お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料
動画広告セミナーを受講する効果とは?注意点やおすすめ制作会社も紹介

動画広告セミナーを受講する効果とは?注意点やおすすめ制作会社も紹介

最近は動画サイトで広告を見る機会も多くなってきました。

「うちの会社も動画広告を出したいけれど、やり方が分からないのでセミナーを受けてみようと思う」

と考えている方も多いのではないでしょうか?

確かに動画広告は、適切に運用していかなければ効果を最大に発揮できません。

そんな動画広告のセミナーを受けようと考えている方に向けて、動画広告自体のメリットやセミナーを受けることで得られる効果などについて詳しく解説していきます。

動画広告の時代が到来

動画広告の時代が到来世の中は動画広告全盛の時代です。

特に若年層はテレビを視聴せずYouTubeばかり見ているという人もいるほどで、YouTubeでの広告効果はテレビにも引けを取らないほどになってきています。

その背景にはスマートフォンでの動画再生が一般的になってきたことが関係しています。

従来はパソコンのあるデスクに座った状態で動画サイトを閲覧しなければなりませんでした。

しかし、現在ではスマートフォンでいつでも動画が見られるため、移動中や隙間時間に簡単に動画を再生できます。

そのため、動画広告も露出の機会が増え、テレビに引けを取らないほどの効果が得られるのです。

動画広告の市場は急速に成長しており、今後も成長し続ける見込みです。

動画広告のメリット

動画広告のメリット動画広告は広告主にとって大きなメリットをもたらします。

その大きな要因が下記の3つです。

  • 掲載費用が他のメディアに比べ安い
  • 広告の作成費も低い傾向にある
  • 解析が容易

メリットについて理解しておけば、動画広告がいかに効果的なものかわかるはずです。

順番に解説していきましょう。

掲載費用が他のメディアに比べ安い

動画広告は掲載費用が他のメディアに比べて安い傾向にあります。

テレビCMや新聞広告などは、不特定多数の人に目に触れる代わりに、広告費用は莫大です。

その一方で動画広告は、広告に関連性のあるユーザーのみに表示を限定でき、広告費が安くつきやすいのが特徴です。

ウェブブラウザでは、ユーザーが興味を持つジャンルや年齢などのデータを収集しています。

そのデータに基づいて関連性のあるユーザーのみに広告が表示されるように設定できるのが動画広告です。

動画サイト大手のYouTubeでは上記の特徴に加え、広告をクリックした人のみが広告掲載料の対象となるので、広告に興味を抱いた人のみに料金を支払う仕組みとなっています。

