株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

動画制作の成功は鍵は「企画」にあり!企画の重要性やポイントを大公開

動画を見た人が印象に残り、発信者のメッセージを伝えるための動画制作において最も重要なことは「企画」を十二分に練ることです。

 企画とは動画の全体像を考えることであり、企画の完成度が高ければ高いほど動画のクオリティや目的の達成率も向上するともいわれています。

しかし、どのようなポイントを押さえて「企画」すればよいのか悩む方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

そこで今回は「企画の重要性」「企画を立案するうえでのポイント」について紹介していきます。

動画でもわかりやすくまとめているのでこちらもご覧ください。

動画制作における企画の重要性

動画制作における企画の重要性動画制作における企画は「ターゲットを明確にし目的を達成するための方法を立案すること」と言い換えられます。

企画を十分に練ることによって、動画を伝えたい対象者に対して印象深い動画を制作することが可能となります。

しかし、あれもこれも伝えたいを情報を盛り込みすぎたり、ターゲットを明確にせずに制作するとメッセージが伝わりにくい動画になってしまったり、せっかく力を入れて動画を作ったのに思ったような結果が得られないといった状況に陥ることもあるため注意が必要です。

そのため、企画を行う際には動画を制作する目的やターゲットを明確にし、それらを意識した構成になるよう工夫することが必要です。

動画制作の企画で考えるべき5つのポイント

動画制作の企画で考えるべき5つのポイントここからは、実際に動画制作を企画する上で考えるべき5つのポイントを紹介していきます。

どのポイントも魅力的な動画の制作においてかかせない項目であるため参考にしてみてくださいね。

動画制作の企画で考えるべきポイント①目的

企画を練る上で最も重要な点は「動画を制作し、達成したい目的を明確にすること」です。

「多くの人に見てもらう」といった抽象的なものではなく、「自社のブランドやサービスを知ってもらう」「企業のブランドイメージを向上させる」「キャンペーンを多くの人に周知する」「自社で働きたい優秀な人材を集めたい」と具体的に目的を絞り込むことが大切です。

加えて、さらに踏み込んで「商品を購入してもらう」「人手不足を解消する」といった中核となるコンセプトもはっきり決めておくことで、動画の方向性が更に明確になります。

せっかく動画を制作するのだから「あれもこれも伝えたい」と複数の要素を盛り込んでしまいがちですが、焦点がぼやけてしまい、伝わりづらい動画になってしまうこともあるため注意が必要です。

動画制作の企画で考えるべきポイント②背景

「なぜ動画という手段を選んだか」といった動画制作に至るまでの背景を明確にしましょう。

たとえば、今までにウェブサイトやチラシなどを用いて写真と文章で紹介していた商品を動画でアピールする場合を考えてみます。

今までと比較してみて「従来の方法にどのような課題があったのか」「動画をもちいるとその課題は解消できるのか」「なぜ動画を用いるのか」など整理が必要です。

背景が明らかになり、方向性が固まると自然と動画で強調すべきポイントがみえてきます。

結果的に、企画を考えるときにも方向がブレにくくなります。

動画制作の企画で考えるべきポイント③ターゲット

功する動画制作では、明確なターゲットを設定し、そのターゲットに向けて作っていくことが必須です。

「自社のブランドやサービスを知ってもらう」といった目的をもった動画プロジェクトでも、「こんな人にブランドや商品、サービスを知ってもらいたい」というビジョンがあるかと思います。

すべての人が動画に対してポジティブな印象を受けることはほとんどありません。
そのため、ターゲットを明確にした上で動画を制作していくことが成功の秘訣でもあります。

大まかなターゲットが決まっていれば「ペルソナ」を設定していきましょう。

ペルソナとは、架空に作り上げた人物像であり、その人物があたかも実在しているかのように、年齢や性別はもちろんのこと、居住地、職業、趣味、価値観、家族構成、ライフスタイル、休日の過ごし方など細かく設定していきます。

ペルソナを複数設定することで、ターゲットにとって魅力的で印象深い動画の制作に繋がっていきます。

動画制作の企画で考えるべきポイント④掲載先

どこに制作した動画を掲載するかによってターゲットへの届きやすさが決まります。

主な掲載先として、自社のWEBサイトやテレビCM、Twitter・Instagram・FacebookなどのSNS、You Tubeでの動画広告などが挙げられます。

動画を制作した目的と動画を届けたいターゲットに応じて適切な掲載先を選択し、よりターゲットの目に付きやすいように工夫を凝らしていき、掲載先ごとにどういったユーザーが視聴しやすいのかのあらかじめ情報を整理することが大切です。

掲載先が決定したら、それに適した動画の演出や長さ、編集を検討していきましょう。

動画制作の企画で考えるべきポイント⑤雰囲気

ターゲットの「共感」が得られるような雰囲気の動画も成功の秘訣です。

動画のメッセージをしっかり伝えるためには、動画を最後まで視聴してもらうことが必要となります。

では、実際どのような動画にすれば、ターゲットは最後まで動画をみてくれるのでしょうか?

