お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

人気沸騰のライブコマースとは?おすすめサービスや成功のコツを解説

感染症が猛威を奮って、人々の生活を激変させてから、商品やサービスの新しい提供方法がいろいろと試されています。

そんな中、今注目すべきサービスが「ライブコマース」です。

2017年に「第1波ライブコマース」がスタートし、一時期その波は勢いを失いました。
しかし、再び「第2波ライブコマース」の波がやってきました。

今回はライブコマース先進国の中国の状況と比較しながら、日本でもおすすめのライブコマースのサービスなどをご紹介します。

商品やサービスの新しい販売方法を見つけたい方は、ぜひ参考にしてください。

ライブコマースとは

ライブコマースとは、「ライブ動画」と「Eコマース」(ネット上で商品やサービスを売買すること)を組み合わせた販売手法を意味します。

ライブ動画を配信しながら視聴者の購買意欲を促進する、これからの時代の定番となり得るオンライン販売と言えるでしょう。

テレビの通販番組に似ていますが、ライブコマースの場合「チャット機能を使って視聴者とリアルタイムでメッセージのやりとりができる」という特徴があります。

一例をあげると、番組内でブラウスを紹介すると想定します。
通販番組だと、制作側があらかじめ考えたブラウスの説明しかできません。

しかし、ライブコマースだと、視聴者からリアルタイムで「着心地はどうですか?」「袖の長さはどれくらいですか?」「もっと襟の開き具合をみせてほしい」など視聴者からの質問がチャット機能で送られてきます。

配信者がリアルタイムで視聴者の質問や要望に答えることで、視聴者の購買意欲を刺激します。

テレビ通販の一方的な配信と比較すると、視聴者はオンライン上できめ細かな接客を受けられ、商品の使用感など商品を深く理解できます。

また、直接だと店員に聞きづらいこともチャット機能なら手軽に質問可能です。
配信の臨場感と丁寧に接客がオンライン上で完結する、まさにハイブリッドなサービスと言えます。

ライブコマースを活用するメリット

新しい商品やサービスの販売方法であるライブコマースを活用すべき5つのメリットをご紹介します。

メリット①商品の魅力を的確に訴求できる

ライブコマースの情報量は、写真やテキストとは比較にならないほど多く、商品の魅力をきちんと訴求できます。

商品の使用方法やサイズ感、素材や着心地、着用後に動いたらどのような感じになるのかまで、写真やテキストでは伝えにくい商品の魅力が一目瞭然です。

実際に着用している配信者やモデルが商品を自分の言葉で語れば説得力が増して、視聴者も商品に対して信頼感が生まれます。

視聴者は、商品の詳細がわかることで、他の商品よりも印象が強くなり購買につながりやすいでしょう。

まだまだ、「実際に、自分の目で見ないと商品の良さはわからない」とオンラインショッピングに抵抗を感じる人は少なくありません。

しかし、ライブコマースなら配信者の表情やジェスチャーが見れるので、視聴者に商品やサービスの使用した際の驚きや感動をダイレクトに伝えることができます。

商品を実際に手にできない不安感を払拭できる可能性は高いでしょう。

メリット②実店舗のような双方向のリアルなコミュニケーションが取れる

ライブコマースなら、リアルタイムで視聴者からのコメントに答えるという双方向のコミュニケーションが可能です。

オンラインショッピングはユーザー自身が商品を確認できないので、購入前と実際の商品のイメージが相違しているとトラブルが起きやすいです。

しかし、ライブコマースなら視聴者からの「商品が自分に似合っているかを相談したい」「着心地はどうなのか」「大きさがわかりづらいから別の角度から見たい」のような視聴者の不安や疑問を配信中にその場で解消できます。

また、視聴者からのコメントの中には、ネガティブな批判的なコメントもあるかもしれません。
しかし、そのコメントに対して配信者が真摯に対応すれば、顧客満足度を上げることも期待できます。

