お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

Amazonで購入できるおすすめのドローンを価格別で紹介

ドローンを購入する際どこで買おうと考えていますか?

家電量販店でもドローンを購入できますが、店頭ではどのドローンがどんなレビューをされているのかわからず、本当にいいドローンを選択するのは難しいですよね。

そんなあなたにおすすめなのが「Amazon」でドローンを購入する方法です。

「Amazonではどんなドローンを購入できるの?」
「価格帯別のおすすめドローンが知りたい」
「ドローンを購入する際のポイントを知りたい」

といった方に向けて、Amazonで販売されているドローンについて詳しく紹介していきます。

価格帯別におすすめのドローンも紹介するので参考にしてみてください。

※Amazonアソシエイト・プログラムとして、サムシングファンは適格販売により収入を得ています。

Amazonで購入できるドローンは初心者向けからプロ向けまで色々

Amazonで購入できるドローンは初心者向けからプロ向けまで色々

Amazonで購入できるドローンは幅広く、初心者向けからプロ向けまで様々です。

数千円程度で販売されているホビードローンから、プロが使用する本格的な空撮ドローンまでラインナップされています。

ラインナップの多さから、自分に合うドローンがどんなドローンかわからないという方も多いはず。

そういった方のために、ドローンの選び方について見ていきましょう。

ドローンを購入する際に確認しておきたいポイント

ドローンを購入する際に確認しておきたいポイント

ドローンの価格帯によっては機能が大きく異なってきます。

どこまでのスペックが必要なのか理解しておけば、自ずと購入すべきドローンの価格帯は決まってくるのでチェックしておきましょう。

チェックしておきたいポイントは下記の3つです。

  • GPS機能
  • カメラ画質
  • プロペラガード

それぞれについて順番に解説していきましょう。

GPS機能

GPS機能とは「Globalpositioningsystem」のこと。

GPS機能を備えていれば、人工衛星との通信でドローンの現在地を測位できます。

この機能を備えていると、ドローンを操作しなくても自動的にホバリングしてその場に留まってくれるので、初心者でも複雑な操作をせずホバリング操作をできてしまいます。

GPS機能は、1万円以下の安いドローンには搭載されない傾向にあるので、安定した操作を行いたい方は出来る限りGPS機能を備えたドローンを購入するようにしたほうがいいでしょう。

反対にドローンをしっかりと操れるようになりたいという方は、GPS機能を備えていない安価なドローンを購入し練習用とするのもいいかもしれません。

実際に、ドローン資格の中にはこういったGPS機能を備えていないドローンを練習用として支給する場合もあります。

必要に応じてGPS機能が搭載されているかどうかチェックしておきましょう。

カメラ画質

価格帯が変わると、大きく変化が出るのがカメラ画質です。

1万円以下のドローンであればカメラは搭載されていない場合がほとんどです。
1万円台程度の価格帯であれは、ドローンに搭載されているカメラはHD画質程度が大半。

3万円前後以上になってくるとフルHD画質の撮影ができるドローンが増えています。

そして、それ以上の価格差になってくると、2Kや4Kといった超高画質での撮影ができるドローンも。

ドローンで動画を撮影してそのまま見るという方は多くの場合、フルHD画質があれば十分と言えるので、フルHDよりも高画質なものは、ほぼ必要ないと言えるでしょう。

2Kや4Kの画質のドローンは、動画編集を行って後からトリミングをする人に適しています。

撮影した動画の用途によって、ドローンに備えられているカメラの画質を選択すれば、持て余さないドローンを購入できます。

プロペラガード

Amazonで販売されているドローンの中には、プロペラガードを備え付けているドローンがあります。

プロペラガードは、ドローンが万が一障害物に接触した場合に、プロペラが障害物に対して直接当たらないようにする役割があり、障害物の多いエリアで飛行する場合は必須といっていい装備です。

一方でプロペラガードはドローンにとって重量のかさばる装備でもあります。

そのため、障害物の少ない開けたエリアでの飛行であれば、ドローンにとってバッテリーを消費する要因となってしまうので注意が必要です。

取り外し式のプロペラガードを備えているドローンであれば、障害物の多いエリアはプロペラガードを装備し、開けたエリアであればプラカードを取り外すという選択ができます。

しかし、取り外しのできないプロペラガードを備えたドローンやプロペラガードが装着できないドローンの場合は、飛行させるエリアを少し考えたほうがいいというのが現実です。

