お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料
インフォマーシャルとは?基本知識とメリットやデメリットを解説

インフォマーシャルとは?基本知識とメリットやデメリットを解説

「インフォマーシャル」という言葉を聴いたことがありますか?

「なんとなく聴いたことがある…」
「はじめて聴いた!」
という人でも、きっと見たことがあるはず。
なぜなら、インフォマーシャルはテレビで流れる動画広告のことだからです。

では、「コマーシャルとなにが違うの?」と疑問に思われるひともいるでしょう。

そこで今回は、そもそもインフォマーシャルとはなにかを理解し、インフォマーシャルとコマーシャルの違いや、インフォマーシャルのメリット・デメリットについて紹介していきます。

テレビで通販CM制作を考えている方、インフォマーシャル動画の制作をプロに依頼したい方などにもおすすめの内容になっています。
最後まで読めば、きっとインフォマーシャルの基礎知識が身についているはずです。

インフォマーシャルとは?

「インフォマーシャル」とは、“Information(インフォメーション)”と、“Commercial(コマーシャル)”を掛け合わせた造語です。

  • インフォメーション=情報
  • コマーシャル=広告

という意味で、商品やサービスの情報をテレビで紹介する、いわゆるテレビコマーシャルの一種です。

イメージしやすいのは、たとえばテレビで放送される通販番組やテレビショッピング。
テレビコマーシャルの中では、一般的なコマーシャルよりも詳細に商品やサービスの内容を伝えるために使われることが多いです。長いものでは1時間近くかけて詳しく紹介するものもあります。

インフォマーシャルはテレビショッピングのジャンルのひとつとして欧米で生まれたとされ、日本でも通販番組などで古くから定着しています。

そして、インフォマーシャルという宣伝手法があるのは、一般的なテレビコマーシャルとは異なる特徴があるからです。

次の章では、どのような違いがあるのか詳しく紹介します。

インフォマーシャルとコマーシャルの違いを知る3つのポイント

一般的なテレビコマーシャルとインフォマーシャルの違いは、大きく分けて3つあります。

  • 放送尺
  • 発信する内容
  • 期待するCTA(コールトゥアクション)

以下で、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

放送尺の違い

あなたが見るテレビ番組の合間で放送されるテレビコマーシャルは、15秒〜30秒が一般的な尺とされています。
それに比べて、ンフォマーシャルは短いもので60秒、長いものは1時間近くに及ぶものもあります。

それぞれ、短いものは「短尺」、長いものは「長尺」と呼ばれ、ここが一般的なテレビコマーシャルとインフォマーシャルの違いがわかる一番のポイントです。

発信する内容の違い

インフォマーシャルは一般的なコマーシャルよりも放送尺が長いので、視聴者に伝えられる情報量が多くなります。
時間が長い分だけ、商品やサービスの魅力やメリットなどをわかりやすく整理し、しっかり伝える内容になっています。

一方、一般的なテレビコマーシャルは、短い時間で端的に商品やサービスの魅力を伝える必要があるため、視聴者の印象に残る情報や、認知度アップにつながるようなインパクトのある情報を発信する傾向があります。

比較的シンプルな内容で認知を狙うテレビコマーシャルと、情報量の多さで商品やサービスの価値を伝え、視聴者の購買意欲を刺激するインフォマーシャルには、このような違いもあります。

期待するCTA(コールトゥアクション)の違い

CTA(コールトゥアクション)とは、行動喚起のことを意味するマーケティング用語。

ユーザーが起こす具体的な行動のことで、インフォマーシャルでいうところの視聴者の購買意欲を刺激することを指します。

たとえば、コマーシャルは視聴者への認知度アップを目的とした発信するのに対して、インフォマーシャルはリアルタイムに商品やサービスを購入してもらうことを目的としています。

そして、一般的なテレビコマーシャルは15〜30秒という短い時間でどれだけ商品を知ってもらえるかが重要ですが、長尺のインフォマーシャルは、視聴者に対して購買を促す仕掛けや仕組みを設定しやすくなります。

インフォマーシャルは、視聴者にじっくりと映像を見てもらうことで、注文や問い合わせといったアクションをその場で起こしやすい環境を作っているのです。

インフォマーシャルの種類

インフォマーシャルの概念を理解できたところで、具体的な種類を紹介します。

テレビショッピング

商品やサービスにスポットライトを当て、特徴や使用方法など詳しく紹介してくれる、視聴者にはおなじみとなったインフォマーシャルのかたちです。

さらに、購入者や愛用者に行ったインタビューなどを入れたり、初回購入特典などのお得なキャンペーンがあったりと、番組構成にも工夫が見られます。

「いますぐお電話を!」のような決まり文句でクロージングする慣れ親しんだ番組内容など、視聴者が入り込みやすい空間を演出できるのが強みです。

旅番組やグルメ番組

旅行会社などがスポンサーの旅番組、食品会社がスポンサーのグルメ番組など、このような形式の番組もインフォマーシャルのひとつです。

イメージしやすいのは、たとえば、タレントが街を歩く「街ブラロケ」を敢行し、食事処でレポートする「食レポ」を伝える番組。
タレントがおいしそうにお肉を食べたり、ビールを飲んだりする姿を見るだけで、「食べたい!」「飲みたい!」と思ったこともあるはず。

