株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

動画クリエイターは独学で可能?学び方や仕事の取り方も紹介

「動画クリエイターは独学でもなれる?」

「そもそも動画クリエイターってどんな仕事?」

動画クリエイターに関して、このような疑問を抱いたことはありませんか?

ここ最近では、YouTuberのように自分でオリジナル動画を作る動画クリエイターが注目されています。

また動画の需要の高まりから、自分で企画や編集もできる動画クリエイターが仕事として人気です。

この記事では、独学で動画クリエイターを目指したい人におすすめのロードマップを紹介します。

  • 本やサイトで学ぶ
  • 動画で学ぶ
  • 実際に動画を制作する

 

動画クリエイターの仕事に興味がある人や、自己表現したい人はチェックしてみてください。

動画クリエイターとは

動画クリエイターとは、動画作成に携わる全ての職種です。

最近では動画クリエイターとしてYouTuberやInstagramerなど、自分で企画、構成、撮影、編集し、動画を作り上げる人が増えました。

動画クリエイターとして企業に属し、テレビ番組からWeb動画まで、さまざまな動画を作成することもできます。
反対に企業に属さず、個人やフリーランスとして動画クリエイターの活動を行っている人もたくさんいます。

動画クリエイターは大きく分けて制作系と技術系の2つです。

  • 制作系:動画の企画や構成を練るプロデューサーやディレクターなど
  • 技術系:動画の編集や音声、CGクリエイターなど

 

最近では、制作系と技術系の境界線がない場合もあります。

今後動画クリエイターとして活躍したいのであれば、制作系・技術系にこだわらず動画のスキルを身につけることが重要です。

※動画クリエイターの詳しい仕事内容は、こちらの記事でチェック!
動画編集を仕事にしたい人必見!動画編集の仕事内容とメリット・デメリット

独学で動画クリエイターになるロードマップ

独学でも動画クリエイターになれます

ここでは、独学の場合のロードマップを紹介します。

動画クリエイターに興味がある人はチェックしてみましょう。

①本やサイトで学ぶ

本や電子書籍などで、動画クリエイターのスキルや知識を学べます。

初心者から上級者までのさまざまなレベルや、学びたい分野に特化した書籍が販売されています。
自分のレベルや学びたい内容に合わせて選ぶようにしましょう。

また、Webサイトから学ぶ方法もおすすめです。
Webサイトには動画クリエイターのスキルを学ぶための記事がたくさんあります。

記事の閲覧は基本的に無料なので、独学を始めやすいことがメリットです。

数多くあるWebサイトの中から、自分の欲しい動画クリエイターとしてのスキルを学びましょう。

②動画で学ぶ

YouTubeなどの動画サイトには、動画編集にまつわるHOW TO動画がたくさんあります。
その中から、自分のニーズに合った動画を探しましょう。

動画を通して、動画クリエイターとしてのスキルも学べます。
視聴するだけでなくチュートリアル動画を見ながら、自分の手を動かし学んでみましょう。

動画クリエイターに必要なスキルを教えてくれる動画はたくさんあります。

その中でも解説の内容がわかりやすいものや、実際の操作方法を丁寧に教えている質のよい動画を選びましょう。

③実際に動画を作ってみる

本やWebサイト、動画などで学んだあとは、実際に動画を作成してみましょう。

自分で一から企画、構成、撮影、編集してみることがおすすめです。
実際に作った動画は、実績やポートフォリオとして残しておきましょう。

案件に応募する際に、実績として提出できます。

オンラインスクールで学ぶのもおすすめ

本やWebを通して、独学で動画クリエイターのスキルを得ることは可能です。

しかし情報量が多いため、全ての情報を網羅することが難しい場合もあります。
また1人で学ばなければならないことから、目的や目標がない場合、途中で離脱する人も少なくありません。

1人での勉強が難しい場合は、オンラインスクールに通ってみましょう。
オンラインスクールをおすすめしたい人の特徴は、次の通りです。

  • 1人で学ぶことが苦手な人
  • プロの動画クリエイターから直接学びたい人
  • 体系的に学びたい人

 

オンラインスクールは短期間でも学べるので、気になった方は気軽に無料体験へ参加してみましょう。

独学で動画クリエイターになったらできること

独学で動画クリエイターになれば、フリーランスとしても会社に属して働くこともできます。

せっかく動画クリエイターになったのであれば、最初は自分の好きな動画を制作してみましょう。

この章では、動画クリエイターとしてできる可能性を紹介します。

自分の世界観を伝える

動画クリエイターとして独学でスキルを得て、構成から編集まで一通りできるのであれば、自分の世界観を伝えてみましょう。

自分のこだわりが詰まった動画を一から作れます。

自分の世界観を伝えることは、自己ブランディングにも繋がるのでおすすめですよ。

YouTuberやInstagramerになる

動画クリエイターは自己表現をしたい人におすすめです。

最近ではYouTubeやInstagramなど動画や画像投稿サービスの盛り上がりにより、自己表現の場所として認知されています。

1万人以上の登録者数がいるチャンネルや、多くのフォロワーがいるアカウントも増加しています。
多くのチャンネル登録者やフォロワーがいると、インフルエンサーとして周りに影響を与えることもできますよ。

仕事として作る

独学で得たスキルで動画クリエイターとして自立すれば、フリーランスとして働くことも、会社に属し働くこともできます。
動画を編集するだけでなく、企画や構成もできると、クライアントに対して自分から提案することが可能です。

自分のこだわりを詰め込んだ動画だけでなく、クライアントと仕事ができる動画クリエイターは需要があるのでおすすめです。
また自分の世界観が認められれば、自分自身のブランディングに役立ちます。

選ばれる動画クリエイターとして活動できるように、センスを磨きましょう。

動画クリエイターとして仕事を獲得する方法

独学で動画クリエイターになった場合の仕事の獲得方法は4つあります。

  • 友人から
  • SNSから
  • クラウドソーシングから
  • スキルシェアマーケットから

 

最初は、自分から売り込んでいくことが大切です。

独学で得た知識を元に、ポートフォリオを用意することをおすすめします。
それでは順にみていきましょう。

①友人から仕事を得る

動画クリエイターとして、独学で知識をつけたのであれば、まずは知り合いや友人に声をかけてみましょう。

YouTubeチャンネルを開設したい人や、プロモーション動画を作りたい人は周りにいませんか?

