お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
YouTubeで活用できる広告の種類一覧。人気動画の事例や出稿メリットも紹介

YouTubeで活用できる広告の種類一覧。人気動画の事例や出稿メリットも紹介

「YouTubeの広告って種類が多くて分かりにくい……」

と感じている人はいませんか?

YouTubeはインストリーム広告バンパー広告など複数の種類があり、配信時間の長さや課金システムもバラバラです。
各広告の特徴を理解しておくことで、自社の商品やサービスにあう種類を見きわめられます。

その結果、認知度アップや購入など広告の効果も期待できるのです。

そこで今回は、次の3つを順番に解説します。

  • YouTubeの広告一覧
  • YouTubeに広告を出すメリット
  • 広告配信や動画制作をサポートしてくれる企業

今回の記事を参考にしながら、YouTubeに広告を配信して顧客を増やしていきましょう!

YouTubeにおける広告の種類と料金一覧

YouTubeにおける広告の種類と料金一覧YouTubeで活用できる広告の種類として、

  • インストリーム広告
  • バンパー広告
  • ディスカバリー広告
  • マストヘッド広告
  • アウトストリーム広告

上記5つを紹介します。

種類1:インストリーム広告

種類1:インストリーム広告インストリーム(TrueViewインストリーム)広告とは、動画のスタート時や再生中に流れる広告のこと。

インストリーム広告は、流れるタイミングによって名称が異なります。

  • プレロール広告:動画のスタート前に流れる
  • ミッドロール広告:動画の再生中に流れる
  • ポストロール広告:動画の再生後に流れる

 

また広告の長さによって、以下の2種類にも分けられます。

  • スキッパブル広告:ある程度の時間視聴した後、スキップできる動画
  • ノンスキッパブル広告:スキップできない代わりに短い動画

YouTubeの場合、スキッパブル広告はどのユーザーも最初の5秒はスキップできません。
つまり、どんな広告でも5秒は視聴されます。

またインストリーム広告で課金されるタイミングは「再生が30秒を超えたとき」。
スキップするユーザーが続いた場合は、最小限のコストで広告を目にしてもらえます。

料金は、3〜20円が目安です。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

種類2:バンパー広告

種類2:バンパー広告バンパー広告とは6秒間の短い動画で、スキップできない「ノンスキッパブル広告」に当たります。
インストリーム広告のひとつです。

インストリーム広告とバンパー広告の違いは「再生回数が1,000回を超えるまで課金されないこと」。
バンパー広告の課金基準は再生回数となり、6秒間フルで再生されても1,000回まではコストが発生しません。

料金は広告ジャンルによって異なるので、予算に合わせて設定してみましょう。

種類3:ディスカバリー(ディスプレイ)広告

種類3:ディスカバリー(ディスプレイ)広告ディスカバリー(ディスプレイ)広告とは、YouTubeにある以下の場所に表示できる広告です。

  • 検索結果の上部
  • 関連動画のサイド
  • モバイル版YouTubeのトップページ

基本的に文章で表示され、ユーザーがクリックすると動画となる仕組みです。

料金の目安は3〜20円。
ただしクリックされるまで課金されることはありません。

種類4:マストヘッド広告マストヘッド広告とは、YouTubeのトップページに表示される動画広告です。

  • パソコン:左最上部
  • スマホ:最上部

再生は最大30秒と長時間。
動画はミュート状態で自動的に再生され、終了するとサムネイルが表示されます。

  • 日別の固定単価
  • 固定のインプレッション単価

料金体系は上記のように異なるため、自社の予算にあわせて選んでみてください。

種類5:アウトストリーム広告

種類5:アウトストリーム広告アウトストリーム広告とは、ウェブサイトやアプリ、SNSのフィードなどに表示されるものです。

実はYouTubeの広告ではありませんが、あわせて出稿するとより高い効果が期待できます。

料金はインプレッションによって変わり、1,000回を超えると課金。
低予算でも取り入れやすいです。

YouTubeの広告料金について、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

【2021年最新版】YouTubeの動画広告で人気の事例一覧

【2020年最新版】YouTubeの動画広告で人気の事例一覧続いては、実際にYouTubeで人気の広告を5つ見ていきましょう。

※再生回数は2021年7月時点のものです。

事例1:マクドナルド「僕がここにいる理由」編

2021年に日本での創業50周年を迎えるマクドナルドの新CMです。

女優の宮崎美子さんが、開店当時にマクドナルドでデートをする少女と、孫と一緒にマクドナルドで食事をする現代の女性を演じ、話題となりました。

7月20日は日本初のマクドナルド店である「銀座1号店」がオープンしたこともあり、撮影は銀座1号店を再現したセットにて行われました。

懐かしさを感じるとともに、食欲がわくような魅力的なYouTube広告です。

事例2:花王 アタックZERO「夏の枕カバー」編

花王の洗濯用洗剤シリーズ「アタックZERO」の新CMです。

松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人、間宮祥太朗、杉野遥亮など、人気俳優たちが出演しています。

