2015年8月12日
スキップされない動画広告を制作するには、音楽にも気をつけるべき!

← 一覧に戻る

サムシングファンのHPをご覧いただき、ありがとうございます。

動画広告の配信を通じて、広告想起やブランド認知を高めるために広告の内容に工夫しているものの、視聴者は動画をスキップできるので、頭を悩ませている担当者の方も多いのではないでしょうか。スキップされないために、動画の内容やテイストは既に十分に検討されていると思います。音楽のテイストや鳴らし始めるタイミングにも工夫されていますか?じつは、音楽のテイストとスキップ防止とが関係していることが、YouTube insight teamの調査よりわかりました。

そこで、今回は「音楽」と「スキップ」の関係を調べたYouTube insight teamの調査結果をお伝えします。その調査では、「ある1つの傾向」が明らかとなりました。

この調査によると、 広告想起率には「ユーモラスな音楽」がよい影響を与える傾向があり、ブランド認知度に関して、スキップされにくい効果があるのは、「最初5秒間」に音楽がならない動画でした。前回の記事でも最初の5秒間を戦略的に考えることがスキップ防止につながることはお伝えしましたが、広告効果を高めるためには、映像だけでなく、音楽を鳴らし始めるタイミング、音楽のテイストにも工夫する方がよさそうです。

YouTube insight teamの調査は以下よりお願いします。
https://www.thinkwithgoogle.com/articles/creating-youtube-ads-that-break-through-in-a-skippable-world.html