お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
【一覧・実例あり】動画制作費の相場とは?選び方や安く抑える方法

【一覧・実例あり】動画制作費の相場とは?選び方や安く抑える方法

「動画制作を依頼したいけれど、費用相場ってどれくらいなんだろう……」

と悩む人は多いのではないでしょうか。

動画の種類にもよりますが、動画制作の費用相場は5万〜80万円です。

しかし実際の費用は、動画の種類や依頼する会社によって異なります。
そのため、動画の種類ごとの相場を調べておくのがおすすめです。

そこで今回は、動画制作の費用相場を「動画制作にかかる項目」「一般的な相場」に分けて紹介します。

また費用をおさえる方法やおすすめの依頼先なども紹介しますので、あわせてチェックしてみてください。

まずは動画制作の費用相場を大まかに見ていきましょう!

 

企業に依頼した場合にかかる動画制作の料金相場

動画制作の相場:動画タイプによって料金プランは異なる?結論からお伝えすると、動画制作の費用相場は5万〜80万円です。

しかしこの費用は差が大きいうえに、動画の種類によって値段が変わります。

そこで最初に、動画制作にかかる費用相場を、一覧にまとめました。

費用はすべて平均価格です。

業務内容 相場
インタビュー撮影 5万円〜
セミナーやイベントの撮影 15万円〜
Webムービーの制作 30万円〜
会社の紹介映像やPR映像の制作 50万円〜
テレビCMの制作 80万円〜
YouTube動画の制作 10万円〜
アニメーションPVの制作 20万円

 

ただし動画の時間が長くなったり、ドローンなど最新機材の使用が増えたりすると、費用はもう少し高くなります。

また動画制作は複数のスタッフが作業を分担して取り組んでおり、その作業にも費用が割り当てられています。

動画制作の工程ごとの料金相場

動画が完成するまでには、以下のような工程があります。

項目 内容 料金
企画構成 お客様と打ち合わせを通して、動画制作の目的や利用方法を確認する 3万〜15万円
ディレクション 動画制作のために必要なスタッフ招集、撮影場所やスケジュールの確保などスケジュールを調整する 5万〜25万円
台本作成 動画のシナリオを作成する 5万〜10万円
撮影 動画を撮影する 8万〜35万円
編集 撮影した動画を公開できるように、視聴者に分かりやすいように調整する 5万〜25万円
音響効果 撮影や編集した動画に効果音やBGMを付ける。編集スタッフが担当することもある 3万〜15万円
ナレーション 製品の紹介やプロモーション動画では、ナレーションを起用することが多い 3万〜10万円

 

上記の項目を分担するために、プロデューサーやディレクター、構成作家、カメラマン、編集スタッフ、アシスタントなどが集められます。

動画によっては、ナレーターやモデル専用のスタイリスト、ヘアメイクが必要になることも。

ただしこの項目と担当範囲は、依頼する企業によって異なります。
あらかじめ見積書などを出してもらって、しっかりと確認しておきましょう。

項目と費用の認識にズレがないことで、動画制作もスムーズに進みます。

また費用は、上記の項目によっても変動します。
それでは、各項目の料金相場を見ていきましょう。

工程ごとの料金相場①企画構成

動画の内容や構成を決める「企画構成」の料金相場は3~15万円です。

基本的に「依頼主である企業にヒアリングをして、動画の目的や方向性を決める」というのが大まかな流れです。

  • 動画はアニメーションか、実写か
  • どんなタレントを起用するのか
  • ナレーションを付けるかどうか

 

動画の内容を大まかにまとめつつ、上記のような細かい部分も決めていきます。

企画構成は、いわば「動画の土台」となる大切な項目です。

動画のクオリティを左右する部分なので、きちんと実績のある制作会社に依頼しましょう。

工程ごとの料金相場②ディレクション

動画制作の管理・進行業務である「ディレクション」の料金相場は、5万~25万円です。
「ディレクター」と呼ばれる人に支払われます。

ディレクターは、プロデューサーが提案した企画に沿って、動画の制作・演出、チームの管理などの業務を担当する人です。

  • 動画制作に必要なスタッフの招集
  • 撮影場所やスケジュールの確保
  • スケジュール調整

 

