お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
動画SEOとは?期待できる効果と絶対にやっておきたい基本的な7つの対策

動画SEOとは?期待できる効果と絶対にやっておきたい基本的な7つの対策

さまざまな企業がマーケティングに動画を活用し始めている昨今。

そのため、自社のマーケティングにも動画を取り入れたいと考えている企業も多いかと思います。

動画をマーケティングに活用する場合、絶対に知っておきたいのが「動画SEO」です。

この記事では、「動画SEOとは?」というテーマで、動画SEOの概要や得られる効果、おこなうべき対策などについて紹介していきます。

マーケティングに動画を活用したいと考えている企業のマーケティング担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

動画SEOとは?

動画SEOとは?

動画SEOは、制作して公開した動画を検索エンジンに最適化させるための施策を指す言葉です。

VSEO(Video Search Engine Optimization)と呼ばれることもあります。

これまで、検索エンジンを使って情報を調べた場合、検索したいキーワードを打ち込んだときに表示される検索結果はWebサイトがほとんどでした。

しかし、少し前からこの流れが変わり、キーワードによっては検索結果の上位に動画が表示されることが多くなってきました。

つまり、検索ブラウザでの検索結果を決定しているGoogleのアルゴリズムが、Webサイト上のコンテンツよりも動画のコンテンツの方が最適だと考えるキーワードが増えてきたわけです。

検索結果の上位に動画が表示されるタイプのキーワードは増え続けていますし今後も多くなっていくと予想されるため、検索ブラウザからの流入を確保するためにも、マーケティングに動画の活用を考えているのであれば、動画SEOに力を入れるべきだと言えるわけです。

また、動画SEOを意識して制作された動画はYouTubeでの検索結果の上位に表示される可能性が高まるため、やはり動画を作る際は動画SEOを意識して作るべきだと言えるでしょう。

動画SEOの実施によって得られる2つの効果

動画SEOの実施によって得られる2つの効果

動画SEOに取り組む上で気になるのが「動画SEOを実施することによって得られるようになる効果について」ではないでしょうか?

動画SEOに取り組むことで得られる代表的な2つの効果について解説していきます。

効果1. SEOからの流入が見込めるようになる

動画SEOに取り組むことで得られる効果の中で特に嬉しい効果と言えるのが、SEOからの流入が見込めるようになるという点です。

先ほども解説したとおり、動画SEOは動画を検索エンジンに最適化させるためにおこなわれる施策です。

そのため、最適化が成功して上位表示されるようになった場合、検索ブラウザからの流入が見込めるようになります。

狙うキーワードや上位表示されるキーワードにもよりますが、月に数千~数万の流入が見込めるようなキーワードも少なくありません。

後ほど詳しく紹介していきますが、動画SEOには「YouTube内での露出が増える」という効果もあります。

しかし、流入が期待できるユーザーの数はSEOからの方が圧倒的に多くなるので、やはり最大の効果はSEOからの流入が見込めるようになるという点があげられるでしょう。

効果2. YouTube内での露出が増える

アクセスの対象となるユーザーがYouTubeのユーザーのみに絞られてしまうのでSEOからの流入に比べると数は減ってしまいますが、動画SEOには、YouTube内での露出が増えるという効果もあります。

YouTubeは月間の利用者数が6,400万人を超える巨大なプラットフォームです。

取り扱うキーワードにもよりますが、特定のキーワードで上位表示されるような動画が作れれば、動画へかなりのアクセスが見込めるようになります。

YouTubeでの主な流入経路としてはYouTube内での検索があげられますが、動画を見てくれたユーザーの反応が良く高品質な動画と判断された場合はおすすめの動画として紹介されることも多くなります。

