株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

会場が盛り上がる!イベント動画の制作のポイントとおすすめの配信サービス

会社イベントやエンタメ系のイベントの際に、スクリーンに動画が流れているのを見たことはありませんか?

イベントの際に流す動画は、イベントの主旨を伝えるだけでなく、会場の雰囲気を盛り上げるために必要不可欠なものです。

しかし、動画の形式はさまざま。

イベントを企画する人の中には「どんな動画を流せばいいか分からない」と悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、参加者の気分を盛り上げるイベント動画制作・作成のポイントをご紹介します!

おすすめの配信サービスもあわせてチェックしてみてください。

イベントで動画を流す3つのメリット

イベントで動画を流す3つのメリット社内イベントやパーティー、クラブイベントなどでよく流れている動画。

動画を流すことで、どんなメリットが得られるのでしょうか?

①イベントの内容が伝わりやすい

イベントで動画を流す大きなメリットは「イベントの内容が伝わりやすい」という点です。

イベントの参加者の多くは、イベントの広告やチラシなどに目を通すものの、具体的なイメージが湧いていない場合がほとんどです。

しかも、広告やチラシには文字や写真、イラストしか載っていない「静止画」であることが多く、伝えたい部分が伝わっていない可能性が高いでしょう。

一方、動画ならBGMや音声、映像を通して、イベントの内容や主旨が伝わりやすくなります。

「短時間で参加者にインパクトを与え、イベントの全貌を理解してもらう」

これこそが、イベントで動画を流す大きな目的です。

②参加者の期待度を高める

イベント開始前、もしくは開幕時に動画を流すことで、参加者の期待度も高められます。

会場を暗くしてたり、スピーカーから音楽を大音量で流したりすることで、「これからイベントが始まるんだ」という緊張感やワクワク感を演出できるのです。

③広告代を削減できる

イベントの際は、イベントの告知にチラシやポスターを印刷したり、イベントの案内にパンフレットを作ったりして、膨大な広告代がかかってしまうケースもあります。

しかし、あらかじめ動画を広告としてインターネット上にUPすれば、広告代を大幅に削減できます。

拡散に成功すれば、より多くの参加者を集められる可能性も!

イベントで流す動画は5種類!それぞれの特徴を解説

イベントで流す動画は5種類!それぞれの特徴を解説イベントで流す動画にはいくつか種類があります。

今回は、その中でも代表的な5種類の動画の特徴を、実例を交えて解説します。

①オープニングムービー

オープニングムービーとは、名前の通り「イベント開幕時に使われる動画」です。

上記の動画のように、冒頭でカウントダウンを取り入れることで、参加者の注目を集め「そろそろイベントが始まる」という雰囲気を演出します。

ここで参加者の心をつかめるかどうかで、イベントの盛り上がりが変わります。

できるだけインパクトのある映像を挿入しましょう。

②アタックムービー

アタックムービーは、オープニングや表彰式など、イベントの「節目」に使われる動画です。

主に観客の注目を集めることを目的としており、印象的な効果音やスピード感あふれる映像が特徴です。

③エンディングムービー

エンディングムービーは、イベントの最後に流れる動画です。

エンディングムービーを流すことで、観客にイベントの内容や楽しさを振り返ってもらい、より長く記憶してもらえます。

クレジットとしてイベントに携わったスタッフの名前や写真を流せば、スタッフも「無事イベントを終えられた」という達成感を感じられます。

④ティザー

ティザーは告知のために使用される予告動画です。

イベントの最中ではなく、イベントの広告としてサイトやSNSにUPされるケースがほとんど。

イベントの全貌は隠しつつ、視聴者の好奇心をくすぐるようなフレーズをちりばめて集客を募るのが、基本的な手法です。

⑤ライブ配信

ライブ配信はイベント中に流す動画ではなく、イベントの全貌をインターネット上に配信したものです。

配信サイトによっては、動画の画面内にコメントが流れるものもあるので、イベント中にスクリーンに映して司会者や登壇者が回答することもあります。

イベントに参加できなかった人も楽しめますし、イベントの内容を記録できるので、今後もイベントを開催する場合には取り入れてほしい動画です。

会場が盛り上がるイベント動画制作・作成のポイント

会場が盛り上がるイベント動画制作・作成のポイント参加者の期待感を高め、会場を盛り上げるにはどんな動画を制作すればよいのでしょうか?

ここでは、イベントの動画を作成する際の5つのポイントをご紹介します!

