お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
Unreal Engine4の推奨スペックは?おすすめPCも紹介

Unreal Engine4の推奨スペックは?おすすめPCも紹介

VR市場の拡大とゲームエンジン「Unreal Engine 4」の無償化に伴い、ゲーム開発が流行しています。
今やゲーム開発は動画編集などと同様に、誰でもチャレンジできるものとなっています。

しかし、ゲーム開発のためにはハイスペックなPCが必要です。

そこで今回は、Unreal Engine 4を使うPCの推奨スペックについて解説します。

具体的には以下の順番で紹介します。

  • 公式サイトによる推奨スペック
  • ゲーミングPCの特徴
  • Unreal Engine 4のためのゲーミングPC選びのポイント
  • Unreal Engine 4を使うのにおすすめのゲーミングPC紹介

これからゲーム開発に携わりたい方におすすめの内容です。
この記事を読んで、まずは開発環境を整えましょう。

Unreal Engineとは

unreal engine出典:Unreal Engine公式ホームページ

Unreal Engineとは、アメリカの「Epic Games」によって開発・提供されている3Dゲームエンジンです。
現在はUnreal Engine 4までリリースされ、2022年初頭にはUnreal Engine 5もリリース予定となっています。

Unreal Engineは、ブループリント機能によってプログラミングの知識や経験がなくてもゲームを制作できるのが最大の魅力。

また、ゲーム開発以外にも建築や自動車のビジュアル化、映画やテレビのコンテンツ制作にも利用されるほど、幅広い使い道があります。

冒頭でも紹介しましたが、2015年に無償化されたことにより、ゲーム開発をより身近なものにしました。

Unreal Engine 公式による推奨スペック

公式ホームページによる推奨スペックUnreal Engineの公式ホームページによると、Unreal Engine 4の推奨スペックは以下のようになっています。

オペレーティングシステム Windows 10 64-bit
プロセッサ Quad-core Intel Intel または AMD、2.5 GHz またはそれ以上のプロセッサ
メモリ 8GB RAM
ビデオカード / Direct X Version DirectX 11 または DirectX 12 対応のグラフィック カード
SSD 搭載推奨

参考:Unreal Engine公式ホームページ

しかし、これは必要最低限のスペックです。
本格的な3DゲームやVRなどの容量の大きなゲームを作る場合は、これ以上のスペックでないと動きが遅くなります。

つまりUnreal Engine 4を快適に使うためには、公式の情報を上回るスペックを持つゲーミングPCが必要です。

ゲーミングPCの特徴

ゲーミングPCの特徴そもそも、ゲーム開発にはゲーミングPCが必要です。
しかし、一般的なPCとゲーミングPCの違いをご存じですか?

Unreal Engine 4におすすめのPCを紹介する前に、ゲーミングPCの特徴を解説します。

特徴①高性能のGPU(グラフィックカード)を搭載している

ゲーミングPCは高性能のGPU(グラフィックカード)を搭載しています。
「グラフィックボード」と呼ばれることもありますが、どちらも同じ意味です。

GPUは、映像や画像をモニターに表示する機能をもつパーツです。
ゲーミングPCに搭載されているGPUは性能が高いため、グラフィックがより美しくなります。

特に本格的な3Dゲームでは、GPUの性能によってグラフィックの質に大きな差が出ます。
GPUの性能が低いとグラフィックが雑なうえに、動きが不安定になることも。

美しい映像を滑らかに楽しむためにも、GPUの性能は重要です。

特徴②CPU(プロセッサ)が高性能

ゲーミングPCのCPU(プロセッサ)は、一般的なPCに比べて高性能に設計されています。

最新のゲームでは、映像や音声、キャラクターの動き、ボイスチャットなどのデータを素早く処理する必要があります。
そのため、処理速度が速く容量が大きいCPUが必要です。

ゲーム開発の場合、一般的なPCのCPUでは処理が追い付かず、映像がカクついてしまいます。

ゲーミングPCの高性能CPUは、たくさんの作業を同時に処理することができるのです。

特徴③高性能の冷却ファンを搭載している

ゲーミングPCは処理能力が優れていますが、その分発熱しやすくなっています。
発熱しすぎるとPC自体が壊れてしまいます。

そのため、ゲーミングPCは高性能の冷却ファンを搭載。
さらに、PC内のパーツ配置も冷却機能が高まるように設計されています。

冷却性能が高いことで、重たい作業も安心して行えるのです。

特徴④派手なデザインのものが多い

ゲーミングPCのデザインは派手なものが多いです。
筐体や内部パーツのLEDが発光したり、ケース自体が独特なデザインのものがあったります。

ただし、LEDがないシンプルなデザインのものもあるので、派手なデザインが苦手な方でも大丈夫です。

特徴⑤値段が高い

ゲーミングPCは一般的なPCと比べると値段が高く、最低でも10万円以上はかかります。
しかし、安すぎるモデルでは満足にゲーム開発に取り組めません。

そのため、予算と必要なスペックを前もって決めておくことが重要です。

Unreal Engine4を使うためのPC選びのポイント

ゲーミングPCの選び方ゲーミングPCの特徴が分かったところで、Unreal Engine 4を使うためのPC選びのポイントを解説します。

ポイント①GPU(グラフィックカード)

