お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Nagoya

名古屋

052-559-7855

売上UP!コスト削減!動画DX®︎のお役立ち資料

VR動画を作るならUnity!活用事例や学習方法を徹底解説

VR動画を見たことはありますか?

専用のゴーグルを装着すると広がる仮想空間では、現実と間違えるほどの臨場感を味わえますよね。

でも、動画クリエイターのみなさんは「VR動画はどうやって作るの?」という疑問を持ったのではないでしょうか?

実は、ゲームエンジンUnityを使えば、VR動画を制作することができます。

今回は、UnityでVR動画を制作するための基礎を解説します。
具体的には、制作環境や活用事例、学習方法を紹介。

VR動画の制作に興味がある方、動画クリエイターとしてレベルアップしたい方は、ぜひ参考にしてください。

Unityとは

unityとは出典:Unity公式ホームページ

「Unity」は、アメリカのUnity Technologies社が開発・提供しているゲームエンジンです。
世界190か国、100万人以上のユーザーが使用しており、ゲームエンジンとしては世界1位のシェアを誇ります。

日本では主にスマホゲームの開発現場で活躍。
「ポケモンGO」や「白猫プロジェクト」など、多くのスマホゲームを生み出しています。

また、最近では映画やアニメなどの映像分野での使用も増えてきました。
企業の中には、Unityを使える動画クリエイターを探しているところもあります。

今後動画市場が拡大するのに伴って、Unityを使ったVR動画の需要も増えるでしょう。

なお、Unityに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。
Unityについてもっと知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:Unityで動画作成をするには?学習方法やメリットを紹介

VRについて

VRについて今回のテーマである「VR」について紹介します。
「AR」や「MR」など、似たような言葉との違いも詳しく解説しますね。

VRとは

VRはVirtual Realityの略で、「仮想現実」や「人工現実感」と訳されます。
専用のゴーグルで360度の映像を流すことで、実際にその空間にいるように感じられる技術です。

VR動画には以下の2種類があります。

  • 視聴型:3D映像を視聴する
  • 参加型:映像の中を歩いたり、映像内のものに触れたりできる

VR動画は自由度の高さと臨場感を味わえることから、さまざまな分野から注目を集めています。
ゲーム分野にとどまらず、建築や医療、観光など、幅広い場面で活用されています。

今後はさらに広がり、「VR動画を作ってほしい」という企業も増えるでしょう。

MRやARとの違い

VRと似た言葉に、MRやARがあります。
それぞれの違いは表の通りです。

VR(Virtual Reality) AR(Augmented Reality) MR(Mixed Reality)
日本語訳 仮想現実 拡張現実 複合現実
概要 現実とは異なる仮想空間を体感できる CGなどを用いて現実世界を拡張する 現実世界を仮想空間に反映して融合させる
主体 仮想空間 現実世界 仮想空間
主なデバイス VRゴーグル、ヘッドマウントディスプレイ ARグラス、スマートフォン MRゴーグル

 

「AR」は、現実世界に非現実を重ねて、現実世界を拡張させる技術です。

ARの具体例で分かりやすいのが、「ポケモンGO」です。
「ポケモンGO」では現実空間にCGでポケモンを重ねることで、実際にポケモンがいるかのように見せています。

一方の「MR」は、現実世界と仮想世界を組み合わせる技術です。
現実世界の中に仮想世界の情報や映像を反映させて、仮想のものが目の前にあるかのように感じさせます。

360度動画との違い

VR動画と間違えやすいもので、360度動画があります。

VR動画と360度動画の違いは「視点」です。

360度動画は画面をクリックすると好きな方向を見られますが、視点はあくまでも正面。

一方で、VR動画は視点が制限されません。
移動しながら視点を変えられたりと、非常に自由度が高いのが特徴です。

UnityのVR動画を活用した事例

UnityのVR動画を活用した事例ここで、Unityで作られたVR動画の事例を紹介します。
建築や車両開発など、さまざまな分野で使用されています。

建築分野

建築分野では、家の内覧や完成イメージを見せる際にVR動画が活用されています。
図面や写真で紹介されるより実際の広さや明るさが分かるため、暮らしをより想像しやすいのが特徴です。

動画の後半で示されているように、フローリングや壁の色を変えて、さまざまなバージョンを簡単に見せられるのもポイントですね。

都市開発

都市開発の分野でも、VR動画は活躍しています。
これから造る街の様子を臨場感ある映像で示すことで、完成イメージが分かりやすいですね。

動画の後半にあるように、歩行者視点で街を歩けるのもポイント
自由に歩いたり向きを変えたりできるため、街の規模や雰囲気も分かりやすくなっています。

車両開発

3つ目は、トヨタ自動車での活用事例です。
VRやMRを用いて、車の細かい部分まで把握できるようにしています。

細かい部分をVRで可視化することで、修理やメンテナンス作業の助けになっています。

UnityでVR動画を作成する時に必要な環境

UnityでVR動画を制作する時に必要な環境

ここからは、UnityでVR動画を制作するときに必要な作業環境について解説します。

まずはUnityをダウンロードしよう

まずはUnityをダウンロードしましょう。
バージョンやプランがいくつかありますが、VR動画を作るなら「LTSバージョン」「Proプラン」を選ぶのがおすすめ

「Proプラン」は有料プランです。
「まずはUnityに慣れたい」という方は、無料の「Personalプラン」から始めるのもいいでしょう。

また、Unityのバージョンやダウンロードなどを管理できるアプリケーション「Unity Hub」も一緒にダウンロードしておきましょう。

Unityのダウンロードに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。
関連記事:Unityのダウンロード方法を初心者向けに解説!バージョン・プランの違いも

アセットストアを活用しよう

アセットストアとは、映像制作で使える素材(アセット)をダウンロードできるオンラインストアです。

アセットを使いこなすことで、動画制作の幅が一気に広がります。
無料のアセットも多いので、積極的に活用するのがおすすめです。

以下の記事でアセットストアについて詳しく解説しているので、ぜひ活用してください。
関連記事:Unityのアセットストアとは?使い方とアセットのインポート手順を解説

Video Playerを活用しよう

Unity でVR動画を制作する際は、Video Playerで360度動画を作り、VRヘッドセットを装着することでVR動画を見られるように設定します。

そのため、以下のページから、Video Playerを設定しておきましょう。
リンク:Video Playerコンポーネント(Unity  Documentation)

UnityでVR動画を学ぶ方法

UnityでVR動画を学ぶ方法

UnityでVR動画を制作する術を学ぶには、主に3つの方法があります。

YouTubeのUnity Japanチャンネル

動画で学びたい方には、YouTubeのUnity  Japanチャンネルがおすすめです。

Unity Japanチャンネルは「初心者向け」「エンジニア向け」など、レベルや属性ごとに動画が分けられているのが特徴
トークセッションなどもあり、Unityの最新技術や今後の動向についても学ぶことができます。

また、日本語で解説されていることも嬉しいポイント。

Unityは海外で開発されたゲームエンジンなので、公式情報は英語がメインです。
Unity Japanチャンネルは日本語の信頼できる情報源なので、しっかり活用しましょう。

無料学習サイトや動画

Unityは同じゲームエンジンである「Unreal Engine」に比べ、日本語の学習サイトや動画が多くあります。

そのため、ブログや動画などを見て学ぶことも可能です。

主な無料学習サイトと動画は以下の通りです。

初心者は、まず「おもちゃラボ」や「ドットインストール」でUnityの基礎について学びましょう。
Unityに慣れてから「【VRゲーム開発】GinoVR」などで、VR動画の制作について学ぶのがおすすめです。

現在では、UnityでVR動画を制作する方法をまとめた本が多く出版されています。

本で勉強するメリットは以下の通りです。

  • 毎日少しずつ勉強できる
  • 辞書のように気になったことをすぐに調べられる
  • 付箋やマーカーでチェックできる

おすすめの方法は、Webサイトや動画と本を組み合わせて勉強する方法です。

本をベースに勉強を進め、本で分からないことがあったらWebサイトや動画で調べるといいでしょう。

UnityでVR動画を作成するときの注意点

UnityでVR動画を作るときの注意点最後に、UnityでVR動画を制作する際の注意点を2つ紹介します。

プログラミング言語「C#」が必要

Unityを扱うには、「C#」というプログラミング言語が必要です。
初心者でも理解しやすいプログラミング言語なので、学習を進める中で少しずつ覚えていきましょう。

月額料金が必要

Unityの無料プランでは、使える機能が限られています。
そのため、UnityでVR動画を制作するには「Plus」か「Pro」、どちらかの有料ライセンスを選ぶ必要があります。

おすすめは、機能やサポートの充実している「Proプラン」です。

料金は高めですが、使いこなすことで、クオリティの高いVR動画を制作できます。

まとめ:Unityを使ってVR動画を作成しよう

Unityを使ってVR動画を制作しようUnityでのVR動画制作について紹介しました。

VR動画はさまざまな分野から注目を集めている技術です。
今後「VR動画を作ってほしい」という企業は増加するでしょう。

ぜひ、Unityを使ったVR動画制作技術を身に着けて、動画クリエイターとしてさらに活躍してくださいね。

以下の資料には、動画クリエイターとして活躍するためのノウハウをまとめています。
ダウンロードは無料なので、ぜひ活用してください。

この記事の監修者

若林 農

株式会社サムシングファン/大阪動画戦略部 マネージャー 1978年 京都生まれ。 関西大学・マスコミュニケーション学専攻。 卒業後、現在に至るまで映像業界で20年以上のキャリアを積み、 企画から演出、編集までをこなす。 また、ジャンルを問わず企業動画からコマーシャルまで幅広く対応出来る、 万能ディレクター。

無料動画・稼ぐ!動画クリエイターになる方法

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中!
動画マーケティング分析ツールDOOONUT(ドーナツ) 動画クリエイター派遣 YouTubeチャンネルサムファン・動画活用を動画で解説 映像制作実績