株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

動画クリエイターとは?フリーランスでの活動方法と必要なスキル!

YouTuberやInstagramerを始めとする、自身で動画を撮り編集を行う「動画クリエイター」が増えている昨今。
そのため、企業などに属さないフリーランスの動画クリエイターも注目されています。

そこで今回は、動画クリエイターの仕事内容や、フリーランスでの活動方法と仕事獲得方法についてご紹介します。

「フリーランスの仕事に興味があるけど、どうしたらいいの?」
「動画クリエイターについてもっと詳しく知りたい!」

という人は今後の活動の参考としてチェックしてみてください。

動画クリエイターの仕事内容

動画クリエイターとしてフリーランスを目指す上で知っておきたいのが、仕事内容でしょう。
動画クリエイターの主な仕事内容は、以下の3つです。

  • 企画制作をする
  • 撮影をする
  • 動画を編集する

 

それぞれの内容を詳しくチェックしていきましょう。

仕事内容1:企画制作する

基本的に、動画クリエイターとしてフリーランスで働く場合は、複数の作業を一人でこなします。
動画を作る場合、まず始めることは動画の原案作りです。

原案作りでは、企画やストーリーの構成を考えて動画の骨組みを作ります。
このとき、クライアントとしっかり打ち合わせをして、イメージに合う企画案を練り構成を進めていきます。

大まかな構成ができたら制作に必要な予算を組まなければなりません。
撮影に必要な材料や備品など、動画を撮影するためにはお金がかかります。

事前にしっかり収支を把握しておきましょう。

また、撮影場所を確保したり、撮影機材を調達したりすることも、フリーランスの動画クリエイターの仕事の一つです。
当日に「撮影できない!」ということがないように、「TO DOリスト」を作っておきましょう。

仕事内容2:撮影をする

全体のストーリーが完成したら、次は撮影です。
動画クリエイターとしてフリーランスで活動する際は、基本的に自身でカメラ撮影を行います。

特におすすめしたいのは、「GoPro」を始めとする、躍動感のある動画が撮影できるアクションカメラです。

シャッターチャンスを素早く捉えるので写真を撮ることで、視聴者の心を掴めるでしょう。
さらに、手振れを防止する機材「ジンバル」を使えば、スマホでもブレがなく鮮明な動画を撮れます。

※Goproの詳細についてはこちらの記事でチェック!
GoProは最強のアクションカメラ!その凄さとは!?

仕事内容3:動画を編集する

動画を撮影したら次は編集作業です。
動画編集では撮影した動画をカットしたり、繋ぎ合わせたりしてストーリーを作ります。

編集作業はとても細かく手間がかかる作業ですが、この作業をしっかりこなさなければ、イメージ通りの動画は完成しません。

次は、効果音やBGMなど、動画に合った音楽を入れます。
音楽を入れることで動画のクオリティが上がり、視聴者を惹き付けられるからです。

また、音楽系の動画の場合は曲のタイトルや歌詞、説明動画の場合は説明文などの「テキスト」を入力しましょう。

※詳しい動画編集方法はこちらの記事でチェック!
動画編集のやり方を初心者でもわかるように解説!おすすめソフトも紹介

動画クリエイターとしてフリーランスで活動する方法

動画クリエイターとしてフリーランスで活動するためには、どんなルートがあるのでしょうか?
以下の3つがフリーランスで活動する方法です。

  • 企業の下請けをする
  • 自身で営業する
  • 自身でサイトを立ち上げる

 

それぞれの方法をチェックして、自身に合った活動方法を選びましょう。

活動方法1:企業の下請けをする

動画クリエイターとしてフリーランスで活動する際は、企業の下請けから始めてみましょう。
動画制作会社に知人が働いているのなら、仕事を回してもらうのも一つの方法です。

自身で営業をかけるよりも企業の下請けや、知人から仕事を回してもらう方が時間的に短縮できます。
小さな仕事でも数をこなし、実績を積み上げる方が動画クリエイターとして早く独り立ちできるでしょう。

