株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

360度動画とVR動画の違いは?360度動画が撮れるカメラや編集アプリも紹介

YouTubeでも多く投稿されている近年注目の「360度動画」。

しかし、動画に詳しくない人の中には

「360度動画って何?」

「360度動画とVR動画って何が違うの?」

と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

360度動画は360度の角度から動画が楽しめる動画。

一方、VR動画は仮想現実を楽しめる動画です。

とはいえ、いまいちピンとこない人も多いはず。

そこで今回は、360度動画とVR動画の違いや、360度動画の魅力、そして360度動画が撮影できるカメラやアプリをご紹介します!

360度動画とは?種類と仕組みを解説

360度動画とは?種類と仕組みを解説360度動画とは、その名の通り360度の角度から景色や物を楽しめる動画です。

「全天球動画」「パノラマ動画」とも呼ばれています。

360度動画には複数の種類があり、それぞれ特徴が異なります。

360動画の種類 特徴
ドームマスター形式

・360度の画像・映像を1枚におさめた円形の魚眼画像
・プラネタリウムで使用されることが多い

正距円筒図法(パノラマ)形式

・メルカトル図法の地図に似た仕組み
・周りの風景を球面から平面に変換する
・風景動画によく使われている

キューブマップ形式 ・立方体の一部分から周囲を見渡したような映像
・3DCGのマッピングによく使われる

 

上記3つに共通しているのは、自分(視聴者)が動画内の「中心」となって周りを見渡す構造になっていることです。

上下左右、好きな方向に目が向けられるため、通常の動画とは違った楽しみ方が展開できるでしょう。

360度動画とVR動画の違いとは?

360度動画とVR動画の違いとは?360度動画とVR動画はしばし混同されがちですが、どのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、360度動画とVR動画の共通点や違いを解説します。

360度動画とVR動画は広い意味では同じ

360度動画とVR動画は「360度の角度から動画を楽しむ」という部分が共通しています。

どちらも自分の好きな方向に目を向けられますし、通常の動画とは違った「臨場感」が感じられます。

そのため、広い意味では同じ役割を持っていると言えるでしょう。

360度動画は「正面」VR動画は「自由な角度」が視点

共通点はあるものの、360度動画とVR動画には大きな違いがあります。

それは「視点」です。

360度動画は、画面をクリックするだけで自分の好きな方向が見られます。

しかし、視点はあくまでも正面。

画面内を移動して、画面の隅から上を見上げることはできません。

視点が固定されているため「特定の視点から360度の角度が見られる」という仕組みです。

一方、VR動画の場合は視点が制限されていません。

自分がしゃがめば、しゃがんだ視点から周囲の景色が見られます。

画面の中で歩いて、移動することが可能なのです。

つまり、360度は視点が制限されていて、VR動画はより自由な角度が楽しめるというわけです。

VR動画はヘッドセットが必要

ヘッドセットの有無も、360度動画とVR動画の違いです。

360度動画は、画面をクリックするだけで好きな方向が見られます。

一方、VR動画は基本的にヘッドセットを付けて楽しみます。

360度動画は「現実世界で動画そのものを楽しむ」、VR動画は「自分が仮想現実(動画)の中に入り込んで楽しむ」というイメージですね。

臨場感で人の心を惹き付ける!360度動画の魅力

臨場感で人の心を惹き付ける!360度動画の魅力360度動画はYouTubeを始めとする動画配信サイト以外にも、さまざまな場面で活躍しています。

ここでは、360度動画の魅力やメリットを、大きく分けて3つご紹介します!

360度動画の魅力①広告にも有効

360度動画は単なるエンターテインメントとしてだけでなく、会社や商品の広告にも有効です。

上記の動画のように、ゲームのPRにはかなり役立つ手法ですね。

通常の動画よりも迫力が出るため、ユーザーの注目度を集められます。

個性的でかっこいい360度動画を拡散すれば、一気に「バズる」ことも。

集客率もぐんとアップするでしょう。

会社や商品、サービスを売り込みたいのなら、TwitterやInstagram、YouTubeなどに投稿するのがおすすめです。

360度動画の魅力②体験型アトラクションにも最適

360度動画は、プラネタリウムやプロジェクションマッピングなどの体験型アトラクションにも使われています。

360度動画が撮影できるカメラやアプリを使って、360度動画をSNSやYouTubeに投稿して視聴者を楽しませるという方法もあります。

YouTuberの中には、次のような360度動画を投稿して、その再生回数で稼いでいる人もいます。

  • テーマパークのジェットコースターに乗って撮影した360度動画

  • ゲーム実況×360度動画

  • 深海を撮影した360度動画

企業はもちろん、一般の人もハイクオリティな「エンターテインメント」が提供できるのも、360度動画の大きな魅力です。

360度動画の魅力③業務を省略化できる

360度動画を上手く活用すれば、業務も省略化できます。

例えば、こちらの賃貸物件。

こちらの360度動画では、賃貸物件の「VR内見」ができるのです!

