動画やるなら、動画マーケティング戦略・支援ツールの「DOOONUT(ドーナツ)」

DOOONUTブログ

動画マーケティングとは?最新の動向や事例、成功のポイントも解説

「動画マーケティングってどうやって取り組んだらいいんだろう……」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

動画マーケティングとは、映像作品や広告を活用したWebマーケティング手法の1つ。
目的は、映像によって商品やサービスの魅力をアピールし、問い合わせや購入につなげることです。

企業が動画マーケティングに取り組むことで、見込み客や新規顧客を増やすことが可能です。

とはいえ、具体的にどのようにして取り組めばよいのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 動画マーケティングとは
  • 動画マーケティングの最新の動向
  • 動画マーケティングの種類
  • 動画マーケティングのメリット・デメリット
  • 成功事例
  • 企業が取り組むときのポイント

    について解説します。

    最後に動画マーケティングのサポートを依頼するのにおすすめの企業も紹介するので、あわせて参考にしてみてください。

    目次

    動画マーケティングとは?概要と目的を理解しよう

    動画マーケティングの概要最初に動画マーケティングについて、

    • 動画マーケティングとは
    • 動画マーケティングが盛んになった背景
    • 活用の目的

      の観点から解説します。

      動画マーケティングとは、映像を使った商品やサービスの集客方法

      動画マーケティングとは、映像を使って商品やサービスの利用者を増やす集客の方法です。
      Webマーケティングの手法はSNSやコンテンツなど複数ありますが、動画はその1つ。

      主にYouTubeなど、動画配信サービスで活用されています。

      動画マーケティングの活用が盛んになった背景

      動画マーケティングは近年盛んになった方法です。

      その理由は、主に以下の3つ。

      • スマホやインターネット、SNSの発達によって動画を見る機会が増えた
      • 動画は伝えられる情報量が多く、広告の市場も伸びている
      • 個人でも動画を制作しやすくなり、クリエイターの活躍が増えた

        動画マーケティングを活用する目的3つ

        企業が動画マーケティングを活用する目的は、主に以下の3つです。

        • 商品の認知度アップ
        • ブランディング
        • ファン獲得、リピーター化

          先ほどお伝えしたように、スマホやインターネットの発達によって動画を見ることが増えました。

          多くの人の目に入る動画を活用することで、「自社商品やサービスを知ってもらいやすい」と感じる企業が多くなっているのです。

          動画マーケティングの活用例やメリット・デメリットについてはこちらの記事をチェックしてみてください。
          >>動画マーケティングに期待できる3つの効果とは?成功させるための秘訣も

          動画マーケティングの最新の動向

          動画マーケティングの最新の動向サイバーエージェントの調査によると、スマホやインターネットの発達によって、動画広告の市場規模は年々増加しています。

          【動画広告市場の規模と予測】

          年数 動画広告市場規模
          2020年 2,954億円
          2021年 4,205億円
          2022年 5,497億円
          2023年 7,095億円
          2024年 8,746億円
          2025年 10,465億円


          ニーズが大きいぶん、動画コンテンツを制作する企業も増加しています。

          発注先として個人のクリエイターを探すことも多くなり、動画編集者やYouTuberなどフリーランスで活躍する人も増えました。

          2025年には10,465億円まで伸びることが予測されているため、今後もニーズは増え続けるでしょう。

          【出典】サイバーエージェント「サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表」

          動画マーケティングの市場や最新トレンドについて詳しく知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください。
          >>動画マーケティングの市場は今後どうなる?最新のトレンドとあわせて解説
          >>5Gの普及で動画マーケティングはどう変わる?3つのポイントを解説

          動画マーケティングの手法にはいくつかの種類がある

          動画マーケティングの種類動画マーケティングの手法には、以下の6つがあります。

          • SNSやプラットフォームに動画広告を出稿する
          • 動画コンテンツを配信する
          • マーケティングファネルに対応した動画を配信する
          • Webサイトに埋め込む
          • メルマガで配信する
          • オフライン広告を出稿する

          1つずつ見ていきましょう。

          SNSやプラットフォームに動画広告を出稿する

          動画広告とは、ユーザーがYouTubeなどで動画を見たときに表示される広告です。
          動画マーケティングの目的が「認知度向上」の場合によく用いられます。

          動画広告には、以下のようにさまざまな種類があります。

          • インストリーム広告:動画の最初、真ん中、最後に表示されるもの
          • バンパー広告:YouTubeの中で6秒表示されるもの
          • インリード広告:Webページをスクロールしたときに表示されるもの
          • インバナー広告:Webサイトの広告枠に表示されるもの
          • アウトストリーム広告:SNSのフィードなどに表示されるもの

