お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

【あると便利!】GoProのシーン別おすすめアクセサリーをご紹介

アクションカムとして常に人気を集めているGoProですが、単体で使って満足していませんか?

もちろん単体でも充分な機能は揃っています。

しかし、GoPro本体だけではなく、周辺アクセサリーを活用することで、さらに使いやすく、GoProの良さを実感できます。

今回はGoProを利用するシーン別におすすめのアクセサリーをご紹介するので、GoProを購入したばかり、もっと本格的に使ってみたいという方はチェックしてみてくださいね。

※Amazonアソシエイト・プログラムとして、サムシングファンは適格販売により収入を得ています。

目次

GoProアクセサリーの選び方

GoProアクセサリーの選び方まずおすすめのアクセサリーをご紹介する前に、選び方についてポイントをお伝えします。

  1. 純製品かどうか
  2. 装着方法

それぞれ詳しく見ていきましょう。

GoProアクセサリーの選び方①:純製品かどうか

GoProのアクセサリーには、正規販売している「純正品」とGoProに直接関わりのない企業が販売している「互換品」があります。

  • 純正品:本体を作ったメーカーが販売している付属品
  • 互換品:本体を作ったメーカーとは別の企業が販売している付属品

純正品は価格設定が高めですが、寿命は長く安心して使えます。

一方で、互換品は種類が豊富で、なおかつ低めの価格設定です。

  • 純正品がおすすめの人:十分な予算があり、長期間、同じものを安心して使いたい
  • 互換品がおすすめの人:予算が少なめで、いろんな種類の製品を試してみたい

購入目的によって「純正品」と「互換品」を使い分けるのがおすすめです。

GoProアクセサリーの選び方②:装着方法

GoProをはじめ、アクションカムのアクセサリーには装着方法が主に3つあります。

それぞれどんなものか見ていきましょう。

装着方法①:固定式

身体に装着して使用する方法。

ヘルメット、胸、手首、腕、脚首などさまざまな箇所に巻き付けることができるようにベルトの長さも調節が可能です。

カメラの向きや角度もけられるので、シーンごとに調整もできます。

 

装着方法②:クリップ式

GoProをマウントに取り付け、クリップで挟んで固定するタイプ。

好きな場所に固定できるので、リュックなどに取り付けて旅行やハイキングなどを楽しめます。

装着方法③:粘着式

マジックテープなどで本体を取り付けるタイプ。

車のボディやヘルメットなど平らな場所で取り付けることができます。

あると便利なGoProアクセサリー

あると便利なGoProアクセサリー

GoProのアクセサリーで中でも人気のアイテムはこの3つです。

  • 自撮り棒
  • ジンバル(グリップ)
  • バッテリーチャージャー

    あると便利なGoProアクセサリー①:自撮り棒

    自撮り棒はたくさん種類がありますが、今は3wayが便利で使いやすいと人気を集めています。

    おすすめの自撮り棒①:【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ 3-Way AFAEM-001

    延長アーム、カメラグリップ、三脚の3つの使い方ができる、王道の純正品アクセサリーです。

    延長アームは最長50.8㎝まで伸び、カメラグリップは短い自撮り棒として、手ブレや映り込みを防いで快適に撮影ができます。

    三脚はハンドル部分に収納されていて、いつでも取り出し可能。

    折りたたみ時は19㎝とコンパクトで旅行にも便利です。

    おすすめの自撮り棒②:GoPro ゴープロ 対応 アクセサリー 3WAYアクション自撮り棒 

    引用:楽天市場

    純正品と同様、3wayの自撮り棒です。

    重量は192gと軽量なので、持ち運びに便利。

    ハンドル部分はラバーグリップが施されていて、独自の凸凹とした形状で滑りにくく、リストストラップが付属されているので、アクティビティにも最適です。

    互換品で、GoProの対応機種はHERO3~7になります。

    あると便利なGoProアクセサリー②:ジンバル(スタビライザー)

    ジンバルとはカメラを一定の向きに保つ回転台のついたグリップのことです。

    スタビライザーとは手ブレを防止できるジンバルのことで、ひとつのアクセサリーとして人気を集めています。

    おすすめのジンバル(スタビライザー)①:【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ Karma Grip 