最初は単価が安くても、積み上げるための経験として役に立ちます。
また仕事は独学で得た動画クリエイターのスキルを実践する場です。

リアルな友人が多いFacebookやそのほかのSNSで、動画クリエイターとして活動していることを、さりげなく投稿してみるのもおすすめです。

思いもよらぬ縁が巡ってくるかもしれません。

②SNSで仕事を探す

TwitterなどのSNSで探すことも可能です。
SNSには動画の仕事を募集している人と、動画作成を提供する人の両方がいます。

動画クリエイターを募集している人も多いので、「動画クリエイター 募集」と探してみるのもよいでしょう。
SNSは拡散力が強いので、動画クリエイターとして仕事を募集していることを伝えるのも1つの方法です。

動画クリエイターとしてのスキルや実績をSNSで伝えていると、クライアントから直接連絡をもらえる場合があります。

動画クリエイターとして発信することは、フリーランスや副業で仕事を得たい方にはおすすめです。

③クラウドソーシングで案件を探す

クラウドソーシングとは、インターネット上の仕事のマッチングサービスです。
有名なサービスにCrowd WorksLancersがあります。

動画クリエイターを募集しているクライアントと、フリーランスや副業で仕事を獲得したい動画クリエイターをマッチングしてくれます。

5%〜20%の手数料は取られますが、契約や入金がしっかりと確約されているので安心して仕事をすることが可能です。

④スキルマーケットに出品する

スキルシェアマーケットでは、動画クリエイターとしてのスキルをネット上で販売します。
有名なサイトにcoconalaスキルクラウドがあります。

スキルシェアマーケットでは、さまざまなメニューを出品できます。

  • 動画の企画や構成から行う場合
  • 動画の編集だけの場合
  • 企画から編集まで全て受ける場合 など

 

自分のスキルによってメニューを分けて出品してみましょう。

基本的には、選んでもらうサービスなので継続的な案件は見込めません。
スキルシェアサイトの利用は副業として取り組む方がおすすめです。

動画クリエイターに必要なスキル

動画クリエイターに必要な基本的なスキルは「プロデュース力」「ディレクション力」「動画編集スキル」の3つです。

そのほかにも、

  • 英語力
  • コミュニケーション力
  • 提案力
  • 問題解決力

などがあると、動画クリエイターとして活動するにあたり重宝するスキルになってくるでしょう。
ここではその4つのスキルについて具体的にご紹介していきます。

英語力

動画共有のグローバル化により、動画クリエイターとしてステップアップするのに英語力は必須です

英語力があれば海外での最新トレンドに対して、日本語に訳されたものを待つよりも先に、自分でリサーチして情報をキャッチできます。
また動画編集ソフトの中には、メニューなど英語表記のものもあります。

英語力があればソフトも使いやすくなるでしょう。

コミュニケーション力

動画の制作を受けた場合、クライアントとのコミュニケーションが必要になります。

またチームで動画制作をする場合は、チーム間のコミュニケーションが重要です。

報連相をしっかりできる関係や周りとのコミュニケーションがうまくいくと、動画制作の仕事も順調に進みます

日頃から人と接する機会を増やしたり、コミュニケーションに関する本を読だりしましょう。

提案力

動画クリエイターには提案力が重要です
クライアントがいる場合は、そのクライアントへの企画の提案をする必要があります。

チームで動画制作する場合は、企画や構成などを提案します。

  • 自分がどんなスキルを持っているのか
  • 何をできるのか
  • どんな作品を作りたいか

 

上記を明確にして、クライアントにアピールしてみましょう。

問題解決力

問題が発生した場合に対処できるよう、問題解決に導く問題解決能力も動画クリエイターには必要です。

問題解決能力とは起こった問題を分析し、原因を洗い出し対応する能力です。

その後、同じような問題が起こった際に対応可能な解決策を練りましょう。

独学で動画クリエイターになることは可能!

独学でも動画クリエイターになれます。

動画クリエイターを独学で目指す人に対してのロードマップは以下がおすすめです。

 

  • 本やWebサイトで学ぶ
  • 動画で学ぶ
  • 実際に作ってみる

 

体系的に学びたい人、1人で学ぶことが苦手な人にはオンラインスクールなども検討してみてもOKです。

動画クリエイターのスキルを独学で行い、自分のこだわりの動画を制作しましょう。

または仕事を1つ獲得することもおすすめです。

まずは1本の動画を制作することから始め、動画クリエイターとして経験を積みましょう

動画クリエイターとして積んだスキルを生かしたいなら、サムシングファンで働いてみませんか?

サムシングファンで一緒に働いてみませんか?採用・求人情報
動画編集を仕事にしたいなら
動画クリエイターに登録する
サムシングファンで
一緒に働きませんか?

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×