お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
YouTubeの限定公開とは?活用法や設定する際の注意点についても解説!

YouTubeの限定公開とは?活用法や設定する際の注意点についても解説!

YouTubeをビジネスに活用する企業が急増している昨今。

YouTubeは、ただ単に動画を公開するだけでなく、さまざまな方法での動画の公開が可能です。

そして、上手く活用することでより魅力的なチャンネル運営が可能になるのが「限定公開動画」です。

この記事では、YouTubeの限定公開動画について紹介します。

さらに、限定公開動画の概要やそのほかの公開方法との違い、具体的な活用法も紹介するで、ぜひ参考にしてみてください。

ホワイトペーパー無料ダウンロード

YouTubeの限定公開動画とは?

YouTubeの限定公開動画とは?YouTubeの限定公開動画は、YouTubeで利用できる動画の公開設定の一つです。

限定公開動画として動画を公開した場合、その動画のURLを共有したユーザーやURLを知っているユーザーしか動画を視聴できなくなります。

通常の公開設定である公開動画として動画を公開した場合はすべてのYouTubeユーザーが動画を視聴できます。

そのため、限定公開動画は動画を視聴できるユーザーを意図的に絞って公開できる公開設定と言えるでしょう。

YouTubeで利用できる3種類の公開設定

YouTubeで利用できる3種類の公開設定限定公開動画はYouTubeで利用できる動画の公開設定の一つだと紹介してきました。

しかし、実はYouTubeには限定公開を含め、3種類の公開設定が用意されています。

YouTubeを公開する場合は、それぞれの公開設定の概要を正しく理解し、目的に合わせて使い分ける必要があります。

3種類の公開設定の概要と、それぞれの公開設定にはどのような違いがあるのかについてみていきましょう。

公開設定1. 公開動画

公開動画はYouTubeで利用できる公開設定のうち最もスタンダードな公開設定だと言えます。

公開動画として動画を公開した場合、視聴できるユーザーが制限されたりしないため、誰でもその動画が視聴可能です。

公開動画はだれでも視聴できる動画ですので、検索結果はもちろん、関連動画にも表示されますし、おすすめの動画としても表示されるようになります。

チャンネルの露出を増やしたい場合や、既存のチャンネル登録者に見てもらいたい動画については公開動画として公開するのが一般的だと言えるでしょう。

公開設定2. 非公開動画

動画を自分だけが視聴できるようにしたい場合や、ごく一部のユーザーのみが視聴できるようにしたい場合に用いられるのが非公開動画です。

非公開動画として動画を公開した場合、検索結果にその動画が公開されることはありませんし、関連動画やおすすめの動画として表示されることもありません。

また、チャンネルページにもその動画が表示されることはありません。

一般のユーザーはもちろん、あなたのチャンネルをチャンネル登録しているユーザーですらも視聴できないタイプの動画となります。

非公開動画は自分だけでなく他のユーザーに視聴してもらうこともできますが、非公開動画を他のユーザーに共有したい場合は共有したい相手のGoogleアカウントが必要です。

動画を非公開動画として公開する場面はそう多くありませんが、家族や友人・知人など、特定のコミュニティでプライバシーを守りながら動画を共有したいときなどに利用されることが多くなっています。

公開設定3. 限定公開動画

限定公開動画は、視聴できるユーザーを限定できるタイプの動画で、非公開動画と似たタイプの動画です。

ただ、非公開動画よりは気軽に視聴できるユーザーを増やせるタイプの動画だと言えます。

非公開動画を自分以外に共有する場合はGoogleアカウントの承認・追加が必要ですが、限定公開動画の共有はそこまで手間のかかるものではありません。

動画のURLを共有するだけで自分以外のユーザーに共有できるようになっています。

すべてのユーザーに対して公開されるわけではないものの、動画のURLさえ知っていれば誰でも視聴できるタイプの動画が限定公開動画です。

そのため、検索結果に表示されることはありませんし、関連動画やおすすめの動画として表示されることもありません。

ちなみに、チャンネルページでも表示されません。

限定公開動画は、共有自体は気軽におこないつつも視聴できるユーザーをある程度制限したいときにおすすめです。

YouTubeの限定公開動画の活用法

YouTubeの限定公開動画の活用法視聴できるユーザーを意図的に限定できる限定公開動画ですが、その特性を上手く活用できれば、よりチャンネルを魅力的に見せられるようになります。

ここからは、YouTubeの限定公開動画の具体的な活用法を2つ紹介していきます。

活用法1. 視聴できるユーザーを限定する

YouTubeの限定公開動画の代表的な活用方法が、この「視聴できるユーザーを限定する」という活用法です。

限定公開動画は動画のURLを知っているユーザーだけが視聴できるタイプの動画です。
URLを共有するユーザーをコントロールすることで、プレミア感の演出が可能になります。

