お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
ブランディング動画とは?メリットや事例、制作の注意点まとめ

ブランディング動画とは?メリットや事例、制作の注意点まとめ

「ブランディング動画を作りたいけれど、どういう効果があるんだろう……」

と悩む人は多いのではないでしょうか。

ブランディング動画とは、企業のブランドや商品、サービスなどを伝える映像のこと。
SNSやテレビCMなどで見かけることが多く、認知度アップなどが期待できます。

特に自社商品やサービスの価値を認識したうえで制作すると、新規顧客の獲得などにつながることも少なくありません。

そこで今回は、

  • ブランディング動画の目的や効果
  • 企業がブランディング動画を制作するメリット
  • ブランディング動画の事例
  • ブランディング動画制作のポイント

 

を順に解説します。

今回の記事を参考に、ブランディング動画について大まかに理解していきましょう!

ブランディング動画とは?目的や掲載場所を確認しよう

ブランディング動画とは?目的や掲載場所を確認しよう最初にブランディング動画について、

  • 概要と目的
  • 効果
  • 活用シーン

 

を解説します。

ブランディング動画とは、ブランドの理念や世界観などを伝える映像

ブランディング動画とは、企業のブランドや商品、サービスなどを伝える映像です。

動画では、例えば以下のようなことを伝えます。

  • 理念
  • ビジョン
  • 世界観
  • 商品やサービスの特徴
  • 使用シーン

 

上記を伝える内容であれば、動画の内容やストーリーは問いません。

ブランディングの目的は消費者とブランドのつながりを強くすること

ブランディング動画の目的は、「消費者とブランドのつながりを強くすること」です。
動画を活用して新たなユーザーに自社について知ってもらい、その結果として商品やサービスの価値(ブランド)が伝わることが多いです。

ブランディングはよく「認知度が上がる」と考えられていますが、商品やサービスが有名になるわけではありません。
もともと視聴者にとって価値を感じられる商品の魅力が、動画を通すとより伝わりやすくなるものです。

すなわち「消費者にとって価値のある商品・サービスを作っていること」が前提にあり、動画はその価値を届けるツールにすぎないのです。

「ブランディング動画を制作すれば認知度アップにつながる」という認識は間違いではありませんが、必ずしも効果があらわれるわけではないことは頭に入れておきましょう。

ブランディング動画で期待できる効果の例

ブランディング動画では、以下のような効果が期待できます。

  • 自社の商品やサービスを知っている人が増える
  • 見込み客が増え、商品やサービスを利用する後押しになる
  • 新規顧客を獲得し、気に入ればリピーターになる

 

価値ある商品を提供していた場合に限りますが、最も期待できる効果は「認知度アップ」。
これまでのユーザー以外の性別や年齢、職業の人にアプローチするきっかけとなります。

ブランディング動画を投稿できる場所や活用シーン

ブランディング動画は、以下のような場所で視聴されています。

  • テレビCM
  • YouTubeなど動画サイトの広告
  • TwitterやFacebookの動画広告

企業がブランディング動画を制作するメリット

企業がブランディング動画を制作するメリット続いては、ブランディング動画を制作するメリットとして、

  • 世界観が直感的に伝わりやすくなる
  • BtoBなどにも活用できる
  • シェアや認知度アップによって顧客が獲得できる

 

の3つを解説します。

メリット1.ブランドの世界観などを視覚から直感的に伝えることができる

ブランディング動画を制作することで、商品の世界観や価値を直感的に伝えられます。

動画は映像と音を使うため、文章のように読んで頭で理解する手間がかかりません。
視覚・聴覚から直感的に理解できるぶん、メッセージが伝わりやすくなることが多いのです。