GPUは「NVIDIA GeForce」と「AMD Radeon」という2つのシリーズがメジャーです。
このうちUnreal Engine 4におすすめなのは「NVIDIA GeForce」シリーズです。

GeForce GTX 1650以上であれば問題ないでしょう。

ただし、本格的な3DゲームやVRを開発するなら、GeForce GTX 3060以上がおすすめです。

ポイント②CPU(プロセッサ)

CPUの主なブランドは「Intel」と「AMD」です。

IntelのCPUは「Core i」シリーズが有名。
Core i3、Core i5、Core i7と、数字が大きくなるほどグレードが上がります。

このうち、Unreal Engine 4におすすめなのはCore i5以上です。

一方のAMDでは「Ryzen」シリーズがメジャー。
Core iシリーズと同様、Ryzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7となるにつれグレードが上がります。

Unreal Engine 4におすすめなのはRyzen 5以上です。

ポイント③メモリ

PCの処理全般に影響するメモリ。
メモリ容量が大きいほどデータ処理がスムーズに行えます。

そのため、Unreal Engine 4を使うなら、メモリ容量が大きなゲーミングPCがおすすめです。
具体的には、16GB以上であれば安心でしょう。

ゲーム開発のデータ処理は一般的な作業より格段に重いので、メモリが大きなPCを選びましょう。

ポイント④SSD

SSDも容量の大きなものを選びましょう。
最低でも256GB、できれば512GB以上が望ましいです。

SSD + HDDの構成にするのもおすすめです。

Unreal Engine4におすすめのPC3選

それでは、Unreal Engine 4を使うのにおすすめのゲーミングPCを3つ紹介します。
どれも推奨スペック以上のものを選んでいます。

おすすめPC①GA5A-A210T/UE1

GA5A-A210T/UE1出典:価格.com
※マウス、モニター、キーボード別売り

価格の安さが魅力のゲーミングPCです。
スペック自体はあとの2つに劣りますが、一般的なPCに比べると高性能です。

メーカーによるUnreal Engine 4の動作が確認されている点も安心ですね。

ただし、本格的な3DゲームやVRを開発する場合は、ストレージが足りない可能性もあります。
そのため、必要に応じてHDDをカスタマイズするといいでしょう。

GPU GeForce RTX 3060
CPU Ryzen5 5600X
メモリ DDR4-3200 16GB
SSD 1TB
HDD 非搭載


おすすめPC②
DAIV Z7-3060Ti

出典:mouse
※マウス、モニター、キーボード別売り

高いパフォーマンスを誇るゲーミングPCです。
性能の割に価格は抑えられているため、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。

ただし、光学ドライブが搭載されていないので、必要な方は外付けのものを別で購入しましょう。

GPU GeForce RTX 3060 Ti
CPU Core i7-11700
メモリ DDR4-3200 32GB
SSD 512GB
HDD 2TB


おすすめPC③GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA-XA7C-R37出典:ヨドバシ.com
※マウス、モニター、キーボード別売り

ゲーミングPCのメジャーブランド「ガレリア」。
その中のXA7C-R37はハイエンドマシンで、あらゆる開発環境に対応できることを強みとしています。

推奨スペックを大きく上回る性能なので、Unreal Engine 4の作業環境には申し分ないでしょう。
本格的にゲーム開発に取り組みたい方におすすめです。

GPU GeForce RTX 3070
CPU Core i7-11700
メモリ 16GB
SSD 1TB
HDD 非搭載

パーツを集めて自作するのもアリ

PCを自作するのもおすすめPCに詳しく作業環境にこだわりたい方は、快適にUnreal Engine 4を使えるPCを自作するのもいいでしょう。
パーツの組み合わせ次第では、既存の製品より安くできます。

PCを自作する場合、主な注意点は以下の3つです。

  • 保証がパーツごとに別々
  • PCがうまく動かない場合は自己責任
  • 推奨スペック以上になるように設計する

自作PCはハードルが高いですが、理想の1台を手に入れたい方はチャレンジするのもいいでしょう。

Unreal Engine4には公式の推奨スペック以上のPCを使おう

推奨スペック以上のPCを使おうUnreal Engine 4を使うためのPCの推奨スペックについて解説しました。

Unreal Engine 4を快適に使うには、公式ホームページの推奨スペック以上のゲーミングPCが必要です。
以下に、おすすめのスペックをまとめておきます。

  • GPU:GeForce GTX 1650以上、本格的なゲーム開発ならGeForce GTX 3060以上
  • CPU:Core i5以上、またはRyzen 5以上
  • メモリ:16GB以上
  • SSD:512B以上、またはSSD + HHD

ゲーム開発に取り組むうえで、作業環境の整備は重要です。
高スペックのゲーミングPCで、ゲーム開発のスキルをどんどん高めていきましょう。

無料動画・稼ぐ!動画クリエイターになる方法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績