株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

AdobeとDOOONUTを徹底比較!自社に合う動画マーケティングツールで集客につなげる

「動画マーケティングツールを使いたいけれど、Adobe AnalyticsとDOOONUTならどちらが良いんだろう」

と悩んでいませんか?

Adobe AnalyticsはAdobeが提供するサイト分析ツールで、DOOONUTはサムシングファンが提供する動画マーケティングの支援ツールです。

それぞれ特徴や機能の違いがあるため、自社に合うものを見きわめるためにはしっかりと理解して選ぶことが欠かせません。
特に導入サイトの規模や分析の範囲は異なるため、知っておくと安心です。

そこで今回は、

  • Adobe AnalyticsとDOOONUTの違い
  • Adobe Analyticsの機能や特徴
  • DOOONUTの機能や特徴
  • 迷ったときのツールの選び方

 

を順に解説します。

今回の記事を参考にしながら、自社に合うマーケティングツールを探していきましょう!

Adobe AnalyticsとDOOONUTを徹底比較!3つの違いを紹介

Adobe AnalyticsとDooonutを徹底比較!3つの違いを紹介最初に、Adobe AnalyticsとDOOONUTの違いとして、

  • 自社の動画サイトを構築できるか
  • 動画を視聴したときの行動を詳しく分析できるか
  • データからユーザーの行動を予測できるか

 

の3つを紹介しますね。

比較1:自社の動画サイトを構築できるか

DOOONUTでは自社の動画サイトを構築して分析できますが、Adobe Analyticsはすでにあるサイトの分析に対応しています。

自社サイトをすでに所持している場合は、Adobe Analyticsでも問題ありません。
特にAdobe Analyticsは規模の大きいサイトでよく活用されているので、複数サイトを一括管理したい企業にはおすすめです。

対して、これからサイトを制作する企業は専門業者に依頼することになります。
依頼料や時間がかかるため、プログラミングの知識なしでもサイトを制作できるDOOONUTの方が、時間短縮になるはずです。

特にDOOONUTは、最短1分で動画ポータルサイトを立ち上げられるため、急な立ち上げなどにも対応しやすいでしょう。

比較2:ユーザーが動画を視聴したときの詳細な行動を確認できるか

どちらもユーザーの行動分析は可能ですが、以下のように異なります。

  • Adobe Analytics:膨大なデータを一括管理するのが得意
  • DOOONUT:動画の離脱ポイントやSNSの反応など、ひとつの動画を詳しく解析するのが得意

 

動画を視聴したときの行動をより詳しく解析できるのは、「DOOONUT」です。
また動画制作会社が提供しているサービスのため、効果測定などは経験に基づき、より詳細なデータを得られることも。

ひとつの動画の効果をしっかりと測定したい場合は、DOOONUTの方がより詳しい情報を得られるでしょう。

比較3:データをもとに未来の予測分析ができるか

実はAdobe Analyticsでは、人工知能や機械学習の分析によってユーザーの未来の行動を予測することも可能です。
過去のデータからパソコンのシステムが分析したものなので、参考にしながら新たな施策を考えて成功することも少なくありません。

対してDOOONUTは、過去のデータをもとに新たな施策を動画制作会社のスタッフが一緒に考えることが可能です。

これまで動画マーケティングに挑戦したことのある企業は、知見があるぶんAdobe Analyticsでも十分です。

初めて動画マーケティングに取り組む場合はDOOONUTのように、経験者と一緒に考えられるツールがおすすめ。

次でAdobe AnalyticsとDOOONUTの機能を、さらに詳しく見ていきましょう。

Adobe Analyticsとは?特徴や代表的な機能を解説

Adobe Analyticsとは?特徴や代表的な機能を解説続いては、Adobe Analyticsについて、

  • 機能一覧
  • 代表的な3つの特徴
  • 注意点

 

の観点から解説しますね。

Adobe Analyticsにそなわっている機能一覧

今回紹介する「Adobe Analytics」は、Webサイトのアクセス解析やデータの収集、顧客の行動を知ることができるもの。
似ているツールとして、Google Analyticsなどがあげられます。