          動画広告は、YouTubeなどのプラットフォームや、Facebook、InstagramなどのSNSで活用されています。
          多くの人に見られやすいことに加え、拡散されやすいというメリットがあります。

          配信先によってユーザー層や視聴態度、適切な尺が異なるので、出稿する際は配信先の特徴を理解しておきましょう。

          ※動画広告について知りたい方はこちらの記事をチェック!
          【初心者向け】動画広告は大きく分けて3種類!メリットや注意点も解説

          動画コンテンツを配信する

          動画コンテンツとは、ストーリー性やおもしろさのある映像を配信することで、商品の認知度アップなどをねらうものです。

          例えば、以下のようなものがあります。

          • 集客・SEO動画
          • コンバージョン獲得のための動画
          • ブランディング動画

            動画コンテンツを配信することで、認知度アップ、商品購入者やサービス利用者の増加、企業のブランディングにつながります。

            動画マーケティングの具体的な活用方法について知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください。
            >>BtoB企業が動画マーケティングに取り組むべき理由と具体的な4つの活用方法

            マーケティングファネルに応じた動画を配信する

            マーケティングファネルとは、見込み顧客が商品の購入に至るまでの過程を段階的に分けたフレームワークのことです。

            購入までの過程は、一般的に①認知、②興味・関心、③比較・検討、④購入と分けられています。
            この段階ごとに適切なアプローチを仕掛けることで、購入へとつなげます。

            動画マーケティングの場合は、Googleが提唱している「3H(スリーエイチ)戦略」が基本です。
            「3H戦略」とは、動画を以下の3つのタイプに分けて行う戦略です。

            • ヒーロー(Hero)動画:商品・サービスの認知度を高める
            • ハブ(Hub)動画:商品・サービスに魅力を感じた顧客にアプローチする
            • ヘルプ(Help)動画:商品・サービスの魅力や詳細情報を伝え、購入につなげる

            ヘルプ動画には、リピーターになってもらうために、さらに役立つ情報を発信する動画も含まれます。

            動画マーケティングの基本戦略なので、マーケティング用の動画を作る際は、どの種類の動画を作るか意識して取り組みましょう。

            Webサイトに埋め込む

            自社のWebサイトに動画を埋め込むことも、動画マーケティングの手法の1つです。

            自らWebサイトを訪れるユーザーは、自社に対して何かしらの興味・関心を持っていることが特徴。

            そのため、埋め込む動画は商品やサービスへの興味・関心を高める動画や、購入への最後の一押しとなるような動画が有効です。

            また、ユーザーが求めている情報を提供することもポイント。
            すでに関心を持っているユーザーなので、尺の長さや拡散性を重視する必要はありません。

            商品やサービスの魅力を、思う存分届けましょう。

              メルマガで配信する

              最近では、メルマガに動画を活用する企業も増えてきました。

              動画が埋め込まれたメルマガは読者の注目を集めやすく、コンバージョン率アップを狙えます。

              また、テキスト情報よりも理解しやすいため、問い合わせや資料請求などのアクションも期待できます。

              オフライン広告を出稿する

              オンラインでの動画マーケティングを意識しがちですが、オフライン広告も有効な手法の1つです。

              最近では、駅構内の柱や電車内などにデジタルサイネージが増え、動画広告を流しているところが増えました。
              また、ビルの巨大スクリーンで動画広告が流れているのを見たことがある方も多いでしょう。

              このようなオフラインの動画広告は、目に留まりやすいというメリットがあります。

              不特定多数の人に見られるため、オフラインでも絶大な効果を発揮します。

              また、パンフレットや資料にQRコードを掲載するのも有効。
              「紙→動画」という流れで、コンバージョンにつなげることもできます。

              動画マーケティングを集客に活用するメリット

              動画マーケティングを集客に活用するメリットここまで動画マーケティングについて解説しましたが、企業が活用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

              動画マーケティングのメリットとして、

              • 商品の魅力が伝わりやすい
              • コストを抑えて集客できる
              • 改善をくり返せる
              • 短時間で多くの情報を伝えられる
              • SNSで拡散されやすい

                の5つを紹介します。

                メリット1:テキストに比べて商品の魅力を直感的に伝えられる

                動画はテキストに比べると、商品の魅力が伝わりやすく、結果として購入や問い合わせ率が高まります

                動画は映像や音楽、字幕、ストーリーなど、商品やサービスの魅力をさまざまな視点で伝えることが可能。

                またテキストのように、自分で読み込む必要がありません。
                他の作業をしながら見ても、ある程度の情報量は伝えられるため、ユーザーが購入や問い合わせを検討しやすいでしょう。

