お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

効果の出る採用動画はこれ!制作ポイントや事例、おすすめの動画制作会社を紹介

企業と採用希望者にとって大きな役割を果たしているのが採用動画。

採用動画は、採用希望者にとっても企業の知りたい情報がわかりやすく見ることができます。

紙面で見るより動きがある動画の方が伝わりやすいことから、最近では、多くの企業が採用希望者に対して動画を制作し配信することもあります。

今回は、採用動画とは何か、メリットや制作ポイント、おすすめの制作会社についてご紹介いたします。

目次

採用動画の種類は3つ

採用動画とは?企業にとっては今や欠かす事のできない採用動画。
人材を集めるためには会社への理解が必要です。

そこで役立つのが採用動画!
はたして、どのような内容なのでしょうか?

以下の3つが採用動画でよくある形式です。

  1. ブランドイメージ動画
  2. インタビュー形式
  3. 会社説明動画

    それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

    採用動画の形式1:ブランドイメージ動画

    採用動画では、企業の取り扱う製品のコンセプトや伝えたいメッセージを言葉ではなく音楽や景色、人物などによって表現したメッセージ性のある動画があります。

    映像にすることで、直感的に人の心に残り企業の知名度アップにつながることも。

    お洒落で素敵な内容にすることで、若い層に支持を受けやすく、採用する企業も良い人材の確保が期待できます。

    採用動画の形式2:インタビュー形式

    社長や社員がインタビューされながら会社をアピールするのもよくある採用動画の1つです。

    インタビュアーがいろいろな人に会社のことを質問し、どのような業務を担当しているのか、社内の雰囲気など、会社でどのような人が働いているのかということを引き出します。

    インタビュー形式の採用動画は、実際に働く人の言葉なので、求職者にとっては安心感につながる動画ではないでしょうか。

    採用動画の形式3:会社説明動画

    採用動画の中でももっとも一般的なものが、会社説明動画です。

    社長や社員がカメラに向かって社歴や仕事内容、理念、業務内容など、採用を希望する側が知りたい内容を説明します。

    業務中の様子の写真を差し込んだり、グラフやパワーポイントなどを使ったりして、プレゼンのように話すことも。

    採用動画の中でも、会社説明動画は必要な情報を端的に伝える内容になっているため、無駄がなくシンプルに仕上がっているのが特徴といえるでしょう。

    トレンドはインタラクティブ動画

    インタラクティブ動画とは、一方通行でなく、チャットなどを通じて双方向でやり取りできる動画のことです。 動画内にクリックボタンなどを設け、視聴者にアクションを促します。

    今までの動画は、一方的に配信される形式がほとんどでしたが、近年では視聴者を巻き込みつつ、飽きない動画制作がトレンド。 You Tubeの動画内に出現する広告は、視聴者へアクションを促すようにできており、一種のインタラクティブ動画ということができます。

    なぜ今、採用動画が注目されているのか?

    【2021年版】ライブ配信におすすめの東京の映像制作会社10選

    今、採用動画が注目されている理由を3つピックアップしました。

    理由①会社への興味を引くことができる

    動画はテキストよりも興味を引きやすいコンンテンツなので、就活生に効果的にアピールすることができます。
    共感を呼ぶような動画を作成し、最後まで視聴してもらえるようアピールしましょう。

    最後まで動画を見てもらえれば、就活生の志望度が上がりやすくなります。
    最優先の志望先に据えてもらえれば、内定辞退という最悪の結果も免れることができるのです。

    理由②仕事内容をイメージしてもらいやすい

    仕事内容によっては口頭やテキストで伝えることが難しく、実際に働いてみないとわからない、という職種もあると思います。
    仕事内容がイメージしにくいと、実際に業務を始めたときにミスマッチが起こりやすくなります。

    動画でうまく説明できれば、実際にどんなことをやるのか、就活生に的確に伝えることができます。
    ミスマッチによる早期離職を防ぐためにも動画による仕事内容の説明は有効なのです。