視聴者に安心感を与えられれば、購買促進や企業のイメージアップにもつながります。

メリット③臨場感溢れる購買体験を提供できる

ライブコマースでは、配信者と視聴者がコミュニケーションを取りながら商品を紹介します。

視聴者はどこに住んでいても、時差があっても、まるで実店舗で接客を受けているかのような感覚や臨場感を味わえます。

消費の主流が「もの」から「体験」に価値を置き始めています。
ライブコマースの配信自体が「参加型の買い物体験」コンテンツとして楽しむ傾向と言えるでしょう。

メリット④マーケティングに活用できる

ライブコマースでの視聴者とのコミュニケーションは、視聴者からのナマの声が聞きやすく、より良い商品やサービスを生み出す絶好の機会になります。

たとえば、商品の色やサイズに関する問い合わせが多ければ、色やサイズの展開を増やす。
セット販売を求める声があれば、セット販売の企画を立てれば売上が増加するかもしれません。

つまり、視聴者の声をデータとして集めれば、商品開発に役立ちます。

また、動画配信の際に動画解析ツールを活用すれば、「配信を何人が視聴して、そこからどのくらい商品ページにアクセスしたか」「視聴者の何パーセントが購入したか」などがわかります。

解析ツールは、動画配信のPDCAを効率的に回すための必須のツールと言えるでしょう。

メリット⑤新たな顧客層を開拓できる

ライブコマースでは、配信側の店舗スタッフだけでなく、タレントやインフルエンサーがライブ配信を行う手法もあります。

影響力のあるタレントやインフルエンサーがライブ配信を行えば、新たな客層にアプローチができ、新規顧客の開拓が期待できます。

多くのファンを持つタレントやインフルエンサーなら、1回のライブコマースの配信だけでも、潜在顧客に商品やサービスを知ってもらう良いきっかけになるでしょう。

ライブコマースの動向

ここからは、中国と日本に分けて、ライブコマースの市場規模やこれまでの動向、最新トレンドなどをご紹介します。

ライブコマース先進国の中国

中国では、2012年頃からライブコマースの利用が開始されました。

中国で圧倒的な人気を誇るアリババグループが運営するCtoCのECサイト淘宝(タオバオ)を皮切りに、BtoC向けのECサイト天猫(テンマオ)など、大手ECサイトの市場参入やインフルエンサーの台頭により、人気が爆発しています。

世界最大の会計事務所、Deloitte(デロイト)の調査結果によると、中国におけるライブコマースの市場規模は2018年時点で44億ドルを突破したと言われています。
参照:Live thrives in an online world

中国のライブコマースでは、ファッションや美容関連、家電製品、生鮮食品とありとあらゆる商品が購入できます。

生鮮食品の販売に関しては、食品の産地偽装が相次ぎ、生産地に対する関心が高まっている中国の国内事情を反映していると言えるでしょう。

「家の中で快適に過ごす」ことを重視した巣籠り需要が当たり前となった現代では、ますますの盛り上がりが期待されます。

なぜ、中国がライブコマース先進国になったのか?

中国は、昔から市場に偽物が多く出回っていました。
近年は、国家が知的財産権の保護に取り組んでいますが、偽物文化は根強く残っています。

このような偽物文化があるため、偽物を買わないためには「信頼できる人から購入する」ということが重要と考えられています。

中国では、KOL(Key Opinion Leader)と呼ばれるインフルエンサーの信用度が売上を左右すると言っても過言ではありません。

中国のライブコマースのKOLは、顧客から「自家人(身内)」のような存在で、深い信頼関係で結ばれていると言われています。

つまり、KOLへの強い信頼感が中国のライブコマース人気を支えています。
1~2時間の配信で3億円近い売り上げを出したり、KOL一人で年間40億円以上を売り上げたりした事例もあります。

日本でも拡大中のライブコマース

次に、日本におけるライブコマース市場を見ていきましょう。

2017年頃に「ライブコマース元年」などといわれ、日本でも注目を集めました。

中国で人気に火がつき拡大していった経緯があり、日本に上陸してきた当時は、メルカリやBASEといった有名なプラットフォームが次々とライブコマース市場に参入しては、動画配信を使って商品やサービスを提供していました。

そこから年月が経つにつれ、参入していたプラットフォームがひとつふたつと、ライブコマースのサービスを終了していきました。
日本では「第1波ライブコマース」は、さほど長くは続かず、中国のように人気のサービスとはなりませんでした。