                メリット2:動画の種類によってはコストを抑えて集客できる

                動画の種類によっては、CMのように莫大な広告費が発生しません。
                コストを抑えながら、集客できます

                そもそも数万円と低価格のため、これまでの映像制作のように何十万円、何百万円もかかることはほとんどありません。

                また動画広告は、予算を自由に設定できるケースが多いです。

                限られた予算で集客したいときに効果的です。

                メリット3:効果測定ツールの活用で、改善をくり返すことができる

                動画マーケティングは再生回数や問い合わせ数など、ツールによって効果を測定できます
                そのデータをもとに改善をくり返し、動画のクオリティを高めることも可能です。

                例えば、サムシングファンの「DOOONUT
                配信動画の効果をチェックし、次の動画制作に活用できます。

                動画を配信するときは、このようなツールを活用することも検討してみてください。

                メリット4:短時間で多くの情報を伝えられる

                動画は、テキストや写真に比べ、短時間で多くの情報を伝えられます。

                一般的に、1分間の動画の情報量は、テキストに換算すると180万語、Webサイトに換算すると約3,600ページ分といわれています。

                たった1分間でこれほどの差があるとは、驚きですね。

                また、メラビアンの法則によると、人はコミュニケーションの際に、以下の割合で影響を受けているといわれています。

                • 視覚情報:55%
                • 聴覚情報:38%
                • 言語情報:7%

                動画コンテンツは、映像(視覚)と音(聴覚)で情報を伝えます。
                そのため、テキストや画像に比べると圧倒的な情報量を誇るのです。

                メリット5:SNSで拡散されやすい

                面白い動画や魅力的な動画は、SNSで拡散されやすいという特徴があります。
                うまく拡散されると、広告宣伝費をかけずに多くの人に動画を届けることができます。

                そのため、コストカットに効果的。

                また、ターゲット層以外にもリーチできるというメリットもあります。

                SNSの中でも、拡散を狙うならTwitterが定番です。

                以下の記事ではTwitterに動画広告を出稿するメリットや注意点を解説しています。
                動画の拡散を狙いたい方は、ぜひ参考にしてください。
                >>【5分で読める】Twitterの動画広告を行うメリットや注意点を解説

                動画マーケティングのデメリット

                動画マーケティングのデメリット一方で、動画マーケティングにデメリットはあるのでしょうか。

                ここからは、動画マーケティングのデメリットとして、以下の3つを紹介します。

                • 経験者がいないとハードルが高い
                • 動画の制作に時間がかかる
                • PDCAを回しにくい

                デメリット1:経験者がいないとハードルが高い

                自社に動画制作のスキルを持った人材がいない場合、動画マーケティングのハードルはグッと高くなります。

                動画で宣伝効果を狙うには高いクオリティが必要なので、未経験者にとって動画制作が難しく感じるでしょう。

                解決策は、インハウス化支援に取り組んでいる動画マーケティング会社に依頼することです。

                インハウス化のサポートとは、将来的に社内の人材だけで動画マーケティングができるよう、ノウハウを伝授することです。

                専門的なノウハウを教えてもらえるので、将来への投資と思って受けてみると良いでしょう。

                デメリット2:動画の制作に時間がかかる

                動画は以下のような多くの工程を必要とするため、制作時間が長くなります。

                • 企画・構成
                • 撮影
                • 編集

                クオリティの求められるマーケティング用の動画だと、制作までに1〜2ヶ月は必要です。

                モデルや編集者などを外部に委託する場合は、コストもかかってきます。

                そのため、余裕を持ったスケジュールを立てましょう。

                デメリット3:PDCAを回しにくい

                動画コンテンツは、正確でスピード感のある改善がしにくいという弱点があります。

                例えば、YouTube Analyticsでは、視聴回数や視聴時間などのデータは取得できますが、視聴者の興味関心や離脱した理由などは計測できません。

                つまり、取得可能なデータが少ないのです。

                また、動画を再編集して書き出すには、それなりの手間と時間が必要です。

                さらに、配信先として多くの方が利用しているYouTubeでは、投稿した動画の差し替えができません。

                そのため、1度投稿した動画を手直しした場合は新しい動画として投稿する必要があり、データも1から取得する必要があります。

                以上の理由から、動画コンテンツは視聴者のニーズを把握しにくく、Webサイトのように素早くPDCAを回すことができません。

                動画マーケティングを活用した企業の成功事例

                動画マーケティングを活用した企業の成功事例続いては、実際に動画マーケティングに成功している企業の事例を見ていきましょう。

                紹介するのは、

                • freee
                • ソネット・メディア・ネットワークス
                • 株式会社サンコー

                  の3つです。

                  事例1:クラウド会計ソフトfreee【BtoB】

                  クラウド会計ソフト「freee」とは、個人事業主や企業の経理担当者がスムーズに処理するためのツールです。

                  動画の特徴は、アニメーションで使い方やメリットをわかりやすく紹介していること。
                  難しそうな会計ソフトを、ポップな映像で身近なものに感じさせています。