    スタビライザーとして圧倒的な人気を集めているのが、GoProが発売している純正スタビライザーのカーマグリップです。

    GoPro用に開発されているため、まさにGoPro専用のスタビライザー。

    カメラ装着やモード変更などの操作も簡単なので、ユーザビリティが高めです。

    おすすめのジンバル(スタビライザー)②:Hohem iSteady Pro 3 アクションカメラジンバル

    コスパが良いと注目を浴びている中国のベンチャー企業「Hohem」が手掛ける最新のスタビライザーです。

    初心者でも使いやすく、安定した動作が魅力。

    本格的なスタビライザーの入門機としてもおすすめです。

    あると便利なGoProアクセサリー③:バッテリーチャージャー

    本体を購入すると同時にバッテリーも付いてきます。

    GoProで長時間撮影するには、予備のバッテリーがあると安心ですよね。

    また、そのバッテリーをチャージするチャージャーがあるとなお安心。

    一般的にチャージャーを購入すると予備のバッテリーも付いてくるので、旅行やアウトドアでGoProを使用する方はこのチャージャーがあると重宝するでしょう。

    おすすめのバッテリーチャージャー①:【GoPro公式】 デュアルバッテリーチャージャー MAX 用

    2つのバッテリーを同時に充電できる便利なチャージャーです。

    もちろん1つだけの充電も可能。

    純正品なので、価格設定は高めですが、安心して使いたい方におすすめです。

    マリンスポーツのおすすめのGoProアクセサリー

    マリンスポーツのおすすめのGoProアクセサリー続いて、シーンごとにおすすめのGoProアクセサリーをそれぞれご紹介していきます。

    まずはマリンスポーツでおすすめのGoProアクセサリーです。

    1. ハウジング(防水)
    2. サーフボードマウント

    【マリンスポーツ】おすすめのGoProアクセサリー①:ハウジング(防水)

    GoProは何も装着せずに水深10mほどはそのまま使用することができます。

    しかし、砂やほこりが多い場所や岩場や狭い場所ではハウジングがあると安心して使うことができるので、基本的にはハウジングをつけての撮影がおすすめです。

    おすすめのハウジング①:【GoPro公式】 Super Suit 60m ダイブハウジング for HERO7/6/5ブラック

    対応できる水深は最も深い60mです。

    純正品ということもあり、密閉度が他の製品に比べて高いと評判が良く、陸上でも使えるようにタッチパネルの部分が空いているパーツも付属されています。

    【マリンスポーツ】おすすめのGoProアクセサリー②:マウスマウント

    サーフィンをやる方、におすすめなのがマウスマウント。

    YouTubeによくあるサーフィンの動画、あんなふうにかっこよく動画を撮るにはこのマウスマウントがおすすめです。

    サーフィン以外にも、スノーボードやスケボーなどでも使えます。

    おすすめのマウスマウント①:【GoPro公式】バイトマウント + フローティー for HERO7/6/5 ブラック

    GoPro純正品のバイト(マウス)マウントです。

    マウスマウントと言ってもごついマスピース型ではなく、シンプルなタイプ。

    以前までは見た目に抵抗があるマウスピース型が主流でしたが、純正のGoProアクセサリーとしてこのバイトマウントが発売されました。

    おすすめのマウスマウント②:MY GO マウスマウント

    おすすめのマウスマウント②:MY GO マウスマウント

    引用:MY GO

    口でくわえるマウスピース型になっているタイプのマウントです。

    ネックストラップが付いているので、GoProを口から落としても問題ありません。

    口元で撮影したい時だけくわえ、あとは首から下げておけるので便利です。

    購入はこちらから:MOUTH MOUNT/マウスマウント

    バイク・サイクリングでおすすめのGoProアクセサリー

    バイク・サイクリングでおすすめのGoProアクセサリーバイクや、サイクリングなどの山系のアクティビティにおすすめのGoProアクセサリーはこの2つです。

    1. ヘルメットマウント
    2. ハンドルバーマウント

    それぞれ見ていきましょう。

    【バイク・サイクリング】おすすめのGoProアクセサリー①:ヘルメットマウント

    ヘルメットマウントはその名の通りヘルメットにGoProを装着できるマウントです。

    頭部に付けられるので自分の目線と同じ高さの映像がそのまま撮影できます。

    臨場感のある映像の撮影におすすめ。

    おすすめのヘルメットマウント①:【GoPro公式】 ヘルメット フロント + サイド マウント

    バイクやサイクリングで両手が塞がっている場面に使えるのが、GoPro純正品のヘルメットマウントです。

    ユーザー目線の臨場感のある映像をハンズフリーで撮影したい方におすすめ。

    おすすめのヘルメットマウント(ヘッドマウント)②:【GoPro公式】 ヘッドストラップ & クイッククリップ

    ヘルメットだけではなく、帽子や頭に直接つけられるのが、GoPro純正品のヘッドマウント。

    フリーサイズのヘッドバンドなので、取り付けは簡単です。

    クリップも付属されているので、つばのついたキャップなどにも装着が可能。

    【バイク・サイクリング】おすすめのGoProアクセサリー②:ハンドルバーマウント

    ロードバイクやサイクリングにおすすめなのが、このハンドルバーマウント。

    見た目に違和感もなく、常に手元にあるため操作性も抜群です。

    おすすめのハンドルバーマウント①:【GoPro公式】 ハンドルバーシートポストマウント(Ver2.0) 

