株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

フリーランス動画編集者の始め方&仕事を得る方法を解説

「フリーランスで動画編集の仕事ってどこで募集している?」

「動画編集の仕事って何が必要?」

そんな疑問はありませんか?

動画編集は、YouTubeの市場が大きくなっている今、とても注目されている仕事です。

もちろん、フリーランスとしても挑戦できます。

この記事ではフリーランスの動画編集者が気になる、以下の疑問について解説します。

  • フリーランスの動画編集者になる方法
  • 動画編集の仕事をフリーランスとして得る方法
  • フリーランスで動画編集をするメリットとデメリット

 

特に、未経験で動画編集を仕事にしようとするフリーランスの方に読んでもらいたい内容です。

今回の記事を参考に、動画編集者としての第一歩を踏み出しましょう!

フリーランス動画編集者のお仕事

動画編集の仕事は、撮影した映像や音声をWeb上で動画として公開するために編集する作業です。

YouTubeに投稿する動画の編集だけでなく、動画の間や始まる前に流れる「インストリーム広告」やWebページを見ていると途中で流れる「インリード広告」などを作成する仕事があります。

動画編集の仕事はさまざまな種類があります。
クライアントによって動画の長さや、公開されるプラットフォームが多岐に渡ります。

基本的に、動画編集の仕事を行うには次の3つのスキルが必要です。

  1. カット
  2. テロップの挿入
  3. 効果音・BGMの挿入

 

上記のスキルだけでも、動画編集の仕事がもらえる可能性は高くなります。
とはいえ、クオリティが重要になってくるので、ただスキルがあるだけでは高額な案件を得ることはできません。

カットのスキルひとつにしても、複数の手法があります。
動画編集はスキルだけでなく、センスも求められる仕事です。

※動画編集の仕事内容や、動画編集のメリット・デメリットに関してはこちらの記事をチェックしてください。
動画編集を仕事にしたい人必見!動画編集の仕事内容とメリット・デメリット

フリーランスの動画編集者になる3つの道

フリーランスとして動画編集の仕事をするには、専門のスキルを学ぶ必要があります。

そのスキルを学ぶには、以下のような3つの方法があります。

  • 独学で学ぶ
  • スクールで学ぶ
  • 会社で仕事として経験する

 

順番に解説していきましょう。

①独学で学ぶ

YouTubeやWebサイト、書籍から学ぶ方法です。

最近では動画編集を学べる質のよい動画やサイトがあるので、独学によるスキル取得も可能です。

例えば最近では、YouTubeやWebサイトで動画編集に関する動画が無料で公開されています。
YouTubeでのチュートリアル動画や、実際の編集作業を撮影した動画も見ることが可能です。

基本的にYouTubeやWebサイトは無料です。
いろいろな情報があるので体系的に学ぶことは難しくなります。

しかし、ほしい知識を得られ情報を検索し、自分の知識を増やすことは可能です。
基本的には受け身になってしまうので、継続して学べるかは、その人次第になってしまうでしょう。

書籍は初心者でも体系的に学ぶことが可能です。
動画編集の分野ごとに特化した書籍が出版されているので、学びたい内容を選べます。

オフラインでも学べるので、飛行機など移動中でも学べるのがいいですね。

しかし、質問できないのがデメリットです。
実践的ではないので、知識だけになってしまわないようにしましょう。

本で学んだことを活かし、実際に動画を編集してみることがおすすめです。

②スクールで学ぶ

動画編集のスキルを短期間で学びたい人には、スクールがおすすめです。

通学型だけでなく、オンラインで学べるコースや、通学とオンラインの両方可能なコースもあります。

スクールはプロから学べますし、質問などしやすい環境が整っています。
スクールによっては転職、就職サポートがあるコースを選ぶことも可能です。

デメリットは、費用がかかることです。
月々数千円もあれば、半年で約50万円、買い切りのオンライン講座で約10万円など、金額はさまざまです。

しかし将来的に動画編集者として仕事を受注したいのであれば、先行投資としてよい選択だと考えられます。

③会社で仕事として経験する

フリーランスの動画編集者として、将来的に仕事を得るために、まずは制作会社や広告代理店の動画編集者として働く方法もおすすめです。

未経験であれば、アルバイトなどからのスタートになりますが、正社員や契約社員にステップアップできる会社もあります。

実際の仕事を通して、動画編集のスキルを基礎から学べます

個人では経験できないような、大きな規模の案件にも関われるのがメリットです。

フリーランス必見!未経験でも動画編集の仕事を得る方法4つ

フリーランスとして動画編集の仕事をするには、自分で営業して案件を獲得する必要があります。

この章では、動画編集の仕事を受注する方法を紹介します。

  • クラウドソーシング
  • スキルシェアマーケット
  • 知り合いや友人
  • SNSで集客

 

①クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事のマッチングを行うサービスです。

発注先を探しているクライアントと、フリーランスや副業として動画編集の仕事を得たい人をマッチングしてくれます。

5%〜20%の手数料は取られますが、しっかり入金が確約されているので安心して動画編集の仕事を探すことが可能です。

有名なサービスにCrowd WorksLancersがあります。

②スキルシェアマーケット

スキルシェアマーケットでは、自分の動画編集のスキルをネット上で販売します。

マーケットなので、お客さんとなるクライアントに目を止めてもらわなければ購入してもらえません。

フリーランスでも案件を得られますが、副業として取り組む方がおすすめです。

有名なサイトにcoconalaスキルクラウドがあります。

③知り合いや友人

駆け出しフリーランスの動画編集者が仕事を得るには、まずは知り合いや友人に声をかけてみましょう。

周りにYouTubeチャンネルを開設したい人はいませんか?探してみましょう。

リアルな友人が集まっているFacebookなどで、フリーランスの動画編集者として活動していることを報告することもおすすめですよ。

駆け出しのときは勉強として格安で引き受けると、実際の仕事を通して学んだスキルを実践できます。

④SNSで探す

TwitterなどのSNSで動画編集者を募集していることもあります。

「#動画編集募集」などのハッシュタグを探してみましょう。

SNSは拡散力が強いので、動画編集者として仕事を募集していることを伝えるのもひとつの方法です。

動画編集者としてのスキルや実績をSNSで伝えていると、クライアントから直接連絡をもらえる場合があります。

フリーランス動画編集者の営業方法

フリーランスは待っているだけで仕事は発生しません。

動画編集のスキルや実績を積めたら、経験を活かしさらに周りに営業しましょう。

自分のスキルを知ること、そして提案することが、動画編集の仕事を得る上で大切です。

自分のスキルを知る

基本のスキルはもちろん、自分が動画編集の仕事をする上でどのレベルにあるのか、認識しましょう。

  • どのようなスキルがあるのか
  • どのような経験があるのか
  • どの動画編集ソフトを使用できるのか

 

動画編集の仕事をまだ受注していない人へのおすすめは、自分で撮影した動画を編集することです。

自分で編集した動画を、仕事を獲得するためのポートフォリオとして使用してみましょう。

提案する

フリーランスの動画編集者が仕事を得るためには、自分で提案をしなければなりません。

クラウドソーシングやSNSで募集している案件に対して提案文を送ります。
提案文の内容は、以下の項目を必ず入れましょう。

  • 応募条件に関する回答
  • スキル
  • 実績
  • 納期

 

提案文を送るには、動画編集のスキルだけでなく、文章力やコミュニケーション能力が必要になります。

ぶっきらぼうに内容だけを書くのではなく、「なぜその動画編集の案件に対して興味を持ったのか」を提案文に書いても好印象ですね。

フリーランスで動画編集を仕事とするメリット

フリーランスとして動画編集の仕事をする上で、メリットとデメリットがあります。

ここでは3つのメリットを紹介します。

  • 時間と場所の自由
  • 自分で仕事を選べる
  • 色々なスキルが学べる

 

時間と場所の自由

フリーランスのメリットは、場所や時間を選ばずにパソコン1台で仕事ができることです。

自宅でも、旅行をしながらでも可能です。
会社に行く必要がないので、インターネットと電源があればどこでも働けます。

最近では、ワーケーションの一環としてWi-Fiが安定した宿泊施設も増えているので、旅行好きには嬉しいですね。

自分で仕事を選べる

会社員として動画編集の仕事を請け負うと、好ましくない案件や苦手な分野の動画制作などに取り組まなければならないこともあります。

フリーランスとして働くのであれば、自分と相性のよいクライアントを見きわめた上で仕事を受注できます。

駆け出しの時期はあまり選り好みすることはおすすめできません。
しかし、自分と合ったクライアントと仕事ができることはフリーランスの強みです。

色々なスキルが学べる

自分で営業する必要があるので、提案文を送る文章力がつきます。

また動画全体の企画に関わるのであれば、提案力や企画力も大切です。

チームで動画編集の仕事にのぞむ場合はマネジメント力など、動画編集の仕事をフリーランスとして行うと、さまざまなスキルを身につけられます。

フリーランスで動画編集を仕事とするデメリット

フリーランスで動画編集を仕事するメリットもあれば、デメリットもあります。

この章ではデメリットを紹介します。

安定性

フリーランスは自分で仕事を得なければならないので、仕事の安定性は低くなります。

大きい案件があれば一時的に安定はしますが、長期的な安定を求めるのであれば、継続した案件を獲得する必要があります。
また、国民健康保険の加入や厚生年金も自分自身で支払わなければなりません。

年末調整など、お金まわりの知識が必要になります。

駆け出しのころは単価が低い

未経験から始めた場合は、単価が低いことがほとんどです。

1本4,000円の案件に4時間以上費やしてしまえば、時給は1,000円以下になります。

経験とクオリティが上がれば仕事そのものの受注額は上がり、作業スピードが上がれば時給に換算したときの時間単価は上がります。

よりクオリティの高い動画編集の技術を身につけて、選ばれる動画編集者になりましょう。

自分自身で営業

フリーランスは自分自身で営業しなければ仕事を獲得できません。

コミュニケーションが苦手な方には大変かもしれませんが、フリーランスにとってコミュニケーション能力は、仕事の提案や単価交渉などにおいて重要です。

クラウドソーシングやSNSを使用する場合、お互いの顔が見えないからこそ、より丁寧な対応を心がけるようにしましょう。

まずは動画編集の仕事を1件とってみよう

フリーランスとして動画編集の仕事を取る方法を紹介しました。

動画編集の仕事を得る方法は、以下の4つがおすすめです。

  • クラウドソーシング
  • スキルシェアサイト
  • 友人、知人
  • SNS

 

動画編集の仕事を得るために知識を増やしていくことは大切ですが、まず1件動画編集の仕事を得て、仕事を通して学ぶことがフリーランスにはおすすめです。

フリーランスの動画編集の仕事は、1件受注するところから始まります。
自分のスキルを認識した上で提案することから始めましょう。

動画編集スキルを生かしたい方は、サムシングファンで働いてみませんか?

サムシングファンで一緒に働いてみませんか?採用・求人情報
動画編集を仕事にしたいなら
動画クリエイターに登録する
サムシングファンで
一緒に働きませんか?

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×