お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

YouTube動画を編集代行に依頼する相場やメリットを徹底解説

ビジネスにYouTube動画を活用する企業が増えています。
みなさんの中にも「YouTubeの担当になった」「これから会社でYouTubeを始める」という方もいるでしょう。

それと同時に、動画編集を不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

編集作業は時間がかかるうえに、「どうすれば正解か」が分かりません。
そんなときにおすすめなのが、編集作業の外注です。

今回は、YouTubeの編集代行について解説します。

具体的な相場や依頼するメリット、依頼先の選び方などを解説するので、YouTubeの動画編集に困っている方はぜひ参考にしてください。

YouTube動画を制作するフロー

YouTube動画を制作するフロー一般的に、YouTube動画は以下の順番で作られます。

  1. 企画・構成・キャスティング
  2. 撮影
  3. 編集・公開
  4. 運用・分析

この中の一部だけを依頼することもできますし、企画から運用までのすべての工程を依頼することもできます。
特に動画編集にはスキルが必要なため、慣れないうちは外注するのがおすすめです。

この記事では「編集」に焦点を絞って解説していますが、下記の記事では動画制作全体を依頼する場合の相場などが詳しく解説されています。

【おすすめ関連記事】
>>YouTubeの動画制作にかかる料金とは?相場や内訳を解説

YouTube編集代行の依頼先と特徴

YouTube編集代行の依頼先YouTube編集代行の依頼先は、動画制作会社とフリーランスの2種類です。
それぞれの特徴について詳しく解説します。

動画制作会社

動画制作会社の特徴は以下の通りです。

  • 質の高い動画を安定して制作してくれる
  • 継続的に依頼しやすい
  • マーケティングまで依頼できる

実績のある動画制作会社だと、安定して高品質の動画を制作してくれます。
また、マーケティングを考えた動画作りや効果測定までしてくれるのも動画制作会社の強みです。

一方で、「フリーランスと比較すると費用が高い」「制作担当者を選べないことがある」などのデメリットもあります。
事前に過去の実績を確認したり、見積もりを依頼したりして、ニーズや予算に応じた企業に依頼しましょう。

ちなみに、サムシングファンではYouTube運用代行サービスを提供しています。
チャンネルの戦略設計から撮影・編集、改善までワンストップで対応。

登録フリーランスクリエイターに依頼することで低価格も実現しているので、興味のある方はぜひホームページをご覧ください。
YouTube運用代行(Somethingfun!ホームページ)

フリーランス

フリーランスの特徴は以下の通りです。

  • 動画制作会社に比べコストが安い
  • 納品が早い
  • スキルが高い人を直接指名できる

フリーランスの大きな特徴はコストが低く、低予算でも発注できることです。
また、1人で作業を行うため、スピード感を持った納品が可能です。

一方で「品質にばらつきが出やすい」というデメリットもあります。
スキルの高い人に出会うためにも、契約を結ぶ前に過去の実績を入念に確認しましょう。

YouTube編集代行の相場

YouTube編集代行の相場一般的に、YouTube動画の編集のみを依頼する場合の相場は以下の通りです。

  • 動画制作会社:5万~25万円
  • フリーランス:5,000~20万円

動画編集にかかる費用は、動画の長さやクオリティによって変わってきます。

尺の長い動画は、編集にたくさんの時間が必要です。
また、テロップやエフェクトをたくさん挿入すると、その分手間がかかります。

クオリティにこだわればこだわるほど費用は高くなると覚えておきましょう。

YouTube編集代行の費用を安くするコツ

YouTube編集代行の費用を安くするコツYouTube編集代行の費用相場を見て「意外とかかるな」と感じた方もいるのではないでしょうか。
以下にYouTube編集代行の費用を抑える方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  • 動画のテンプレートを作る
  • 撮影データを短くカットする
  • グリーンバックの背景で撮影する

費用を抑えるポイントは、「編集作業の手間を減らすこと」です。

テンプレートを作ってパターンを決めることで、動画を量産することができます。
依頼するときに「同じような動画をたくさん作りたいので、最初にテンプレートを作ってもらえませんか」と聞いてみましょう。

また、撮影データの長さによって料金が変わるので、依頼前にカットして短くすることもおすすめ。
カットは簡単な作業なので、そこまで手間にならないでしょう。

背景を合成したい場合は、グリーンバックを使うこともおすすめ。
動画を切り取りやすくなるので、細かい作業の手間が省けます。

YouTube編集代行に依頼するメリット

YouTube編集代行に依頼するメリットYouTube編集代行はクオリティを求めると費用がかかりますが、その分メリットがあるのも事実。
ここからは、YouTube動画を編集代行に依頼するメリットを2つ紹介します。

メリット①クオリティの高い動画編集が可能

1つ目のメリットは、クオリティの高い動画を期待できる点です。

依頼先は動画編集のプロなので、視聴者のニーズや受けが良い編集方法について熟知しています。
編集者によってはアニメーションやCGを駆使して、魅力的な動画を作ってくれるでしょう。