このように動画広告では、広告に興味のある人にダイレクトに訴えかけられるため、他のメディアよりも広告掲載費を大幅に削減できるのが特徴です。

広告の作成費も低い傾向にある

動画広告は広告の制作費も低い傾向にあります。

広告会社に制作を依頼した場合であっても、最も安い価格帯であれば、10万円以下という低料金でも動画広告を作成できてしまいます。

もちろん動画広告を自分たちで作成すれば、費用はもっと押さえられるでしょう。

ただし自分たちで作成する場合は、それなりのリサーチや撮影・編集の技術が必要になるので注意が必要です。

広告の制作費が低くなる傾向にあるのは、対象とするユーザーの範囲が狭いため、極端に目を引く派手な演出を加えなくていい点が大きく影響しています。

シンプルな演出でも対象とするユーザーに興味を持ってもらえればいいため、演出を作り出す費用が安くて済むのです。

広告掲載費と制作費の両方が安くて済むため、広告に予算を割くのが難しい中小企業であっても広告を出しやすいのが動画広告の魅力です。

解析が容易

広告を掲載して、どれぐらい効果があったかを解析するのはとても大切です。

しかし、テレビCMや新聞などの広告では、どんなユーザーがどこまで反応してくれたのかを計測するのは容易ではありません。

動画広告であれば、ユーザーがどこまで反応したかや年齢層、性別までデータ解析するのが容易

一度広告を掲載したら、その後の反応を解析して、次の広告で改善してさらに高い効果を導き出しやすいのが動画広告の良いところです。

動画広告のセミナーは全体像をつかみたい人におすすめ


動画広告のセミナーは、1〜2時間で動画広告の体系的な知識を身につけられます。

そのことから動画広告がどのようなものなのか全体像を掴みたい方におすすめです。

動画広告を1から学ぶ場合、いきなりマニアックなことから学んでも思うように理解できません。

マニアックなことに関しては、全体像を把握した上で初めて理解できるようになります。

全体像を把握してから細かい部分を学ぶことで、それぞれの動画広告に関する知識がつながるようになり、ビジネスに活かしやすくなります。

各地で開催されている動画広告セミナーの効果は?

各地で開催されている動画広告セミナーの効果は?

ネット上でよく目にする動画広告のセミナーの効果はどうなのでしょうか。

その効果について簡単に解説していきましょう。

効果1.効率よく動画広告に関することを学べる

1つ目の効果は、効率よく動画広告に関することを学べることです。

動画広告に関しての本はさまざまあるため、独学で勉強することも可能です。

しかし、独学の方法を間違っていれば、思うように動画広告に関するスキルを習得できないかもしれません。

さらに、誤った情報を正しい情報を思い込んで勉強を進めてしまう恐れがあります。

動画広告はビジネスに関わることであるため、独学で誤った情報をそのままビジネスに取り入れてしまえば、売り上げの低下といったマイナスの効果を及ぼしてしまう可能性もあるでしょう。

セミナーの場合、動画広告に関する知識や経験を持つプロフェッショナルな講師が教えてくれるため、効率よく動画広告に関することを学べます

誤った情報を学ぶ可能性も減らせるため、ビジネスでの失敗も防ぎやすくなります。

効果2.モチベーションが下がりにくくなる

セミナーの場合は多くの学習者がすぐ近くにいるため、学ぶモチベーションが下がりにくくなるという効果もあります。

独学の場合、一人で取り組まなくてはならないため、段々と勉強するモチベーションが下がるかもしれません。

しかし、セミナーの場合は全員勉強する目的で参加しているため、モチベーションが下がりにくくなる上に、仲間も作れるでしょう

効果3.最新情報や限定情報が手に入る

セミナーは生身の講師と対面して教わるという特徴があります。

テキスト教材や動画教材の場合は情報が古くなってしまいますが、セミナーの場合は常に新しい情報や限定情報を教えてもらえます

場合によっては、セミナーはその場限りのイベントということもあるため、あまり公開されていないような情報や表立って言えないような情報などを教えてくれるかもしれません。

効果4.すぐに疑問を解決できる

独学の場合、気になったことがあっても質問できる人がいません。

しかし、セミナーの場合は気になったことがあってもすぐに講師に質問できるため、動画広告の理解をさらに深められます

疑問をそのまま放置できないようになっているからこそ、積極的に動画広告のことを学びたい方にとって、セミナーは魅力的なものでしょう。

動画広告セミナーを受講する際の注意点


動画広告に関するセミナーは、効率よく勉強できたりモチベーションが下がりにくくなったりなどのメリットがあります。

ただし、何となくセミナーを受講するのはおすすめできません。

セミナー受講にあたって、注意点があります

もしこれから動画広告セミナーを受講しようと思っているのであれば、以下の注意点を把握した上で受講するかどうか考えましょう。

動画制作のセミナーを受けてもマンパワーが足りなくなる

動画広告セミナーを受けて、知識をつけたとしても動画広告を作成するリソースが足りなくて結局うまく活用できなかったという場合が多くあります。

動画広告を作成するには、マーケティングや映像、コピーライティングなど様々なスキルが必要になってきます。

これらを小さな会社の担当者が一人で請け負ったりするのはなかなか困難と言えるでしょう。

専門的な技術をすでに持っているというのであれば、話は変わるかもしれませんがこれから動画広告を出そうと考えているのであれば、動画広告セミナーだけ受けて広告制作に入るのはあまりおすすめできません。

