お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料
YouTubeタグを超効果的に設定する方法と便利ツール2選を紹介

YouTubeタグを超効果的に設定する方法と便利ツール2選を紹介

YouTubeに動画を投稿する際、タイトルやサムネイル、概要文の他にタグが重要なのはあまり知られていません。

理由として、タグはハッシュタグと異なり、視聴者にはクリエーターが設定したタグが見えないためタグの認知度がまだまだ低いのです。

YouTubeにおけるタグ設定はInstagramのハッシュタグ設定とは機能が全く異なるため、違いを理解しYouTubeのチャンネル運営に生かす必要があります。

今回はYouTubeにタグを入れる具体的な方法の解説や、タグ使用時に注意点や効果を紹介します。

YouTubeチャンネルが伸びるポイントをまとめましたのでぜひ参考にしてください。

 

YouTubeのタグとハッシュタグの違い

YouTubeには「タグ」「ハッシュタグ」の2つがあり、再生回数や関連動画に表示させるためにこの2つはとても重要です。

しかし、名前が似ているので機能や効果を混同しがちですが両者には明確な違いが存在します。

違いを理解し、YouTubeチャンネルの認知度向上に役立てていきましょう。

YouTubeのタグ付けとは?

タグとハッシュタグの機能の違いを理解する前に、YouTubeにおけるタグの役割について理解しておきましょう。

YouTubeにおけるタグとは、動画の概要やカテゴリ、ジャンルを説明するために追加できる単語を指します。

動画投稿時の設定画面でタグを利用することにより、YouTubeのシステムに対して動画の内容を知らせることができます。

そして、視聴者属性の近い別のチャンネルの関連動画に表示される可能性が高まると言われているのです。

YouTubeタグとハッシュタグの違い

先ほど、YouTubeにおけるタグとハッシュタグは似ているようで、まったく別の機能と説明しました。

タグとハッシュタグの大きな違いは2つです。

  • 視聴者が見える仕様か
  • 検索結果に直接影響するのか

タグとハッシュタグの違いの1つ目として、動画に挿入されたタグは、視聴者はツールを使わない限り見ることができない点です。

一方のハッシュタグはInstagramやTwitterなどで使用されるハッシュタグと同じ機能で、視聴者はハッシュタグの内容を画面から読み取れます。

そして、違いの2つめとしてタグは検索結果に直結しない点が挙げられます。

ハッシュタグはリンクをタップorクリックすることで同じハッシュタグの付いたYouTube動画を探すことが可能です。

しかし、タグはそもそも視聴者には見えないため検索結果にダイレクトに影響しないのです。

YouTube動画にタグを設定する最大のメリット

適切な解像度を決めるポイント
YouTubeにタグを設定する最大のメリットは関連動画へ表示されやすくなることです。

タグは、視聴者にではなく、YouTubeに対して動画のジャンルを知らせるための機能です。

タグは検索結果に直接影響しないものの、動画のジャンルをYouTubeに認識させることにより、視聴者属性の近い動画の関連動画枠に表示させるのに有効と言われているのです。

関連動画に表示される機会が増えれば、関連動画から新規の視聴者が流入し、再生回数やチャンネル登録者増加につながります。

ご自身のYouTubeチャンネルの認知度向上のためにも、タグは忘れずに設定しましょう。

YouTubeにタグを設定する方法


YouTube動画にタグを設定するには、YouTube Studioにログインし、動画設定画面から行う必要があります。

PCとスマートフォン、どちらからでもタグを設定することは可能です。

まずはPCからタグ付けする方法を解説していきます。

PCからタグ付けする方法

まずは、PCからYouTube動画にタグ付けする方法を解説していきます。タグ

YouTube Studio にログインし動画をアップロードする画面、一番下【すべてを表示】をクリック。

タグ設定画面

タグの入力欄に動画に関連したキーワードを追加して完了です。

スマートフォンからのタグ設定

次に、スマートフォンからYouTube Studioのアプリを開きタグ設定する方法を説明していきます。
スマホタグ設定①

まずは、YouTube Studioのアプリを開いて、【動画】をタップし、タグ設定したい動画を選択します。

タグ設定したい動画が表示されたら、画面右上の鉛筆マークをタップします。

鉛筆マークをタップすると、動画の編集画面が開きますので画面を下にスクロールして、【タグを追加】の項目をタップします。


【タグを追加】をタップし、タグの入力欄に動画に関連するタグや単語を入力します。

最後に、保存を押せばスマートフォンからのタグ設定は完了です。

タグ欄に入力できる文字数は500文字ですが、具体的にどのような単語を何個程度入力するのが効果的なのでしょうか。

次の章でタグ設定時の注意点を解説していきます。

YouTubeにタグを設定する時の注意点3つ

動画マーケティングの市場が今後も成長していくと予想される3つの理由
YouTubeにタグを設定するのは決められたルールを守る必要があります。

間違った設定方法はYouTubeに評価されないため関連動画へ表示されにくくまってしまうのでかえって逆効果です。

注意するポイントを具体的に3つ紹介していきます。

タグの数が多すぎるとスパム扱いされる

YouTubeに登録できるタグ欄の文字数は最大500文字で、適正なタグの数は、10〜15個以内に収めたほうがいいと言われています。

YouTubeの規制が厳しくなる前は、タグを何個入れても特にペナルティを受けることはありませんでした。

そのため、関連動画に表示させるために大量のタグを挿入するテクニックが流行ってしまい、多すぎるタグは悪質なスパム行為と判断されるようになったのです。

現在でも、関連動画に表示させる裏技として、大量のタグ付けの推奨をみかけます。タグを付けすぎるのは、YouTubeにスパム扱いされる可能性が高いので控えることをおすすめします。