    GoPro純正のハンドルバーマウント。

    振動が最小限に抑えられる構造で、カメラの揺れを抑えてくれます。

    360℃撮影可能で、安物に比べると安定感もあるため、落下や破損の心配もありません。

    おすすめのハンドルバーマウント②:REC-MOUNTS(レックマウント) ハンドルバーマウント タイプ7

    純正品を購入する予算がない方は、こちらのハンドルバーマウントもおすすめです。

    しっかりと固定できるので、ズレることもなく、納得のいく撮影ができます。

    アクティビティーにおすすめのGoProアクセサリー

    アクティビティーにおすすめのGoProアクセサリー身体を動かすアクティビティーにおすすめのGoProアクセサリーはこの2つ。

    1. チェストマウント(ハーネス)
    2. ストラップ(手首用)

    【アクティビティー】おすすめのGoProアクセサリー①:チェストマウント(ハーネス)

    激しいスポーツに最適なのが、このチェストマウント。

    サッカーやバスケットボールなどのプレイ中に使用すると、ゲームに入り込んだかのような映像が撮影できます。

    アクティビティーにおすすめのチェストマウント①:【Wealpe】チェストマウント ハーネス

    アクティビティーにおすすめのチェストマウント②:Wealpe チェストマウントハーネス

    引用:楽天市場

    高品質ナイロンで造られ、変形しにくく、通気性も良いので、屋外の激しいスポーツにも最適です。

    装着しながら撮影角度の調節も可能。

    低価格ながらもクオリティは高いので、コストを抑えたい方におすすめです。

    【アクティビティー】おすすめのGoProアクセサリー②:ストラップ

    ストラップは手首や足首に装着して使用します。

    ダイビングから遊園地のアトラクションまで様々な場面で活躍します。

    アクティビティーにおすすめのストラップ①:【GoPro公式】ザ・ストラップ リスト+ハンド

    アクティビティーにおすすめのストラップ①:GoPro ハンド+リストストラップ AHWBM-002

    引用:楽天市場

    水陸両用で、どんな場面にも使えるのか、GoPro純正のリストストラップです。

    360℃回転・反転できるので、上下左右あらゆるシーンを写真や映像で納められます。

    アクティビティーにおすすめのストラップ②:REC-MOUNTS 回転式 マルチマウント タイプ2

    アクティビティーにおすすめのストラップ②:REC-MOUNTS 回転式 マルチマウント タイプ2

    引用:楽天市場

    マジックテープの固定式で、手首やバックパックなど、さまざまなところに装着できます。

    装着したまま360℃回転できるので、いつでも撮りたい映像を逃すことなく撮影できます。

    まとめ:GoProのアクセサリーをゲットして撮影を楽しもう

    まとめ:GoProのアクセサリーをゲットして撮影を楽しもうせっかくGoProを持っているなら、アクセサリーを使って最大限に活用してみましょう。

    アクセサリーによって、撮影できるシーンやショットは異なります。

    また、今回ご紹介したアクセサリー以外に実用的なアクセサリーはたくさんあります。

    あなたがどのようなシーンを撮影したいかによって、ゲットするべきアイテムを選んでみてくださいね。

    この記事の監修者

    近久 孝太

    株式会社サムシングファン/動画戦略部 エディター 1991年生まれ。1児の父。学生時代の軽音サークルで音響を始め、裏方に目覚める。その後はライブハウススタッフとして音響・照明・配信オペレーターとして勤務しながら、レコーディング・ミックス・マスタリングエンジニアとしてもミュージシャンの楽曲制作に携わる。2021年よりサムシングファンにジョイン。ライブ配信事業の技術オペレーター(映像・音声・配信)を主に担当し、動画編集も行っている。

    無料動画・稼ぐ!動画クリエイターになる方法

    Related Articles

    関連記事

    資料をダウンロード
    24時間受付中!
    動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエイター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績