お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

Unityのバージョンの種類!おすすめのバージョンや選び方を解説

ゲーム開発エンジン「Unity」のバージョン選びでお困りの方、必見!

「Unityをダウンロードしようと思ったら、色んなバージョンがある…。」
「どのバージョンを選んだら良いのか、わからない!」

そんな方に向けて、今回はUnityのおすすめのバージョンや、選び方について解説します。

最後まで読めば、きっと今後、Unityのバージョンで迷うことはなくなります。

そもそもUnityとは?

Unityは、米国企業のUnity Technologies社が開発・提供しているゲームエンジン(2D・3Dゲームの開発に必要な機能を提供しているソフトウェア)です。

Unityは、ゲームエンジンとしては世界1位のシェアを誇っています。
大ヒットした、あのVRスマホアプリ「ポケモンGO」もUnityで制作されたゲームです。

Unityは、個人でも利用できます。

簡単なゲームであれば、プログラミング経験が浅くても制作可能です。
(高度なゲーム開発を行う場合は、プログラミング言語のC#で書き加える必要あり)

UnityはWEBからダウンロードできます。

>>詳細はこちら

上記のUnity公式ホームページでは、まず有料プランが表示されますが、左側の「個人向け」タブを選択すると、無料プランが出てきます。
収入が年間 10 万ドル(約1000万円)を超えない場合は、無料プラン「Personal」を利用できます。

インストールの大まかな流れとしては、以下の順番で行うとスムーズです。

  • Unity IDを作成する
  • Unity Hub(Unityのバージョン管理をするためのプログラム)をインストール
  • Unity本体をインストール

おすすめはどれ?Unity本体のバージョンの選び方

Unity本体をダウンロードしようとしたら、色んなバージョンが出てきて「はて、どのバージョンを選べば良いのだろうか?」とお困りの方もいらっしゃると思います。

Unityのバージョンアップは年内に何度も発生しますので、長い目で見ると「Unityが、どのようなスケジュールで、どんなバージョンをリリースしているのか」を理解しておいた方が楽です。

まず、Unity本体のバージョンリリースは、大きく分けて2工程あります。

TECHストリームと、Long Term Support(LTS)です。

「どちらをインストールするべきか」は、ユーザがUnityをどんな目的で使うのかによって異なります。

バージョン①TECH ストリーム

TECH ストリームとは、目下開発中の最新機能に触れられるバージョンです。

Unityの新機能は、まずTECH ストリームとしてリリースされ、しばらく期間を置いて十分に検証し終えると、LTSとしてリリースされます。

TECH ストリームは、クリエイターや技術者が、将来のゲーム開発に向けて最新機能をチェックしたり、新機能を使ってプロトタイプ(試作品)を作ったりする環境として使います。

TECH ストリームは機能の検証が不十分な可能性があるため、LTSと比べると不具合が発生しやすいバージョンと言えます。

バージョン②Long Term Support(LTS)

十分に検証し尽くされた機能は、後にLTSバージョンとしてリリースされます。

Long Term Support(長期サポート版)は、その名の通り、リリース後2年間のサポート期間が設けられているバージョンです。

「安定した環境で、じっくりゲーム開発を行いたい」という方は、LTSの最新バージョンを選びましょう。
Unity初心者の方にも、おすすめです。

実際には、技術相談などのサポートを受けられるのは有料プランであるProとEnterpriseのみなので、無料プランのPersonalですと個別プロジェクトへの手厚いサポートはありません。

しかし、不具合が発生しにくいバージョンとなっており、不具合が発生してもオンラインでレポート(報告)を送信すれば、修正版を再リリースしてもらえる可能性が高いので、TECH ストリームよりも安定した環境と言えます。

TECH ストリームとLTSのリリースタイミング、およびサポート期間をまとめた図がこちらです(青がTECH、緑がLTS)。

(出典:Unity

LTSは、年に数回バージョンアップされます。
以下の公式ホームページで、LTSの最新バージョンを確認することができます。

>>詳細はこちら

Unityの新バージョンがリリースされたら、どうする?

「一般ユーザの自分が、LTSの最新バージョンを使えば良いのはわかった!
 でも、年内に数回LTSがバージョンアップされるということは、開発中に新しいバージョンが出たらどうすれば良いの?」

Unityに限らず、世の中の多くのソフトウェアが、1年に複数回アップデートを行うものです。

Unityでは、新しいバージョンがリリースされると、Unity Hub上で警告文が出ます。

基本的には、バージョンアップ版がリリースされたら、すぐにリリース内容(リリースノート)を確認し、速やかにアップデートした方が良いです。

1度のバージョンアップで複数の改修が入るので、バージョンアップをしない状態から一気にアップデートすると、アップデートによって自身のプロジェクトに不具合が発生した場合に、原因特定〜対処に時間がかかってしまいます。

AppleやAndroidなどのアプリストアでゲームをリリースしている場合は、アップデートを怠っていると、ストアの規約に引っかかってリリースできなくなるリスクもあります。