動画広告を作成するにはスキルとマンパワーが必要ということを忘れないでおきましょう。

トレンドを追えなくなってしまう

動画広告は進化が早く、トレンドに追いついていなければなかなか効果を発揮できる広告を作成するのは難しいです。

動画広告の活用方法を熟知していても、しばらくするとトレンドが変わってしまって、それを勉強するためにまた時間が必要という悪循環に陥ってしまいます。

専門のスタッフがいるのであればそれも可能かもしれませんが、本業が他にあるスタッフが担当しようと思ってもなかなかそこまでの対応は難しいでしょう。

動画広告セミナーを受けるのであれば、専任のスタッフやチームを作るぐらいの覚悟でないと効果の高い広告を作成するのは難しいはずです。

動画広告のセミナーを受講しただけで内製化はできるのか?

結論として、動画広告のセミナーを受講しただけで、動画広告を自社で制作および運用するのは難しいです。

理由としてセミナーを受講しただけで成果を出すためのノウハウを得ることはできない上に、自社で動画広告を作って運用する際の作業工程が多いためです。

特に初めて取り組む場合、セミナーを受講したとしても思うように作業できず、予想以上に時間がかかったり、効果が得られなかったりするかもしれません。

動画広告を内製化するか外注化するかのチェックポイント

動画広告を内製化するか外注化するか悩んでいるのであれば、以下のチェックポイントを参考にしてみましょう。

  • コスト
  • リソース
  • 人材

もし動画広告に対する予算が少ない場合や動画広告の専任チームを作るためのリソースが少ない場合、また動画広告に関する知識やスキルを持っている人材がいない場合には、外注化がおすすめです。

そのような状態で内製化しても、動画広告のクオリティが低くなったり、作業時間がかかったりする恐れがあります。

もちろん、外注化する際にはコストがかかります。

ただ、無理に内製化して低クオリティの動画広告が完成してしまうよりも、外注化して室の高い動画広告を作ったほうが効果的な成果を得られやすくなるでしょう。

動画広告を始めるなら制作会社に運用を任せる方法がおすすめ

動画広告を始めるなら制作会社に運用を任せる方法がおすすめ動画広告セミナーを受けたとしても、動画広告を作成したり、運用したりするのは難しいことがわかりました。

「じゃあどうしたら動画広告を活用できるの?」

と考える方におすすめなのが、広告運用が得意な制作会社に制作から運用まで任せてしまう方法です。

制作会社に依頼すれば、コピーライティングやナレーションなどの専門的な内容であっても、全てプロに任せられます。

加えて、広告運用にも手馴れているので、最適な運用方法や分析もしてくれます。

短期間ではなく、中長期的な広告運用をしていきたいという方には、制作会社に動画広告の制作から運用までを任せるのがおすすめです。

動画広告の外注先を選ぶ際のチェックポイント

動画広告を外注するのであれば、しっかりと外注先を選ぶことが大切です

この際、選ぶ際のチェックポイントとなるのが以下のとおりです。

  • 費用
  • 制作実績
  • サービスやアフターフォロー

費用に関しては、相場や自社の予算などと比較しながら決めていくことが大切です。

ついついリーズナブルなところを選びたがるかもしれませんが、その分作品の質が低い可能性もあるため、安いだけで判断するのはおすすめできません。

また、制作実績も重要なポイントですが、自社が作りたい動画広告の実績があるかどうかチェックするのが大切です。

例えばアニメーション形式の動画広告を作りたいのであれば、アニメーション制作を得意としているところに任せるのがおすすめです。

他にも、制作会社が設けているサービスやアフターフォローもチェックしておきましょう。

具体的な内容は会社次第ですが、例として納品後の修正サービスといったことが挙げられます。

動画広告の制作・運用が得意な制作会社5選

ここからは動画広告の製作・運用が得意な企業を厳選して5社紹介していきます。

株式会社サムシングファン

株式会社サムシングファン出典:サムシングファン

■会社所在地
東京オフィス東京都千代田区九段南3-1-1久保寺ビル7階
大阪オフィス(自社スタジオ・編集室)大阪府大阪市福島区福島1-4-40JBSL梅田ビル4F