Adobe Analyticsでは、以下のようなことが可能です。

  • サイトのアクセス分析
  • 顧客データの解析
  • 各チャネルのデータ収集と統合、分析
  • インサイトの提供
  • 予測分析

 

次で代表的な特徴を見ていきましょう。

特徴1:人工知能(AI)や機械学習をもとにデータを分析する

Adobe Analyticsの大きな特徴は、人工知能(AI)と機械学習(マシンラーニング)を活用していること。
機械的に感じるかもしれませんが、パソコンのシステムを使うことで人の手よりも客観的なデータを得ることが可能です。

また分析を機械に任せられるぶん、自分たちで細かくデータを眺める時間もそれほど必要ありません。
データ分析を任せられるぶん、業務の効率化なども期待できるでしょう。

特徴2:予測分析機能によって、これからの方向性も見きわめられる

Adobe Analyticsはシステムによる客観的なデータ収集をするため、膨大なデータを一挙に扱うことも可能です。

過去のデータを総合的に分析し、そのユーザーの行動履歴から未来の購買行動などを予測することも実現します。
ユーザーの行動を予測できれば、ニーズを満たすコンテンツを配信し、より商品の購入やサービスの利用につなげることもできるでしょう。

特徴3:広告の出稿管理など付随するサービスが多い

Adobeにはデータ分析以外にも集客に役立つツールが多く、目的や用途にあわせて使い分けることも可能です。

Adobeへの登録だけでさまざまなツールが活用できるため、複数のサービスに登録する必要もありません。
管理しやすく、ひとつひとつのツールをしっかりと使いこなせるはずです。

Adobeの利用料金は要問い合わせ

ここまでAdobeの特徴をお伝えしましたが、「Adobeの料金は問い合わせが必要」という点は注意しましょう。

というのもAdobeのツールにはさまざまな料金システムがあり、企業に合ったツールを提供できるようになっています。
体系的な料金をあらかじめ伝えることは難しく、企業ごとに見積もりを確認して決める必要があります。

気になる場合は自社の課題を伝えたうえで、合いそうなツールと料金を相談してみてください。

DOOONUTとは?特徴や代表的な機能を解説

Dooonutとは?特徴や代表的な機能を解説続いては、サムシングファンが提供するDOOONUTについて、

  • DOOONUTの機能
  • 代表的な特徴3つ

 

の観点から解説しますね。

DOOONUTにそなわっている機能一覧

DOOONUTとは、サムシングファンが提供している動画マーケティングの支援ツールのこと。
動画の効果測定や分析、そしてデータから新たな施策を考えることも可能です。

DOOONUTには、例えば以下のような機能がそなわっています。

  機能
コンテンツやサイトの作成 独自ドメインの設定
埋め込みタグの作成
コンテンツの管理
SEOの設定
デザインのカスタマイズ
スマートフォンへの最適化
分析 動画のエンゲージメントやリテンションの分析
流入経路の分析
Google Analyticsとの連携
SNSのアナリティクスの管理
その他 SNS(Facebook、Twitter、YouTube)との連携

 

Adobeとの違いをふまえたうえで、代表的な特徴を見ていきましょう。

特徴1:プログラミングの知識ゼロでも動画サイトを構築できる

DOOONUTでは、動画のポータルサイト作成に対応しています。
サイト制作にはプログラミングの知識などが必要ですが、DOOONUTにおけるサイト制作に専門知識は必要ありません。

自社内に専門的な知識を持つ人材がいなくても、サイトを立ち上げることが可能です。

さらには最短1分でサイトを制作できるため、急な立ち上げなどにも対応できます。

特徴2:CTA機能を設置できるため、自社サイトへの誘導も可能になる

CTA(Call to Action)機能とは、動画を見たユーザーが次のアクションをするための導線を設置できるもの。
例えば最初に見た動画の次に、そのユーザーが興味を持ちそうな動画のリンクを掲載するなどです。