    理由③就活生の不安を解消できる

    動画にて、職場の雰囲気や社風を伝えることができれば就活生の不安を解消することができます。
    就活生は、「雰囲気が合わなかったらどうしよう」「未経験でもできるのか?」といった不安を抱えています。

    様々な不安は動画の説明にて解消することができ、ミスマッチによる早期離職を防ぐことができるのです。

    採用動画の事例

    【2021年版】おすすめのライブ配信会社9選!選び方を徹底解説

    採用動画とはどのようなものなのか実際の動画を見てみるとさらによくわかるでしょう。

    採用動画の中にはドラマのようなものや、カッコイイものなどSNSで拡散され話題になる企業もあるほどです。

    採用希望者だけでなく、一般の人が見ても素敵だと思う動画を紹介します。

    1. JINS
    2. アーバンリサーチ
    3. 佐川グローバルロジスティクス株式会社
    4. アクセンチュア株式会社
    5. デルタ工業株式会社

      実際の採用動画の事例を見ていきましょう。

      採用動画の実例1:JINS

      参考:JINS

      若いスタッフが働く様子をイメージ動画形式で表現されている大手眼鏡会社JINS

      穏やかな音楽がバックに流れる中、働く人の目線で会社のことがアピールされている素敵な採用動画になっています。

      カッコイイ採用動画として支持をされています。

      採用動画の実例2:アーバンリサーチ

      参考:アーバンリサーチ

      採用を希望している若い層に人気のブランドのアーバンリサーチの採用動画はメッセージ性のある内容です。

      優しい音楽に合わせて働く人の様子がクローズアップされ、こちらの動画は見た後にどこかほっこりするような内容になっています。

      アーバンリサーチを良く知る人ならブランドのイメージにピッタリの採用動画だと思うのではないでしょうか。

      採用動画の実例3:佐川グローバルロジスティクス株式会社


      参考:佐川グローバルロジスティクス

      新卒採用ムービーでは、社員の1日と題して、仕事の流れを紹介しています。

      ドキュメンタリームービーとなっており、インタビューを交えながら、社員同士のコミュニケーションや福利厚生、顧客との関わり方など、入社後のイメージをふくらませることができます。

      採用動画の実例3:アクセンチュア株式会社


      参考:アクセンチュア

      「モノヅクリ」Engineersと表題された動画では、2人のエンジニアによる仕事内容の紹介動画です。

      上司との関係性、チーム内での体制など、風通しの良い組織のイメージが伝わりやすい動画となっています。

      採用動画の実例5:デルタ工業株式会社


      参考:デルタ工業

      「開発vs製造ラップバトル」というテーマの動画です。 採用動画なのに、熱いラップバトルを展開するという、一風変わった採用動画です。斬新な演出が面白い切り口となっています。

      言いたいことをいい合って、最後は歩み寄るという、カラッとした組織の良さをアピールする内容となっています。

      採用動画のメリット

      採用動画のメリット

      採用動画は企業と採用希望者の両方にとって4つの効果が期待できます。

      以下の4つが主なメリットです。

      1. 短い時間でPRできる
      2. 伝わりにくい業態もイメージしやすい
      3. SNSなどで拡散されやすい
      4. 企業を身近に感じることができる