株式会社サムシングファンは、映像制作と映像活用を得意としている企業です。

動画勝手に力を入れており、自社のサービスである「DOOONUT(ドーナツ)」は、動画を「作る」から「使う」がコンセプト。「Dooonut」は動画マーケティングを強力にサポートしてくれます。

本格的な動画広告の作成とマーケティングのどちらも捨てられないという方におすすめです。

なお、株式会社サムシングファンではYouTubeにてこれまでの制作実績を多数紹介しています。

どのような作品を作ってきたのか知りたい方は、ぜひYouTubeチャンネルをチェックしてみてください。

株式会社サムシングファン公式YouTubeチャンネル

株式会社グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブ出典:グラッドキューブ

■会社所在地
大阪本社大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7新瓦町ビル8F
東京本社東京都港区赤坂8-11-37いちご乃木坂ビル5F

株式会社グラッドキューブは、広告運用を主にしている企業です。

動画広告の制作・運用も得意としており、動画制作した後のプランニングにとても強いのが特徴です。

動画広告だけでなくSNSなどの運用にも長けているので、複合的な広告アプローチも得意としています。

株式会社グラッドキューブは、広告運用に特に困っているという方にはおすすめです。

株式会社リスティングプラス

株式会社リスティングプラス出典:リスティングプラス

■会社所在地
東京都新宿区西新宿6-24-1西新宿三井ビルディング4階

株式会社リスティングプラスはコンテンツマーケティングを得意としている会社です。

YouTubeの広告運用も得意としており、リスティング広告と動画広告の相乗効果で売上アップできる仕組みが魅力。

他のコンテンツと合わせて動画広告を運用していきたいという方におすすめです。

株式会社PLAN-B

株式会社PLAN-B出典:PLAN-B

■会社所在地
大阪本社大阪市西区新町1-28-3四ツ橋グランスクエア6階
東京本社東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー33階

株式会社PLANBは、検索エンジン大手のGoogleの公式パートナーです。

信頼できるWebマーケティングのスキルは、当然動画広告にも活かされています。

動画広告視聴後の適切な導線設計を求めているなら株式会社PLAN-Bがおすすめです。

株式会社GlobalJapanCorporation

株式会社GlobalJapanCorporation出典:GlobalJapanCorporation

■会社所在地
東京オフィス東京都千代田区内神田1-8-9フォーチュンスクエア(福田ビル)2階
札幌オフィス北海道札幌市中央区北1条西7丁目1広井ビル2F

株式会社GlobalJapanCorporationは、3000社以上に選ばれ続ける動画広告会社。

低価格の対応が魅力で、動画制作もプランがあり分かりやすい価格で、動画制作を依頼できるのが魅力です。

多言語に対応できるため、海外向けの広告も依頼しやすい点も高ポイント。

まとめ:納得の動画広告運用はプロの手で

本格的に自社で動画広告の制作や運用を進めるのであれば、動画セミナーもいいかもしれません。

しかし、本業の片手間で、動画広告の制作や運用をすすめるのはなかなか困難です。

手間をかけず納得のクオリティで動画広告を作ってもらったり、分析結果から最適なアクションを起こすためには、プロの手に任せるのが最適です。

これから本気で動画広告作成や運用をはじめると心に決めた方以外は、プロのスキルをうまく使って行きましょう

現在、企業向けに売り上げアップのための動画DX活用法を公開中です。ぜひ下記バナーよりチェックしてみてください。

この記事の監修者

若林 農

株式会社サムシングファン/大阪動画戦略部 マネージャー 1978年 京都生まれ。 関西大学・マスコミュニケーション学専攻。 卒業後、現在に至るまで映像業界で20年以上のキャリアを積み、 企画から演出、編集までをこなす。 また、ジャンルを問わず企業動画からコマーシャルまで幅広く対応出来る、 万能ディレクター。

売上を UP するための『動画 DX®』活用法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエイター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績