タグの乱用はタグスパム行為と呼ばれ、YouTubeのペナルティ対象です。

ペナルティの対象になると、YouTube検索で上位表示されなくなるばかりか、削除対象になるため、多くても15個までにしていきましょう。

動画と関係のないタグは使用しない

YouTubeにアップロードした動画と無関係なタグは避けたほうがいいでしょう。

例えば、ビジネス系のチャンネルに、エンタメ系人気チャンネルと同一のタグを使用しても、YouTubeには評価されません。

後述しますが、動画に挿入されたタグはツールを使用すれば調べることが可能です。

そして、動画内容と全く違タグを使用し、運よく関連動画として表示されたとしても表示先の視聴者の好みとかけ離れているため動画はクリックされません。

興味がない動画はクリックされないため、インプレッションクリック率が下がりYouTubeに「視聴者が興味を示さない動画」と認識され、検索結果にすら表示されなくなるので注意しましょう。

コンテンツを投稿する場合の削除の対象について、YouTubeは以下の動画で言及しています。

引用:YouTubeヘルプ スパム、欺瞞行為、詐欺に関するポリシー

誤解を招くタイトル、サムネイル、説明、タグを使用して、コンテンツが別のものであるかのように見せかけないように、YouTubeサイドは注意喚起しています。

YouTubeタグ設定を時短化する裏技

「Adobe Dooonut 比較」アイキャッチ
YouTubeに動画投稿する時に、毎回入力する項目はYouTubeのデフォルト機能を使って時短化させましょう。

デフォルト機能でテンプレ化できる項目は以下の通りです。

  • タイトル
  • 概要文
  • ハッシュタグ
  • タグ

     

デフォルト機能を設定さえすれば、動画投稿時の全ての動画に毎回自動で記入してくれるため入力する手間が省けて作業効率が上がります。

【デフォルト機能の設定手順】

  1. アップロード動画のデフォルト設定
  2. 基本情報
  3. タグ→YouTubeチャンネルの全ての動画に共通する単語を10〜15個設定

タグ設定

タグの設定欄は、チャンネル全体に共通するキーワードを設定しておくといいでしょう。

入力する際は、スペースまたはカンマで単語ごとに区切って入力してください。

YouTubeのタグを無料で調べるおすすめツール2選


冒頭で、YouTubeのタグは視聴者には見えないとお伝えしましたが、これから紹介するあるツールを使用すればクリエーターがどんなタグを使用しているのか一目瞭然です。

ご自身が運営しているYouTubeチャンネルとジャンルが近いチャンネルはどのようなタグを設定しているのか参考にしてみましょう。

おすすめツール①NoxInfluencer

noxinfluencer
出典:NoxInfluencer

NoxInfluencerとはYouTubeチャンネルを無料で分析するツールです。

NoxInfluencerはタグの他、さまざまな数値を調べることができます。

  • タグ
  • 再生回数
  • 投稿本数

クリエーターにとって役立つ情報を無料で提供する素晴らしいツールです。

ぜひYouTube運用に活用してみましょう。

おすすめツール②vidIQ
vidIQ

出典:VidIQ

VidIQは、YouTubeに認証されたChromeの拡張機能です。VidIQは会員登録後に使用可能となり、タグの他にも動画の詳細な再生数や評価の比率を確認できます。

  • タグ
  • SEO
  • 再生数

また、自身が動画を投稿する際はタグのサジェスト機能を利用することも可能です。

まとめ:YouTubeのタグを活用して再生回数を上げよう


YouTubeのタグを活用すれば視聴者にご自身のチャンネルを認知させるきっかけが増えるでしょう。

タグの効果的な運用について学び、人気動画の「関連動画」として表示されれば再生回数やチャンネル登録者増加につながりま

YouTubeチャンネル開設の初期は検索しても上位表示されることが少ないため、いかに関連動画に表示させるかがポイント。

しかし、YouTube運営は「タグ」などのテクニックだけでなく、視聴者のニーズを把握した有益な動画をいかに届けるかが最重要です。

検索意図を満たし、視聴者が求めている情報をしっかり提供できる仕組みを作っていきましょう。

また、タグ以外にもYouTubeで動画を投稿する際の注意点は以下の記事で詳しく紹介しています。

【おすすめの関連記事】

「動画を使ったWebマーケティングに活路を見出したい」という方へ向けて、動画マーケティングの導入方法や施策をまとめた資料もご用意しています。

ぜひ以下のバナーからダウンロードしてご活用ください!

売上を UP するための『動画 DX®』活用法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績