        それぞれのメリットをチェックしていきましょう。

        採用動画のメリット1:短い時間でPRできる

        採用動画は短時間で採用希望者に会社のことを伝えることができます。

        例えば、会社説明会のようなたくさんの企業が集まる中で、長い時間をかけて自社のことをアピールするのは難しいものです。

        会社説明会のような場所では採用希望者は色んな会社に顔を出し、短時間で採用に関する情報を入手しようとしています。

        長い時間をかけてひとつの会社にとどまることはしないので、印象的でわかりやすい採用動画を流せば、会社に関心を持ってくれるはず。

        採用希望者を惹きつけ、たくさんの応募者を獲得できる可能性が高まるでしょう。

        採用動画のメリット2:伝わりにくい業態もイメージしやすい

        企業の中には業種や取り扱っている商材がわかりづらかったり、紙面では表現しにくかったりする場合があります。

        例えば、普段目にしないような製造業務や、形のない商品などは文章や写真ではうまく伝わりません。

        実際の業務風景や、取り扱い商品の使われている様子などを動きのある動画にすることで、採用を求める側がイメージしやすくなります。

        採用動画のメリット3:SNSなどで拡散されやすい

        採用動画を作ることで企業の情報がSNSで拡散されやすくなります。

        SNSでは言葉で長々と説明するよりも、直感的な動画の方がユーザーの目を引きやすくなるからです。

        SNSに採用動画を投稿することで、採用動画を見た採用希望者、もしくは一般のユーザーが動画に好感を持ち、シェアしてくれる場合もあります。

        そして、それを見たまた別のユーザーが興味を持つと拡散される可能性も。

        企業側が宣伝しなくても、ユーザーが代わりに宣伝してくれる仕組みです。

        採用動画のメリット4:企業を身近に感じる事ができる

        採用動画の4つ目のメリットは、動画のような動きのある描写は写真に比べると実際の様子が明確に伝わります。

        働く人の声や、作業の音を入れることで実際に採用希望者が知りたいリアルな映像を見ることができます。

        採用希望者が実際に現場に行かなくても採用動画を見るだけで、社内の雰囲気を体感できるのは大きいですよね。

        採用動画があることで多くの人に企業のリアルが伝わるのも大きなメリットでしょう。

        採用動画を制作するときのポイント

        採用動画を制作するときのポイントそれでは、採用動画を制作するためにはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

        効果的な採用動画を作るために覚えておきたいポイントについてご紹介していきます。

        押さえておきたいポイントは以下の3つです。

        1. ターゲットを明確にする
        2. 動画の種類や構成を決める
        3. 制作方法を決める

          それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

          採用動画を作成する際のポイント1:ターゲットを明確にする

          採用動画を制作するときは、伝えたいことがぼやけないよう注意が必要です。

          1. 動画の目的
          2. ターゲット層の決定

            この2つをまずは決める必要があります。

            例えば、採用希望者を新入社員に絞るのであれば、若い層に印象づける採用動画作りをすることが大切になります。

            音楽や動画に使う音楽や背景を若い層が好むようなものにしたり、仕事への意欲が出るような内容を盛り込んだりするなどの工夫が必要です。

            また、モデルは実際に働いているスタッフを採用することで、見る側に親近感を与えることができます。

            採用動画を作る時は、誰に対して何を伝えるのかを設定して作るようにしましょう。

            採用動画を作成する際のポイント2:動画の種類や構成を決める

            採用動画作りの目的、ターゲットが決まれば次は構成です。

            伝えたいことをどのような方法で動画にするかを決めましょう。

            会社説明動画、インタビュー形式、プロモーション動画など採用動画の種類によっても構成は異なってきます。

            <会社説明形式>

            1. 無駄なく説明される
            2. 制作しやすい
            3. 採用希望者にわかりやすい

              <インタビュー形式>

              1. 採用後、実際に働く姿をイメージできる
              2. 経営者の想いや会社の理念が伝わる
              3. 仕事の内容がイメージできる

              <プロモーション形式>

              1. カッコイイ、おしゃれな仕上がりにできる
              2. 採用希望者にインパクトを与えることができる
              3. SNSなどで話題になりやすい

                どのような構成にしたいかによって、選ぶべき採用動画の種類も異なってくるので、この段階で構成はある程度練っておく必要があります。

                採用動画を作成する際のポイント3:制作方法を決める

                採用動画は自社で作る場合と、プロに依頼して作る場合があります。

                <自作の場合>

                1. コストが安い
                2. 機材調達や人員確保が面倒
                3. ユニークな動画に仕上げられる

                <プロに依頼する場合>

                1. 完成度の高い動画に仕上げられる
                2. コストが高い
                3. イメージ通りの動画になりやすい

                  動画を自社で作る場合とプロに依頼して作る場合を比較して、制作方法を決めると良いでしょう。

                  採用動画を制作してくれるおすすめの動画制作会社

                  採用動画を制作してくれるおすすめの動画制作会社採用動画をもっとカッコよく作りたいならプロに頼むのがおすすめです。
                  会社のイメージをよりわかりやすく伝える採用動画を制作してくれるおすすめの会社は以下の3つです。

