お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

【徹底解説】Unreal Engineで動画を作成するメリット

Unreal Engineで動画を作れるってご存じですか?

Unreal Engineは、実写のように美しいグラフィックが特徴のゲームエンジンです。
すべての機能を無料で使えるため、ゲーム制作会社だけではなく、フリーランスのクリエイターも使える点が魅力。

日本でも利用する人は増えています。

そんなUnreal Engineを使えば、ゲームだけでなく美しいグラフィックの3D動画も作れてしまいます。

今回は、Unreal Engineで動画を作成するメリットについて解説します。
また、実際にUnreal Engineで作られた動画やスキルアップのための方法、注意点も紹介。

3Dアニメーション動画を作ってみたい方、Unreal Engineで動画を作成したい方はぜひご一読を!

Unreal Engineについて

unreal engine 出典:Unreal Engine公式

まずは、Unreal Engineについて説明します。

Unreal Engineとは

Unreal Engineは、アメリカの企業「Epic Games」が開発したゲームエンジンです。
日本ではPlayStation 4やNintendo Switchなど、ゲーム開発の現場で使われています。

Unreal Engineで開発されたゲームは、以下のものがあります。

  • フォートナイト
  • ファイナルファンタジー7 リメイク
  • ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
  • ヨッシークラフトワールド
  • 電車でGO!!

現在はUnreal Engine 4までリリースされていますが、2022年初頭にはUnreal Engine 5もリリース予定です。

Unreal Engineの特徴

Unreal Engineには、以下のような特徴があります。

  • ブループリント機能により、プログラミングの知識や経験が浅くてもゲーム開発ができる
  • 実写と見まがうほどグラフィックが美しい
  • すべての機能を無料で使える
  • ゲーム開発以外にも幅広い用途を持つ

Unreal Engineは、高度な3Dグラフィック機能を活かして、幅広い用途を誇ります。

ゲーム開発以外にも、3Dアニメーション動画の制作や建築物のビジュアル化、テレビや映画のコンテンツ制作など、幅広く活躍しています。

Unreal Engineで動画を作成するメリット

Unreal Engineで動画を作成するメリットUnreal Engineで動画を制作するメリットは以下の4つです。

  • 無料で動画作成ができる
  • 解像度の高い3D動画を効率的に作成できる
  • マーケットプレイスの多彩なアセットを利用できる
  • 「シーケンサー」でアニメーション動画を編集できる

それぞれについて、詳しく解説します。

メリット①無料で動画作成ができる

Unreal Engineはすべての機能を無料で使えます。

Unreal Engineで制作したコンテンツの粗収入が1億米ドル(約1億円)を超えた場合のみ、5%のロイヤリティが発生するだけです。

この金額は、ヒット作でないと達成できない額です。
そのため、初心者でも安心してゲーム開発や動画制作に取り組めます。

Unreal Engineのライセンスについては、こちらの記事で詳しく解説されています。
料金のことにも触れているので、興味のある方はぜひご覧ください。

【関連記事】基本的に無料!Unreal Engine 4のライセンスを解説

メリット②美しいグラフィックの3D動画を効率的に作成できる

Unreal Engineは、ゲームエンジンの中でも3Dグラフィックの美しさに定評があります。
それは動画制作でも十分に発揮されます。

通常の動画編集アソフトで3D映像を作ろうとすると、データが大きすぎて画面が固まることが頻繁に発生します。

そのため、作業時間の多くがレンダリングに割かれることに。

しかし、Unreal Engineは高度な3D映像制作機能を搭載しています。

そのため、従来では必要だったレンダリングが最小限で済み、効率的に3D動画を作成できるのです。

また、サウンド機能も充実しているため、臨場感のある雰囲気を演出しやすいのもポイントです。

「3D映像を作りたい」と考えている方はUnreal Engineがおすすめです。

メリット③マーケットプレイスの多彩なアセットを利用できる

Unreal Engineには、多くのアセット(素材)が提供されている公式マーケットプレイスがあります。

アセットは有料と無料がありますが、無料のものでも品質は高いです。

そのため、初心者でもゲーム制作や動画制作に取り組みやすい環境が整っています。

【リンク】UEマーケットプレイス

メリット④「シーケンサー」でアニメーション動画を編集できる

「シーケンサー」とは、タイムライン上で動画のカットや編集ができる機能です。
Unreal Engineではシーケンサーを使ってアニメーション動画の編集ができます。

シーケンサーを使うと動画の進行に合わせて編集ができるので、直感的な操作が可能。
Premiere Proなどの動画編集ソフトを使った経験がある方だと馴染みがあるでしょう。