世界観や価値、使用するメリットなども直感的に訴えられるため、視聴者も商品により興味を持ちやすくなるでしょう。

メリット2.文章よりも分かりやすく伝えられるため、BtoBなどにも活用できる

ブランディング動画は、BtoB企業への営業などにも活用できます。

動画は文章よりも理解しやすくなるぶん、目に見えないサービス(無形商材)や、専門知識が必要な機器などの説明もしやすくなります。

製品の特徴や使用するメリット、活用シーンなどもモデルを使ってより具体的に説明できるため、契約に結びつく確率も高くなるでしょう。

自社の動画コンテンツとして制作し、営業時にはブランディング動画としても活用が可能です。

メリット3.SNSのシェアや拡散による認知度アップ、かつ見込み客や新規顧客を獲得できる

SNS上では共感を得た動画がシェア(リツイート)によって拡散されることがあり、より多くのユーザーに視聴されるきっかけとなります。

SNSなどは10〜20代の若いユーザーが特に多く、これまでとは異なるターゲット層に動画が届くことも。
動画広告を何度も見ることで商品を覚えて、必要になったときに利用するであろう「見込み客」になる可能性があります。

ブランディング動画の事例5つ

ブランディング動画の事例5つここからはブランディング動画の事例として、

  • ハズキルーペ
  • macaroni
  • カモ井加工紙株式会社
  • ラヴィマーナ神戸
  • 株式会社ロックオン

 

の5つを紹介しますね。

事例1.ハズキルーペ

ハズキルーペはメガネ型拡大鏡などを販売する企業です。
インパクトのあるテレビCMをシリーズ化して放映しているため、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

複数の動画を制作していますが、「ハズキルーペ大好き」「踏んでも壊れない」など、セリフやアピールポイントは変わっていません。

おもしろい内容やセリフによって多くの人の印象に残りやすくなり、メガネ型拡大鏡の中では高いポジションを獲得しています。

事例2.macaroni

macoroniはレシピ動画やグルメニュースなど食に関わる情報を発信するWebメディアで、株式会社トラストリッジが運営しています。

macaroniのブランドムービーは、さまざまな年代・ライフスタイルの女性がレストランや自宅などで食事をする姿が映し出されていました。
そしてその際に、スマホでmacaroniをチェックしている様子が伺えます。

最後に「何気ないこのときが幸せ」「このきっかけを作るのはmacaroni」と、macaroniがどのような場面で役に立つのか伝えています。

またWebメディアのおしゃれで爽やかな雰囲気に合わせて、動画も明るく、セリフの多くない構成。
2020年7月の時点で、再生回数は約2万9,000回を記録しています。

事例3.カモ井加工紙株式会社

ここからは、サムシングファンの事例を紹介しますね。

カモ井加工紙株式会社は、車両塗装用や建築用テープ、ハエ取りなど捕虫製品、マスキングテープなどを制作している企業です。

養生テープを作られている企業のため、そのテープを使って家を作る職人さんと家で生活する家族のつながりがイメージできる内容にしました。

SNS用の2分の動画となっています。

→詳しくはこちら

事例4.ラヴィマーナ神戸

ラヴィマーナ神戸は、神戸市にある結婚式場です。
実際の会場を使用し、コンセプトである「楽園ウエディングリゾート」を感じられる動画にしました。

大きな特徴は「ワンシーンワンカットで撮影したこと」。
またプロのモデルは新郎新婦のみで、他はスタッフさんにご協力いただきました。

ワンシーンワンカットで会場の様子が分かりやすいうえに、実際のスタッフさんの出演で結婚式の様子がイメージしやすくなっています。

→詳しくはこちら

事例5.株式会社ロックオン

株式会社ロックオン(2019年8月より株式会社イルグルム)は、Web広告や動画広告などマーケティング活動を支援する企業です。

特徴は「会社の雰囲気を伝えるために、社員さまのインタビューを中心にしたこと」。
代表取締役のインタビューと社員の働く様子を交互に映すなど、イメージしやすくしています。

さらにロックオン様のカラフルな素材を生かしたり合成したり、ただ依頼を受けるだけではなく一緒に動画制作を楽しみました。

→詳しくはこちら

ブランディング動画を制作するときの注意点

「ブランディング 動画」写真4次は、実際にブランディング動画を制作するときのポイントとして、

  • 価値を再確認する
  • 動画の種類をあらためて考えておく
  • シェアや拡散には共感と感動を意識する

 