夏に気になる汗や皮脂などによる臭いや菌を、バイオIOSの力で根本洗浄するとPRしています。

このCMがYouTube上にアップされたのは2021年の7月です。

季節に合った問題提起と解決方法の提案は、YouTube広告の内容を考えるにあたって非常に参考になるでしょう。

事例3: Amazon Prime Video「俳優」編

動画配信サービスのAmazon Prime Videoの新CMです。

「好きな時間へ、ひとっ飛び。」をコンセプトに、スキマ時間にいつでも動画が見られるとPRしています。

忙しい毎日の中で娯楽を求めている人に向けて制作されたCMです。

昨今は自宅で過ごすことが多くなっているので、幅広い集客が見込めるでしょう。

事例4:MITSUBISHI eKクロス「よくわかるMI-PILOT」編

MITSUBISHI eKクロスに搭載された、高速道路同一車線運転支援機能「MI-PILOT(マイパイロット)」の機能を解説するCMです。

起動方法や制御ボタンの位置、車速などを端的かつわかりやすくまとめています。

こちらはロングバージョンということもあり、操作方法や注意点がしっかりと盛り込まれています。

事例5:Apple|Apple Watch「さあ、アクティブな方へ」

Appleが販売している腕時計型ウェアラブルコンピュータ(スマートウォッチ)「Apple Watch」の新CMです。

睡眠時間を表示したり、ワークアウトを記録したり、着信を知らせたりするなど、Apple Watchの魅力がぎゅっと詰まったCMです。

躍動感あふれるスタイリッシュなカメラワークが非常に印象的ですね。

ここまでYouTubeの広告種類や実際の動画を紹介しました。
続いては、YouTubeへの出稿はどのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

YouTubeに動画広告を出すメリット

YouTubeに動画広告を出すメリット次はYouTubeに動画広告を出すメリットとして、

  • 最低5秒は視聴される
  • 広い範囲での認知度アップにつながる
  • 個人の属性をもとに配信できる

上記3つを紹介します。

メリット1:ユーザー数が多く、広い範囲での認知度アップも期待できる

YouTubeのユーザー数はかなり多く、数あるSNSの中でも人気が高いです。

ニールセンデジタル株式会社の調査によると、日本における平均月間リーチの高いSNSやサービスでYouTubeは第3位でした。

【月間リーチの高いSNSやサービス】

サービス名 月間リーチ数
(1)Google 56%
(2)Yahoo! JAPAN 54%
(3)YouTube 50%
(4)LINE 48%
(5)Rakuten 41%
(6)Facebook 41%
(7)Amazon 38%
(8)Twitter 36%
(9)Instagram 30%
(10)Apple 27%

GoogleやYahoo! JAPANは検索サービスなので、SNSの中ではYouTubeがトップです。

また利用時間のシェアでも、YouTubeはLINEに次いで第2位。
また2020年は新型コロナによる外出自粛の影響で、YouTubeの利用者がさらに増加したといわれています。

すでにユーザー数が多いSNSで広告を出すことで、ターゲット層以外の認知度アップが期待できます。

【出典】nielsen「TOPS OF 2019: DIGITAL IN JAPAN~ニールセン2019年日本のインターネットサービス利用者数/利用時間ランキングを発表~」

メリット2:スキップまでの5秒間は閲覧してもらえる

先ほどYouTubeの広告一覧で、5秒後にスキップできる「インストリーム広告」を紹介しました。

スキップされるとはいえ、最初の5秒間は必ず目に入ります。
5秒間に印象が残る広告を作成することで、興味や関心を持ってもらうことは可能です。

広告で商品やサービスを知った結果、見込み客となることも少なくありません。
そのためにも、インパクトのある広告を作成するのがおすすめです。

メリット3:年齢や性別など個人の属性をもとに広告を配信できる

実はYouTubeの広告は、年齢や性別、住所などターゲット像への広告配信にも対応しています。

自社のターゲット像にあわせて配信することで、見込み客や既存顧客に集中して商品をアピールすることが可能。
その結果、新規顧客がリピーターに変化することも多いです。

その他のYouTubeの広告効果について、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

YouTubeの動画広告を作成するのにおすすめの制作会社一覧

YouTubeの動画広告を作成するのにおすすめの制作会社一覧ここまでYouTubeの広告について解説しましたが、自社で動画を制作するのはなかなか難しいのではないでしょうか。

そこでここからは、動画制作や広告配信を依頼できる企業として、

  • サムシングファン
  • AdMarket
  • Tokyo Creative株式会社

上記3社を紹介します。

おすすめ1:サムシングファン

株式会社サムシングファン

サムシングファンは、実写やアニメーションなどさまざまなジャンルの動画制作を請け負っている企業です。

  • 依頼は企業や教育機関、自治体など幅広い
  • 企画から一緒に考えてくれる
  • 動画広告の効果測定ツール「DOOONUT」も活用できる

DOOONUTについて、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

おすすめ2:AdMarket

AdMarket

AdMarketは、インターネット上やSNS上などの広告運営をサポートしている企業です。

  • 広告はインストリーム、バンパー、ディスカバリーに対応
  • 種類の異なる広告を組み合わせることもできる
  • 最短1ヶ月から契約できる

初めての広告運用で、様子を見ながら配信したい企業さまにおすすめです。

おすすめ3:Tokyo Creative株式会社

Tokyo Creative

Tokyo Creative株式会社は、インフルエンサーを起用したマーケティングや広告に対応している企業です。

  • 外国人インフルエンサーを起用し、PR動画を制作できる
  • InstagramやFacebookの広告運用にも対応している
  • ファンに対する定期的な投稿など長期的なプランで取り組める

ターゲットを海外にまで広げたい企業さまにおすすめです。

終わりに:YouTubeの広告一覧から、自社にあう配信手段を選ぼう

終わりに:YouTubeの広告一覧から、自社にあう配信手段を選ぼう今回は、YouTubeにある広告の種類を一覧で解説しました。

ここまでをまとめると、YouTubeには以下の広告があります。

  • インストリーム広告
  • バンパー広告
  • ディスカバリー広告
  • マストヘッド広告
  • アウトストリーム広告

またYouTubeに広告を出すメリットとして、以下の3つをお伝えしました。

  • 最低5秒は視聴される
  • 広い範囲での認知度アップにつながる
  • 個人の属性をもとに配信できる

最後に紹介した動画制作や広告配信をサポートする企業の協力を得ながら、YouTubeに広告を出すことを検討してみてくださいね。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! セミナー開催中
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績