お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
アウトストリーム広告とは?種類や費用、成果を出すポイントをご紹介!

アウトストリーム広告とは?種類や費用、成果を出すポイントをご紹介!

近年、さまざまWebサイトやサービスで動画広告が活用されるようになりました。

動画広告にはさまざまな種類がありますが、大きくアウトストリーム広告とインストリーム広告の2つに分類できます。

しかし、「違いがよく分からない」方も多いのではないでしょうか。

本記事では、アウトストリーム広告とインストリーム広告の違いや成果を出すポイントについて解説します。

動画広告の出稿を検討中の方は、ぜひご覧ください。

アウトストリーム広告とは

アウトストリーム広告とは

アウトストリーム広告とは、動画サイト以外のWebサイトやスマートフォンアプリの広告枠に表示される動画広告です。

Webサイトではサイドカラムなど、バナー広告と同じような場所やコンテンツの間に表示されます。

従来の動画広告は、動画コンテンツの再生中に広告を表示するケースが一般的でした。

しかし、アウトストリーム広告の登場によって、動画プレーヤーがないコンテンツでも、動画広告を配信できるようになりました。

インストリーム広告とは

インストリーム広告とは

インストリーム広告とは、従来型の動画広告です。

YouTubeなどの動画プラットフォームでは、動画の再生前や再生中に表示されます。

メインの動画コンテンツと同じ場所に表示される点が特徴です。

そのため、動画プレーヤーがないWebサイトでは利用できません。

アウトストリーム広告とインストリーム広告の違い

アウトストリーム広告とインストリーム広告の違い

アウトストリーム広告とインストリーム広告の違いは、広告を表示する場所にあります。

アウトストリーム広告が動画プレーヤーの外に表示されるのに対し、インストリーム広告は動画プレーヤー内で再生されます。

アウトストリーム広告は動画プレーヤーの有無に関わらず表示できるため、幅広いユーザーにリーチできます。

アウトストリーム広告のメリット・デメリット

アウトストリーム広告のメリット・デメリット

アウトストリーム広告のメリットとデメリットについて解説します。

メリット

アウトストリーム広告のメリットは、多くのターゲットに動画広告を配信できる点です。

アウトストリーム広告は、動画サイト以外のWebサイトやスマートフォンアプリに、広告を表示できます。

そのため、動画サイトを利用していないユーザーに対してもリーチできるのです。

コンテンツの間に表示するインフィード広告を活用すれば、ユーザーに違和感を与えずに広告を配信できます。

デメリット

アウトストリーム広告は広告枠に表示されるため、ユーザーに見てもらえない可能性があります。

毎回同じ場所に広告が表示されるため、ユーザーが頻繁に利用しているWebサイトやアプリでは、広告がスキップされてしまうことも珍しくありません。

アウトストリーム広告を見てもらうためには、ユーザーの興味を引く動画を用意する必要があります。

動画広告の効果について知りたい方は、こちらの記事もチェック!
>>動画広告で期待できる3つの効果とその理由とは?種類や活用法も合わせて解説

アウトストリーム広告の種類

アウトストリーム広告の種類

アウトストリーム広告は3つの種類に分けられます。

それぞれの特徴について解説しましょう。

種類①インバナー広告

インバナー広告は、従来のバナー広告枠に表示する動画広告です。

メインのコンテンツの外側に表示されます。

Webサイトを表示すると自動的に再生されますが、基本的に音声はミュートされた状態です。

音声を再生するためにはユーザーが広告をクリックする必要があります。

バナー広告と同じように表示できるため、幅広いサイトに表示できる点が特徴です。

種類②インリード広告

インリード広告は、コンテンツとコンテンツの間や末尾などに表示する動画広告です。

メインのコンテンツと同じ場所に表示されるため、ユーザーの目にとまりやすくなる利点があります。

インバナー広告では、広告の読み込みが完了した時点で動画が再生されるため、ユーザーが広告を見逃してしまうことも。

一方、インリード広告では、ユーザーが広告枠までスクロールしたタイミングで動画が再生されます。

そのため、ユーザーが広告を見逃す心配もありません。

種類③インタースティシャル広告

インタースティシャル広告は、ページの読み込み中に表示する動画広告です。

ニュースサイトのページを切り替える時に表示されます。

インバナー広告やインリード広告は、ユーザーがスクロールすると見えなくなってしまいます。

そのため、広告に関心がないユーザーには動画を見てもらえないことも。

インタースティシャル広告は、ページの読み込み中に表示されるため、ユーザー必ず見てもらえる利点があります。

しかし、不快に感じるユーザーも存在ため、利便性を考慮しながら利用する必要があります。

アウトストリーム広告の費用

アウトストリーム広告の費用

アウトストリーム広告は、広告が表示された回数に応じて料金が発生する仕組みです。

YouTubeのTrueviewディスカバリー広告を例にすると、1,000回単位で課金されます。

広告面積の50%を超える範囲が画面に表示された状態で、2秒以上再生されると1回としてカウントされます。

そのため、ユーザーが広告をまったく見ずにスクロールした場合はカウントされません。

1回あたりの単価は、カテゴリーによって前後しますがおおむね3~20円前後です。

インストリーム広告のメリット・デメリット

インストリーム広告のメリット・デメリット

インストリーム広告のメリットとデメリットについて解説します。

メリット

インストリーム広告は、動画の再生中や前後に表示されるため、必ずユーザーに見てもらえるメリットがあります。

また、詳細なターゲティングも可能です。

自社の商品やサービスに関心がありそうなユーザーにだけ、動画広告を配信できるため費用対効果に優れています。

デメリット

必ず見てもらえるインストリーム広告ですが、ユーザーの動画視聴を妨げる恐れも。

ユーザーに不快感を与えてしまう可能性がある点は、インストリーム広告のデメリットです。

ユーザーの不快感を軽減するためには、興味を引く動画を作成する必要があります。