3DホログラムやVRなどインパクトのある映像を作る

参加者の心を手っ取り早くつかむ方法は、インパクトのある映像を作ることです。

近年は3Dメガネを着用して見る「3D」を始め、肉眼で立体映像が楽しめる「3Dホログラム」という映像技術が存在します。

「仮想現実」が楽しめるVRや、動画をあらゆる角度で楽しめる360動画なども大変人気です。

参加者が驚くような、遊び心のある映像を取り入れて、会場を盛り上げましょう。

イベントの主旨に合ったテイストを選ぶ

イベントと一口に言っても、その主旨はイベントによって異なります。

社内イベントの場合、BGMや映像技術よりも、動画の内容そのものに注目されるケースが多いでしょう。

新卒歓迎ムービーや表彰式、総会などが一例です。

この場合、シンプルでフォーマルな雰囲気の映像の方がイベントの主旨と合うでしょう。

一方、クラブイベントや音楽イベントでは、ポップで明るいBGMやハイテクな映像技術などが求められます。

動画を制作する際は、イベントの主旨に合ったテイストを選びましょう。

参加者の目線に立つ

イベントの動画を制作するときは、参加者の目線に立ちましょう。

動画を制作する際、主催者視点で動画を作る人も少なくありません。

しかし、主催者視点で動画を作ってしまうと、情報を詰め込みすぎたり、独りよがりな映像になったりする可能性が高くなります。

イベントの目的はあくまでも参加者に楽しんでもらうことです。

まずは参加者の目線に立って、「どうしたら楽しんでもらえるのか」という点にフォーカスして動画を制作しましょう。

過去のイベント映像を盛り込んで親近感のある映像を

イベントの内容をより分かりやすく伝えるには、オープニングムービーやティザーで過去のイベント映像を流すのが効果的です。

当時のイベントの模様や参加者の感想などを盛り込むことで、参加者にイベントの内容を具体的に伝えられます。

過去の参加者の様子やレビュー、アンケートによる満足度なども一緒に盛り込めば、参加者が親近感や期待感を抱いてくれる可能性もあります。

イベントで一番伝えたいことを共有

イベントで流す動画に、欲張ってあれもこれもと内容を詰め込みすぎるのはNGです。

しかし、イベントで一番伝えたいことは必ず盛り込みましょう。

イベントの目的や、イベントを開くことのメリットなどをテキストや映像、音楽を使って強調すれば、会場が一体感に包まれます。

同じ目的を共有する楽しさや達成感から、「また次のイベントも参加しよう」という気持ちも引き出せるでしょう。

イベント動画でBGMを使うときは著作権に注意!

イベント動画でBGMを使うときは著作権に注意!イベント内や、イベントの動画内のBGMに、既存の音楽を使う場合は、著作権に注意しましょう。

著作権とは、音楽・美術・文学などの作品(著作物)の作者が、自身の作品の使用を独占する権利を指します。

著作物を無断で使用・複製すると、著作権侵害とみなされ懲役まはた罰金が科せられるケースもあります。

CD音源を利用する際は、許可を得るべきシチュエーションとそうでないシチュエーションに分けられます。

【許可を得るべきシチュエーション】

  • 営利法人や営利を目的とする団体または個人がイベントを主催する場合

  • 参加者から入場料などの料金を受け取る場合

【許可が必要ないシチュエーション】

  • 著作権の保護期間が消滅している作品を使用する場合

  • JASRACに管理が委託されていない作品だけを使用する場合

  • 参加者に料金が発生しない場合

許可が必要な場合は、許諾の手続きのほか、使用料の支払いが必要になります。

そういった手間をなくしたいなら、著作権フリーの音源をBGMとして利用するのがおすすめです。

※【参考】JASRAC

おすすめのイベント動画配信サービス

おすすめのイベント動画配信サービスイベントの記録や、当日に参加できなかった人のためにイベントを動画配信する際は、動画配信サービスやツールが必要です。

ここでは、数あるサービスの中から、おすすめのイベント動画配信サービスを3つご紹介します。

SmartSTREAM

SmartSTREAMSmartSTREAMはNTTグループが提供している動画配信サービスです。

同時視聴者数無制限で、なおかつ動画配信のプロがサポートしてくれるので初心者でも安心して利用できます。

通常のライブ配信のほか、オプションメニューとして高画質の「4K」での配信も可能です。

ライブ配信だけでなく、セミナーや会議の際も利用できるので、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。

※公式ホームページはこちら

ZOOMウェビナー

ZOOMウェビナーZoomウェビナーは、「Zoomビデオコミュニケーションズ」が提供しているWebサービス。

ウェブ上でのセミナーや講義のほか、配信イベントなど、さまざまなシーンに利用されています。

Facebook LIVEやYouTube LIVEでストリーミング配信もできるので、招待メンバーを指定した社内イベントの際に便利です。

※公式ホームページはこちら

↓↓こちらの記事も合わせてチェック↓↓

「Zoomウェビナーの使い方!参加方法やアンケート機能も紹介」

Cisco Webex Events

Cisco Webex EventsもZoomと同じく、オンライン会議や企業イベントを目的とした配信サービスです。

Facebook LIVEやYouTube LIVEのほか、IBM Video StreamingやVbrick Revなどのさまざまな配信サービスと連携できるのが特徴です。

※公式ホームページはこちら

イベント動画制作・撮影・編集は業者に依頼するのもあり

イベント動画制作・撮影・編集は業者に依頼するのもあり「イベントは企画・運営で手がいっぱいで、動画を制作する余裕がない…」

そんなときは、業者に依頼するという手もあります!

利用料金はかかりますが、動画制作業者なら、クオリティにこだわったイベントにぴったりの動画を作成してくれます。

もちろん、ヒアリングもきちんと行うので、イベントの主旨と動画の主旨がズレることもありません。

相談は無料であるケースが多いので、一度問い合わせてみましょう。

イベント動画制作ならサムシングファンにおまかせ!

イベント動画制作ならサムシングファンにおまかせ!イベントに流す動画は、イベントの主旨を分かりやすく伝えたり、観客を盛り上げたりする重要なツールです。

動画制作・撮影・編集は業者に依頼するのがおすすめですが、中には「どこに依頼すればいいか分からない」という人もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが映像活用提案会社「サムシングファン」です!

サムシングファンは、映像制作サービスから動画マーケティングツール、ライブ配信など、映像にまつわるあらゆるサービスを提供しています。

イベント動画の制作も代行いたしますので、気軽にご相談ください。

※サムシングファンの主な実績はこちらでチェック!

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×