株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

YouTubeにアップロードできる容量ってどれくらい?上限を詳しく解説

誰もが手軽に動画をアップロードできるYouTube。
もはやその名前を知らない人はいないほど、最も代表的な動画配信サービスの一つといえます。

しかしいざYouTubeに動画をアップロードしようとすると、多くの人が

「そもそもアップロードできる容量ってどれくらいなの?」

という疑問にぶつかるのではないでしょうか。

そこで今回は、YouTubeにアップロードできる動画の容量を、GB数・時間・画質などからわかりやすく解説します。
また、アップロードできないときの対処法もあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

動画編集を仕事にしたいなら
動画クリエイターに登録する
サムシングファンで
一緒に働きませんか?

[結論]YouTubeの容量は1本最大128GBかつ12時間以内

[結論]YouTubeの容量は1本最大128GBかつ12時間以内

YouTubeにアップロードできる動画1本の最大容量は「サイズ」「時間」それぞれ設定されており、

サイズ:128GB以内
時間:12時間以内

となっています。
(参考:YouTubeヘルプ「15分を超える動画のアップロード」

サイズと時間のどちらか、もしくは両方がこの上限を超える動画は、YouTubeにアップロードすることができません。

Q.アカウント全体での容量上限はあるの?

動画1本ごとの上限はありますが、チャンネルやアカウント単位での動画本数や合計容量の制限はありません。

Q.ライブ配信はどうなるの?

時間に上限があるとなると、気になるのがライブ配信についてです。

YouTubeでは音楽や定点カメラ映像などを24時間ライブ配信しているチャンネルもありますが、ライブ配信の時間制限はどうなっているのでしょうか。

ライブ配信の場合、通常の動画配信とは異なり時間制限なしでYouTubeから配信できます。
ただしライブ配信が12時間を超えると、その配信のアーカイブは作成されないので注意してください。

YouTube:容量128GBの動画の時間はどれくらい?

YouTube:容量128GBの動画の時間はどれくらい?

動画の時間が長いほど動画の容量も大きくなりそうな気がしますが、実は動画の容量は時間の長さだけでは決まりません。

もう一つの指標として「ビットレート」を考慮する必要があります。

ビットレートは動画の画質や音質を表す数値で、画質や音質が良い動画ほどビットレートの数値が高くなります。
動画の容量はこのビットレートに時間を掛け合わせて決まります。

YouTubeで一般的なフルHD動画は、ビットレートに換算すると10Mbps〜15Mbps程度と言われています。
この数値からYoutubeのアップロード上限である128GBの動画の時間を割り出すと、

128GBの動画は19時間〜29時間程度(フルHDの場合)

あくまで目安の数値ですが、よほど高画質で長時間の動画でない限り、128GBの上限超えは心配しなくても良さそうです。となります。

YouTube:容量128GB以下なのにアップロードできないときの対処法

YouTube:容量128GB以下なのにアップロードできないときの対処法

YouTubeは容量128GB以下・12時間以内であれば動画をアップロードできるはずですが、この条件を満たしているにもかかわらずアップロードできないケースが幾つかあります。

一つずつ解決方法と一緒に解説していきます。

ケース1:YouTubeのアカウント認証が完了していない

実は、YouTubeチャンネルを初めて解説した時点ではアップロードできる動画の上限時間は15分に制限されています。

この制限を解除し本来の12時間まで延ばすには、YouTubeのアカウント認証をする必要があります。
※ちなみに、アカウント認証ができていない状態だと動画の公開予約やカスタムサムネイルの機能も使用できません。

YouTubeアカウント認証の方法は以下の通りです。
※確認コードをスマートフォンのテキストメッセージか音声メッセージで受け取る必要があります。

パソコン

1.アカウント認証ページにアクセスする
2.表示される手順に従って認証を行う

iPhoneやiPad

1.YouTubeモバイルアプリを開き、カメラアイコンから動画をアップロードする
2.右上の「次へ」ボタンをタップする
3.表示される手順に従って認証を行う

Android端末

1.YouTubeモバイルアプリを開き、カメラアイコンから動画をアップロードする
2.15分を超える動画を選択しくは撮影する
3.動画の情報を設定して「次へ」ボタンをタップする
4.「確認」を選択してアカウントを確認する
5.電話番号を入力し、テキストメッセージもしくは音声通話を選択して「コード送信」ボタンをタップする
6.受け取った確認コードを入力する

(参考:YouTubeヘルプ「15分を超える動画のアップロード」

ケース2:アカウントがアップロード制限を受けている

YouTubeでは動画の投稿数に制限はありませんが、短時間に大量の動画をアップロードするとスパムと判定され、一時的にアップロードが制限される場合があります。

このアップロード制限について、YouTubeでは明確な基準が示されていませんが、1日20個の動画のアップロードを続けたり、一気に100個の動画をアップロードしたりすると制限がかかった事例があります。

また、チャンネルによって上限回数が異なるともいわれています。

制限がかかった場合、明確な解決方法はなく、基本的にYouTube側から解除されるのを待つことになります。
解除にかかる時間はまちまちですが、1〜2日で解除されることが多いようです。

ケース3:アカウントが違反報告を受けている

動画の大量アップロード以外にも、YouTubeではコンテンツがポリシー違反とみなされる行為が幾つかあります。

その違反警告を受けると動画が1週間アップロードできなくなる他、カスタムサムネイル機能や再生リスト編集なども行えなくなります。

違反警告を受ける可能性がある行為の代表的なものが以下です。

  • 性的・暴力的・不快なコンテンツの投稿
  • 著作権やプライバシーを侵害しているコンテンツの投稿
  • 嫌がらせやネットいじめ

(参考:YouTubeコミュニティガイドライン

違反報告を受けた場合、アカウントのメールやYouTubeのチャンネル設定ページで違反内容が通知されるので、心当たりがある場合は確認してみましょう。

初回の場合は事前警告が出され、もし自身のコンテンツに心当たりがなければ再審査請求を行うことができます。
(警告はYouTube側のご判断の場合も少なくありません)
再審査請求が承認されれば警告は解除されます。

事前警告からそのまま違反警告に進んでしまった場合は、アップロード制限などの解除に1週間かかり、さらに違反警告がチャンネル上に90日間残ります。

2回目の警告になると制限期間は2週間に延び、3回目になるとチャンネルが永久削除されてしまいます。

事前警告や違反警告を受けたら速やかに原因のコンテンツを削除し、再び警告を受けないよう注意してください。

ケース4:アップロード動画が重複している

YouTubeでは、既にチャンネルにアップロード済の動画をもう一度アップロードすることはできません。
これはファイル名だけでなく、動画の内容が一致している場合も同様です。

既にアップロードされている動画を削除するか、今回アップロードする動画を編集し直すことでアップロードできるようになります。

ケース5:インターネット回線が遅かったりサーバーが混雑している

YouTubeでは、動画のアップロードが途中で止まってしまったり、アップロード後の処理が途中で止まってしまうことがあります。

この場合考えられるのは、使用しているインターネット回線のスピードが遅いか、YouTube側のサーバーが混雑しているかです。

前者の場合はインターネット回線を改善し、後者の場合は時間をおいて再びアップロードを試してみてください。

また、そもそも動画のサイズが大きかったり時間が長いほどアップロードには時間がかかることも認識しておきましょう。

ケース6:YouTubeが対応していない動画ファイル形式を使用している

アップロードする動画のファイル形式がYouTube対応外だとアップロードエラーになってしまいます。
ファイル形式が以下のどれかになっているかを確認し、もしなっていない場合は変更しましょう。

  • MOV
  • MPEG4
  • MP4
  • AVI
  • WMV
  • MPEGPS
  • FLV
  • 3GPP
  • WebM
  • DNxHR
  • ProRes
  • CineForm
  • HEVC(h265)

ケース7:インターネットブラウザの処理が遅い

アップロードに使用しているインターネットブラウザのキャッシュが溜まっていたり、複数のタブを開いて処理を同時に行なっていたりすると、ブラウザが原因でアップロードエラーになったりアップロードに時間がかかってしまう場合があります。

さらに、ブラウザ側で設定しているセキュリティによってアップロードが弾かれる可能性もあります。

ブラウザに原因があると考えられる場合は、以下のことを試してみてください。

  • ブラウザのキャッシュを削除する
  • ブラウザを再起動する
  • ブラウザのセキュリティレベルを一時的に下げる
  • 違うブラウザを使う
    ※制作元が共通しているGoogle Chromeが最も互換性が高いと言われています

YouTubeにアップロードできる容量:まとめ

以上、YouTubeのアップロード容量について解説してきました。

ポイントは

  • 容量上限は128GB以下かつ12時間以内
  • よほど高画質で長時間の動画でない限り容量超えは心配しなくてよい
  • 容量上限以下でもアップロードできないケースがある(それぞれ対処法あり)

 

です。

YouTubeチャンネルの運営は最初は戸惑うことも多いですが、慣れればアップロードもさくさく進むようになります。
容量をはじめ使用のガイドラインを守り、健全で快適なYouTubeライフを送ってください!

<こちらの記事もどうぞ>
Youtuberに人気の動画編集ソフトを10選!初心者からプロまで

YouTubeの動画編集に役立つおすすめアプリ9選と使い方まとめ

動画編集を仕事にしたいなら
動画クリエイターに登録する
サムシングファンで
一緒に働きませんか?

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×