また、カメラアングルの調整やカメラアニメーションの追加など、3Dならではの多彩な機能も堪能できます。

Unreal Engineで動画を作成するなら、ぜひ使ってみましょう。

Unreal Engineを使って作成した動画の例

Unreal Engineで作られた動画の例ここで、Unreal Engineを使って作られた動画を見てみましょう。
グラフィックやサウンドの美しさに注目です。

スターウォーズ:ストームトルーパーのデモ映像


Unreal Engineを開発したEpic Gamesが制作した動画です。

「Reflection」とあるように、光の反射や映り込みが細かく描写されています。

ゲームエンジンでこれだけ高い精度の「光」を表現したのは、Unreal Engineが世界初。
この動画のリリース以降、Unreal Engineによる動画制作の流れが始まりました。

UEで作成された動画②バーチャルプロダクション映像集


バーチャルプロダクションとは、まるでバーチャル空間にいるような映像を作り出す技術のことです。

この動画では、各国のバーチャルプロダクション映像と、制作現場の様子が映し出されています。
実際の撮影風景に、背景となるバーチャル世界を重ねる様子がわかります。

Unreal Engineの動画作成について学ぶ方法

Unreal Engineの動画制作について学ぶ方法では、Unreal Engineの動画作成はどのように学べるのでしょうか。
具体的な方法を3つ紹介します。

Unreal Engine公式のチュートリアル

Unreal Engineの公式サイトでは、チュートリアル動画が公開されています。

ゲーム制作のフローやマーケットの利用方法など、Unreal Engineの実際の画面を見ながら詳しく学べます。

しかし、音声が英語なので注意です。
日本語ドキュメントを見ながら学習しましょう。

【リンク】サンプルとチュートリアル(Unreal Engine公式)

YouTubeチャンネルの「Unreal Engine JP」を見る

おすすめの方法は、YouTubeの「Unreal Engine JP」を見ることです。

こちらはUnreal Engineの機能や使い方について、日本語で解説するYouTubeチャンネルです。

基本的なことから最新の情報まで、あらゆる情報を網羅しています。

ただし、動画によっては1時間を超える長いものもあります。
時間に余裕を持って見る、小分けにして学習するなど工夫しましょう。

【リンク】Unreal Engine JP(YouTube)

関連書籍を読み込む

3つ目の方法は、Unreal Engineに関する書籍を読んで実践することです。

最近は、Unreal Engineに関する参考書が増えています。
初心者向けのものもあるので、毎日コツコツ積み重ねたい方におすすめです。

ただし、Unreal Engineは頻繁にアップデートがあり、本の情報が古くなってしまうこともあります。

そのため、インターネットと組み合わせて学習するのがおすすめ。

大枠は本で、細かいところはインターネットを利用するといいでしょう。

おすすめの書籍は見てわかるUnreal Engine 4 ゲーム制作超入門 第2版です。ぜひチェックしてみて下さいね。

Unreal Engineで動画を作成するときの注意点

Unreal Engineで動画を作成するときの注意点最後に、Unreal Engineで動画を制作するときの注意点を2つ解説します。

スペックの高いPCを使う

3D映像を作るUnreal Engineは、容量が非常に大きいです。

そのため、スペックの高いゲーミングPCを使いましょう。

公式サイトでは、以下のスペック以上のPCを推奨しています。

オペレーティングシステム Windows 10 64-bit
プロセッサ Quad-core Intel Intel または AMD、2.5 GHz またはそれ以上のプロセッサ
メモリ 8GB RAM
ビデオカード/Direct X Version DirectX 11 または DirectX 12 対応のグラフィック カード
SSD 搭載推奨

(参考:Unreal Engine公式

あくまでこれは”最低限”のスペックです。

Unreal Engineで本格的に動画作成に取り組みたい方は、さらにスペックの高いPCを使いましょう。

以下の記事では、Unreal Engineの推奨スペックについて詳しく解説しています。
おすすめのゲーミングPCも紹介しているので、ぜひご覧ください。

【関連記事】Unreal Engine4の推奨スペックは?おすすめPCも紹介

日本語の学習環境は発展途上

Unreal Engineはアメリカで開発されたゲームエンジンです。

そのため、日本語の環境はまだ発展途上です。

最近は日本人ユーザーも増えていますが、英語が理解できると便利な場面は多くあります。

Unreal Engineでワンランク上の動画を作成しよう

Unreal Engineでワンランク上の動画クリエイターを目指そうUnreal Engineで動画を作成するメリットについて解説しました。

以下に、今回の内容をまとめておきますね。

  • 無料で動画作成ができる
  • 解像度の高い3D動画を効率的に作成できる
  • マーケットプレイスの多彩なアセットを利用できる
  • 「シーケンサー」でアニメーション動画を編集できる

Unreal Engineは、美しい3Dグラフィックに定評があります。
動画クリエイターとしてワンランク上のレベルを目指したい方は、ぜひ導入してみましょう。

なお、弊社サムシングファンでは、動画クリエイターを目指す人向けの無料動画を提供しています。
動画クリエイターとしての経験や実績を重ねたい方は、ぜひチェックしてみてください。

無料動画・稼ぐ!動画クリエイターになる方法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績