上記に加えて、出演者やスタッフへの指導やアドバイスなど、業務内容は多岐にわたります。

よって、企画構成よりも支払うべき費用も高くなるでしょう。

工程ごとの料金相場③台本作成

動画のシナリオやセリフを考える「台本作成」の料金相場は、5万~10万円です。

構成作家や放送作家に支払います。

作家は、筋道を立てながら、紹介文やナレーターが読み上げるセリフ、ときには効果音やBGMを入れるタイミングなど、動画の細やかな流れを構成します。

実績のある作家を選ぶことで、企業のサービスや商品の魅力が伝わる台本に仕上がるでしょう。

工程ごとの料金相場④撮影

動画の撮影を依頼した場合の料金相場は8万〜35万円です。

動画制作の費用の中でも、特に高い項目です。

撮影費用といっても、その中にはさまざまな細かい費用が含まれています。

  • 撮影費用
  • スタジオ費
  • キャスティング費
  • 移動費
  • 宿泊費
  • 機材費
  • メイク・スタイリング費

 

タレントや女優を起用した場合は、そのキャスティング費がかかります。

スタッフや出演者の人件費に加えて、移動費や宿泊費もかかるので、見積もりの際は見落とさないようにしましょう。

工程ごとの料金相場⑤編集

撮影した動画の編集業務を依頼するときに必要な料金相場は5万~25万円です。

動画編集作業では、スタッフが視聴者に分かりやすいように動画を調整したり、公開設定をしたりします。

具体的な編集業務内容は次の通りです。

  • テキストや写真、画像の挿入
  • 字幕の挿入
  • いらない部分をカットする
  • サムネイル作り

 

3DCG動画を始め、特殊なグラフィックを用いた動画の場合は、通常の動画編集費用よりも高額になります。

動画の種類と費用を考慮してから依頼するのがおすすめです。

工程ごとの料金相場⑥音響効果

撮影や編集した動画に効果音やBGMを付ける「音響効果」の依頼費用の相場は、3万~15万円です。

著作権フリーの音源を使う場合は、費用を安く抑えられます。

ただ、動画のために音源を一から依頼すると、当然費用は高くなります。

動画の内容や規模に合った音響効果を依頼しましょう。

工程ごとの料金相場⑦ナレーション

ナレーションを依頼する場合の料金相場は3万〜10万円です。

ナレーターの人件費として支払います。

ナレーターの知名度や実績によって料金は前後するものの、安くても3万円程度はかかります。

ナレーターが所属する事務所によっては、文字数や収録時間で料金が変動するケースもあるので、事前に把握しておきましょう。

動画制作の費用を少しでも安くする3つの方法

動画制作の費用を少しでも安くする3つの方法動画制作の費用を相場からさらに安くする方法として、

  • 自社で作成できるものは用意しておく
  • アニメーション動画の制作を依頼する
  • 動画制作の目的と方法をしっかりと考える

 

の3つを解説します。

方法1:台本など自社で作成できるものは用意しておく

1つ目は「台本など自社で作成できるものは用意しておくこと」です。

企画構成から撮影、編集などをすべてプロに依頼すると、それだけクオリティの高い動画ができます。

しかし、依頼する項目が増える分、すべての作業に費用が発生し、どんどん高額になってしまいますよね。

企画構成だけでも3万〜15万円と、項目ごとの費用も安くありません。

つまり依頼する項目を少なくすることで、費用が高額になることを防げます。
そのためにも、いくつかの項目は自分たちで作業しましょう。

特に以下の項目は、自社で用意できることが多いです。

  • 企画の立案
  • 台本の作成
  • ナレーション

 