                  1. サムシングファン
                  2. ピットセンス
                  3. ヒューマンセントリックス

                    それぞれの動画制作会社について詳しく見ていきましょう。

                    おすすめの動画制作会社1:サムシングファン

                    引用:サムシングファン

                    採用動画の制作を依頼するなら専門性の高い動画制作会社の選ぶようにすると良いでしょう。

                    サムシングファンはクレーンやレール、サーモグラフィや高速度撮影用カメラなどの最新の機材を使って撮影することができます。

                    スタジオ設備が充実しているためスタジオ内リアルな撮影が可能です。

                    また、アニメ―ションやCGなどの技術力もあるため、ユニークな映像編集ができます。

                    採用希望者にインパクトを与える動画を作ってくれるでしょう。

                    サムシングファン制作の採用動画:木戸紙業株式会社

                    普段目にすることのない業務内容について説明されている木戸紙業株式会社の採用動画。

                    採用希望者が気になる仕事内容がテンポ良く流れることで、新卒の採用希望者にも理解しやすくなっています。

                    サムシングファンについての詳細はこちらから

                    おすすめの会社2:クレボ

                    おすすめの会社2:クレボ

                    引用:クレボ

                    実写からアニメーションまで幅広いジャンルの動画を手掛けているクレボ。

                    大きな特徴は自制作管理ツール「Crevo Base」を使って動画制作をするため、動画制作に関するやり取りやスケジュール管理、動画制作の進行や管理などをまとめて一括管理することができる点です。

                    そのため、採用動画を作る時間が短縮されます。

                    クレボ制作の採用動画:司法書士法人A.I.グローバル

                    アニメーションで業務内容を伝えている司法書士法人A.Iグローバルの採用動画です。

                    堅いイメージの法律関係の仕事をアニメーションで表現すると身近に感じます。

                    法律関係の仕事に関心がなかった採用希望者にも伝わる動画ですね。

                    クレボについての詳細はこちらから

                    おすすめの会社3:ヒューマンセントリックス

                    おすすめの会社3:ヒューマンセントリックス

                    引用:ヒューマンセントリックス

                    ヒューマンセントリックスの特徴は、動画作りの企画から制作、配信、などサポート体制が充実していること、そして、動画制作の追加費用が発生しません。

                    プロに依頼したら高くなるかもしれない、という不安が解消されるのは嬉しいですよね。

                    ヒューマンセントリックス制作の採用動画:スーパーストリーム社

                    スーパーストリーム株式会社の採用動画は、一般的に多い社員や社長のインタビュー形式で展開されています。

                    会社の日常や業務内容は働く人の声で伝えることでよりリアルになります。

                    採用希望者はどのような職場で、どのような仲間と一緒に働くかということは採用動画を見て判断することになるため、わかりやすい内容が求められます。

                    ヒューマンセントリックスの詳細はこちらから

                    まとめ:採用動画は一番伝えたいことを強調することがポイント

                    まとめ:採用動画は一番伝えたいことを強調することがポイント採用動画は企業の良さをいかに採用希望者に伝えるかにかかってきます。

                    どのような事を伝えたいのかを短い時間でいかに伝えるかということが重要です。

                    企業理念、社員の福利厚生、働き方、誇れる商品など打ち出したいことはたくさんあるでしょう。

                    全てをまんべんなく詰め込んでしまうとぼやけた動画に仕上がってしまうので、どうしても伝えたいことを印象づける採用動画を作成するのがポイントです。

                    セルフで採用動画を作る場合もプロに依頼する場合も企業のイメージと伝えたいことがブレないようにすることが大切。

                    採用希望者が「働きたい!」と思える採用動画作りに成功すれば、良い人材の確保につながるでしょう。

                    なお現在、動画を使ったマーケティング方法についての情報を公開中です。興味のある方は、下記バナーよりご確認ください。

                    売上を UP するための『動画 DX®』活用法

                    Related Articles

                    関連記事

                    資料をダウンロード
                    24時間受付中!
                    動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績