活動方法2:自身で営業する

動画クリエイターとしてフリーランスで働く場合は、自身で仕事を獲得する必要があります。

会社で働いていたときは、何もしなくても仕事が回ってくるでしょう。
しかし、フリーになると待っていても仕事は入ってこないので、自身で営業活動しなければなりません。

クライアントは「あなたがクリエイターとしてどのような仕事をしていたか」という点に注目して、仕事を振るかどうかを決定します。
営業活動の際は、自分をアピールするために今までの実績をまとめたポートフォリオを準備しておきましょう。

活動方法3:自身でサイトを立ち上げる

最近はSNSが普及していることもあり、フリーランスの動画クリエイターとして活躍する人達の場も広がっています。

中でも特に人気が高いのはYouTubeやInstagram、Twitterで活躍するクリエイターです。

自身で立ち上げたサイトや、特定のプラットフォームにて自身のチャンネル内で動画をアップすれば、自分の好きな動画を作れます。
納期に追われることもなく楽しんで活動できるでしょう。

平日は会社で仕事をしている人でも、週末だけ動画クリエイターとして活動する「副業」も可能です。
ただ、収入面については、もっとシビアに考える必要があります。

動画クリエイターだけで生計を立てたい場合は、あらかじめ必要な費用や貯金額の目安、最低限の収入額を把握しておきましょう。

フリーランスで動画クリエイターをするために必要なスキル

「オンライン展示会」写真7フリーランスの動画クリエイターとして働くためには、ある程度のスキルが必要です。

  • 映像編集スキル
  • 撮影スキル
  • コミュニケーションスキル

 

それぞれのスキルをチェックしていきましょう。

必要なスキル1:動画編集スキル

動画編集スキルは、フリーランスの動画クリエイターに必要不可欠なスキルです。
便利な動画編集ソフトを使って編集作業する人が多いですが、それらを使いこなせる知識は求められます。

例えば、CGなどのソフトを使ってアニメーションを作りたいときは、CGの技術や理論なども学んでおくとよいでしょう。
CGソフトの操作は専門的な知識が必要なので、専門の学校に通う人や、ネット講座を受講する人もいます。

動画編集でよく使われるAdobe系のソフトも使いこなせると、なおよいでしょう。

必要なスキル2:撮影スキル

フリーランスで動画クリエイターをしていくためには、撮影スキルも欠かせません。
基本的に、カメラやスマホを使って動画を撮るので、最低限の操作方法はマスターしておく必要があります。

操作方法を覚えたら、被写体をより綺麗に撮影するためのコツや、動きながら撮るときに起こる手振れを防ぐ方法なども学びましょう。
簡単なことかもしれませんが意外と難しいので、「たくさん撮影したのに使える映像がない」なんて場合もあります。

安定した綺麗な映像を撮影すると、動画編集の際に調整やカットなどの作業を省けるので、作業効率がぐんと上がります。
また、カメラアングルや音声の録画方法などの技術も身に付けておきましょう。

必要なスキル3:コミュニケーションスキル

動画クリエイターとしてフリーランスで活動するためには、コミュニケーション能力も必要です。
会社に属しているときは、仕事が急になくなることは滅多にありません。

しかし、動画クリエイターとしてフリーランスで活動する場合は、自身で仕事を獲得しなければなりません。

仕事の受注先を確保するための営業、クライアントとのミーティング、クレームが発生したときの対処など、すべて自分で行うことになります。

フリーランスの動画クリエイターは動画制作のほか、人とのやり取りが必須なので、本格的に活動する前に、現場や書籍を通じて営業スキルや接客業務を学んでおきましょう。

動画クリエイターの仕事に必要なソフト5つ

多くの動画クリエイターは、ソフトを使って作業します。
フリーランスの動画クリエイターが使っている代表的なソフトは以下の5つです。

  • PowerDirector
  • Adobe Premiere Pro(有料)
  • Filmora
  • iMove(無料)
  • Avid Media Composer

 

