お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
Web採用で面接活況!オンラインでの採用が進んでいる理由とは?

Web採用で面接活況!オンラインでの採用が進んでいる理由とは?

企業活動の中で「採用」は最も大切な分野の1つです。

昨今の新型コロナウイルスの影響を受けても、新卒の採用活動を遅らせる企業はほとんどありません。

しかしながら、リクナビやマイナビなどの合同企業説明会や、中途採用のイベントは軒並み中止となりました。

そこで注目を浴びているのが「Web採用」です。

インターネット環境があれば自宅からでも面接ができるとあり、多くの企業で導入を急いでいます。

このページでは、これからWeb採用を進めていこうという企業に向けて、 Web 採用を行うメリットや注意点、採用までの流れを説明していきます。

コロナに負けるな!企業のコロナ対策に有効なオンライン配信特集

Web採用が進んでいる背景

Web採用が進んでいる背景今後さらに一般的になっていくであろう「Web採用」ですが、なぜ近年になって急速に進んでいるのでしょうか。

それはインターネットの普及と新型コロナウイルスが関係しています。

インターネットの普及

スマートフォンやパソコンが今ほど普及してない一昔前であれば、実際に企業に足を運んで説明会に行ったり、先輩社員に会って話を聞くのが一般的でした。

この場合、地方の学生が首都圏の企業に就職したい場合は、面接のたびに長距離移動をすることになります。

しかし今は1人1台スマートフォンを持っているのが当たり前の時代です。

企業説明会や面接なども移動の必要がなくなったため、より多くの学生が気軽に就職活動ができるようになりました。

企業としても地方の優秀な学生を採用することが、Web採用を行うモチベーションの1つになっています。

新型コロナウイルスによる「巣ごもり化」

これまでは Web 採用は便利だからという理由で使われていました。

しかし新型コロナウイルスの発生によって、 Web 面接は強制的に導入せざるを得なくなっています。

人と人との接触が制限されてしまっているため、企業説明会や面接を対面で行うことができません。

人が家から出られない中でも面接を進める唯一の方法が、オンラインでの面接なのです。

企業がWeb採用を行うメリット

企業がWeb採用を行うメリットここで企業がWeb採用を行うメリットを、今一度まとめてみましょう。

説明会を「いつでも」見られる

企業説明会の動画を録画して配信しておくことで、場所や時間に関係なく視聴できるようになります。

すなわち、より多くの人に自社を知ってもらうことができるため、アプローチできる幅が広がります。

もう一度見たかったり、巻き戻したいというニーズにも対応可能です。

費用や時間をカットできる

Web 採用を行うことで、従来発生していた費用や時間を大幅にカットすることが可能です。

会社説明会を行う場合であれば、それに向けた設営や受付、当日の資料配布、場合によっては会場の予約など様々なことを行わなければなりません。

説明会がオフィスにいながら開催できるという手軽さは、大きなメリットでしょう。

首都圏以外の人も応募がしやすくなる

東京や大阪に頻繁に行くことは時間やお金がかかるため、求職者が応募を見送るケースもありました。

しかしWeb面接に対応すれば、地方の学生であってもオンラインで簡単に面接を進めることが可能です。

企業から見れば、より優秀な学生を採用できる可能性があります。

一般的なWeb採用の流れとは?