しかし、2020年以降は感染症の拡大を受けて、営業を制限された百貨店やアパレル業界を中心に導入し始めました。
次に、実際にライブコマースを活用して売上アップなどが成功した事例3点をご紹介します。

ライブコマースの成功事例

ライブコマースで成功した事例をご紹介します。

成功事例①三越伊勢丹ホールディングス

引用:三越伊勢丹ライブショッピング

老舗百貨店「三越伊勢丹」はECサイト内でライブコマースを実施しています。

感染症の拡大を防ぐために、店舗の臨時休業を余儀なくされる状況化でしたが、お中元のライブコマースを実施し大きな反響がありました。

当日はバイヤーが商品の特徴や生産者の想いなどを紹介し、人気イラストレーターの杏耶さんが試食しながら味や食感などの商品の魅力を率直に伝えました。

結果、完売する商品が出るなど想定以上の売上につながり、月の売上が前年比2倍を達成しました。

成功事例②セレクトショップ「ベイクルーズ」

引用:BAYCREWS STORE

アパレル系セレクトショップ「ベイクルーズ」は、2020年5月から自社サイトでライブコーマスの配信を行っています。

自社スタッフをモデルにしたライブ配信が好評で、中には2500万円以上の売り上げを記録したブランドもあります。

各スタッフの身長を具体的に表示するなど、視聴者が「自分が着たらどのような感じかな」をイメージしやすい動画を配信して、視聴者の共感を得ているのが特徴です。

成功事例③セレクトショップ「SHIPS」

引用:SHIPS SHOPPING TV

女性からの支持が強いセレクトショップの「シップス」も、2020年5月から自社サイトでライブコマース配信(SHIPS SHOPPING TV)を始めました。

毎回、初めてライブ配信を視聴するユーザーを意識して、サイトの見方やEC購入の方法などを丁寧に説明しています。

SHIPS SHOPPING TVでは、ライブ配信だけでなくアーカイブ動画も視聴できます。
リアルタイムの配信を逃したユーザーにも好評で、アーカイブ動画経由での売上も好調に伸びています。

おすすめのライブコマースサービス10選


メルカリチャンネルやBASEなど有名なプラットフォームが、ライブコマースサービスを終了したとはいえ、ライブコマースに参入してサービスを継続できているプラットフォームも当然あります。

先述した通り、感染症拡大による社会の変化による影響で、再び日本でもライブコマースに対する興味や話題が広がりをみせています。

現状、どんなライブコマースのサービスを提供しているプラットフォームがあるのか、おすすめ10社をピックアップしてご紹介します。

サービス①SHOPROOM

引用:SHOPROOM
「仮想ライブ空間」をキャッチコピーに、アイドルやタレントと直接コミュニケーションがとれるライブ配信として2013年からサービスを開始した、人気プラットフォームのSHOWROOMが手がけるライブショッピングサービスが、SHOPROOMです。

人気の配信者がおすすめするアイテムを、配信中にリアルタイムで質問などしながら、気に入ったら購入できるというファンには嬉しいサービスを提供してくれます。

元祖ライブ配信アプリともいえる、人気プラットフォームでユーザーのニーズとマッチしたサービスを体験できます。

サービス②CCHANNEL

引用:CCHANNEL
C Channel株式会社が運営する女性向けの動画ファッションマガジンです。
「ヘアスタイル」「メイク」「ネイル」「ファッション」「料理」など、主に人気トレンドに敏感な女性をターゲットにサービスを展開しているのが、CCHANNEL(シーチャンネル)です。

スマホ視聴に最適な縦型動画メディアで、1分程度の内容で最先端の情報を配信しています。

クリッパーといわれる、タレントや読者モデルなどのいわゆるインフルエンサーたちが、商品を動画で紹介するコンテンツは、日本のみならず、アジアを中心にグローバルに展開しています。

サービス③楽天市場ライブショッピングチャンネル

引用:楽天市場ショッピングチャンネル 楽天株式会社が運営するライブ動画配信サービス楽天市場ショッピングチャンネルは、「楽天スーパーSALE」や「お買い物マラソン」などのさまざまなサービスと連動して、多様なライブコマースサービスを提供しています。

