お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
【5分で読める】Twitterの動画広告を行うメリットや注意点を解説

【5分で読める】Twitterの動画広告を行うメリットや注意点を解説

Twitterはリアルタイムで気軽に情報を発信できるツールとして、日常的に活用している人も多いはずです。

このページでは、主に企業がTwitter上で動画マーケティングを行うときに知っておきたいお役立ち情報(メリット&デメリットなど)をまとめています。

Twitterの特性や動画広告との相性をしっかりと把握することで、期待できるリターンを得ることができますので、ぜひ最後までご一読ください。

そもそもTwitter(ツイッター)とは?

そもそもTwitter(ツイッター)とは?

Twitterは2006年3月にアメリカのカリフォルニアで生まれました。

Tweet(ツイート)とは鳥がさえずる鳴き声のことで、日本語では「つぶやき」と意訳されています。

140文字(英語だと280文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿することができます。

2019年4月の時点でのユーザー数は3.3億人。

他ユーザーの投稿への返信や拡散も気軽にできる反面、匿名性による他者への誹謗中傷も増加傾向にあり、最近では社会的に問題視もされています。

Twitter上での広告は3種類

Twitter上での広告は3種類

Twitterの広告種類は「プロモアカウント」「プロモツイート」「プロモトレンド」の3つに分けることができます。

それぞれ見ていきましょう。

プロモアカウント

プロモアカウント

プロモアカウントとは、文字通りプロモーションを目的としたアカウントのことです。

現在フォローしていないTwitterアカウントの中で、ユーザーが興味を持ちそうなものをレコメンドする機能となっています。

プロモアカウントは、フォロワーキャンペーンを作成することで生成されます。

新たにアカウントを作成して、その認知拡大を狙いたいときに利用するものです。

公式ホームページで「フォロワーキャンペーン」の詳細を見る

プロモツイート

プロモツイート

ユーザーがつぶやくツイートと同様の形式で、ユーザーのタイムラインに広告が表示されます。

プロモツイートでは商品の紹介やWebサイトへの誘導を誘致することが可能です。

広告主がお金を払う対価として、幅広いユーザーにリーチできたり、また既存のフォロワーからのエンゲージメントを獲得することに繋がります。

ツイート型の広告のため、返信やリツイート、「いいね」などの操作にも対応している点にも注目です。

公式ホームページで「プロモツイート」の詳細を見る

プロモトレンド

プロモトレンド

プロモトレンドとは、トレンド枠の最上段に表示されるもので、幅広いユーザーの目に留まるという点で効果的です。

ユーザーがクリックした場合には、その話題に関する検索結果が表示され、関連プロモツイートとして表示されます。

公式ホームページで「プロモツイート」の詳細を見る

Twitterの動画広告の特徴とは?

Twitterの動画広告の特徴とは?

動画広告といえばインターネット上だけでもFacebookやInstagram、Youtubeなどが考えられるでしょう。

数あるSNSの中でも、Twitterにしかない動画広告プロモーションとは何でしょうか?

ここでは2つのポイントを考えてみましょう。

動画が自動再生される

Twitterの動画広告は、ユーザーがタイムラインをスクロールして、動画の画面までくると、ビデオが自動的に再生されるのが最大の特徴です。

ユーザーがクリックすることなく再生されるため、ユーザーの興味をより一層引き付けることができ、その後のWebサイトへの誘導確率も高まると考えられます。

なお、自動再生には音声はありませんが、ユーザーが動画をクリックするとアンミュート(=音付き)になり、全画面で視聴が可能になります。

また、動画を視聴しながらでも、いいねやリツイート、コメントなどが可能です。

ユーザーを細かくターゲティングできる

Twitterにしかないもう1つの特徴が、ターゲティングを細かく設定できる点です。

日常のツイートからユーザーの趣向を分析し、それに基づいて商品やブランドに興味を持つであろうユーザーへ広告を表示させることができます。

ターゲティングで絞り込める項目の一部を見ていきましょう。

キーワード ・ユーザーがツイートした文章の内容に特定のキーワードが含まれているか
・特定のワードを含む他のツイートに反応したか
ユーザーの感情

Twitterで自分の状況をつぶやいている人の感情を分析することで、広告のターゲットを行う

Twitter社が行った調査によると、Twitterで「彼氏ができた」とツイートする人は3ヶ月で230万人いるとのこと

例として、彼氏もしくは彼女を探しているユーザーをターゲットに設定し、彼らに向けてマッチングアプリ系の広告動画を配信すれば、期待通りの効果が見込めることになるでしょう

フォロワー ユーザーが設定した「@ユーザー名」と似た興味を持つユーザーに対して広告表示を行う
性別 Facebookなどのように実名のSNSではありませんが、ツイートのニュアンスや内容、フォロー傾向から総合的に性別を分析する