それぞれの特徴や主な性能を見ていきましょう。

PowerDirecter

初心者から中級レベルの人まで使えるPowerDirecterは、動画クリエイターとしてフリーランスで活動する人にとって嬉しい機能が満載です。

デザイン性に富んだエフェクトやテンプレートが数多く入っているので、素材集めが簡単です。
忙しいフリーランスの動画クリエイターにはもってこいの機能ですね。

 簡単な操作で初心者でもすぐに使いこなせるのも嬉しいポイントです。
カット、タイトル、トランジション、エフェクトに加え、すぐに使える豊富なロイヤリティフリー素材をご用意しています。

また、定期的に追加される新機能、エフェクト、テンプレート、BGM、効果音なども無制限で使用できます。
思い描いたアイデアを作品の中で実現できるでしょう。

Adobe Premiere Pro(有料)

動画クリエイターとしてフリーランスで仕事をする際は、撮影から編集までの作業をすべて一人でこなすことがほとんど。
そこでおすすめしたいのが、Adobe Premiere Proです。

Adobe Premiere Proはクオリティが高い上に使いやすく、「映画のような動画に仕上がる」と大変人気の動画編集ソフトです。

スマートファンで撮影して共有できる付属のソフトが付いているので、どこでも手軽に撮影できます。
撮影した動画はテンプレートに沿って編集可能です。

Premiere Rushというソフトが付いているため、スマートフォンで撮影して、SNSでそのまま配信することもできます。
効率的に作業が進められる動画編集ソフトと言えるでしょう。

Filmora

数多くの動画クリエイターから支持されている動画編集ソフトFilmora
操作方法がわかりやすく、時間のかかる動画の分割や繋ぎ合わせなどの作業もストレスなくこなせます。

一人で何役もこなさなければならない動画クリエイターにとっては、嬉しい機能がたくさん付いています。

通常なら、動きながら撮った動画は手振れが多く、補正も難しくなりがちです。
しかし、Filmoraなら手振れ補正の機能も付いているので、手軽に編集できます。

iMove(無料)

iMoveはiPhoneで動画を撮影して、その場で編集してSNSにアップできるのが特徴です。
YouTubeやそのほかのSNSに動画をアップする動画クリエイターから、かなり人気の高い動画編集ソフトです。

しかも無料の編集ソフトとなれば注目されるのも当然。
無料なのに多くの編集機能が詰まっているのも嬉しいですよね。

トリミングや、取り込んだ動画をカットし繋ぎ合わせる機能はもちろん、動画の演出のクオリティを上げるエフェクト機能や音楽の種類も多いので、初心者の編集者でも映画のような映像を作れます。

Avid Media Composer

Avid Media Composer映画『スターウォーズ』『ララ・ランド』など話題の有名な映画でも使用されていた注目の動画編集ソフトです。
プロとして動画編集の仕事をしている人向きのソフトです。

例えば、動画の変数作業ではたくさんのウィンドウを開いて作業しますが、たくさん開くとほかのウィンドウが見れなくなることがあります。

Avid Media Composerではパネル化しており、見たいウィンドウをドラッグすると拡大できるので、効率よく作業が続けられます。
ただ、説明文が英語なので、熟練の動画クリエイター向きのソフトです。

※PC向けの映像編集おすすめソフトを知りたい人はこちらの記事もチェック!
[2020最新]映像編集おすすめソフト8選(PC向け)

まとめ:仕事をとる、考える、撮る、編集するの4役をこなす動画クリエイター!

動画クリエイターをフリーランスで活動するには、仕事をとるために営業し、企画を考え撮影し、編集までこなす必要があります。

動画編集という作業もしながら、クライアントとの打ち合わせなどのコミュニケーション力も兼ね備えなくてはいけません。

まさに、4役の仕事をこなすことになります。
ただ、フリーランスは自由度が高く、これまでの雇用形態では得られなかった充実感が得られます。

自分の好きな動画を作れますし、納期などの心配もせず作品作りを楽しむこともできるので、動画の仕事が好きな人には最適の仕事でしょう。

サムシングファンではさまざまな動画編集代行を承っています。

ぜひ一度ご相談ください。

動画編集を仕事にしたいなら
動画クリエイターに登録する
サムシングファンで
一緒に働きませんか?

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×