内見の360度動画を投稿することで、賃貸物件のPRにもなりますし、わざわざ内見へ出る必要もありません。

もちろん、最終的な契約の際は実際に物件を訪れて、顧客に紹介する必要があるでしょう。

とはいえ「ちょっと見学したい」「何となく物件をのぞいてみたい」という顧客へのニーズは簡単に満たせるため、業務の省略化が叶います。

YouTubeで360度動画を再生してみよう

YouTubeで360度動画を再生してみようYouTubeには360動画やVR動画がたくさん投稿されているのでいくつかご紹介していきますね。

<360度カメラでスライム作りを内側から撮ってみた>

こちらは360度カメラでスライム作りを内側から撮った映像です。

まるで、すぐそばで作っているような不思議な感覚ですね。

<360° Toy Story 4 Wooden VR Rollercoaster POV Pixar Movie themed Indoor Ride 360>

こちらはバーチャル映像内でジェットコースターに搭乗できる動画です。

3DCG映像ですが、かなり臨場感がありますね。

<RISK SPOT 360°リスク体験ムービー>

こちらは住友生命の広告。

空間を利用してリスク体験ができるのも、360度動画の大きなメリットですね。

360度動画が撮れるカメラ3選

360度動画が撮れるカメラ3選360度動画が撮影できる人気のカメラを3つご紹介します!

360度動画が撮れるカメラ①RICOH THETA360度動画が撮れるカメラ①RICOH THETA

およそ1400万画素の360度静止画と、高画質4Kの360度動画が撮影できるカメラです。

内蔵メモリはおよそ14GBで、104gという軽量タイプ。

サイズが小さく軽いため、持ち運びにも便利です。

カラーは4色展開で、まるでレコーダーのようなスタイリッシュな外見もポイント!

1回の動画記録時間は最大3分と短めですが、専用アプリ「THETA+」と共有すれば簡単に編集ができるため、初心者さんにはぴったりです。

Amazonからの購入はこちら

360度動画が撮れるカメラ②Insta360 ONE R

360度動画が撮れるカメラ②Insta360 ONE Rたくさんの360度カメラを販売してきたカメラブランド「Insta360」の360度動画対応可能のカメラです。

アクションカメラとしての機能をはたす「4K広角モジュール」と、5.7Kもの超解像度の360度動画が撮影できる「360度モジュール」がセットになっています。

静止画やタイムプラス機能もついているため、あらゆるシーンで利用できます。

防水使用のため、雨や水にぬれても安心です!

手ブレ補正機能付きで安定したなめらかな映像が撮影可能。

自転車や車、そのほか乗り物に乗りながらの撮影にも向いています。

とにかく高画質の360度が撮りたい人や、360度動画だけでなくいろいろな動画・写真を作成したい人におすすめです。

Amazonからの購入はこちら

360度動画が撮れるカメラ③GoPro MAX

360度動画が撮れるカメラ③GoPro MAX安定性と機能性を重視するなら「GoPro MAX」がおすすめ!

GoPro MAXは、アメリカに本社をかまえる大手カメラブランド「GoPro」が2019年に発売した新作です。

カメラ好きなら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

このカメラには「水平維持機構 HEROモード」が付いており、どんな角度でも水平の映像が撮れます。

とにかく安定感が抜群で、手ブレが補正されるどころか、素人でもまるでプロのような動画や写真が撮影できる優れもの!

音声マイクの性能もよいため、音声を入れたVlog系の動画にもぴったりです。

Amazonからの購入はこちら

360度動画が編集できるアプリ・ソフト3選

360度動画が編集できるアプリ・ソフト3選360度動画が編集できる人気のアプリ・ソフトを3つご紹介します!

360度動画アプリ・ソフト①PowerDirector

360度動画アプリ・ソフト①PowerDirector「PowerDirector」はパソコン向けの動画編集ソフトです。

撮影した動画を正距円筒図法(パノラマ)で貼り付けて編集します。

トリミングやトランジションなどの基本編集操作はもちろん、追跡したい対象物の動きをフォーカスできます。

手ブレ補正もできるため、撮影の際にブレてしまった映像もキレイに仕上げられます。

動画編集に慣れている人ならすぐに使いこなせるおすすめのソフトです。

購入・無料体験はこちら

360度動画アプリ・ソフト②Final Cut Pro X

360度動画アプリ・ソフト②Final Cut Pro X「Final Cut Pro X」は多くのYouTuberが愛用している人気の動画編集アプリです。

カメラで撮影した360度動画を読み込んで、角度や視野を選択したり、不要なオブジェクトを隠すこともできます。

VR用のヘッドセットに接続して編集すれば、正距円筒図法(パノラマ)の映像を確認することも可能!

360度動画だけでなく、VR動画も撮りたい人にはおすすめです。

購入・無料体験はこちら

※参考「Final Cut Pro X 10.4 で 360° ビデオを編集する」

360度動画アプリ・ソフト③かんたん360 for RICOH THETA

360度動画アプリ・ソフト③かんたん360 for RICOH THETA初心者におすすめしたいのがLIFE STYLE株式会社が提供している動画編集アプリ「かんたん360 for RICOH THETA」です。

主に360度動画対応カメラ「RICOH THETA」で撮影した動画を編集できます。

RICOH THETAとスマホを連携させれば、リモート撮影も可能!

RICOH THETAユーザーは要チェックです。

App Storeでのダウンロードはこちら

360度動画の編集ならサムシングファンにおまかせ!

360度動画の編集ならサムシングファンにおまかせ!

360度動画とVR動画は「360度の角度から動画を楽しむ」という共通点があるものの、視点や役割など異なる部分もあります。

360度動画は正面の視点から360度の角度が楽しめる動画です。

一方、VR動画は仮想現実の中で自分の動きに合わせた視点から景色や対象物が眺められます。

360度動画は広告や体験型アトラクションなどにも使用されており、YouTubeにもたくさん動画が投稿されています。

動画を参考にしつつ、カメラや編集アプリをチェックして、360度動画を作ってみてはいかがでしょうか?

「360度動画で会社や商品の広告を作りたいけど、制作する時間も知識もない…」

そんなときはサムシングファンにおまかせ!

サムシングファンではさまざまな動画編集代行を承っています。

ぜひ一度ご相談ください。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×