出典: Twitterの広告ターゲティングのベストプラクティス

その他に、住んでいる国や地域、話す言語、どの端末で再生しているか(ケータイ、パソコン、タブレット)などもターゲットを絞る項目です。

Twitterで動画広告を行うメリット

Twitterで動画広告を行うメリット

Twitterの特徴は動画が自動的に再生されて、かつ細かいターゲット設定ができることだということが分かりました。

ここでは、さらに踏み込んで、Twitterのメリットを3つ紹介していきます。

若いユーザーにリーチできる

Twitterのユーザーは世界で3億人以上います。

中でもユーザーは若年層に集中しており、10代から20代の層は、約50%の利用率です。

Twitterは若者のコミュニケーションの一部であり、情報収集の主なツールになっています。

一方でFacebookは主にビジネスマン、Youtubeは幅広い層が活用しています。

各種SNSを使い分けることが、動画広告の成功には欠かせません。

リアルタイムでの発信が可能

既にTwitterを利用している方はご存知の通り、リアルタイムで情報を取得できることが他のSNSにはない大きな特徴です。

即効性が肝心な旬の広告、流行を掴んだ広告を打ち出したい場合に使うと、より効果を発揮します。

動画制作期間を見込んで、早めに取り掛かるようにしましょう。

リツイートで拡散が期待できる

Twitterには「リツイート」といって、他の人の投稿を気軽にシェアできる機能が備わっています。

広告を見たユーザーが、その動画を拡散すれば、より多くの人の目に触れることになります。

広告主は、リツイートをしてもらえるような、心を動かす動画を作るよう意識してみましょう。

リツイート後の視聴は課金されない

リツイートによって、ユーザーが広告の宣伝役を担ってくれることが分かりました。

さらなるメリットとしては、Twitterの広告費は最初のツイートに対してかかり、拡散により視聴された動画広告に関してはチャージされないという点。

コストを抑えたい広告主にはありがたいメリットです。

Twitterで動画広告を行う注意点

Twitterで動画広告を行う注意点

Twitterにはメリットが多数あり、動画広告にはうってつけのSNSです。

出来るだけ多くの潜在ユーザーへリーチするためには、どのような点に注意して動画制作を行えばよいのでしょうか。

動画を制作する際の注意点を見ていきましょう。

視聴者の心を6秒以内につかむ

動画広告を見るためにTwitterを使っている人はいません。

忙しい時間の中で、効率的に情報収集をしたいと思っている人たちです。

次から次に流れてくるタイムラインの中で動画広告を見てもらうためには、最初の掴みが大切。

これは自分には関係のない内容だ」と思われれば、その先の動画を見続けることはありません。

最初の5、6秒でユーザーを引き込めるような動画作りが大切です。

ストーリー性のある動画がベター

動画にストーリー性があるかどうかは、視聴維持率に大きな影響を与えます。

広告動画が1つの物語になっていれば見ていて飽きにくく、楽しんでもらえるからです。

見続けたいと感じてもらえるようなストーリー性のある動画にしましょう。

字幕やテロップを積極的に使う

Twitterの広告動画は、音声OFFの状態で流れます。

外出先や電車の中で見る場合は音声を聞くことができない可能性もあるでしょう。

そこで大切なのが字幕です。

字幕を利用すれば、音声が使えない環境であっても、動画と文字情報で伝えたい情報を伝えることができます。

また、字幕のある動画の方が視聴維持率が高く、最後まで見てくれる確率も上がることが分かっています。

Twitterの動画広告では、音声が使えない状況を想定して、字幕をうまく使うようにしましょう。

ターゲット層に合わせた動画を意識する

先ほども紹介したように、Twitterはターゲット設定を細かく設定できるメリットがあります。

テレビCMでは幅広い層が視聴するため、いわゆる「尖った」動画があまりありません。

しかしTwitterでは、どのユーザー層に向けて発信できるのかが分かるため、狙ったユーザー層に絞った動画作りが非常に大切です。

情報の流れが非常に速いTwitterでは、自分に関係のないと思ったツイートは一瞬にしてスクロールされてしまいます。

視聴してもらうためには、思わず指を止めて見入ってしまうようなインパクトのある動画が必要になってくるでしょう。

おわりに:Twitterの動画広告はターゲット選定が命

おわりに:Twitterの動画広告はターゲット選定が命

Twittterで広告を出す場合は、その特徴をしっかりと把握してユーザーへリーチできるような動画を考えなければなりません。

動画が「バズれ」ば2次拡散、3次拡散へと繋がり、予想以上の効果も期待できます。

ターゲット選定と動画の最初の掴み、この2つを意識して動画広告を作ってみてください。

効果的な動画広告を制作したい場合は、既に実績のある動画制作会社に依頼することも考えてみてはいかがでしょうか。

動画制作会社のサムシングファンでは、Twitterの特性を踏まえた上で、プロの持つノウハウを存分に活かします。

動画制作やプロモーションでお困りの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! お問い合わせする 資料請求 セミナー開催中