絶対にやっておきたい基本的な7つの動画SEO対策

絶対にやっておきたい基本的な7つの動画SEO対策

動画SEOは思いつきで動画を作って対策できるようなものではありません。

しっかりと施策を実施することで、初めて対策できるようになるものです。

ここからは、動画でのマーケティングに取り組む上で絶対にやっておきたい基本的な7つの動画SEOの対策方法について紹介していきます。

対策1. キーワードを意識して動画を作る

検索ブラウザやYouTubeで動画を上位表示させたいのであれば、キーワードを意識して動画を作ることが何より大切です。

動画SEOでは通常のSEOと同様に、キーワードに最適化された動画が高く評価される傾向にあります。

そのため、対策するキーワードを決め、そのキーワードを検索するユーザーが求めている内容を網羅した動画を作る必要があるわけです。

対策2. 視聴者を飽きさせない動画を作る

動画を上位表示させたい場合、視聴者に飽きさせない動画を作り、最後まで見てもらえる動画を作るようにしましょう。

動画SEOに関係する指標に視聴維持率というものがありますが、これはユーザーがどれだけ動画を見続けたかを表す指標です。

視聴維持率が高ければ高いほど良質な動画だと評価され、上位表示されるようになります。

対策3. 視聴者を満足させる動画を作る

YouTubeにアップした動画につけられる低評価や高評価といったユーザーからの評価も、動画SEOにおける重要な指標の一つです。

高評価が多い動画はユーザーを満足させることができている動画と認識され、良質な動画という評価を受けやすくなるので、上位表示も実現しやすくなります。

対策4. 視聴者と積極的に交流を図る

YouTubeにはコメントの機能が設けられていますが、このコメント機能も積極的に活用するべきです。

なぜなら、ユーザーからのコメントが多い動画は、ユーザーからの評価が高く良質な動画だと判断される傾向にあるからです。

動画の質を高めたり思わずコメントしたくなるような施策を実施したりして、ユーザーからのコメントを集めるようにしましょう。

対策5. タイトルや概要欄にキーワードを含める

かなり基本的な対策になりますが、動画のタイトルや概要欄に対策したいキーワードを含めるというのも、動画SEOの基本的な対策の一つです。

キーワードを含めることでGoogleが何についての動画なのかを判断しやすくなりますし、そのキーワードで検索したユーザーが動画をクリックする可能性を高めることもできるようになります。

対策6. 魅力的なサムネイルを設定する

Googleが動画を評価するための指標の一つに動画のクリック率があります。

クリックされない動画よりもクリックされる動画の方が当然高く評価されますが、クリック率に大きく関係してくるのが、「動画のサムネイル」です。

動画のサムネイルに思わずクリックしたくなるような画像を設定し、クリック率を高めることで、ユーザーの興味をひく良質な動画として評価されるようになります。

対策7. 分析と改善をおこなってより魅力的な動画を作る

動画SEOで成果をあげるためには、常に分析と改善をおこなわなくてはいけません。

なぜなら、分析と改善をおこなうことで、よりユーザーから評価される良質な動画が作れるようになるからです。

分析と改善をおこなわずにただ動画を作ってアップしているだけではいつまで経っても思うような成果をあげることはできません。

分析と改善を実施し、良質な動画作りを意識しながら動画でのマーケティングをおこなっていくようにしましょう。

動画SEOに取り組む際の注意点

動画SEOに取り組む際の注意点

実際に動画SEOに取り組む場合、いくつか注意しなくてはいけないポイントがあります。

ここからは、特に注意したい3つの注意点について解説していきます。

注意点1. 動画が優遇される流れが今後も続くとは限らない

今現在、動画はSEOにおいてかなり優遇されていると言っても過言ではありません。

キーワードによっては動画専用の枠が設けられていることもありますし、動画が上手く活用されているWebページはその他のページに比べて53倍も上位表示しやすいといったデータもあるほどです。

しかし、Googleは常にアルゴリズムを変化させています。

そのため、動画が優遇されている今の流れが急に変わってしまう可能性も大いにあります。

動画SEOに取り組む場合は、そのことを意識して取り組む必要があると言えるでしょう。

注意点2. 関連性の高い動画を埋め込む必要がある

動画SEOには、Webページに動画を埋め込んでコンテンツの内容を充実させ、そのWebページを上位表示させるという対策の方法もあります。

しかし、いくら動画が優遇されているとはいえ、どういった動画を埋め込んでもいいというわけではありません。

そのWebページのコンテンツの内容にあった動画を埋め込むことで初めて効果が得られるようになるので、必ず関連性のある動画を埋め込むようにしてください。

注意点3. 効果を得られるようになるまでに時間がかかる

動画SEOも通常のSEOを同じく、効果を得られるようになるまでに時間がかかります。

なぜなら、SEOで上位表示されるようになるためには、ユーザーからの一定数の評価が必要になるからです。

つまり、ユーザーに動画を一定数見てもらう必要があるということです。

一定数見てもらい、良質な動画だと判断してもらえるようになって初めて上位表示される可能性が出てきます。

そのため、結果を焦らず、時間をかけてじっくりと取り組むようにしましょう。

まとめ:動画SEOを実施して効果を最大化させよう

動画SEOを実施して効果を最大化させよう

動画でのマーケティングに取り組みたいと考えているのであれば、動画SEOは絶対に意識したいポイントの一つです。

動画SEOを意識しながら動画を作るのと意識せずに作るのとでは、集められるユーザーの数に大きな違いが生じてしまいます。

動画を活用したマーケティングで成果を出したいのであれば、今回紹介させていただいた内容を参考にしながら、ぜひ動画SEOを意識した動画作りをおこなってみてください。

また、実際に作った動画の効果測定を効率的におこないたい場合は、サムシングファンのオリジナルツールである「DOOONUT」がおすすめです。

DOOONUTは14日間無料ですべての機能が利用できるようになっているので、ぜひお気軽にご利用ください。
>>DOOONUT(ドーナツ)

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! セミナー開催中