しかし、興味を引く動画の作成には企画力や制作スキルが必須です。

動画の作成に、相応の手間がかかることを考慮した上で利用しましょう。

インストリーム広告の費用

インストリーム広告の費用

インストリーム広告には、スキップ可能な広告と不可の広告が存在します。

スキップ可能な広告では、決められた時間を超えて広告が再生されるか、公式サイトやランディングページへのリンクがクリックされた時に料金が発生します。

スキップ不可の広告は、広告が表示された回数に応じて課金される仕組みです。

インストリーム広告の費用は、1回あたり3~20円ほどです。

アウトストリーム・インストリーム広告の主要媒体

アウトストリーム・インストリーム広告の主要媒体

アウトストリーム広告やインストリーム広告を出稿できる代表的な媒体をご紹介します。

主要媒体①Google

Web広告と言えば、Googleを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

Googleでは、WebサイトやYouTubeに動画広告を出稿できます。

Googleで出稿可能な動画広告は以下の通りです。

・アウトストリーム広告
・インストリーム広告
・マストヘッド広告
・ディスカバリー広告

ディスカバリー広告は、YouTubeの検索画面上部に表示される動画広告です。

ユーザーがリンクをクリックすると、動画広告が再生されます。

マストヘッド広告は、YouTubeのホームフィード上部に表示される動画広告です。

多くの人に広告を配信できるため、自社製品やサービスの認知度を上げたい場合に有効です。

主要媒体②Facebook・Instagram

FacebookとInstagramで出稿可能な動画広告をご紹介します。

・カルーセル広告
・コレクション広告
・Facebook Messenger

カルーセル広告は、複数の動画広告をスライドショーのように表示できる広告で、動画だけでなく画像も使用できます。

コレクション広告は、メインのビジュアルの下に複数のサブビジュアルを表示する広告です。

メインビジュアルに動画を使用すれば、ユーザーの注意を引きやすくなるでしょう。

また、FacebookやInstagramでは、Messenger上で広告を配信することもできます。

主要媒体③Twitter

Twitterで利用できる動画広告は以下の通りです。

・Amplifyプレロール広告
・Amplifyスポンサーシップビデオ広告
・プロモビデオ広告

Amplifyプレロール広告は、Twitter版のインストリーム広告で、動画ツイートの再生前に表示されます。

Amplifyスポンサーシップビデオ広告は、Amplifyプレロール広告と類似していますが、指定したパートナーのコンテンツにだけ広告を表示します。

プロモビデオ広告は、ツイートとツイートの間に表示される動画広告で、テキストも一緒に表示できる点が特徴です。

主要媒体④Yahoo!

Yahoo!では、インストリーム広告に加えて、2種類のアウトストリーム広告を出稿できます。

・アウトストリーム広告(予約型)
・アウトストリーム広告(運用型)
・インストリーム広告

予約型のアウトストリーム広告は、Yahoo!JAPANのトップページ上部に表示される動画広告。

多くのユーザーに広告を配信できる点が特徴です。

また、広告を配信するユーザーの属性や配信時間などを指定できます。

Yahoo!のインストリーム広告は、Yahoo!JAPAN内の動画コンテンツやGYAO!の動画に挿入される広告です。

広告の再生時間ごとに、料金が設定されるViews保証型の料金体系を採用しています。

アウトストリーム広告で成果を出すポイント

アウトストリーム広告で成果を出すポイント

アウトストリーム広告で成果を出すポイントをご紹介します。

ポイント①目的を明確にする

アウトストリーム広告を利用する目的を明確にしておきましょう。

目的が定まっていない状態でアウトストリーム広告を出稿しても、成果を得られない恐れがあります。

「問い合わせを〇件獲得する」「資料請求〇件以上」など、具体的な数値目標を設定しておくことも重要です。

施策ありきで広告を出稿するのではなく、目的に合わせた媒体を選択しましょう。

高い効果が見込める媒体がある場合は、アウトストリーム広告以外の広告も視野に入れるべきです。

ポイント②ターゲットの設定

目的が定まった後は、ターゲットを設定しましょう。

一口にアウトストリーム広告と言っても、さまざまな媒体が存在します。

媒体によってユーザー層にも違いがあるため、ターゲットが利用していない媒体を選択すると、コストが無駄になってしまう可能性も。

適切な媒体を選ぶためにも、どのようなユーザーに広告を配信したいのかを明確にしておく必要があります。

ポイント③効果測定

アウトストリーム広告のパフォーマンスを測定しましょう。

広告を出稿したからといって、期待したような成果を上げられるとは限りません。

効果を測定しながら、広告を最適化する必要があります。

クリック率や顧客1人の獲得にかかった広告費など、データを測定しながら改善を繰り返すことが大切です。

まとめ:ターゲットに合わせた媒体を選びましょう!

まとめ:ターゲットに合わせた媒体を選びましょう!

アウトストリーム広告のメリットや、成果を出すポイントについて解説しました。

広告を利用して成果を出すためには、アウトストリーム広告のメリットとデメリットの両方を理解しておく必要があります。

施策ありきで広告を出稿するのではなく、自社の目的と照らし合わせて適切な媒体を選択しましょう。

しかし、いざ広告を出稿しようとすると「どの媒体を選ぶべきか迷う」「自社に合う媒体が分からない」方も少なくありません。

サムシングファンでは、SNS動画広告の企画から運用までワンストップでサポートしています。

動画広告の出稿でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

企業向け・動画マーケティングの教科書

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! セミナー開催中
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績