それは、ターゲットが共感できる内容や好感を持ちそうな演出など、ターゲットの興味を惹くような雰囲気の動画を意識することです

しかし、企画側で動画の雰囲気を検討しても、それが制作側にうまく伝えることができなければ、満足度の高い動画を制作することは難しいです。

そのため、企画側と制作側とでの意識のズレを減らすためにも、写真やイメージ画像を企画書に用いることもおすすめです。

用途・掲載先別で考える企画段階で成功に導くコツ

ここまでは動画制作の企画で考えるポイントを説明していきましたが、実は「会社紹介」「人材採用」「テレビやYou Tube等の広告」といったように用途や掲載先によって企画において気をつけたいポイントは異なります。

ここからは、用途・掲載別に企画段階で動画制作を成功に導くコツを紹介していきます。

会社紹介

会社紹介会社紹介の動画は、営業やさまざまなイベントでの活用、ウェブサイトへの掲載など幅広く使用することが特徴の1つです。

企画のポイントとしては、「自社の商品やブランドの長所を紹介する」「他社とは異なる魅力をアピールする」といった点を重点的に強化することです。

また、売上高といった数字に関してはグラフなどを使用し視覚的にわかりやすい工夫をしてみてもよいでしょう。

ただし、同じ動画を何年も使用してしまうと新鮮味が薄れてしまったり、動画を何年も使いまわしているといったような会社にとってマイナスのイメージを抱かれる可能性もあるため、2年~3年ごとに動画を更新していきましょう。

人材採用

人材採用人材採用のための動画を制作する場合は、会社紹介を紹介する動画と企画のポイントが大きく異なります。

企画のポイントとしては、求職者や就職活動中の学生がどのような職場で働きたいと考えているかを理解した上で、自社が魅力的に映るポイントを絞ってアピールしていくことが挙げられます。

例えば、職場の仕事内容やワークライフバランスが整っている点をアピールしたい場合は、社員の1日に密着するといった内容にするのも1つの手法です。

他にも、職場の雰囲気を伝えたい場合は実際に働いている人へのインタビューを掲載することも有効です。

複数の部署がある場合などは各部署ごとに仕事内容の紹介や雰囲気を伝えるために取材することもよいでしょう。

また、会社の魅力やポジティブな情報だけでなく、課題があることなども包み隠さず伝えることで、入社前後でのイメージギャップを減らすことも期待できるでしょう。

テレビやYouTube等での広告

テレビやYouTube等での広告テレビやYouTube等での広告では動画を目にする、より多くの人に興味を持ってもらったり共感を得たりすることが大切です

商品の広告の場合は実際に使用している実例を提示してみるなど、視聴者が商品を使うことでどのようなメリットが生じるかとイメージを抱きやすい企画を考えていきましょう。

しかし、視聴者を少しでも惹きつけようと多くの情報量盛り込みすぎてしまうと、どのような商品であるかと理解しやすいですが、押しが強い印象を受けやすいので注意が必要です。

逆に、多くの情報を盛り込みすぎずアピールポイントを絞ったCMはわかりやすく、センスがあり洗練されてるといったイメージを持たれる場合も多く情報量が少なくても視聴者の印象に残りやすいです。

どのようにすればより多くの人の印象に残るのか考えながら企画していくことが必要です。

まとめ しっかりとした企画を練って動画制作を成功させよう!

まとめ しっかりとした企画を練って動画制作を成功させよう!いかがでしたか?

今回は動画制作における企画の重要性やそのポイントについて紹介しました。

1分間の動画が発信する情報量は「12ページのパンフレットに相当する」ともいわれており、会社紹介や人材採用、商品の広告などのプロモーション活動に大きな効果を発揮します

そんな動画の可能性を最大限に発揮し、対象者にメッセージを確実に伝えられる作品に仕上げるには、目的や背景・コンセプト、ターゲット等を明確にした構成になるように十分な企画を練ることが必要不可欠です。

この記事を参考にしつつ、ターゲットにとって印象に残る動画を制作してみてくださいね。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×