                  再生回数は2022年5月時点で、約1万9,100回
                  確定申告の時期など、これからも多くの人に視聴されるでしょう。

                  事例2:SMN株式会社(ソネット・メディア・ネットワークス株式会社)【BtoB】

                  ソネット・メディア・ネットワークス株式会社とは、実店舗を持つ事業者に向けてネットと融合したマーケティングプラットフォームを提供する企業です。

                  動画は、イラストと文字でまず視聴者の悩みに寄り添い、その上でサービスを紹介。
                  共感性の高い動画でユーザーに興味を持ってもらい、サービスの必要性を訴えています。

                  主に展示会で活用するために、50万〜100万円で制作しました。

                  事例3:株式会社サンコー【BtoC】

                  サンコー出典:株式会社サンコー

                  株式会社サンコーは、トイレブラシやマット、クリーナーなど生活用品を販売する企業です。

                  動画では、トイレ掃除のプロであるお笑い芸人・佐藤満春さんとコラボ。
                  実際にトイレブラシの使用シーンが含まれているので、視聴者がイメージしやすい内容となっています。

                  主にプロモーションに活用され、店頭で興味を持ってもらうためにキャッチーさを意識して制作しました。

                  実際の動画は、「株式会社サンコー | 商品PR」をご覧ください。

                  動画マーケティングを成功に導くポイント

                  動画マーケティングを成功に導くポイント続いては、動画マーケティングを成功に導くポイントとして、

                  • 自社ターゲットと配信場所
                  • 5秒間のインパクト
                  • 動画制作会社への依頼
                  • 動画の尺・サイズ
                  • 効果測定と改善

                    の5つを解説します。

                    ポイント1:自社ターゲットと配信場所をしっかりと見きわめる

                    自社ターゲットと配信場所をしっかりと考えた上で、動画マーケティングに取り組みましょう。

                    その理由は、主に以下の2つ。

                    • ターゲットのニーズに沿った動画の方が興味を持たれるため
                    • ターゲットがよく閲覧するSNSやプラットフォームの方が視聴数が増えるため

                      ターゲットのニーズと配信場所についてしっかりと調査しておくことで、結果として商品やサービスの利用率も高まります。

                      ポイント2:最初の5秒でインパクトを与えるような動画を制作する

                      最初の5秒間は、ユーザーがもっとも視聴するタイミング。
                      その間に興味を持ってもらえる、インパクトのある動画を制作しましょう。

                      YouTubeなどのインストリーム広告は、5秒経つまでスキップできません。
                      つまり、この5秒はどんなユーザーも視聴します。

                      インパクトのある動画を制作することで、続きを視聴してもらえる可能性があります。
                      その結果、商品やサービスの利用につながることも多いでしょう。

                      ポイント3:動画制作会社に依頼し、クオリティの高い映像を作成する

                      自社内で動画マーケティングに取り組むことが難しいときは、動画制作会社に依頼することを考えましょう。

                      動画制作会社をおすすめする理由は、以下の3つ。

                      • プロによってクオリティの高い動画を制作できる
                      • 専門業務を依頼することで、自社スタッフがコア業務に集中できる
                      • 企画や効果測定など、動画制作とマーケティングを総合的にサポートしてもらえる

                        マーケティングと動画制作のスキルを両方かね備えているため、自然とクオリティも高まります。

                        ※動画広告の代理店について知りたい方はこちらの記事もチェック!
                        >>動画広告の制作や運用を代理店に依頼すべき理由とおすすめ企業8選

                        ポイント4:デバイスや配信場所に合った尺・サイズを考える

                        どのデバイスやSNSで配信されるかによって、適切な尺やサイズが異なってきます。

                        サイズに関しては、PC・スマホ・タブレットによって適切なサイズが違います。
                        レスポンシブ対応を設定して、どのデバイスでも適切なサイズで表示されるようにしましょう。

                        また、アメリカに本社を置くHubSpot社の調査によると、SNSごとの動画の適切な長さは以下の通りです。

                        • Instagram:30秒
                        • Twitter:45秒
                        • Facebook:1分
                        • YouTube:2分