アーティストやタレントを起用したライブ配信や、一般のユーザーによるライブ配信も可能となり、リアルタイムのコミュニケーションを実現することで、エンターテイメント性も強くアピールしています。

まさに、ECサイトが手がける、地の利を活かしたプラットフォームです。

サービス④LIVE torutte

引用:LIVE torutte

Instagram運用代行サービス「torutte(トルッテ)」を運営する、株式会社CCCフォトフラボが、接客特化型ライブコマースとして、2020年にリリースしたサービスです。
2021年3月31日、株式会社CCCフォトライフラボと株式会社しまうまプリントは合併し、株式会社しまうまプリントとしてスタート

Withコロナの新しいライフスタイルにあわせた購買スタイルとして、視聴者が配信者と直接コミュニケーションをとりながら、ECサイトで商品を購入できるという体験を提案しています。

自粛生活の強いミカタとして立ち上がったプラットフォームは、オンライン販売が求められていたけど再現できなかった「店舗のような接客感」を見事に体現させてくれます。

サービス⑤YouTube

引用:YouTube

YouTubeは、言わずと知れた世界最大級の動画配信プラットフォームです。
特別なアプリや会員登録も不要で、無料で視聴できるため視聴者数を伸ばしやすいのが最大の特徴。

概要欄やチャットに、自社のホームページやECサイト、SNSリンクを簡単に貼れるので、商品やサービスの購入を視聴者に誘導しやすいです。

ライブ配信動画はアーカイブとして残せるので、リアルタイムで配信を見逃した視聴者にもアプローチが可能です。

サービス⑥Instagram

引用:Instagram

Instagramは、20代〜40代の女性から圧倒的に支持されているSNSです。

「インスタ映え」の言葉が定着したように、視覚コンテンツと非常に相性抜群。
アパレルブランドなどさまざまな企業が利用し、インフルエンサーによる配信も活発に行われています。

Instagramには「インスタライブ」というライブ配信機能があります。
動画配信画面の下部に「商品を見る」ボタンを設置して、商品の紹介ページである「Instagramショップ」に誘導可能です。

また、ユーザーはアカウント概要欄の下部に「ショップを見る」ボタンをクリックすれば、Instagramショップの閲覧ができます。

ただし、日本ではInstagramショップにおいてチェックアウト(決済)機能は使えません。
そのため、投稿に自社のホームページやECサイトのリンクを貼り、購入の導線を忘れないよう注意してください。

サービス⑦Facebook

引用:Facebook

全世界29億1,000万人以上(2021年12月時点)のユーザーを誇るソーシャルメディアのFacebookのサービスです。

2017年からライブコマースを始めていましたが、2020年5月にFacebook上で簡単にオンラインショップを開設できるサービス「Facebook Shops」がリリースされました。

ライブコマースにも対応できるようになり、本格的にライブコマース業界に力を入れ始めました。

Instagramと同じくプロフィール画面からストア画面に移動できるようになり、潜在顧客を逃さない仕組みが整っています。

アメリカでは、既にライブ配信のFacebook LiveからFacebook内のショップ購入に直接誘導できるライブショッピング機能が本格導入され、日本でも実装が期待されています。

サービス⑧LINELIVE

引用:LINE

LINEは、国内月間アクティブユーザー数8,600万人(2020年9月時点)と老若男女問わず日常的な連絡手段として使用されています。

LINE BUYを活用すれば、ユーザーはライブコマースを楽しめて、LINE LIVEを活用すれば、スマホから簡単に配信が可能です。

LINE LIVEでは、毎日無料で「ハート」がもらえます。
「ハート」や、有料の「応援アイテム」は、配信者のランキング順位に影響を与えます。

視聴者は、お気に入りの配信者にハートやアイテムをたくさん送ることで、配信を一緒に盛り上げることができます。
ファン化を促すことにも役立つでしょう。

サービス⑨HansUP

引用:HandsUP

HandsUP(ハンズアップ)は、台湾発祥のライブストリーミングサービス「17LIVE」が提供するライブコマースサービスです。
誰でも直感的に操作でき、配信ルームのカスタマイズも可能。