それに、動画編集は習得するまでに時間がかかります。
編集ソフトの選定や使い方の勉強だけでなく、デザインの知識や画像加工ソフトの使い方も学ぶ必要があります。

長い時間をかけて編集スキルを習得するよりは、外注した方が効率的です。
ノースキルでもプロに任せれば質の高い動画を定期的に更新できるので、積極的に活用しましょう。

メリット②本業や企画・撮影に集中できる

2つ目のメリットは、本業や企画・撮影に集中できることです。

動画編集は、「動画制作のフロー」の中でも特に時間のかかる作業です。
慣れないうちは「1日中やっても終わらない」ということもあります。

でも、編集作業を外注すると、編集にかかる時間を使って本業に取り組めます。
会社や個人のリソースを割かずに、品質の高い動画を作ることが可能です。

また、「よりおもしろいコンテンツを作ろう」と企画を考えたり、撮影をしたりするのもおすすめです。
特に、企画に力を入れるとより深くリサーチできるので、ユーザーニーズに沿った動画が作りやすくなります。

外注することで、浮いた時間を効果的に使いましょう。

YouTube編集代行の依頼先選びのコツ

YouTube編集代行の依頼先選びのコツここからは、YouTube編集代行の依頼先選びのコツを解説します。

過去の実績を確認しておく

編集代行に依頼するときは、必ず過去の実績を確認してください。
過去に編集した動画を確認することで、完成イメージやクオリティを把握できるからです。

特に、フリーランスに依頼する場合は、実績チェックが重要です。

フリーランスといっても、スキルや実績はさまざま。
求めているスキルを持つ人とマッチングできないこともあります。

また、満足できるクオリティでなければ差し戻しも発生し、コストと手間がかかります。

契約を結ぶ前に、必ず過去の実績を提示してもらいましょう。

インハウス化サポートがあるか確認する

編集代行を利用する企業の中には、「ゆくゆくは自社で動画編集をしたい」と考えている企業も多いでしょう。
実は、動画制作会社の中には、動画編集の「インハウス化」をサポートしてくれる会社もあります。

プロの指導を受けることで、独学で勉強するよりも効率的に編集スキルを身につけられます。

社内で動画編集者を育成したい場合は、動画制作会社のホームページをチェックして、インハウス化サポートがないか確認しておきましょう。

YouTube編集代行に依頼する際のポイント

YouTube編集代行をスムーズにするためのポイント最後に、YouTube編集代行に依頼する際のポイントを3つ紹介します。

動画を作る目的を明確にする

まずは、動画を作る目的を明確にしましょう。

「商品・サービスを認知させる」「商品の購入・サービスの利用につなげる」など、目的によって動画の戦略や方向性は変わってきます。

また、目的が明確であれば、編集代行とのやりとりもスムーズに行えます。

あくまで「動画は目的を達成するための手段」と考えましょう。

予算を明確にする

2つのポイントは、予算を決めておくことです。

編集代行に依頼する内容が増えるほど、料金は増えていきます。

「ナレーションを入れたい」「アニメーションを入れたい」と要望を増やしていると、あっという間に予算オーバー。
交渉をスムーズに進められません。

一方で、前もって予算を伝えておくと、予算内でできることを提案してもらえます。
特に、優秀な動画制作会社やフリーランスの場合、予算内で最大限のクオリティを発揮してくれるはずです。

完成イメージを共有しやすくなるので、予算は明確にしておきましょう。

参考動画を見せる

編集代行との打ち合わせにおいて、言葉だけでは共通認識を持つことが難しい場合があります。
そこで、イメージのズレをなくすためにも、参考動画を見せましょう。

言葉だけで説明するよりも参考動画を見せた方が、圧倒的にイメージが伝わりやすいです。

編集代行も作業を進めやすくなるので、ぜひ参考動画を1本以上用意しておきましょう。

YouTube編集代行をマーケティングに活用しよう

YouTube編集代行をマーケティングに活用しよう今回は、YouTube編集代行について解説しました。
以下に、今回の内容をまとめておきますね。

YouTube編集代行の相場
  • 動画制作会社:5万~25万円
  • フリーランス:5,000~20万円
YouTube編集代行の費用を安くするコツ
  • 動画のテンプレートを作る
  • 撮影データを短くカットする
  • グリーンバックの背景で撮影する
YouTube編集代行に依頼するメリット
  • クオリティの高い動画編集が可能
  • 本業や企画・撮影に集中できる

 

YouTube編集代行を上手く利用すれば、動画編集のスキルがなくてもクオリティの高い動画を制作できます。
ぜひYouTube編集代行を積極的に活用して、効果的なマーケティング活動に取り組んでくださいね。

なお、サムシングファンではYouTubeの運用代行サービスを提供しています。
相談・見積もりは無料なので、お気軽にお問い合わせください。

動画を活用したマーケティングを検討中の方は、下記バナーより「動画マーケティングの教科書」もチェックしてみてください。

売上を UP するための『動画 DX®』活用法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績