一般的なWeb採用の流れとは?Web採用の流れを見ていきましょう。

企業によって異なる点も多々あるため、あくまで参考にしていただけたら幸いです。

1.オンライン説明会

オンライン説明会は企業と求職者が最初に接点を持つポイントです。

オンラインでどのようにして自社の雰囲気やメリットを伝えるか、考える必要があります。

ライブ配信形式で双方向のコミュニケーションを行うこともできますし、説明会に来れなかった方向けに録画配信することも可能です。

2.Webテスト 適性検査

パソコンからSPIや適性検査を受けてもらいます。

Web 採用でも対面形式の採用であっても、本段階はオンラインで行うことが一般的です。

3.Web面接

対面ではなくオンライン上で面接を行います。

面接時間は30分から1時間で、対面での面接と同様の流れで進んでいきます。

面接の服装に関しては、その会社の業務に適したもので臨むことが必要。

企業によって異なりますが、一般的に1~3回ほどオンラインでの面接が行われます。

4.オンラインor対面での最終面接

会社説明会から最終面接までを全てオンラインで行う企業はまだ少ないようです。

会社と求職者がお互い顔を合わせることで、オンラインでは伝わらない会社の雰囲気や性格を判断するためだと考えられます。

Web採用の注意点

Web採用の注意点ウェブ採用は多くの方にアプローチができ、時間や費用などを削減できたりといったメリットがありました。

一方で、採用を行う上では注意しなければならない点もあります。

ここでは筆者の実体験を踏まえながら、代表的な点を2つお伝えしていきます。

お互いに雰囲気が伝わりにくい

確かにオンライン上ではお互いの顔も見え、対面と同じように会話をすることが可能です。

しかし実際に求職者の人と会うと、これまでのイメージとは違ったというケースがあります。

これは求職者も同じで、会社を訪れてみて思い描いていた企業ではなかったという感想を持つ方もいるでしょう。

両者のすれ違いをなくすために、オンライン面接の中でお互いを知る努力をする必要があります。

ネット環境が悪いと面接が中断する場合も

Web面接をスムーズに行うためには、インターネット環境が非常に大切です。

途中でインターネットが切れてしまうと、またやり直しになったり、時間が押してしまったり、面接の雰囲気もお互いにとって良くなくなってしまうでしょう。

企業、そして求職者の両者が快適なインターネット環境にいることがスムーズなWeb面接の必要条件です。

Web採用をするために必要なこと

Web採用をするために必要なことWeb採用を導入するにあたり、企業としてしなければならないことを3点お伝えします。

オンライン採用ページの作成

新卒や中途採用の方が必ず確認をするのが、企業の採用ページです。

「どのような人材を求めているのか」「この企業は私に合いそうか」などを採用ページを通して見極めています。

採用ページの中でエントリー方法や、説明会参加への呼びかけ、会社紹介プレゼン動画などを用意しておくと良いでしょう。

採用動画の作成

採用ページを拡充するためには、動画コンテンツがあると更に良くなります。

文字だけの情報よりも、動画の方が理解しやすいですし、短時間で多くの情報を届けることができるでしょう。

採用動画は先輩社員のインタビューや、業務内容のプレゼン、社長からの挨拶など様々です。

ZoomやSkypeなど、オンラインツール

Web 作業を進めていく上で、ウェビナーツールの活用を進めていかなければなりません。

ZoomやSkypeに代表されるウェビナーツールですが、国内外を問わず多くのサービスが存在します。

自社の採用スタイルによっても適切なオンラインツールが変わってくるはずです。

次の章では、Web採用で多くの企業が導入しているオンライン面接ツールを紹介していきます。

Web採用にぴったりなオンライン面接ツール3つ

Web採用にぴったりなオンライン面接ツール3つオンライン会議ツールは国内外を問わず、非常に多くのサービスが存在します。

その中でも筆者が厳選した3つのサービスについて、おすすめポイントや料金プランをお伝えします。

Web採用ツール1. Calling(コーリング)

Web採用ツール1. Calling(コーリング)

Callingは、インターネットの環境があれば URL のクリックのみで簡単にミーティングができるWeb会議システムです。

Callingを使えば、専門機材を揃えたりアカウントを登録する必要はありません。

企業名 株式会社ネオラボ
料金/月

¥59,000/月/5ルーム

¥99,000/月/10ルーム

¥180,000/月/20ルーム

無料体験 あり
公式ホームページ https://www.calling.fun/meeting/kaigi01/

Web採用ツール2. HARUTAKA(ハルタカ)

Web採用ツール2. HARUTAKA(ハルタカ)ハルタカには、直感的で使いやすい機能が充実しています。

初めて訪れるユーザーでも使えるようなシンプルなデザインが特徴的です。

応募者とのやり取りもチャット機能で行うことができるため、メールよりも会話が弾み、求職者の素の部分をより深く知ることができるでしょう。

応募した方を一括で管理でき、選考状況も一目で分かる仕組みになっています。

企業名 株式会社ZENKIGEN(ゼンキゲン)
料金/月 要問合せ
無料体験 要問合せ
公式ホームページ https://harutaka.jp/

Web採用ツール3. WebinarNinja(ウェビナーニンジャ)

Web採用ツール3. WebinarNinja(ウェビナーニンジャ)ウェビナーニンジャの特徴は、 Web 採用を進めていく上で必要な機能が全て整っているということです。

音質や画質のクオリティはもちろんのこと、画面共有や資料のアップロードなどもできるため、より対面に近い形で対話式のコミュニケーションが実現します。

一番下のスタータープランであっても最大100人までの参加者も招待することができるため、求職者との最初のコンタクトである企業説明会などで役立ちます。

企業名 WebinarNinja
料金/月

STARTER $39(約4,100円)

PRO $79(約8,400円)

PLUS $129(約13,700円)

POWER $199(約22,100円)

無料体験 あり(14日間)
公式ホームページ https://webinarninja.com/

 

おわりに:Web採用で面接活況!

おわりに:Web採用で面接活況!このページでは Web 採用を行うにあたり、企業が行わなければならないことを詳しくお伝えしてきました。

Web での採用を行うことによって、地方にお住いの方にもアプローチできる上に、コストを抑えることができるということもわかりました。

「会社の雰囲気をうまく伝える工夫」「音質や画質の良いウェビナーツールの導入すること」の2点を意識することで、 Web 採用の障壁となるポイントを取り除くことができます。

企業の採用担当の方は、このページも参考にしてオンラインでのWeb面接を進めてみてはいかがでしょうか。

コロナに負けるな!企業のコロナ対策に有効なオンライン配信特集

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! お問い合わせする 資料請求 セミナー開催中