                        InstagramとTwitterは短い尺が好まれる傾向ですが、FacebookとYouTubeは長めの動画でも見られることが分かります。

                        好まれる尺を目安に、印象に残りやすく、視聴者が次のアクションにつなげやすい要素を入れた動画制作を意識しましょう。

                        出典:How Long Should Your Videos Be? Ideal Lengths for Facebook, Instagram, Twitter, and YouTube [Infographic]

                        ポイント5:効果測定を行って改善につなげる

                        動画マーケティングを成功させるために最も重要なポイントは、配信後に効果測定を行い、改善につなげることです。

                        配信した動画がマーケティングの目的をどの程度果たしているのか、数値を測定しながら把握しましょう。
                        データが集まってくると、次の課題が見えてくるはずです。

                        PDCAを回しにくいというデメリットはありますが、まったく出来ないわけではありません。

                        1つずつ課題を解決しながら、動画マーケティングの効果を高めていきましょう。

                        動画マーケティングを依頼するのにおすすめの企業3つ

                        動画マーケティングを依頼するのにおすすめの企業最後に、動画マーケティングを依頼するのにおすすめの企業として、

                        • 株式会社サムシングファン
                        • WOWコミュニケーションズ
                        • Crevo株式会社

                          の3つを紹介します。

                          おすすめ1:株式会社サムシングファン

                          サムシングファン出典:株式会社サムシングファン

                          株式会社サムシングファンは、東京と大阪にある動画制作会社です。

                          • 年間456社2000本以上の映像制作を手がける
                          • 商品PRや広告、学校紹介など幅広い動画を制作可能
                          • 企画から効果測定ツールを使った改善まで総合的にサポート

                            初めて動画マーケティングに取り組む企業や団体におすすめです。

                            おすすめ2:WOWコミュニケーションズ

                            WOWコミュニケーションズ出典:WOWコミュニケーションズ

                            WOWコミュニケーションズは、280万人の会員が視聴するWOWOWの映像作品を制作する企業です。

                            • 経験豊富なディレクターが予算にあわせた動画を制作
                            • テレビのようなクオリティの動画を提供
                            • 配信メディアにあわせて動画の企画を考案

                              予算とクオリティを重視する企業におすすめです。

                              おすすめ3:Crevo株式会社

                              Crevo出典:Crevo株式会社

                              Crevo株式会社は、主に東京を中心に動画制作の依頼を受けている企業です。

                              • 目的や掲載メディアにあわせた動画制作に対応
                              • サービスやアプリ、会社紹介の制作経験が豊富
                              • 予算ごとに4つのプランを用意

                                サービスやアプリ、会社紹介などの動画を検討している企業におすすめです。

                                ※動画の大手制作会社について知りたい方は、こちらの記事をチェック!
                                >>動画の大手制作会社12社を一覧比較|大手のメリット&デメリットも解説!

                                まとめ:動画マーケティングの活用が新規顧客やリピーターを獲得につながる

                                「動画マーケティング」写真7今回は、動画マーケティングについて解説しました。

                                ここまでをまとめると、動画マーケティングとは映像を活用したWebマーケティング手法の1つです。

                                動画マーケティングに取り組むメリットは、以下の3つ。

                                • 商品の魅力が伝わりやすい
                                • コストを抑えて集客できる
                                • 改善をくり返せる
                                • 短時間で多くの情報を伝えられる
                                • SNSで拡散されやすい

                                  動画マーケティングは自社だけで取り組むことは可能ですが、制作会社に依頼することでより効果的な施策を考えられます。

                                  今回紹介した制作会社など参考にしながら、動画マーケティングに取り組んでみてください。

                                  動画マーケティングや売上アップを図る動画DX活用法は、下記の資料で詳しく解説しています。
                                  記事の中で紹介した「3H戦略」や動画需要の動向、サムシングファンの取り組みなどを具体的に紹介。

                                  ダウンロードは無料なので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

                                  今すぐ無料で全機能を試してみる!

                                  DOOONUTによる動画マーケティングを
                                  あなたも試してみませんか?
                                  迅速にIDを発行し、すぐにご体験いただけます。

                                  \ 14日間全機能が使い放題! /

                                  無料トライアルを試す

                                  トライアル終了後に自動課金されません!

                                  お電話でのお問い合わせはこちら

                                  03-6261-5375

                                  平日 10:00~19:00

                                  DOOONUTの全機能が無料で使い放題!!

                                  無料トライアルを試す

                                  ※トライアル後に自動課金されません。