アパレルブランドのWEGOや化粧品・健康食品のFANCLなどすでに200社以上の企業に導入実績があります。

自社のECサイトを運営していなくても商品販売ができる、ECショップ構築機能が実装されています。

Handsupは、複数のSNSと連動して配信URLを同時配信できるので、拡散効果が期待できるでしょう。

サービス⑩auWowma! ライブTV

引用:ライブTV


ライブTVは、2019年7月から提供が始まった、KDDIとauコマース&ライフが運営するauWowma!のアプリ内で展開しているライブコマースサービスです。

視聴にはスマートフォンアプリのダウンロードが必要となります。

ライブ配信された動画はアーカイブとして一定期間視聴できます。

人気のよしもと芸人が商品を紹介するライブコマース番組「生配信!よしもと市場」を配信しています。
エンターテインメントの要素が高めで、視聴者を飽きさせないのが最大の魅力です。

また、ライブ配信視聴でPontaポイントのプレゼントサービスがあるなど、視聴者にとってお得なサービスが多いのも特徴です。

ライブコマース を成功させるコツ


おすすめのライブコマースをご紹介したところで、実際にライブコマースを成功させるために必要なことを一緒に確認していきましょう。

コツ①目的とターゲットに合わせたプラットフォーム選び

ライブコマースが、最初に日本に上陸したとき「テレビショッピングのインターネット版」という認識でいたのが、日本でさほど盛り上がらなかった要因なのかもしれません。

そもそも、テレビとインターネット(SNSや動画)では、ユーザー層が違います。

場所選びを間違えていては、適切に届けたいひとに届かないし、ほしいと思っているひとが情報をキャッチできません。

コツ②SNSと連携させる

「Instagram」「YouTube」「Facebook」「LINE LIVE」など、SNSに搭載されているライブ配信機能を使って商品やサービスを紹介できます。

お手軽にはじめられて、ユーザーも構えず入り込みやすいのではないでしょうか。

コツ③ECサイト型を実践する

先に紹介した、SHOWROOMが運営する「SHOPROOM」や、楽天株式会社が運営する「Rakuten LIVE」などがそうです。

ECサイト=ショッピングというイメージで、ユーザーは利用しているはずなので、ECサイトが動画を使って集客・販売を行うというのは、ユーザーにとってはまさに知りたかった情報がリアルタイムにわかったり、ある意味一番ニーズにあった販促かもしれません。

コツ④インタラクティブ動画を取り入れる

インタラクティブ動画とは、こちらも先に紹介した、TIG commerceの「触れる動画」と同じ定義です。

ユーザーのタップに応じて、商品の詳細が表示され、購入ページへ遷移することができるので、ライブコマースのサービスとインタラクティブ動画の相性はバツグンです。

インタラクティブ動画を制作するプラットフォームのおすすめは、株式会社サムシングファンが提供する「DOOONUT(ドーナツ)」です。

動画の効果分析からポータルサイトの構築まで全て完結していますよ。

ライブコマースはニューノーマル時代のスタンダード!


最後に、今回のおさらいをしておきましょう。

  • 2019年頃には、市場から撤退する有名企業が相次ぎ、「第1波ライブコマース」は終了
  • 2020年頃に、5Gや感染症の影響でライブコマースが再び注目され、「第2波ライブコマース」が到来
  • 2022年現在、おすすめのライブコマースサービス10社を紹介
  • 実際にライブコマースを使うときの成功するためのコツ

2020年頃から再びライブコマースに注目が集まるようになってきました。
現に、
日本でも大手企業がライブコマース市場に続々と参入し始めています。

これからの新しいオンライン販売手法として、ますますライブコマースが日本で盛り上がっていくことが期待できるでしょう。

ライブコマースについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。
>>現在の日本のライブコマース市場規模とこれからを解説

動画配信を検討している方は、ぜひこちらのバナーをご確認ください。
配信方法から費用までライブ配信に気になることが全てわかりますよ。

ライブ配信マニュアル~配信方法から相場までを大公開~

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績