画質だけでなく、機体の安定感もあるので、映像の滑らかさにこだわりたい方におすすめです。

専用アプリのDJI Flyで映画のようなカメラワークも楽しめます。

価格(アマゾン):44,800円

重さ 約199g
サイズ 約24.5㎝×2.9㎝×5.5㎝
連続飛行時間 約18分間
ジャイロ機能
写真撮影機能
FPV機能
自動帰還機能
動画撮影機能
充電モード バッテリー式
その他の機能 GPS/WI-FIモバイルコントロール/SDカード対応

 

アマゾンで詳細を見てみる

【5万円前後】人気モデル②:PARROT「ANAFI」PF728005

【5万円前後】人気モデル②:PARROT「ANAFI」PF728005

参考:Amazon

コンパクトで静かなフライトを実現!安全性もばっちり

スタイリッシュな見た目で、コンパクトに折りたためるので携帯にも便利です。

撮影は4K動画の撮影はもちろん、ズームやカメラが上下180℃回転可能するチルト機能によりアングルを変えて楽しむこともできます。

価格(アマゾン):85,000円

重さ 約320g
サイズ 約24.4㎝×6.7㎝×6.5㎝
連続飛行時間 約25分間
ジャイロ機能
写真撮影機能
FPV機能
自動帰還機能
動画撮影機能
充電モード USB充電
その他の機能 ズーム機能/回転ジンバル

 

アマゾンで詳細を見てみる

【10万円以上】ドローン人気モデル

10万円以上のモデルはスペックが高く、本格的な空撮や操作を目的としている上級者向けです。

10万円以上でも一部のモデルはセーフティー機能も充実しているので、初心者の方でも操作しやすいものもあります。

  • Mavic Air
  • Phantom 4

【10万円前後】人気モデル①:Mavic Air

【10万円前後】人気モデル①:Mavic Air

参考:Amazon

カメラ機能、飛行性機能のバランスがばっちりなコスパの高いドローン

ポケットに入るほどコンパクトにも関わらず、4K動画やパノラマ、360℃撮影などもできるスペックの高い機能も搭載。

障害物センサーが付いているなど、安全飛行のサポートもばっちりです。

価格(アマゾン):105,820

重さ 約430g
サイズ 約16.8㎝×8.3㎝×4.9㎝
連続飛行時間 約21分間
ジャイロ機能
写真撮影機能
FPV機能
自動帰還機能
動画撮影機能
充電モード 充電式
その他の機能 自動撮影機能/障害物センサー/スマートキャプチャ

 

アマゾンで詳細を見てみる

【10万円前後】人気モデル②:Phantom4

【10万円前後】人気モデル②:Phantom4

参考:Amazon

本格的な空撮がしたい!飛行時間がもっと欲しいなら買うべきドローン

自動障害物回避機能やワンタッチ帰還ボタンなどのセーフティーモードもばっちりなので、初心者でも安心して操作できます。

動く被写体を追いかけるアクティブトラック機能や飛行モードも3種類あるなど、空撮に関してもさまざまな機能があり、本格的な撮影を楽しめます。

価格(アマゾン):207,680円

重さ 約1380g
サイズ 対角寸法約35㎝
連続飛行時間 約28分間
ジャイロ機能
写真撮影機能
FPV機能
自動帰還機能
動画撮影機能
充電モード 充電式
その他の機能 自動障害物回避機能/ワンタッチ帰還ボタン/GPS/WI-FIモバイルコントロール

 

アマゾンで詳細を見てみる

ドローン操作時の注意点

ドローン操作時の注意点ドローンの飛行には規制があります。

飛行時の規制を守らないと罰則が科せられる可能性もあるので、これからドローンを飛ばす予定のある方はしっかりと規制を把握しておきましょう。

  • 航空法によるドローン規制地域・条件がある
  • 航空法で飛行が禁止されているエリアがある
  • 航空法で承認が必要な飛行方がある
  • 小型無人機等飛行禁止法により飛行が禁止されているエリアがあり
  • 道路交通法で道路使用許可書が必要な場合がある
  • 民法により土地の所有者の許可が必要な場合がある

 

などと、さまざまな規制があります。

ドローン規制に関してより詳しくチェックしたい方は「自由にドローンは飛ばせない!?ドローン規制の法律について解説」もチェックしてみてくださいね。

まとめ:あなたにあったドローンを選んで安全に飛行させよう

まとめ:あなたにあったドローンを選んで安全に飛行させよう手軽に購入できるドローンがたくさんリリースされたことで、どのドローンを選べばよいのか迷いがちですが、ポイントは2つ。

  1. あなたのレベルに合ったドローンを選ぶ
  2. ドローンを使う目的に合わせて選ぶ

 

この2つをもとにドローンを選べば、あなたに最適なドローンを見つけることができるでしょう。

またドローンを飛ばす際は規制に引っかかっていないかを事前に確認して、安全にフライトを楽しみましょう!

撮影を仕事にするなら
カメラマン登録する
サムシングファンで
一緒に働きませんか?

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! セミナー開催中