また、このような番組は、地域の宣伝も兼ねたものもあり、「この料理を堪能できるのはここだけ!」のような宣伝を用いれば、それ自体に広告効果があらわれます。

番組内のコーナー

テレビ番組内で、インフォマーシャルのコーナーを設けて情報発信するという手法もあります。
たとえば、番組に出演するタレントがテレビコマーシャル風に、商品を紹介しているところを見たことがあるかと思います。

生放送の場合もあれば、録画した映像を放送する場合もあります。
いずれの場合も、コマーシャルに切り替わったという印象よりも番組を継続して見ているという印象をうけやすいようです。
番組に出演している同じタレントが商品を紹介していることで、コマーシャルというより番組の一部として視聴者が見てくれることもあるのでしょう。

「コマーシャルだから、ちょっと席を外そう」とはなりにくい状況を演出しやすくなります。

キャラバン

複数の企業がひとつの番組のスポンサーとなり、商品を提供する番組形式を「キャラバン」といいます。
1社提供のインフォマーシャルではなく、単独で番組スポンサーになるより、初期費用を抑えて宣伝できるのが特徴です。

キャラバン型の番組では、取り扱い企業の違う複数の商品を順番に紹介していき、出演タレントが実演や感想を伝えるような内容になっています。

ただし、1社提供のインフォマーシャルに比べて、限られた時間内での商品紹介となるため、期待する視聴者のCTAに結びつけるには、時間が足りないと感じてしまうことがあるかもしれません。

インフォマーシャルのメリット

ここまでの内容をもとに、インフォマーシャルのメリットについて、まとめてみましょう!

リアルタイムでの効果

やはり視聴者にリアルタイムで商品やサービスを紹介し、その上で注文や感想もリアルタイムで受け取ることができるというのは、提供者にとっては効率的といえるでしょう。

しかも、今はSNSも日常的に普及しているため、インフォマーシャルが放送された後も情報が拡散される可能性もおおいにあります。

また、番組に出演したタレントにもSNSのフォロワーがいるので、その影響力も考慮できるのは大きなメリットのひとつです。

豊富な情報量

インフォマーシャルの最大の強みである「長尺」の放送時間を利用した、情報量の多さで勝負できます。

商品やサービスの魅力をあの手この手で紹介して、アピールできるのはメリット以外にありません。

番組構成をしっかりと組み立てておけば、おのずと視聴者の心を掴むことができるはず。

視聴者の理解度と購買意欲が高まる

視聴者には、しっかりと商品の使いやすさや使い方を紹介できているので、買う前から理解度は高まっています。

知れば知るほど、提供者と視聴者の間には信頼関係が築かれ、視聴者の購買意欲も促進されていきます。

ここに、商品開発者の思いやここまでの苦労などを物語ったストーリーを見せられたら、視聴者としては「欲しい!」と思ってしまうかもしれません。

インフォマーシャルのデメリット

一方、インフォマーシャルのデメリットはどのような点があるのでしょうか?

制作費や媒体費が高額

インフォマーシャルのデメリットは、製作費、媒体費の高さです。
番組にもよりますが、地上波のゴールデンタイムに放送される番組などでコマーシャルを放送するとなれば、たちまち高額になります。
たとえば、制作費でいえば下記のようなものがあります。

  • 企画・脚本
  • カメラマンやスタッフなどの人件
  • タレントたナレーターへの出演料
  • 収録スタジオのレンタル代

媒体費は、テレビ局にかかる広告出稿費があり、それも放送時間帯や尺によって幅があります。
初期費用に余裕がない場合は、このあたりがネックになるでしょう。

細かいターゲティングが難しい

Web広告では、広告を届けたい人の年齢・性別・居住地域などのターゲティングが可能です。

しかしインフォマーシャルでは、「50代に人気の番組で配信する」といったような大まかなターゲティングは可能ですが、Web広告のような細かいターゲティングは難しいでしょう。

その上、若年層のテレビ離れも進んでいるので、10代・20代へのリーチも困難です。

インフォマーシャルを制作するときのポイント

最後に、インフォマーシャルを制作するときのポイントを紹介します。
インフォマーシャルを制作するときは、以下のことをおさえておきましょう。

  • 番組の最後には、CTA(コールトゥアクション)を挿入する
  • キャンペーンやお得な特典情報を用意して、購買意欲をさらに促進する
  • 効果的なクチコミや、愛用者のコメントを盛り込む
  • 番組構成にストーリー性をもたせて、視聴者の感情を揺さぶるような演出をする

以上のことを意識して、商品やサービスを紹介する動画を制作してみてはいかがでしょうか。

まとめ

インフォマーシャルをプロに依頼しようとお考えの方は、株式会社サムシングファンの動画制作をおすすめします。

気になる方はぜひお問い合わせください。

現在、動画を使って売上アップを図る動画DX活用法を解説しています。気になる方は下記バナーよりご確認ください。

売上を UP するための『動画 DX®』活用法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績