お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

YouTubeの企画アイデアの出し方を教えます!ポイントはチャンネルのテーマ

「本格的なチャンネル運営に向けてYouTubeの企画を考えたいけど、どんな方向から考えたらいいのか、全くわからない。切り口やアイデア出しの方法があれば教えてほしい」

YouTubeの企画について、アイデアがうまく出せずにお困りではありませんか?
視聴者が見てくれそうなネタ、という方向性で考えていると早晩、行き詰まってしまうことでしょう。

うまく思いつかないと企画のアイデア出しは才能が必要なのでは?と感じてしまいますが、実はチャンネル運営のベースができていれば、継続的にアイデアを出し続けることができるのです。

この記事では、チャンネルの基本的な運営方針から、テーマや企画のアイデア出しについて記事にしています。

アイデアに行き詰まっている方は、ぜひこの記事内容をご確認ください。

動画製作のヒントを得ることができますよ。

YouTubeの企画出しには抑えておくべきポイントがあります。
それは、最初にチャンネルの軸や強みを明確にしておくことです。

最初は色々な方向に投げてみることも大事なのですが、ある程度チャンネル運用が進んできたら、伸びたコンテンツでかつ、自分の得意分野に注力すべきです。

まずはこの考え方を抑えておき、その中で企画を考え出していきましょう。

YouTubeの主な企画テーマ

YouTubeでよく見かける企画の内容を検証しつつ、カテゴリーやテーマについて考えてみましょう。
細かく見ていくと多数のテーマが存在しますが、以下3つのコンテンツに絞って考えていきます。

テーマ①やってみた等検証系

〇〇やってみた、というテーマはYouTubeの中でもっともよく見かけるタイトルではないでしょうか。

このタイトルはかなり汎用性が高く、なんでもないことでも「やってみた」というタイトルがついていることが多々あります。
タイトルは同じでも、根本的なテーマが違うのです。

やってみた系で視聴者の興味関心を集めるのは、「実際にできない、やろうと思わないけどやってみたらどうなる?」という、視聴者の好奇心を満たすものです。

YouTuberだからこそ取り組める検証を、全身全霊で行うことにより多くの再生回数を獲得できるのです。
検証系は日々、アンテナを張って生活していく中で、継続的にテーマを見つけることができるジャンルです。

テーマ②商品案件系

商品紹介やそれに伴う案件系は、YouTubeではよく見かけるジャンルです。

Apple製品や、ガジェット系の商品紹介は盛んに投稿されており、商品紹介に特化したYouTuberも数多く存在します。
商品紹介系のジャンルでも、やってみた系のような検証がなされることが多いのですが、特徴はその商品のジャンルに限定した検証という点です。

ガジェット系ならスペック検証や、オプション品の親和性の検証など、広く浅くでなく深堀りしていきます。
派生形として、メーカーから依頼される案件系などがあり、そのジャンルが賑わうことで継続的にテーマを獲得できる点が強みです。

商品紹介系の場合、メーカーと共同で考える案件の内容が企画の一つになり得ますね。

テーマ③テレビ番組コンテンツ再現系

現在のテレビ企画をそのままトレースして、チャンネルで再現する方法や、今ではテレビでできない昔懐かしい企画を再現することで、特定の層にピンポイントに訴求することができます。

YouTube上でよく見かけるテレビ番組コンテンツ再現系は、ドッキリ、モニタリング、Vlogなどのドキュメンタリー系です。
Vlogは共感系のテーマですが、テレビの手法を取り入れることで高いクオリティの内容を作成することができます。

ドッキリ、モニタリング系もテレビ企画の構成をよく研究することで、視聴者を動画に釘付けにすることができるでしょう。

自分が取り上げているテーマに、テレビの企画を取り入れることができるのであれば、積極的に取り入れることで魅力ある企画を発信できます。

YouTubeの人気ジャンルと企画

主な企画テーマの次は、数あるYouTubeチャンネルの中の人気ジャンルを考察してみましょう。

人気ジャンル①ゲーム実況

ゲーム実況はYouTubeの中でも不動の人気を誇るジャンルで、日本だけでなく海外も含めて人気コンテンツとなっています。

ゲーム実況の人気の理由は、情報や気持ちを共有したいという思いから、多くのプレイヤーを巻き込むことができるためです。

以前はゲーム攻略といえば、友人からの情報や攻略本を頼りに進めていましたが、動画コンテンツが充実し始めてからは、動画を参考にしつつ攻略を進めていくスタイルが浸透しています。

攻略情報を探すのと同時に、同じゲームをプレイしている仲間も探しますので、人気ゲームをうまく実況できれば再生数の多い動画を作れますし、多くのファンも獲得できるのです。