の3つを解説しますね。

注意点1.商品やサービスにおける価値を再確認する

まずブランディング動画では、商品やサービスの価値を再確認しておきましょう。

最初にお伝えしたように、どんな動画を作っても価値がなければ視聴者には響きません。
紙に書き出してみるなど、伝えたい価値を理解したうえで制作することが必要です。

自社の価値をしっかりと認識していると、結果として他社との差別化にもつながります。

注意点2.作りたい動画は「ブランディング型」か「コンテンツ型」か確認する

自社で作るべき動画は「ブランディング型」「コンテンツ型」か、しっかりと確認しておきましょう。

ブランディング型 会社紹介やイメージ映像など、形のない物の魅力や雰囲気を動画で伝える
コンテンツ型 すでにある商品の特徴を分かりやすく伝える

 

会社紹介やイメージ映像を作成したい場合はブランディング動画で問題ありません。
対して、商品の特徴を具体的に、分かりやすく説明したい場合はコンテンツ型動画の方がおすすめです。

商品やサービスの利用に必要なことを見きわめたうえで、動画制作を依頼する方が効果も期待できます。

注意点3.シェアや拡散をねらいたい場合は共感や感動を意識する

ブランディング動画のシェアや拡散を期待する場合は、「共感」と「感動」を意識してみてください。

SNSなどで多くの人にリツイートされる動画は、視聴者の感情に働きかけたものが多いです。
感動すると「これは他の人にも知ってほしい!」と考え、リツイートなどが期待できるからです。

ブランドの世界観に合っていることは前提ですが、ストーリー性のある動画にすると拡散による認知度アップも期待できるでしょう。

ブランディング動画の作り方に悩んだら動画制作会社に依頼しよう

ブランディング動画を制作会社に依頼ここまでブランディング動画についてお伝えしましたが、自社での制作が難しい場合は動画制作会社への依頼がおすすめです。

その理由は以下の3つ。

  • プロによる制作なのでクオリティが高い
  • 企画や構成から相談にのってもらえるため、動画の効果が期待できる
  • 動画制作はプロに任せて、自社では他の業務に集中できる

 

例えばサムシングファンでは、以下のような予算や期間で制作を受け付けています。

制作期間 2〜3ヶ月
予算 50万〜200万円
長さ 1〜3分

※上記はあくまで目安であり、動画の種類や長さによって異なります。

また動画の効果測定ツール「Dooonut」も活用できるため、作って終わりにはなりません。
動画の効果が出ているのか、確認しながら新たな施策を考えるお手伝いも可能です。

興味のある方は、「映像制作実績」からサムシングファンの動画をご確認ください。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

その他のおすすめ制作会社については、以下でも紹介しています。
「YouTube動画の制作会社5選と依頼する前に知りたい5つのポイント」

終わりに:ブランディング動画で自社商品の魅力を伝えて、ファンを増やそう

終わりに:ブランディング動画で自社商品の魅力を伝えて、ファンを増やそう今回はブランディング動画について解説しました。

まとめると、ブランディング動画とは企業のブランドや商品、サービスなどを伝える映像であり、消費者とブランドのつながりを強くすることを目的としています。

ブランディング動画制作には、以下3つのメリットがあります。

  • 視覚と聴覚で理解できるため、世界観が直感的に伝わりやすくなる
  • 文章よりも伝わりやすいぶん、BtoBなどにも活用できる
  • SNSのシェアや認知度アップによって新規顧客が獲得できる

 

また制作のポイントとして、以下の3つもお伝えしました。

  • 商品やサービスの価値を再確認する
  • 動画の種類をあらためて考えておく
  • シェアや拡散をねらうときは共感と感動を意識する

 

自社での制作が難しいときは、動画制作会社への依頼もおすすめです。

今回の記事を参考にしながら、自社のブランディング動画制作を検討してみてくださいね!

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! お問い合わせする 資料請求 セミナー開催中