ドローンをどのようなエリアで飛行させるのかによって最適なドローンが変わってくるので、このあたりは想定しているドローンの飛行エリアによって選択すると良いでしょう。

Amazonで購入できる1万円以下のドローン

ここからはアマゾンで購入できるドローンについて価格帯別に紹介していきます。

まずは1万円以下のドローンを紹介していきましょう。
1万円以下のドローいわゆるホビードローンと呼ばれる物が大半です。

とりあえずドローンがどんなものか知りたいという方におすすめの価格帯です。

Potensic ドローン カメラ付き

出典:Position

  • カメラ画質:不明
  • GPS機能:なし(ホバリング機能はあり)
  • プロペラガード:固定式

比較的に安価なドローンですが、ホバリング機能を備えており誰でも簡単に飛行させられるのが特徴です。

プロペラガードは固定式ですが、プロペラガードの強度が高く、ぶつけても壊れにくいという評価が目立ちます。

室内でドローンを飛ばしたいという方におすすめです。

 

HolyStone/HS160Pro

出典:HOLY STONE

  • カメラ画質:フルHD(1080P)
  • GPS機能:あり
  • プロペラガード:別売り

1万円ちょっとで買えるドローンとしては破格のカメラ性能を備えたドローンがこの「HS160Pro」です。

GPS機能とオプティカルフローセンサーを備え、飛行位置だけでなく、期待の傾きまで自動で検知し補正してくれます。

折りたたみもできるので、コンパクトに収納できるのも魅力。

格安でも性能は妥協したくないという方におすすめです。

 

Amazonで購入できる2万円以上のドローン

最後は2万円以上のドローンについて紹介していきましょう。

本格的な装備を持ったドローンが増えてくるので、高画質での空撮などをしたい方に最適です。

Holy Stone/HS720

HolyStone/HS720

出典:HOLY STONE

  • カメラ画質:4K
  • GPS機能:あり
  • プロペラガード:なし

「HS720」は、この価格でなんと4Kでの撮影が可能です。

加えて、「フォローミーモード」や「ホバリングモード」などの撮影モードも搭載されているので、あらゆるシーンでの撮影に対応できます。

飛行時間も最大で26分と長く、長時間の撮影にも耐えられるだけのスペックを誇っています。

GPSとオプティカルフローセンサーの両方を備えているため安定した飛行が可能なので初心者から上級者まで幅広い人におすすめのドローンです。

 

DJI/Mavicminiコンボ

DJI/Mavicminiコンボ

出典:DJIオンラインストア

  • カメラ画質:2.7K
  • GPS機能:あり
  • プロペラガード:着脱式

DJIの「Mavicmini」は、超高スペックなドローンでありながら200gを切る軽量さが魅力。

カメラは最大で2.7Kの画質での撮影が可能で、プロレベルの画質での撮影も問題なくこなします。

このコンボパッケージであれば、3つのバッテリーとコントローラーなどもセットになっており、とてもお買い得。

軽量コンパクトでも高画質で撮影をしたいという方におすすめです。

 

自分の用途にあったドローンを選ぼう

ドローンは価格が高ければいいものを選べるというわけではありません。

自分の用途に最適なドローンを選ぶことが最も大切です。

撮影をしたいのか、操縦を楽しみたいかによっても大きく分かれるので、自分の用途をはっきりとさせてからドローンを購入するようにしましょう。

最近はどんどんと価格も安くなっており1万円以下のドローンでも十分な性能のものを購入できます。

どれを買っていいかわからないという方は、まず最も安い価格帯のものを購入してみるのもいいかもしれません。

Amazonであれば、自分の用途に合ったドローンを選べるだけの選択肢があります。

自分に合ったドローンを選んで購入してみてください。

映像制作会社「サムシングファン」では動画クリエイターとして案件を獲得するコツを紹介しています。

動画編集の仕事に興味がある方はぜひチェックしてみてください。

この記事の監修者

近久 孝太

株式会社サムシングファン/動画戦略部 エディター 1991年生まれ。1児の父。学生時代の軽音サークルで音響を始め、裏方に目覚める。その後はライブハウススタッフとして音響・照明・配信オペレーターとして勤務しながら、レコーディング・ミックス・マスタリングエンジニアとしてもミュージシャンの楽曲制作に携わる。2021年よりサムシングファンにジョイン。ライブ配信事業の技術オペレーター(映像・音声・配信)を主に担当し、動画編集も行っている。

無料動画・稼ぐ!動画クリエイターになる方法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエイター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績