URLの共有方法にルールはありませんので、「Twitterをフォローしてくれているユーザーにだけ限定公開動画のURLを共有します!」といった形で共有するなど、独自のルールを設けてその条件を達成したユーザーにのみ共有することも可能です。

チャンネル登録してくれた人やコメントしてくれた人にのみ共有する方法もあります。

このように動画のURLを知るための条件を設けることで、プレミア感を演出できるだけでなく、ユーザーにチャンネル登録などの行動をうながすこともできるようになります。

活用法2. 身内で視聴するための動画として公開する

「URLを知っているユーザーのみが動画を視聴できる特性」を上手く利用して、身内だけが視聴するために限定公開動画を活用することも可能です。

動画はデータが大きくなってしまいがちなので共有するのに手間がかかります。

LINEを始めとするメッセージアプリやメールの場合、容量の大きすぎる動画は共有できません。
また、DVDなどのメディアに記録して共有する際に手間がかかります。

一方、YouTubeであれば容量を気にせず動画をアップできます。
URLを共有するだけで誰でも視聴できるようになるので、データ量の多い動画を共有する方法としては最適の方法だと言えるでしょう。

YouTubeで動画を限定公開する方法

YouTubeで動画を限定公開する方法YouTubeにアップした動画を限定公開動画として公開する方法について解説していきます。

「動画を限定公開動画として公開する方法」と「公開されている動画を限定公開に変更する方法」の2つをチェックしていきましょう。

方法①動画を限定公開動画として公開する方法

まず、YouTubeチャンネルの管理画面にアクセスしましょう。

次に、画面右上の「作成」をクリックし、「動画をアップロード」をクリックします。

「詳細」や「動画の要素」の設定を完了させ、「公開設定」まで進みましょう。

公開設定の画面で「限定公開」にチェックを入れます。

これで、設定を保存すれば、動画が限定公開動画として公開されます。

後は動画のURLを共有するだけです。

方法②公開されている動画を限定公開に変更する方法

すでにYouTube上に公開されている動画を後から限定公開動画に変更することも可能です。

まず、YouTubeチャンネルの管理画面にアクセスしましょう。

左側のメニューにある「コンテンツ」をクリックしましょう。

すると公開した動画が一覧で表示されるので、編集のアイコンをクリックします。

動画の編集画面が開くので、画面右に表示されている「公開」をクリックしましょう。

公開設定の変更がおこなえるので、「限定公開」にチェックを入れ、「完了」をクリックしましょう。

最後に、「更新」をクリックすれば、動画が限定公開動画に切り替わります。

YouTubeで動画を限定公開するときの注意点

YouTubeで動画を限定公開するときの注意点YouTubeで動画を限定公開する場合、共有の仕方について注意しましょう。

なぜなら、限定公開動画は非公開動画とは異なり、URLさえわかってしまえば誰でも動画を視聴できるようになるからです。

そのため、動画を共有したユーザーに対して、むやみに動画のURLを共有しないよう伝えなくてはいけません。

URLを共有したユーザーがSNSなどに動画のURLを貼り付けて投稿してしまうと、一気に拡散してし、限定公開している意味がなくなってしまう可能性があります。

また、動画をブログなどのウェブサイトに埋め込んでしまったり、誰でも閲覧できる再生リストに含めたりしてしまった場合も同様です。

動画を限定公開する場合はこれらのポイントに注意するようにしてください。

まとめ:YouTubeの限定公開動画でユーザーに特別感を演出しよう

YouTubeの限定公開動画でユーザーに特別感を演出しようYouTubeの限定公開動画は、そう頻繁に利用するタイプの公開設定ではありません。

視聴できるユーザーを意図的に限定してプレミア感を演出する場合や、特定のコミュニティでのみ動画を視聴できるようにしたい場合など、かなり限定的な公開設定だと言えるでしょう。

ただ、この記事で紹介した活用法を参考にしながら、ここぞという場面で上手く活用できれば、チャンネルのファンをより効率的に獲得できるようになるはずです。

最初はなかなか上手く活用できないかと思いますが、ぜひ積極的に限定公開動画として動画を公開してみてください。

YouTubeは公開した動画に対するユーザーの反応をデータとして細かくチェックできます。
ユーザーの反応を見ながら動画の内容や公開の仕方を改善すれば、より効果的に限定公開動画を活用できるようなるはずです。

また、YouTubeの魅力的な機能の一つであるライブ配信については以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

>>YouTubeでライブ配信の見方を紹介!視聴のヒントと見られない時の対処とは

ビジネスへの具体的な動画の活用方法については、サムシングファンのホワイトペーパーを参考にしてみてください。

ホワイトペーパー無料ダウンロード

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード