お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
【料金相場】動画制作を個人に依頼するといくら?依頼方法は?

【料金相場】動画制作を個人に依頼するといくら?依頼方法は?

「動画制作を個人に依頼すると、料金の相場はどれくらいなんだろう」

とお悩みではないでしょうか。

動画制作を個人に依頼すると、料金はおよそ5万〜10万円。
動画制作に発生するすべての作業を依頼しても、15万〜30万円で制作できることが多いです。

個人に依頼することで、動画をコスパよく制作できるはずです。

とはいえ、個人への依頼がなぜそんなに低価格なのかは、なかなか分かりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 動画制作において企業と個人を比較した料金相場
  • 動画制作を個人に依頼するメリット
  • 依頼する個人を探す方法
  • 依頼先を選ぶポイント

を順に解説します。

今回の記事をもとに、動画制作の料金相場を理解し、実際にどこに依頼するのか考えてみてくださいね。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

動画制作を個人に依頼したときの料金相場はいくら?企業との差は?

動画制作の料金相場

最初に動画制作の料金を、

  • 企業に依頼したときの相場
  • 個人に依頼したときの相場

に分けて解説します。

【企業】動画制作の料金相場

動画制作の多くは、企業に依頼されることが多いかと思います。

そこで個人の料金相場を知る前に、企業に依頼したときの平均的な動画制作の相場を知っておきましょう。

結論からお伝えすると、動画制作を企業に依頼したときの相場はおよそ5万〜80万円です。
この内訳を具体的に解説しますね。

動画制作に必要な項目

まず動画制作には以下の項目が発生し、それぞれ料金が決まっています。

項目 内容 料金
企画構成 お客様と打ち合わせを通して、動画制作の目的や利用方法を確認する。 3万〜15万円
ディレクション 動画制作のために必要なスタッフ招集、撮影場所やスケジュールの確保などスケジュールを調整する。 5万〜25万円
台本作成 動画のシナリオを作成する。 5万〜10万円
撮影 動画を撮影する人 5万〜35万円
編集 撮影した動画を公開できるように、視聴者に分かりやすいように調整する。 5万〜25万円
音響効果 撮影や編集した動画に効果音やBGMを付ける。編集スタッフが担当することもある。 3万〜15万円
ナレーション 製品の紹介やプロモーション動画では、ナレーションを起用することが多い。 3万〜10万円

 

そして上記の作業をするために、以下のスタッフを集めます。

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • 構成作家
  • カメラマン
  • 編集スタッフ
  • アシスタント
  • ナレーター
  • モデル専用のスタイリスト、ヘアメイク

これらの制作料金や人件費などをもとに、動画制作の料金が決定し、その平均が5万〜80万円となるのです。

そしてこの平均的な相場は、制作する動画のタイプによって異なります。

そこで次は、動画タイプ別の料金相場を詳しくお伝えしますね。

【動画タイプ別】動画制作の料金相場

動画タイプ別の料金の相場は以下の通りです。

  料金
インタビュー撮影 5万円〜
セミナーやイベントの撮影 15万円〜
Webムービーの制作 30万円〜
会社の紹介映像やPR映像の制作 50万円〜
テレビCMの制作 80万円〜
YouTube動画の制作 10万円〜
アニメーションPVの制作 20万円〜

 

長い動画や、ドローンなど最新機材を使用する動画は、料金がさらに高額になります。

企業にお願いすると、一度の依頼で撮影から編集まで任せられるうえに、クオリティも高い動画が期待できます。
結果として、商品やサービスのプロモーションが成功することも少なくありません。

とはいえ、こうして見ると、企業への依頼料金は高く感じるかと思います。

対して個人なら、低価格で動画制作を依頼することが可能です。

そこで次は、個人に依頼したときの料金相場を紹介しますね。

【個人(フリーランス)】動画制作の料金相場

個人に動画制作を依頼した場合、どのような動画でも料金は5万〜10万円になることが多いです。
後ほど紹介しますが、企業への依頼と比べると低価格で、100万円を超えることはほとんどありません。

個人への依頼料金が安い理由は、いくつかあります。

  • 「撮影だけ」「編集だけ」など、特定の仕事だけを請け負っていることが多い
  • 駆け出しフリーランスは実績を作るため、低価格で仕事を請け負う傾向にある

個人で動画を制作している人は、動画制作に発生する作業を自分1人、もしくは同じくフリーランスとして活動している人と協力しながら進めます。

そのため個人の場合、動画制作に関わる人は多くても5人ほどとなり、企業への依頼と比べると少ないです。

少ない人数で活動しているので、一度に多くの仕事を請け負うことはなかなかできません。
受けられる仕事量に限界があるので、依頼できる作業も限られることが多いです。

そのため「動画撮影」「編集作業」など、項目ごとに依頼することに。
しかし1人あたりの料金が低価格なので、数人に依頼しても高額な料金にはなりません。

動画の完成に必要な料金は、15万〜30万円ほどにおさえることができるのです。

面倒に感じるかもしれませんが、企業に依頼するのと比べると低価格です。

次は、動画制作を個人に依頼するメリットをさらに詳しくお伝えしますね。

動画や映像の制作を個人に依頼するメリット3つ

動画制作を個人に依頼するメリット

続いては、個人に動画制作を依頼するメリットとして、

  • 企業に依頼するより安い
  • クオリティと料金、コスパの良い動画制作が実現する
  • 希望を伝えやすい

の3つを紹介します。

メリット1:企業に依頼するより安い

1つ目は「企業に依頼するより安いこと」です。

個人への依頼料金は先ほども比べた通り、企業に依頼するよりかなり安いです。
動画によっては従来の料金と比べると、10分の1の料金で依頼できることも少なくありません。

動画制作は高額になりやすいので、この料金で依頼できるのは個人だからこそです。

メリット2:クオリティと料金、コスパの良い動画制作が実現する

2つ目は「クオリティと料金、コスパの良い動画制作が実現すること」です。

個人に動画制作を依頼すると、低価格になるとお伝えしました。
しかし安すぎる料金には、注意が必要です。

あまりにも低価格だと「連絡が遅い」「納期を守らない」など、動画制作に必要なやり取りがスムーズに進まない可能性があるからです。

一方で、低価格でもしっかりとクオリティの高い動画を納品してくれる個人も少なくありません。

その理由は、個人(フリーランス)は動画の制作会社で働いていた人が多いから。
しっかりと実績があるので、クオリティが落ちることはありません。

個人の料金相場である「15万〜30万円」より安くならなければ、コスパよくクオリティの高い動画を制作できるでしょう。

メリット3:希望を伝えやすい

3つ目は「希望を伝えやすいこと」です。

動画制作を依頼するとき、はじめにミーティングや打ち合わせで制作内容を確認することが多いかと思います。

後からアイディアが湧いてきて伝えることもできますが、企業の場合はすでに仕事が分担されていることが少なくありません。

しかし個人なら少人数で制作しているので、スケジュールや依頼内容も融通が効きやすいです。
また頻繁にコミュニケーションを取ることで、希望を伝えやすくなることも多いです。

希望内容をしっかりと伝えることで、動画のクオリティも高いものになるでしょう。

次は、動画制作を依頼する個人を探すおすすめサイトを紹介します。

動画制作を依頼する個人(フリーランス)を見つけるのにおすすめのサイト3つ

ここからは、個人に依頼できるおすすめのサイトとして、

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

の3つを解説しますね。

おすすめサイト1:Lancers(ランサーズ)

おすすめサイト1:Lancers(ランサーズ)

1つ目はランサーズです。

ランサーズとは、ライターやデザイナー、動画編集者など、特定のスキルを持った個人と企業をつなぐ「クラウドソーシング」のひとつです。
登録するだけでお仕事を依頼する人を募集でき、登録に料金は必要ありません。

ランサーズの特徴は、以下の通り。

  • 登録者は50万人以上
  • 機密保持やセキュリティ対策が充実
  • 利用満足度が98%と高い

初めて個人に動画制作を依頼する人、人気のサービスを使いたい人におすすめです。

おすすめサイト2:Crowd Works(クラウドワークス)

おすすめサイト2:Crowd Works(クラウドワークス)

2つ目はクラウドワークスです。

クラウドワークスもクラウドソーシングのひとつであり、多くの個人事業主(フリーランス)が登録しています。
使い方はランサーズとは変わりませんが、クラウドワークスの方が「サイトがおしゃれで見やすい」との声も多いです。

クラウドワークスの特徴は、以下の通り。

  • 登録者は306万人以上
  • サイトが見やすく、アプリもあり
  • 利用者が多いので、優秀な人材を厳選可能

より優秀な人材に仕事を依頼したい人、多くの個人を比較しながら依頼先を選びたい人におすすめです。

おすすめサイト3:coconala(ココナラ)

おすすめサイト3:coconala(ココナラ)

3つ目はココナラです。

ココナラは知識やスキルなど、自分の得意なことを売り買いできるサービスです。
先ほど紹介したクラウドソーシングとは異なり、「CtoC」のサービスとなっています。

ココナラの特徴は、以下の通り。

  • 登録者は130万人
  • 個人のやり取りなので、料金が低価格
  • クラウドソーシングよりは気軽に利用可能

より安く動画制作を依頼したい人、簡単な動画制作を依頼したい人におすすめです。

このようなサイトを通して依頼相手は見つけることができますが、それでもどこに依頼するのか、迷うことは多いかと思います。

そこで次は、動画制作を個人と企業、どちらに依頼するか迷ったときの選び方を紹介しますね。

動画や映像の制作をどこに依頼するか迷ったときの選び方

動画や映像の制作をどこに依頼するか迷ったときの選び方

個人と企業、どちらに依頼するか迷ったときの選び方として、

  • 見積もりをもらって比較する
  • 必要な項目だけ依頼できるか確認する
  • 担当者との相性が良い方を選ぶ

の3つを解説します。

選び方1:見積もりをもらって比較する

1つ目は「数社から見積もりをもらって比較すること」です。

先ほど紹介したように、動画制作に料金相場は存在しますが、すべての企業や個人が同じ料金で仕事を引き受けているわけではありません。

企業や個人、独自の料金システムがあり、料金が相場と大きくかけ離れていることも多いです。

そのため気になる企業や個人から一度は見積もりを提出してもらい、その料金と内容を自社の予算と照らし合わせてみましょう。

数社比べることで高額すぎる料金の企業や個人が分かり、ムダな出費を省くことができます。

選び方2:必要な項目だけ依頼できるか確認する

2つ目は「必要な項目だけ依頼できるか確認すること」です。

実は動画制作の作業項目は必要なものだけ依頼し、必要ないものは省くことが可能です。

例えば、撮影だけお願いして編集は自社で担当することで、5万〜25万円の節約が実現します。
必要な項目をしっかりと見きわめることで、動画制作に高額な料金を支払う必要がありません。

特に個人への依頼は受注できる業務が決まっていることが多いので、融通が効きやすいでしょう。

選び方3:担当者との相性が良い方を選ぶ

3つ目は「担当者との相性が良い方を選ぶこと」です。

担当者とは動画について何度も打ち合わせを重ねるので、相性が良い人の方がやり取りはスムーズです。

例えば、あなたが「連絡の速さ」を重視しているとしましょう。
しかし担当者がメッセージを数日経っても返さない、必要な資料をなかなか送ってこない場合、あまり信頼できませんよね。
対応の遅さから信頼度が下がり、結果として別の人に依頼するようになることも。

再び依頼先を探したりコンセプトを伝えたり、さらなる時間がかかってしまいます。

打ち合わせの段階から「この人はどうだろう?」と、自分が仕事をしやすい相手かどうかを確認しておきましょう。
少し予算をオーバーしても、相性の良い担当者を選ぶ方が仕事はスムーズです。

動画制作の料金相場は個人に依頼することでおさえられる

動画制作の料金相場は個人に依頼することでおさえられる

今回は、動画制作を個人に依頼したときの料金相場をお伝えしました。

おさらいすると、個人に動画制作を依頼したときの料金は、項目ごとにおよそ5万〜10万円。
動画制作すべての料金として、15万〜30万円ほどが発生します。

個人への依頼は企業への依頼と比べると低価格で、コスパよく動画を制作できます。

企業と個人、どちらに依頼するか迷ったときは、以下のポイントを参考にしましょう。

  • 見積もりをもらって比較する
  • 必要な項目だけ依頼できるか確認する
  • 担当者との相性が良い方を選ぶ

今回の記事を参考に、動画制作の依頼先を探してみてくださいね。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード