株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

動画マーケティングに必須なVSEOの具体的な対策3ステップを解説

「テキストコンテンツのSEOは聞いたことあるけど、動画のSEOってどんな対策があるの?」

動画を使ったマーケティングを行うにあたって、このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

テキストコンテンツのSEOは、検索流入対策としてすっかり定着しているので、聞いたことがある方もいるでしょう。

動画はGoogle検索のメインで表示されないので、検索キーワードの重要性が分かりにくい状況です。

しかし、今後はYouTube内での検索など、検索方法の多様化により動画も検索順位にあらわれる機会が多くなると思われます。

この記事では現在、全容が明らかになっていないVSEOについて解説します。

いち早くVSEOの知識を習得し、先行者利益を獲得しましょう。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

VSEOとは検索エンジン最適化のこと

VSEOとは「Video Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、動画の検索エンジン最適化という意味です。

Googleで通常のテキスト検索を行うと、テキストコンテンツの検索結果がはじめに表示されますが、ページ上段の動画タブをクリックすると動画の検索順位が表示されます。

今後はテキスト検索結果と並行して、動画の検索結果もあらわれるようになるでしょう。
YouTube内での検索では、Google検索とは異なったアルゴリズムが活用されています。

動画のSEO

動画プラットフォームでは、動画のタイトルや概要文のほか、動画の内容をGooglebotが判断して、検索結果に反映しています。

「動画の中のテキストや、発言にキーワードを入れたほうがよいのか」については正確な情報がないので不明です。

関連動画の表示をみると、動画の内容も考慮されているように思えます。
試行錯誤の上、検証が必要ですね。

動画検索カテゴリーに表示

Google検索にあらわれる動画は、Googleが運営しているYouTubeがメインかと思われました。

しかし、実際はAmazonをはじめとするECサイトに載っている動画も検索結果としてあらわれています。

Web上にある動画すべてを対象として、検索結果に表示させていることが読み取れます。
通常のGoogle検索にあらわれる検索結果にも注目です。

VSEO活用のポイントやメリットを解説

動画はテキストコンテンツと異なり「こちら(発信者側)からターゲットを選定して訴求していく」という能動的な面があり、現在、サジェストキーワードはあまり意識されていません。

しかし、最近では、音声検索やレンズ検索など、テキスト入力以外の方法で簡単に検索できるようになりつつあるので、動画が検索されることも増えてくるでしょう。

上記の流れを踏まえて、動画コンテンツのVSEOについて3つの大事なポイントを解説します。

ポイント①見られなければ何も始まらない

魅力的な動画ができて見てもらうことが出来なければ、全く意味がありません。
逆に、あまり出来がよくない動画でも見てもらうことで意外な反響が得られる可能性があります。

動画を作成するにあたって、見てもらうことの重要性を意識することはとても大事なことです。
視聴者を意識した動画作成と、目に触れる可能性を上げるVSEO対策はセットで考えなければいけません。

ポイント②訴求ポイントを絞れる

VSEO対策により、ターゲットをより明確に絞れます。
VSEOは検索意図を考え、適切な関連キーワードを動画コンテンツに盛り込むことで、見てほしい人に対して訴求を行います。

対象のターゲット象をより鮮明にすることで、VSEOの施策が行いやすく、効果を発揮できるでしょう。

ポイント③VSEOの先行利益を得られる

動画のVSEOは、テキストコンテンツのSEOほど広く浸透していません。
動画マーケティングの主流はSNSと連携したミックスメディアですが、検索流入を見込めれば、ユーザーとの接点をさらに広げられます。

ほかの皆さんがまだVSEOに取り組んでいない間にスタートすると、しばらくの間は先行者利益を得られるでしょう。

VSEOの具体的な対策方法

いまこそVSEOに取り組むべき、という内容で進めてきましたが、具体的な対策方法はどのようなものがあるのでしょうか。
基本的な内容をまとめてみました。

対策①基本的にはSEOと同じ

VSEOの基本的な施策はテキストのSEOと同じです。
Googleのテキストにもある通り、動画の視聴者へ分かりやすく丁寧に解説している構成を目指します。

テキストの検索をする人は悩みや疑問の解決のために検索することが多いのですが、動画の場合は、検索動機がすこし異なりますのでその点は考慮する必要があるでしょう。

動画を見る人は疑問や悩みの解決、共感のほかに、楽しむために見る動機が強いので、視聴者を満足させるにはエンターテイメント的な視点も必要になるでしょう。

対策②キーワードをタイトルに入れる

SEOでも基本中の基本ですが、タイトルや概要分に検索キーワードを含めます。
闇雲にキーワードを羅列するのではなく、検索意図にそったテキストが重要になります。

メインキーワードのほかに、関連キーワードを入れたり、思わずクリックしたくなるようなタイトルを作成したりする作業も大切です。

キーワードはGooglebotが内容を判断するためのものでもありますので、確実に入れて置かなければいけません。

対策③動画の説明欄やタグにもキーワードを入れる

動画コンテンツはほとんどの場合において、タグで動画をカテゴリーごとに分けられます。
タイトルや説明文に入っているキーワードタグは当然つけておきますが、関連キーワードもタグ付けしておきましょう。

関連する複数の動画をタグでまとめておくと、連続して動画を見てもらいやすくなります。

対策④行動を促す文言や動画内容

動画やテキストの目的を持ったWebコンテンツに共通して言えることですが、最後のまとめ部分で視聴者へ促すアクションを入れておきましょう。

サイトの集客が目的であればサイトへの誘導、CVが目的であれば購買への後押し、ほかの動画を見てほしい場合は、関連動画を設置します。

VSEOを行った結果、たくさん動画を見てもらっても視聴者がなにも行動してくれないとあまり意味がありません。
動画運営において、ユーザーに次の行動を促すことはとても大事なことです。

対策⑤YouTubeでの関連動画アルゴリズム

YouTubeの特徴として関連動画という仕組みがあります。
動画を見終わったあとに、関係ありそうなほかの動画が表示される仕組みです。

検索とは違い、勝手に関連付けされて動画が表示されるのですが、視聴者の目を引くことができればかなりの流入が見込めます。

アルゴリズムが明らかになっていないのですが、目を引くタイトル、サムネイル、関連ワードをタグに網羅する、などの対策によって関連付けされ見てもらう機会が増えるでしょう。

まだ、研究の余地がある分野です。

YouTubeのサムネイルの作り方を知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください。

>>YouTubeサムネイルの作り方とおすすめソフトの紹介

VSEOとSNS連携

VSEOを支えるツールとしてSNS運用は欠かせません。
動画と合わせてミックスメディア対策も抜かりなく行いましょう。

総合的なメディア運用

TwitterやInstagram、Facebookからの動画流入、またその逆の流れはシームレスなメディア運用として効果的です。

動画で話した内容をSNSでも共有したり、SNSに動画のURLを貼り付けて発信したりすることで、より多くの人々にメディアを注目してもらえます。

視聴者の満足度が上がれば動画の滞在率も高くなり、VSEO的な効果も実感しやすくなるでしょう。

ツイッターフォロワーがSEOに影響する説

憶測の域をでない話ですが、SEOではTwitterのフォロワー数が権威性となり、検索樹に反映されるといわれています。
VSEOでも、検索されたときに権威性としてTwitterのフォロワー数が参考にされる可能性はゼロではないでしょう。

動画がリツイートされたり、共有されたりした数も評価されていると考えられます。
VSEOを考えるときは、SNSの運用もセットで考えましょう。

ユーザーフレンドリーなメディア設計

動画とSNSがシームレス連携されているとユーザーにとって楽しめる設計となり、ファンとなってくれる視聴者を獲得できます。
動画の強みの一つとして、身内で盛り上がるような話題の共有があります。

身内の話題の楽しさを増長するツールとしてSNSはうってつけですよね。

Instagramでの画像や、Twitterでの短いつぶやきを動画で答え合わせしてみると、視聴者は楽しんでくれるでしょう。

機動的な使い方によってチャンネルの魅力度を高めていくのです。

まとめ:VSEOの実践と検証で効果を見極める

VSEOは現状、SEOと同様の対策を行っています。
タイトルや概要文にキーワードを含め、タグやハッシュタグにもキーワードを網羅しておく方法です。

VSEOについては未知数の部分が多く、SEOと同じ対策でYouTubeの検索上位を取れたり、関連動画に上がったりするかどうかは分かりません。

YouTubeの関連動画は、見たこともないジャンルの動画が突然上がってきたり、少し離れたジャンルの動画が全く表示されなくなったり、ということもあります。

テキストの検索にも連動しており、マイクで拾った音声からも反映されているのでは?と感じることもあります。
このようにYouTubeのVSEOに限っては、未知数な部分が多いので引き続き研究を進めなければいけません。

YouTubeチャンネルの運用方法について知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

>>必ず押さえておきたいYouTubeチャンネル運用3つのポイント

動画制作と運用はサムシングファン

未知数な領域がまだまだ多いVSEOの世界ですが、サムシングファンでは依頼をいただいた動画制作、チャンネル運用実績からの検証が日々蓄積されており、より確実なVSEOの成果を出せるよう研究を重ねています。

サムシングファンのオリジナルツール「DOOONUT」には、動画の分析や動画データの一元管理、SNSへの一括配信などの機能が搭載されています。

動画のVSEOで先行者利益を獲得したい方はぜひ活用してみてください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×