楽しく実況できて、多くの人の共感を集めることができるプレイヤーにはうってつけのジャンルです。

人気ジャンル②メイク

美容ジャンルは幅広く注目を集めることができるジャンルですが、その中でもメイクのジャンルはより注目度が高いジャンルです。

メイクは日々のことですし、できればコスパよくきれいにメイクアップしたい、という願望は女性なら誰でも持っているでしょう。

メイクのジャンルはハウツー系と共感系を組み合わせ、Vlogのようにドキュメンタリーに取り込むことで、より親近感を得ることができます。

メイク動画は軸となるメイクハウツーの動画をしっかりと作り込み、日記のようにVlogの中でメイクシーンを組み入れる構成が基本となります。

人気ジャンル③乗り物旅行

人はいつの時代も、まとまった休みがあれば旅行に思いを馳せることに変わりはなく、旅行は時代を問わず人間の普遍的な行動となっています。

したがって、旅行ジャンルはYouTubeの中でも安定の人気を誇っているのです。

YouTubeで人気があるのは、鉄道で日本全国を旅するチャンネルや、年中飛行機に乗りまくって世界を旅するチャンネルです。

普段仕事をしている人にはできないことを代わりにやってみせ、レポートすることで視聴者は次の旅行の計画を立てることができるのです。

視聴者が気になっている点を的確にレポートし、乗り物や旅の楽しさを伝えることができれば、人気チャンネルとなることができるでしょう。

人気ジャンル④科学

最近ではYouTubeで勉強する視聴者が増えつつありますが、その中で科学チャンネルが一定の人気を博しています。

各学校や自治体の科学館のチャンネル、人気YouTuberの単発の企画など色々な展開を見せている人気ジャンルです。

エンタメ系人気YouTuberも企画の一つとして、液体窒素を使ってみたり、特殊なガラスを作ったりするなど、視聴者の好奇心を満たす企画が生まれています。

さまざまなジャンルに挑戦するエンタメ系のYouTuberには相性のいいジャンルですね。

YouTubeの企画のアイデア出しに必要なもの

YouTubeのチャンネル運営や企画を建てるには、事前に何を伝えたいチャンネルなのか、決めておく必要があります。

最初は思いつきで色々やっていくのも良いのですが、だらだらと続けているとまとまりがなく伝わりにくいチャンネルになってしまいます。

企画のアイデア出しについて、以下の3点を軸に考えてみましょう。

必要なもの①チャンネルの軸、テーマ

チャンネル運営をスタートした早い段階でチャンネルの軸となるテーマを決めてしまいましょう。

エンタメ系は自分のキャラを軸にする、あえて人があまり行かないところにフォーカスする旅行系、レトロゲームメインのゲーム実況など、無理して人と違うことをする必要はありません。

しかし、視聴者が見てすぐにわかる軸、テーマがあるとピンポイントな訴求が可能となり、よりコアなファンを獲得できます。

ファン層が明確であれば、層に合わせた企画をたてやすくなるのです。

必要なもの②得意分野の明確化

他のチャンネルにはない独自の強みがあれば、全面に押し出して他のチャンネルとの差別化を図りましょう。

企画を考える時も、自分のチャンネルの強みを軸にして考えると、よりわかりやすく視聴者に届きやすいアイデアを出しやすくなります。

必要なもの③トレンドの把握

トレンドに沿った企画は、エンタメ系のチャンネル運営をする場合は必須です。

世の中のトレンドに合わせる方法もありますが、YouTube内でも定期的に企画のトレンドが発生しますので、そのトレンドをいち早く察知して乗るようにしましょう。

トレンドに乗る方法は、YouTube内の急上昇トレンドを確認したり、有名YouTuberが実践している企画をそのままトレースしたりする方法があります。

YouTubeの企画のアイデアを出す方法

企画のアイデア出しの方法を以下にピックアップしてみました。

方法①キーワードの組み合わせと関連付け

なんとなくコレをやってみたい、という内容が決まったら、一つのキーワードにします。

そのキーワードに他のキーワードを組み合わせることができないか、考えてみるのです。

例えば、1つ目のキーワードを時間があれば挑戦してみたい「日本一周」としてみます。

もう一つのキーワードは、鉄道系YouTuberの方がよく企画で取り上げている「青春18きっぷ」とします。

この2つのキーワードをかけ合わせると、「青春18きっぷで極限の日本一周に挑戦」というような企画のアイデア出しをします。

実際は青春18きっぷで日本一周は無理なので、もう少しアレンジが必要ですね。

このように、キーワードをいくつか組み合わせれば、それぞれの関連動画として表示される可能性が高くなります。

方法②動画のオチから逆算して考える

楽曲作成のサビから作る方法と同じく、動画のハイライトをイメージしてそこから企画を考え出す方法です。

例えば、高級車を壊すイメージが思いついたら、そこを起点にどのような車で、どのような状況で、など色々と枝葉を伸ばして考えることができます。

必要なモノやロケハンなど、細かいアイデア出しを重ねていく間に企画の大まかな構成が完成することでしょう。

方法③クラウドソーシングでアイデアを募る

ランサーズやクラウドワークスではタスクという形態の案件募集ができます。

タスクを使いたくさんの方にアイデアを出してもらうことで、新しい企画のネタが見つかるかもしれません。

多少の費用はかかりますが、ヒントを得るには最適な方法です。

どうしてもアイデアに詰まった時は、クラウドソーシングのタスクをつかって、アイデアを探してみてはいかがでしょうか。

まとめ:YouTubeの企画は視聴者の願望を代行することふが大事!

YouTubeは基本的に、視聴者ができないことを代わりに行うことでYouTuberに希望を託すような関係で成り立っている側面があります。

したがって、企画やテーマを考える時は、視聴者の素朴な疑問や、やってみたい願望をイメージ、想定して企画を考え出すことがもっとも良い方法でしょう。

色々な方向に投げて見ることも大事ですが、早い段階でチャンネルの軸を作り、得意分野を明確化し、他のチャンネルと差別化を図ることで、チャンネルに沿った企画を出し続けることができるのです。

チャンネルの軸がまだ定まっていない方はまず、チャンネルで何を伝えたいのか考えてみてはいかがでしょうか。

【おすすめ関連記事】
YouTubeの再生回数が伸びる仕組みと再生回数を伸ばす6つのポイント
YouTubeサムネイルの作り方とおすすめソフトの紹介

「動画を使ったWebマーケティングに活路を見出したい」という方へ向けて、動画マーケティングの導入方法や施策をまとめた資料もご用意しています。

ぜひ以下のバナーからダウンロードしてご活用ください!

売上を UP するための『動画 DX®』活用法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績