自社で担当できそうなものは用意したうえで、制作会社に依頼してみましょう。

5万〜10万円の費用は節約できるはずです。

方法2:アニメーション動画の制作を依頼する

2つ目は「アニメーション動画の制作を依頼すること」です。

多くの企業は、タレントや俳優などを起用した動画制作を考えているかもしれません。
確かに有名人を起用すると、消費者へのアピールにはなります。

しかしそのぶん出演者へのギャラなどが発生するので、動画制作の費用はさらに高くなります。

また出演者のスケジュール調整が難しいなど、制作がスムーズに進みにくいことも。

費用を少しでもおさえるには、アニメーション動画の制作を検討してみてください。

アニメーショには出演者への費用が発生しないうえに、動画制作のスケジュールも左右されにくいです。
また撮影がないので、機材費もかかりません。

もしくは自社の社員が出演するなどもおすすめです。
出演者を工夫して費用をおさえてみましょう。

方法3:動画制作の目的と方法をしっかりと考える

3つ目は「動画制作の目的と方法をしっかりと考えること」です。

動画制作をする目的は、企業によってさまざまかと思います。

例えば、

  • 自社商品やサービスを宣伝したい
  • 社員を採用するためにプロモーション動画を作りたい
  • 新しい消費者にアプローチしたい

 

などです。

実は動画の目的によって、制作する動画の種類は変わります。

例えば、今まで30代以上の消費者が多かった企業が、20代にアプローチしたいと考えているとしましょう。
その場合、テレビCMよりもYouTube動画の方が有効なことがあります。

この場合の費用相場は、以下の通り。

  • テレビCMが80万円
  • YouTube動画は10万円

 

YouTube動画の方が時間は短いですが、費用は安く済みます。

動画制作の目的やアプローチする人をしっかりと設定しておくことで、適正価格で動画を制作できます。
結果として、コスパよく動画を制作することが可能です。

ここまで動画制作の費用をおさえる方法をお伝えしました。

とはいえ、実際にどの会社に依頼すればいいのかは、なかなか分かりにくいですよね。

そこで次は、動画制作会社の選び方を解説します。

動画制作会社の選び方

動画制作会社を選ぶときのポイントは大きく分けて3つあります。

  • 選び方①実績
  • 選び方②動画の得意ジャンル
  • 選び方③レスポンスの速さ

 

ポイントを押さえて、自社に合った会社を選びましょう。

選び方①実績

動画制作会社を選ぶ際は、その会社の制作実績をチェックしましょう。

きちんと実績がある会社なら、過去の動画のポートフォリオをホームページに掲載しています。
複数の動画をチェックすれば、その会社の動画のクオリティが分かるでしょう。

もちろん「実績が多い=動画のクオリティが高い」というわけではありません。
ただ、実績が多いということは、一定数の会社から信頼されている証拠といえます。

初めて依頼する場合は、できるだけ実績の多い会社を選びましょう。

選び方②動画の得意ジャンル

動画制作会社が得意なジャンルも確認しましょう。

会社によって、得意とする動画のテイストや種類が異なります。

アニメーション制作が得意な会社もあれば、実写動画が得意な会社もあります。
インタラクティブ動画や3DCG動画、ドローン撮影を用いた動画など、動画の種類は多種多様です。

作りたい動画の内容に合わせて、会社を選びましょう。

選び方③レスポンスの速さ

スムーズに動画制作を進めるためには、レスポンスの速さが大切です。

動画制作は1日で終わるケースもありますが、数日~数週間かかるケースも少なくありません。
レスポンスが遅い会社の場合、動画制作のスケジュールが後ろ倒しになってしまう可能性もあります。

レスポンスが速くて、きちんとスケジュールを立てくれる会社がおすすめです。

>>YouTube動画の制作会社5選と依頼する前に知りたい5つのポイント

動画制作の依頼におすすめの企業3つ

おすすめ企業として、

  • PROOX
  • 映像制作コンビニ倶楽部
  • サムシングファン

 

の3つを見ていきましょう。

おすすめの企業1:PROOX

おすすめの企業1:PROOX1つ目は「PROOX」です。

PROOXとは、コストパフォーマンスを重視している企業です。
お客様が納得できる価格の提示を大切に考えています。

おすすめポイントは、以下の3つ。

  • 動画制作は15万円から依頼可能
  • 経営コンサルティング出身のメンバー多数
  • 動画の目的やターゲット、商品の強みを探し出すことが可能

 

動画制作が初めて、動画制作の目的や方法から相談したい企業様におすすめです。

おすすめの企業2:映像制作コンビニ倶楽部

おすすめの企業2:映像制作コンビニ倶楽部2つ目は「映像制作コンビニ倶楽部」です。

映像制作コンビニ倶楽部とは、お客様の利益につながる動画を制作している企業です。
また商品プロモーショはもちろん、学校紹介やマニュアル映像なども制作しています。

おすすめポイントは、以下の3つ。

  • 動画制作は18万円から、3つのプランで分かりやすい
  • 累計8,000タイトルを作成した実績あり
  • 最短7日で制作も可能

 

ざっくりとした料金プランで依頼したい、スピードを重視する企業様におすすめです。

おすすめの企業3:サムシングファン

おすすめの企業3:サムシングファン3つ目は、弊社の「サムシングファン」を紹介させていただきます。

サムシングファンでは動画制作だけでなく、その動画の活用方法まで提案しています。
そのため幅広い企業様からご依頼いただき、制作実績は年間300社を記録しています。

おすすめポイントは、以下の3つ。

  • 費用は5万円から、プランで依頼可能
  • 動画効果を分析するツール「DOOONUT」を提供
  • 動画活用セミナーなども開催

 

動画制作はもちろん、制作後の動画の活用方法までサポートしてほしい企業様におすすめです。

 

サムシングファンに依頼したとき、動画制作にかかる費用

サムシングファンに依頼したとき、動画制作にかかる費用最後に、サムシングファンの動画制作にかかる費用をまとめてみました。

内容 料金
動画制作 30万〜300万円
ドローン撮影 10万円〜
インターネットライブ配信 15万円〜
プレゼンテーション動画の収録 5万円〜

 

こうして見ると、費用相場が幅広く感じるかもしれません。

そこで次は、実際に制作した動画とその費用を見ていきましょう。

実際に制作した動画と費用の相場一覧

実際に制作した動画を、

  • 30万円
  • 30万〜50万円
  • 50万円〜100万円
  • 100万円〜200万円

 

に分けて紹介します。

費用相場:30万円のケース

企業団体「EO」が主催する学生向けコンペティション「EO GSEA」の2017年度日本大会ダイジェストを作成しました。

費用相場:30万〜50万円のケース

住友電工情報システム様のサービス紹介動画です。
主にSNSで活用されています。

費用相場:50万〜100万円のケース

株式会社サンコー様の商品プロモーション動画です。
展示会などイベントで目を引くように制作しました。

費用相場:100万〜200万円のケース

製薬会社バイオジェン・ジャパン様のキャンペーンの一環として制作したプロモーション動画です。
毎年5月末にある「世界多発性硬化症の日」にあわせて制作しました。

依頼を検討している人は、上記の動画内容と費用相場を参考にしてみてくださいね。

動画制作の費用相場をしっかりとリサーチして、PRなどに活用しよう

今回は、動画制作における費用相場を解説しました。

おさらいすると、動画制作の費用相場は以下の通りです。

  • インタビュー撮影:5万円〜
  • セミナーやイベントの撮影:15万円〜
  • Webムービーの制作:30万円〜
  • 会社の紹介映像やPR映像の制作:50万円〜
  • テレビCMの制作:80万円〜
  • YouTube動画の制作:10万円〜
  • アニメーションPVの制作:20万円

 

またおすすめ企業として、以下の3つを紹介しました。

  • PROOX
  • 映像制作コンビニ倶楽部
  • サムシングファン

 

サムシングファンは、ネットであれば24時間ご相談を受け付けています。
気になる人は、お気軽にお問い合わせくださいね。

>>格安で動画制作ができる会社を5選徹底調査|コツや注意点も解説!

 

企業向け・動画マーケティングの教科書

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績