なお、Unityをバージョンアップする際は、事前に必ずプロジェクトのバックアップを取得しましょう。

Unity Hub上では、複数のプロジェクトを異なるバージョンで管理できます。

Git Hub for Unityという、自身のパソコンのローカルにバックアップデータを取得できるツールもおすすめです。

>>詳細はこちら

Unityのバージョン表記(数字)の意味

Unity LTSは2年間のサポートが付いているため、リリースノートを見ると、現時点ではUnity2019とUnity2020のアップデート情報が混在しています。

「私は、どのアップデートを取り込んだら良いの?」

そう思った方は、バージョン表記の大まかなルールを理解しておきましょう。

以下はLTSの、あるバージョンの表記例です。

Unity 2020.3.22f1

それぞれの数字に、どんな意味があるのかを解説します。

※これから説明する内容は、IT業界におけるバージョン表記の一般的な考え方に基づくものです。

バージョン表記の意味①メジャーバージョン

最初の数字:「2020」の部分は、メジャーバージョンと呼びます。

メジャーバージョンの数字は、ソフトウェアの根幹や構造に関わる、大きな改修が発生した場合に変わります。
Unityでは年に1度メジャーバージョンをリリースしているので、リリース時の年号をメジャーバージョンとして表記するルールとなっているようです。

ソフトウェアの根本的な変更にあたるため、メジャーバージョンが異なる数字のソフトウェアは、互換性がない機能を有する可能性が高いです。

よって、メジャーバージョンが同じ数字のアップデート版を追ってください
Unity2020でゲーム開発を始めた方が、Unity2019のアップデート版を追って取り込む必要はありません。

バージョン表記の意味②マイナーバージョン

2つ目の数字:「3」の部分は、マイナーバージョンと呼びます。

ソフトウェアに新機能を追加するなど、比較的小規模な改修が入る場合は、メジャーバージョンの数字は変わらず、このマイナーバージョンの数字を変えてリリースします。

Unityでは新しいメジャーバージョンをリリースした後、年内に数回マイナーバージョンレベルの改修を行っています。
リリースするたび、マイナーバージョンの数字は0→1→2→3…と上がって行きます。

メジャーバージョンレベルの大きな改修が入ると、メジャーバージョンの数字が変わるとともに、マイナーバージョンの表記はリセットされ、また0から始まります(例:2019.4.XX→2020.0.XX )。

バージョン表記の意味③パッチ

最後の「22f1」の部分は、パッチと呼びます。

パッチレベルの改修は、最も小規模です。
パッチは、英語で「傷を手当てするための当て布」を意味します。

パッチレベルの改修のみ入る場合、メジャーバージョンとマイナーバージョンの数字は変わらず、パッチの数字が更新されたバージョンがリリースされます。
Unityでは20f1→21f1→22f1…と、上2桁の数字が上がって行くルールのようです

改修内容が、ユーザの操作性には影響がないケースもありますが、ソフトウェアにとって大切な改修が入っている可能性もあるので、パッチレベルの改修も、リリースノートを確認した上で積極的にアップデートしましょう。

ただし、Unityのバージョン表記において、パッチの表記部分に「f」ではなく「a」や「b」が入っているものは要注意
Unity初心者はインストールしない方が無難です。

「a」はアルファ版、「b」はベータ版を意味します。
次のリリースを控え、デモンストレーション的な位置付けでリリースされるプログラムなので、不具合が発生する可能性があります。

Unityインストール後にバージョンを確認する方法

Unityを使い始めた後で「あれ?自分が今、使っているUnityのバージョンって何だっけ」と思うことがあります。

その場合は、以下の手順ですぐにバージョンを確認できます。

Unityを開く→ 上のバーにある「Help」ボタンを押す→真ん中あたりにある「Check for updates」を押す→ポップアップ画面が表示され、バージョンを確認できる

まとめ:あなたにふさわしいUnityバージョンで始めよう

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでくださったUnity初心者の方に向けて、最後にもう一度、Unityのバージョンの種類についてまとめます。

  • 安定した環境でゲーム開発するなら、LTSの最新バージョンを使うべし
  • TECH ストリームは、最新技術でプロトタイプを作りたい技術者向け
  • Unityの新しいバージョンがリリースされたら、バックアップを取得して速やかにアップデート
  • 「a」(アルファ版)と「b」(ベータ版)のバージョンは、初心者に不向きなので要注意

ゲーム開発は、ゲームファンなら一度は「やってみたい」と夢見るものです。

数年前までは、ゲーム開発ソフトウェアは高額で手が届かない存在でした。

それが今や、個人が無料で利用できる時代です!
しかもWEBからすぐインストールでき、困ったらWEBで検索すると、大抵回答が見つかります。

初心者が簡単なゲームを作れる無料アセットもありますので、ぜひUnityを使って、夢をひとつ、叶えてみませんか?

動画クリエイターになりたい方は、映像制作会社サムシングファンの「動画クリエイターになる方法」をぜひ参考にしてみてください

【おすすめの関連記事】

YouTubeでゲーム実況を始めるには?成功のポイントも

無料動画・稼ぐ!動画クリエイターになる方法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエーター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績