CTA機能によってユーザーにより多くのコンテンツを伝えられるうえに、自社サイトへの誘導なども可能です。
動画を集客の入り口として、問い合わせなどにつなげることもできるでしょう。

特徴3:SNSへの連携と一括管理ができるため、コンテンツ作成が楽になる

DOOONUTでは、TwitterやFacebook、YouTubeなどのSNSと連携し、一括で管理できるようになっています。
1度の投稿ですべてのサイトやSNSに表示されるようになるため、情報発信の手間がかかりません。

予約投稿などにも対応しているため、コンテンツ作成や配信が楽になり、業務の効率化にもつながります。

ちなみにDOOONUTは、YouTubeの分析ツールとも比較しています。

詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。
「YouTubeとDOOONUTを徹底比較!動画マーケティングツールでさらなる集客を」

ここまでAdobe AnalyticsとDOOONUTについて解説しましたが、「けっきょくどちらを使えば良いんだろう……」と悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで次は、ツール選びに迷ったときのポイントをお伝えします。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

Adobe AnalyticsとDOOONUTで迷ったときの選び方3つ

Adobe AnalyticsとDooonutで迷ったときの選び方3つツールの選び方として、

  • Google Analyticsは使用しているか
  • 自社のサイトや事業規模はどれくらいか
  • 動画は自分たちで制作できるか

 

の3つを解説しますね。

ポイント1:Google Analyticsは使用しているか

Google Analyticsを使用している場合、DOOONUTの方がおすすめです。
DOOONUTはGoogle Analyticsのデータと連携できるうえに、過去のデータも参考にできるからです。

また連携するだけで過去のデータも引き続き利用できるため、1から計画を考え直す必要もありません。
すでに分析ツールを使用している場合、連携できるDOOONUTの方が移行はスムーズです。

ポイント2:自社のサイトや事業規模はどれくらいか

自社サイトの規模や事業規模が大きい場合は、Adobe Analyticsの方がおすすめです。

というのも、Adobeは複数チャネルのデータ統合や分析に対応しています。

実際の事例を見ても、 株式会社TSUTAYAやヤフー株式会社などの大企業がほとんど。
使用した理由も「複数サイトの管理が煩雑だったから」など、規模が大きいことをあげています。

自社サイトの規模なども確認しながら、どちらが良いのか考えてみてください。

ポイント3:動画は自分たちで制作できるか

最も大きなポイントとして、「動画は自社内で制作できそうか」を考えておきましょう。
自社内で動画制作の経験がない場合は、制作から依頼できるDOOONUTの方がおすすめです。

サムシングファンは動画制作会社のため、これまで数多くのプロモーション動画や企業紹介動画などを制作してきました。
制作から分析まで一貫して依頼できるため、複数ツールを使用する手間もかかりません。

どんな動画を制作しているのか、詳しくは「映像制作実績」からご確認ください。

動画制作の見積もりや
ご相談をされたい方は
お問い合わせフォームからどうぞ
お問い合わせ
社内でご検討されたい方のために
動画活用のためのサムシングファンサービス資料を
PDFにてご用意しております
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 平日10:00~19:00

終わりに:Adobe AnalyticsとDOOONUTは自社の目的や動画制作の知識にあわせて選ぼう

終わりに:Adobe AnalyticsとDooonutは自社の目的や動画制作の知識にあわせて選ぼう今回は、Adobe AnalyticsとDOOONUTの特徴や違いを解説しました。

おさらいすると、Adobe AnalyticsとDOOONUTの違いは以下の3つです。

  • 自社の動画サイトを構築できるか
  • 動画を視聴したときの行動を詳しく分析できるか
  • データからユーザーの行動を予測できるか

 

そしてどちらを選ぶか悩んだときのポイントとして、以下の3つをお伝えしました。

  • Google Analyticsは使用しているか
  • 自社のサイトや事業規模はどれくらいか
  • 動画は自分たちで制作できるか

 

今回の記事を参考にしながら、自社に合ったツールを使ってさらなる集客につなげていきましょう!

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×